http://ichiro.militaryblog.jp/

こちらにおいで願いま〜す。
イチロー

会場で購入!やっと手に入れました。うれしい~! クナイも一緒にゲット。 コヨーテには深紅のクナイが良く似合う。 で、次回は参加します!是非また開催してください。 早速練習してます、後からDVDを購入、参考にしようと先ずはタックレットの説明から・・・ あれ?自分が購入したのと仕様が違う? 映像の中では向かって左の財布スペースにポケットがたくさんあってカードとか挿し放題? 自分のは何にも無い、まっ平ら。 (@_@;)??? 仕様が複数あるのでしょうか? これでブラック購入の理由ができたかもW
by B-1

市より、
それは市大事です。いまのタクレットは一種しかなく、それは縫製ミスだと想います。なのでお知り合いの取り扱いショップ、それがなければヤマシタ刃物にご連絡くだされば交換いたします。澄みませんでした、よろしくお願いいたします

それと皆さん、このブログはミリブロに引っ越しいたしましたので、コメントの書き込みはこちらにお願いいたします。。http://ichiro.militaryblog.jp/

ただいまミリブロへの移行の学習していま〜す。。
これを見ていただけますか〜

http://ichiro.militaryblog.jp/

小隊陸曹

| コメント(9) | トラックバック(0)

IMG_3578.JPG

今回のスティル チャレンジでは
この人がてとも印象深かったです。

練習レンジで射撃ツアー団の目立つシャーツを着て
撃っていた人がいました。
どうやらグロックを撃っているようでしたが
それがメッタヤタラにジャムを起こし、そのたびに
慣れた手つきでマグの尻を叩き、スライドを素早く引いて撃っていました。
どうみてもかなりな練度です。

「巧いなぁ〜、、」
というと石井が横で言いました

「高橋さんはすごい人でエアガンの IDPAでは私も負けるんですよぉ〜、、
練習にも熱心で研究心旺盛で態度なんかも立派なんですよね〜・・・」

たしかに後で挨拶を交わしたところ目つきに卑しいものがなく
謙遜しながらも芯が通っており、真面目な人だという印象でした。

日本人シューターをマリポサ組に招待する場合、その人格を
厳しく見ます。
真面目さ素直さという面においてメンバー全員が賛成しないと
受け容れられることはありません。
ですからメンバーたちは「マリポサに行きたい」と他のシューターに
頼まれた場合、うっかり紹介すると自分の責任となるので曖昧に口を濁して
それとなく話題を変えてしまうわけなんですね〜

たとえばエアガン試合場で「銃口を人にむけないで」と注意されて
むっとするようなシューターなどは敬遠されます。
注意されて「はっ、すみませ〜ん、いろいろ教えてくださいっ」
と素直な態度で熱心に学ぶタイプだとイチローガン団は情報を交換しながら
観察を始めるわけです。

ですから石井やトモ、マック、ヤダピ、タロウといったメンバーに
マリポサ行きを打診し、あまり反応がなくうやむやにされる人は
まだ信用されていないのだというわけです。

それとマリポサで見聞きしたり習ったことなどの詳細を語るのは
禁止されているので、イチローガン団はこの話題になると口が重く
なってしまいます、、なので変なヤツだと想わないでやってくださいな(^_^)

マリポサ組は射撃ツアーとして儲けることはいっさいなく、純粋に経費のみ
ですみます。新しい人が入るといろいろと手がかかり、自分たちの練習も
オロソカとなるので、できるだけ人を増やさないようにしています。
とはいえ、良い仲間がいたら面倒をみたいという心は皆がもっているんです。

新しい仲間の人選にはワシの意見は入りません。
だってワシは彼らを知らないので・・・
それだけにトモと石井はとても慎重になっています、、
だってバカを連れてきたらイチローにひどく怒られますからね〜(^o^)

そうそう、今回の新人COちゃんは、やっぱりマヌケだしオッチョコチョイ
だしで皆からかなり指導を受けていましたよ(^^)
しかしそれはイイんです、、彼の中にある健康な素直さは皆のなぐさめ
となり、人気は上々でしたよ。マックもよく笑いながら叱っていました。
彼はまた来てもよいメンバーとなりました(^_^)

そして珍しくワシは石井とトモに言いました、、

「高橋君が来たいと言ったら面倒見られるか?」
「もちろんですよ」と彼らは言いました。

というわけで、招待陸曹殿(^^)君次第ですよん(^_^)

でも、来年からスティル チャレンジの本戦はフロリダに移り
イチローガン団は行かないのですがね〜(*_*)

かわりにキャリフォニアのステイトマッチという小さなスティル チャレンジ
に出ることにしています。これは来年6月の第三週に開催されるという
予定だそうですよん。

もちろんこの試合は今までスティル チャレンジ会場だったレイクパイルー
にて行われます。

ワシの狙いは「過去の自分に挑戦」なので賞品も欲しくないし大試合で
ある必要もなく「試しの場」さえあればよいのです。


永田様、はじめまして。
ブログの内容と関係が無い事、現職のため匿名での書き込みである事をお許し下
さい。
1年ほど前の事ですが、田村装備開発の田村様に、お手合わせ頂いた事がありま
す。
といいますのは、田村様のブログに武術の記載があり、その内容が私には理解が
できず、力試しをしたい。という、今考えてみれば本当に失礼な事をしてしまいま
した。
突然訪問した、いわば道場破りにもかかわらず、田村様は快く応じて下さいまし
た。
結果は、私の惨敗です。
幼い頃から武道ずくしの人生だったため、負ける事など考えていなかったのです
が、何も出来ぬまま叩きのめされました。
前歯が欠け、肋骨にヒビが入りました。しかし、それは自業自得であり恨んでお
りません。それどころか、良い勉強になり、感謝しております。
その後、半日、田村様から訓練を施して頂きました。
鮮明に記憶している事は、サバイバルゲームを例に、実戦と格闘技の違いを話さ
れた事です。
長くなりましたが、永田様に一つお尋ねしたい事があります。
訓練後、田村様に「格闘の先生は誰ですか」と尋ねたところ、「多くの方から教
えを受けましたが、一番影響を受けたのはイチロウさんです」と答えられました。
どのような事を習ったのか聞いたところ、「人から教わった事を許可無く教える事
はできない。」との事で、何も話しては頂けませんでした。
それが、いまだに気になっております。
技では無く、精神的な事とのことでした。
個人的な書き込みで申し訳ございません。
お答えできる範囲で教えて頂ければ幸いです。
by りく


市より
現代の武道には二つのタイプがあると想います。
ひとつは健康維持のための運動として、、
もうひとつは人を倒す、あるいは殺すため、、

まず、自分はどちらの武道を選択しているのかを認識すべきかと。

りくさんの気持ちとしては後者を選択、ですよね

自分の身体に殺しのワザをダウンロードするにあたって
まずはできるだけ「崇高な精神」という気持ちを持つ必要が
あるかと想います。
すうこうな精神という意味は「気高いこと、気品があること、尊いこと」
そういった意味です。

こういうと難しく想えるでしょうが、
ようするに「自分の技は正義のためにだけ使う」という決断をすることです。

じつは、ワシは「正義」という言葉はあまり好きではないのですが
ここでは解りやすいので暫定的に使います。

どうして正義という言葉に疑問を持つのかといえば
世の中には正義も悪義もなくて、これは人間が作った自己欺瞞の言葉では
ないかと想うからです。

それはともかく、、

「殺しの技は正しく使う」ということです。
しかしワシとしてはこの「正しい」という言葉もあまり好きでは
ありません。というのは世の中には正しいも間違いも無いだろうと
考えているからです。

武道をやる人間は、そういった言葉をひとつひとつ咀嚼しながら
脳みその配列を整頓すべきかと、、

これらを語るには長くなりますからこのへんで・・・

空手道場経営の家に生まれ、幼少から空手を習い
喧嘩だけはもうれつに強くなった男がいました。
この男には素敵な彼女がいました。
しかし彼女は自分がセックスの対象にしかされて
いないと感じ、心が空手男から離れてしまい
他の心優しい男に惚れてしまいました。
この優しい男は自分から彼女を誘ったのではなく
飛び込んでこられたので受け止めたわけなんです。

ここで、その男が「武道家としての教え」を受けていたら
〝君をもっと幸せにしてくれる男がいたら行ってくれ・・・〟
というのではないかとワシは想うのです、

が、この男は闘うすべもない優しい男を幾度かにわたって
待ち伏せなどし、殴る蹴るの暴行を加えたそうです。

この暴力行為が正か悪かといえば、なんとも言えません。
だって人間ってそのように作られているんですからね〜

こういった人間は武道家じゃないと言っても武道家なわけで、
ただ自分はこのような男には絶対になりたくないという
気持ちを持ってほしいわけですね〜

素手、ナイフ、刀、弓、銃などなど・・・

こういった道具を使って闘う練習をすることが
武術訓練だとワシは考えていますが、これらの殺し技は
やむにやまれぬ正当防衛だけに使うのだという心を
持たない者には教えたくない、、というのがまあワシの
独断なわけで・・・

心に美しいものを秘めている人、
こういうタイプは武道家の素養を生まれながらに
持っているのではないでしょうか・・・

ようするに正義らしいことに使ってほしいわけですね〜

で、りくさんはそこらについてはクリヤーされていると
想います。ただ、この大切な精神の基礎を理解できていない
若者が多すぎるので、こうして書いています。

そこでワシの「格闘論」のさわりを説明しますね、、

「闘いにさいして、ここが死に場と心得よ」

「正義のために死ぬことを喜んで受け容れよ」

「相手も手練れならば、相打ちをもってよしとすべし」

「闘うときは相手を殺すか自分が死ぬまで闘うべし」

「闘いにルールなど無し」

とまあ、思いつくままに書きましたが、いかがですか?

ただ、これらの五箇条に関してだけでも、噛み砕いて
自分の心に刻みつけるには数年かかると考えながら
ゆっくりと咀嚼してみてください。

解ったつもりが、じつはなかなか解ってないものなんです。

「常に咀嚼せよ」

これもすごく大切ですよ。

ね?・・・この教え、かっこいいでしょ?

オイラ、えらいでしょ?

いえいえ、ジゲン流からのパクリなんですよん(^。^)

なにもえらくないんですよん・・・
えらくある必要もないですしね (^_^)

剣術では薬丸ジゲン流が最強だったと想っています。

なぜ強かったかというと、精神と技が素晴らしかったからかと、、

ジゲン流は上段の構えで飛びかかりながら肩からヘソに向けて
斬り下ろすというのが主流でした。いかに速く相手に一撃を
加えるかという訓練に明け暮れたそうです。

刀は相手のモノより太くて厚くて重い豪刀「ナミノヒラ」が
好まれました。相手が受けてもその刀を折りながら切り込む
というコンセプトでした。

これに対抗するには突きしかなく、突かれると自分も死にます。
自分も死にますが相手も死にます。

「相手が死ぬなら自分も死んでよい」

この究極のコンセプトがあったのでジゲン流は
最強だったわけですね。

自分は傷つかず相手をやっつける、、、

こんなウマイ話など格闘にはないのです。

一生に一度だけ、自分の真義にかけて闘う、、
そしてそこで死ぬ。

ワシの武道へのイメイジはこれなんです。

ちなみにワシが生まれた鹿児島の加治屋町は
西郷隆盛が育った町でした。

当時の薩摩人にはジゲン流の心が残っており
「弱い者をいじめるな」「がたがたモンクを言うな」
「喧嘩は自分より強い者とやり、決して負けるな」といった
風潮がありました。

中学の時は理科の石堂先生が「チェスト行け〜!!」という気合いの
かけ方を伝授してくれ、この突撃精神で社会の困難を乗り切れと
教わりました。

チェストー!!

というかけ声とともに困難に挑みかかり

いゃぁあああ〜!!!! と大猿のような叫び声を上げて
勝負の技をかけるのです。

「失敗を怖れるかぎり勝ち目は無い」

このコンセプトがないと人生においても強くは
闘えないのではないかと想っています。

ワシはことさら優れた人間ではなくごく普通のヤローです、、
ただ「ジゲン流のコンセプト」で生きているだけなんですよん。

これで 少しは役にたちますか?

タムヤンにはもっと射撃訓練に来るようにと伝えてください。(^o^) はっはっは

かなり、うんと、すごく気がかりだったので、
今朝は練習射場でKoichiro君の射撃を離れた所から見ていました。

するとキレイにドロウをして撃ち、銃口に気をつかいながら
暴発をさせないよう銃をスイングさせながらキチンとホルスタに
入れていました。

近寄ると彼はとても固い表情だったので
「気にするな、ケガをしたわけじゃないしあれくらいは
誰でもやるんだから試合では今のようにキチッとやればいいんだよ」
とワシは言いました。

午後になってショージ射撃ツアー団長がやってきて
「あんなこと書かないでくださいよ〜」と責めるような口調で
注意されました。これに対し
「ワシは自分がこの目で見たことは書く、、それがいけないのか?」
と返事しました。すると
「あんなこと書くから日本で騒ぎになってアイツは試合に出られない
かもしれないんですよ〜」
と言われました。
なんでも日本の誰かから試合に出るなという指令がきたとかのハナシでした。

「書くなって、ショージはこの事件を秘密にするつもりなのか?」
と聞くと、とにかく書いたのがいけない、、と言い張られてしまいました。
射撃ツアー団長は、かなりワシに腹を立てていましたね〜(@_@;)

ともあれ、
「コーイチローはすごく反省しており最低必要なお作法はできているから
試合に出しやれよ」
とワシは言いました。

そして本人にも「注意を怠らずにやれば大丈夫だから元気を出して
明日の本戦にはでろよ」と肩を叩いてやりました。

なんでも彼は今日のアイアンサイトのマッチは辞退させられたらしく
ゴリ君とずっと練習していたようです。

昨日の事件に懲りて本人は反省しており一生懸命にお作法の練習を
繰り返していたのでワシから見て、もう安全だと想ったのですが、
なにやら事態は日本人的メンドクサイ方向に発展しているようなのですね〜

たしかにKoichiro君は足下を撃ちました。でもケガなどしていないのです。
そして反省し恥じており責任も感じているのです。
安全に射撃をするということはそう難しいことでもなく、もう彼はそれが
できるようになっているのです。

これについてはこれ以上追求する必要などないとワシは想っています。
そして彼が明日の本戦に参加することを希望しています。
この考えはヴェテランの石井やトモも同じです。

我々は彼が立派に試合を撃ち終えるだろうという自信をもっています。

もしもこれから追求されることがあるとしたら
「初参加なのにどうして練習日がたったの2日間だったのか? それで
足りるわけなどないではないのか?」
ということではないのでしょうかね。

元凶はといえば、訓練不十分なまま射撃ツアーのお客さんを世界の舞台に
立たせようとした、、
なんちゃっておおげさには言いたくないんですがね〜

でも射撃ツアー会社の商売を邪魔するのはイケナイのでキツイことは
書かないで起こった事実だけを淡々と書くにとどめようかと・・・


とにかく、明日、気を取り戻したコウイチロー君の姿を
試合場で見たいです。これはワシの本心です。

間一髪だったようですね・・・
ショージ団長は安全管理にはかなり厳しい人なのですが、最終的には個々人の意
識によるところが多いですから銃を腰に吊る本人が一番気をつけないとなりません
ね。
この辺り国内のエアガンでも意識しているかどうかの差が出てしまうのかもしれ
ません。
ともあれ怪我人が出なくて何よりです。
コメント投稿者: Billy


それはかなりヤバい事件でしたね(汗)
ホルスターのデザイン云々ありますが、やはり試合での事を気にする余り安全確
認等が疎かになってしまったのではないでしょうかね。

確か射撃のインストラクターでホルスターを換えてドロウしようとしたら自分の
太股を撃ってしまった動画がありました。

その方は他の人も気をつけてほしいという事で動画をアップしたみたいです。

http://www.youtube.com/watch?v=zYvAxLX6OzE&sns=em


とにかく勝つことを優先せずにまず安全ありきでやらないとイケませんね。

因みに僕だったら優勝等試合の結果はどうでもいいんですよね。ホントに負けて
はイケない"敵"は自分自身の心と強盗等のアウトローだと思います。
コメント投稿者: ht1991


イチローさんが心配されていたことが現実になってしまいましたね。
私は大昔、家内とクレー射撃がやりたくて、某警察署の 『 初心者講習会 』に参加し 『 講習会修了証明書 』を頂きました。
その後手続きをすれば実銃が手に入ることになるのですが、住まいが賃貸マンションであった為ガンロッカーが固定出来ないこと、また子供が出来たので、そんなこんなで3年が経過し同証明書の有効期間が失効してしまいました。
家内とは銃を手にいれるなら『水平又は垂直二連銃』にしょうと話していました。ポンプ式は残弾が目視出来ないからです。
実際にポンプ式での暴発事故は起きていると警察の方が言っておりました。
3年位まえのジャパンスチールチャレンジで参加者の方が、友達とエアソフトガンの銃口をあちたこちらに向けて友達と話していましたら、石井さんが駆けつけて『次回やったら退場とします!』と強い口調で言われてました。注意された人は如何にも不平そうな顔してましたが、こんな人は銃をもつ資格は無いと思いますね。
新人のCoちゃんもかなりショックでしょうね。
なんせ相手は実銃ですからね。
ご検討を・・・では無いですね。無事に怪我もなく終了されることをお祈り致します。
前にも記載しましたが 『 タクレット でぇぶいでぇ 』で実弾を装填する時のイチローさんの顔つきや声に緊張感がこちらにも伝わって来て、こちらも一瞬緊張しました。
明日、モリケンジィジの顔見に上越に行く おーちゃんでした。

市より
おはば〜ん♪
あれは今から想ってもヒヤリとする事件でした。
htさん、こんな動画をよく見つけてくれましたね、感謝しますよ_(_^_)_
皆さんもよく見てくださいな。
さて今日と明日、いよいよ本番ですっ!

そうそう、エアガンをいじっていて人に向けるのは悪い習慣を
身につけることになるのでゼッタイに止めましょう。
エアガンマッチの会場ではなおさらのことです。
本来ならば即刻退場にすべきかと・・・

DSCF2642.jpg

今朝はシューターのチェックインでした。
バッジや撃つ時間や順番などが書かれた用紙をもらい
あとは練習です。
試合場の下の方に練習のための射場8面が組まれており
そこに向かいました。

着いてすぐに飛び込んできたのは「暴発」のニュースでした。
Koichiro君が銃をホルスタに入れるときに暴発がおこり
あやうく自分の足を撃つという事件が起こっていました。
おそらく弾丸はつま先から30cm以内の地面にめりこんだかと(@_@;)
ひょっとしたら5cm以内だったかも(・0・)

彼の使っているホルスタはレスコンプのCRという
http://www.rescomp.co.za/これです。

このホルスに銃を収める場合は、まず銃口を下にあるマズルをホールド
するためのコブに置き、それからスイングさせるようにしながら
トリガーガード部分を収めるわけで、他のホルスタのように銃を真上から
傾けて入れるとトゥリガーが上の部分に当たって発射されてしまうという
まあちょっと危ないディザインなんですよ。

危ないディザインとはいえ、銃を収める前に安全装置をかけておけば
トゥリガーが引かれることはなく、これはあきらかに「お作法」を無視した
行為でした。

これにショックを受けたようで本人も引率者のショージツアー団長も
青くなってイッショケンメに安全指導を始めていました。

これで明日からの試合では安全に気を遣いながら臨んでくれるのでは
ないかという気がします。

で、この写真の上はヨシが使っているレスコンプで、下のパーツは
暴発でコブが吹き飛んだその部分です。捨ててあったので記念にいただきました。

なお、たまたま近くでこの暴発現場を見ていた新人のCOちゃんもかなり
ショックを受け、自分の安全性を見直しています。


イチローさん こんばんワンコ(またパクリだぁ~) 子供の写真観た時、大きくなったなぁ~って感心する時ありますよね。 我が家のシューター1号の写真観た時、ちょっとした仕草がお兄ちゃんになったように感じます。 本物みると小さいんですけどね。 この写真のジュンちゃん、おねえちゃまになりましたね。ケンシロウくんもあちら向きですが後姿が違いますもんね。 出発ですか? 私の友人もイチローガン団ではないと思いますがメリケン国に旅立って行きました。  いよいよですね。 お身体に気をつけて、USチャレンジ頑張ってください。  "市"マーク入りのクナイ見つけた。 おーちゃんでした。

市より、
おーちゃん、子供って雑草のように逞しく育っていきますね〜(^_^)三日ごとに新しい知恵をダウンロードしながらアタマもふくらんでいき、成長の止まっている自分がなさけないです。こどものようにオープンな自分であろうと自分に言い聞かせていますよ〜。。。

ところでおーちゃんの友人シューターってアキタ君組にいる人ですか? だったら昨日の練習で逢いましたが、Koichiro君がまだなのでこちら一同気にかかっています、、というのはスティル チャレンジへの初出場となると最低でも一週間は実銃訓練をしてからでないと「競技者としてのお作法」とガンハンドリングの安全性という面で心細いわけで、、、こちらのCOちゃんもやっと昨日から単独練習をさせて安心というレヴェルに達したわけで、、、競技開催中に足を撃つなどの発射による人身事故でも起こったら安全第一でやっているUSPSA側に大変な迷惑がかかり他のシューター達からの批判の声が挙がるのも必至なので心配をしているわけですよん。。たった2日間の実銃練習でスティル チャレンジ本戦に日本人が出たということが知れ渡ったら結局ワシのところに運営者からの申し入れがくるわけで・・・。とこんな不安が昨日から浮上しています。やれやれ・・・

想い出の北海道

| コメント(1) | トラックバック(0)

なんと!北海道ではありませんか!
道民として、恥ずかしいし、胸糞が悪くなってきますね!

44歳になって、なんということを!しかも無職ですか!
女性を殴る蹴るの上、唾まで吐いたというではありませんか、
その唾からDNA判定で逮捕されたわけですが。
先ほどニュースにも出ていましたが
「これぐらいで何故捕まる」
と言っていたようです。
まったく反省がありません。
この容疑者、名前のほうに私の本名で使っている文字
がありましたので、田村さんと同じ気分です。

北海道は本当に車の運転マナーは最悪です!
街から少し出ると、もう車道は貸し切りみたいになりますが、
本当にキケンです!
時速100数十キロで抜かして走っていきます。
私はゆっくり走りたいので、あえてスピードを落として、
先に抜かして行ってもらいます。
「この間。160kmで走った!」
とか悪自慢をする人もいます。
困ったもんです。

街中でも黄色の信号で止まろうとすると
後ろからクラクションをならしたり、
無理に追い越して進んだりもしていきます。
私の会社の従業員も会社の車を運転していて、
右折をしようと待っていたら、黄色信号で無理やり進んできた
車にあてられました。
by ピーター

市より
今でも北海道は運転マナーが悪いのですか? う〜ん(@_@;)

日本でパブリカが売り出されたあたりから自動車ブームが始まりまして
すぐに日本人ドライヴァーのマナーの悪さが新聞ネタとなり交通渋滞も
新しい頭痛のタネとしてクローズアップされ、だんだんに国民もクルマ社会
に揉まれて運転のオトナに成長してゆきました。
この間、マナーの悪さによって多くの通行人が殺され、死亡事故も多発し
毎年1万人以上もの人の命がモータリゼイションのつゆとなりました(=_=)

そんなときワシも会社のホンダN360で北海道を20日間以上かけて
走り、恐ろしい目に幾度も遭ってびっくりしました。
まず多かったのは小さな道路や家の路地からの飛び出しです。
こっちは本道を60キロくらいでクルーズしているのに
すぐ目の前から飛び出すクルマが多くて急ブレーキの多かったこと!!・・・
運転手はこっちをみて目が合っているのに飛び出すんですよね〜(-_^:)

「クルマはすぐに止まれない」という標語が東京で流行っていたころ
ですが北国までは行き渡っていなかった、、というかまだなんですかね〜?

「北海道の人ってどんなに自分勝手な人種なんだろう?」
と想ってしまいましたよ〜( -_-)

ところがです、

たしか女満別あたりの河原でキャンプすることにして
近くの家に水をもらいに行ったんです。
すると心やすく自由に汲んでよいと言われました。
で、一泊し次の夕方のことです、、

「あなたたち、こんなところで何してるのっ!」
とおばちゃんが怒ったような口調でやってきました。

「キャンプしてますが・・・」
「こんなとこに泊まってちゃダメじゃないのっ! よくないですっ!
さあさウチに部屋があるからいらっしゃい、気の済むまで
泊まってらっしゃい」

と強引に手を引っ張っていかれました。

それから三食つきの無料民宿となりました。
そこの父親は狩猟のときに熊に噛まれ入院中、その熊を射殺した息子さんがいて
中学生だったかの妹もいて近所の子供達も集まりトランプ遊びやなんやで
大変な賑わいとなりました。

もうまったくの家族扱いで、いつまでも居てくれと毎日いわれました。

そして北海道ではどこに行っても人々は穏和で優しくて東京や大阪のような
イライラギスギス感がまったくなくてとても良い所だという印象でした。

いまだもって、あの乱暴運転をする人々と優しい心をもって助け合っている
人々とが一致しないでコマッていますよん(*_*)

今朝は5時起きでこれを書いています。
7時になったら玄米ニギリをしこたま持って、玄米と玄米釜も持って
試合場に向かいます。

では・・・


IMG_3467ok.jpg

射撃練習は皆とは朝だけにして、午後は仕事しながらタマ作り、
夕方になって少し撃ち、それから川に出かけるという日々を
すごしていま〜す。
ここはお隣さんの土地で私有地なため誰も来ません。
ここで子供達とプカプカ浮かんでいると気持ちが
安らぎます♪

まったくオカネのかからない行楽所なんですね〜
不便な山の暮らしですが、こういう面ではゴージャスそのものですよん !(^^)!

そして、、いよいよ出発の日が明日に迫りました。
練習ままならない忙しさで100秒斬りを狙うところまで上達しませんでした、
が、110秒なら斬れるのではないかと想っています。

今年はメンバー諸君が反省してくれイッショケンメに先読みと思いやりを
追求してくれ、それにしては大したことなかったとはいえ(^o^)
その気持ちは伝わってきたので楽しかったですよん(^_^)

札幌白石署は15日、札幌市清田区、無職田村智容疑者(44)を傷害の疑いで逮捕した。
発表によると、田村容疑者は7月11日夜、RV車を運転し、同市北区の女性(25)が運転する乗用車に追い抜かれたことに立腹。
クラクションを鳴らして車を停車させ、車外で土下座して謝る女性の顔や胸、腹などを蹴り、打撲などの軽傷を負わせた疑い。

女性は妊娠4か月だったが、おなかの子どもは無事だったという。

田村容疑者は「知らない」などと容疑を否認している。

(2011年8月15日22時25分 読売新聞)

これって事実なんですかね〜???
タムヤンは同じ姓名の日本人としてどう想うのっ?
とキツイ口調で詰問したい、、笑い

で、なさけなくてへたりこみそうですよ、ワシ・・・

皆さん集まってきてどんどん本格的になってきましたね。

昨日の出来事ですが、ヒストリーチャンネルの射撃王(海外ではTopShot)を観
ていたら、僕の母親がやってきて、番組や銃に対しての文句をいきなり言ってきま
した。

挙げ句の果てには僕は大声で怒鳴るように反論し、その夜は非常に気分は最悪で
した。

僕の母親は銃やミリタリー等を嫌うようでサバゲーに対しても

「あんな撃ち合いしたら死ぬがな」(`Д´)

とか

「頭おかしい」

銃関係の本やDVD買ったり観たりしている奴は警察にマークされてる(アンタは
秘密警察か!)

...など無知と頑迷、偏見を丸出しにして言ってきましたね。

サバゲーは威力が0.98ジュール以下のBB弾を発射する合法的なエアソフトガンの
みを使っているっつーのにアホか!って思いましたね(怒)
日本だと実銃扱いになる空気銃や実弾で撃ち合いしてる訳でも無いってのに(怒

確かに撃ち合うと痛いし、ゴーグル無かったら目に当たった際は失明するかも知
れない...しかしいくらなんでも死ぬ程ではねーのに。

反論したら今度は、

「それはお前が世間をしらねーからだ」

...なーんて返ってきて...。

海外に行ったら、家族でシューティングレンジ行って銃撃ったりするしミリタリ
ー臭い趣味も普通な訳だし。

確かコンバットマガジンのリポートでイギリスにWar&Peace Showというリエナク
トイベントがリポートが載っていた時があり老若男女問わず色んな方がいたみたい
です。

しかも海外ではペイントボールというサバゲーのルーツの撃ち合いゲームがあっ
てナショナルマッチやプロチームも存在し、これも老若男女関係なくやっているみ
たいだし、日本でもやっているとミリブロで読んだことがあります。

母さん、ホントに世間しらねーのはどっちだ? アァ?

って感じます。

その時は母もビールを飲んだ後だったので酔った勢いで言ったのかも知れません

しかしその夜言ったことに関してはマジ許せないです(怒)


...(´Д`)はぁースッキリしました。

思いつくままに書きました。長文失礼しました。

by: ht1991

市より、
このhtさんの件については気がかりで、ゆっくりと考えていたので
返事が遅れました。

どうやらhtさんの抱えている問題はここにもあるようですね。

ワシの姉なんですが、彼女はとても頭が良くて女学校では秀才だった
そうです。たしかに聡明でありいろいろな面でワシも姉から学びました。

高校に入って「そろそろベートーヴェンをマスターしなさい」と言って
交響曲全集をくれたのもこの姉なんです。これは高校時代の宝物でした。

さてさて、、ずぅ〜っ時代が過ぎてワシは32才くらいになっていました。
姉もワシも米国に移住していました。オレゴンのガンショウに行った帰りに
一晩泊めてもらうことになり姉夫婦を訪ねました。しばらくぶりの懐かしい
訪問となりハナシは弾みました。

夜になってワシはガンショウで買った日本軍の44式ライフルを
持ち出して眺めていました。とても美しい銃です。
すると姉は言いました。

「市、私は戦争が嫌いなのだからそんな人殺しの道具を持ち込まないでくれ」

そこでワシは「じゃホテルに泊まるよ」とサッサと荷物をクルマに運んで
そのまま出てしまいました。

「なにもこんな遅くに出ないでいいじゃないか」と慌てる姉に
「じゃあね」とだけ言って出発しました。

何かを信じ込んでいる人を説得するとか真剣に議論するとか、
そういったことは時間の無駄だと考えているワシは口喧嘩は避けて
即座に降参して退却するようにしています。

姉は「戦争は悲惨だから武器を持つな」と主張し、ワシは
「戦争に負けるのは悲惨だから侵略されないよう強くあるべし」
という考えであり、これは正しいか間違いのモンダイではなく
生きるうえでの方法論のひとつではないかと想うんですよね〜

魚の世界を見ていると、イワシなどは大魚を養うために、大魚の食料と
なるために存在しているように想われてきます。
ウチの周囲にいるリスやウサギなどの小動物も、肉食獣を養うための
存在かと想われます。

イワシに針を持って闘えだとか、ウサギにナイフを持って自衛しろと
言っても無駄なように、ハンタータイプでない人種に
闘えと言っても無駄なことだと想うのですよ。

人類は戦争を止めることはなく、つねに狩る側と狩られる側に分かれます。
狩る側か狩られる側か?
このどちらをとるかは人種の価値観によるものであり、正誤のモンダイでは
ないとワシは感じているんですよ。

なので言い争いは無駄でしかないと・・・。

htさんは、親元にいるかぎりは価値観の相違に悩まされるかもしれませんね。

ワシは高校を出たら独立すると決めていたので、
卒業と同時に渋谷の洋菓子製造店に住み込みで働きました。
その後、アパートを借りて住めるようになるまではずっと住み込みでした。
部屋と食事がついてくれば少ない給料でも貯金できますからね〜

「人生の闘士」だと言ってくれる人もいますが、ワシは独立心旺盛な
根性持ちなんですね〜
これでないと何一つ成し遂げられないのではないかと想いますよ。

そうそう、、テッポ写真で稼いだオカネで姉には絵の具をどっさり
買ってやりましたよ〜(^o^)
今も姉のこと好きですね〜(^^)

好きでいられるのは、ワシを虐げるチャンスを姉に渡さなかったからなんですよん。
議論も口論もなく、サッと逃げる。。なので虐げられる機会も無いと、、、
虐げられないので恨みもわかないと・・・。

htさんも独立すればお母さんを許せますよ。

それとこれもタクティカルライフの兵法として
覚えておいてください、、つまり、

「自分の感情を乱される前に、、自分が相手の言葉によって
傷つけられる前に、、その人の前から忍法ドロンの術で消えましょう」

追伸
親には息子にオカネをしっかり稼いでほしいと願う気持ちがあり、
その多くが自分の老後のめんどうをみさせたいという下心ありなので
少なくとも自分はそんな親にならないと今から決めておくほうがいいですね〜

「潔悪い(^^)人間」はいけませんよね〜


写真.JPG

みんなタクレットを愛用していま〜す(^^)
強制も頼みもしていないのに使ってくれてます(^_^)

新人のCOちゃんも持っていました、
こーゆー人は良い人に決まってます(*^^)ははは
良い人だから機転が利くとはかぎりませんが、、^_^; ふふふ

彼らは先に帰り、ワシとトモとヨシはミーティングに参加し
夜中の2時に帰還、ワシは疲れ切って12時間も寝ました(*_*)

ヨシは熱をだして一日寝てました(;O;)

でも今日からみんな元気に撃ちまくって外しまくっています(-_^:)

朝一番!!

| コメント(2) | トラックバック(0)

IMG_3501.JPG

レイクパイルーの試合場に朝市で参じました。
すると誰もいません。
平日の早朝なので、まあ当たり前田のクラッカーです(^^)

「よーし、ちょっとケイキをつけよう」と市は言いました。

「そーれ、ジャンプ!」

片手にテッポを持ってみんなで跳びました。

試合中にこんなことしたら速攻オンだされますよっ(^o^)

6回も跳んで皆さん心がいっそうスッキリして元気よく撃ち
メッタヤタラに外してましたね〜(^0^;)ガチョーン!!

そろそろ、試合も始まる頃ですね。
みなさんのコメントも試合なみか、天候なみにヒートアップしているようですが
・・・。

私は、その試合と会場にも同行もしていないので、誰がいいとかわるいとかはあ
りません。

 昔から日本には、「一宿一飯の恩義」という言葉があって、マリポサのミッキ
ーのレンジのような、誰かの土地に誰かの好意で見ず知らずの人間が「好きなテッ
ポーを撃つ。」事をできるんだという事、だけではないってことなんじゃないかと
思います。
 街中のシューティングレンジであれば、決められたお金を払えば、好きなガン
を選んでぶっ放し、薬莢は転がし放題、トイレも空調をあるでしょう。
 それ相応の金額を払えば、スチールチャレンジのフルコースも組めるでしょう
し、そのためのトレーニングをしてくれる所もあるでしょう。でも、その金額って
ものすごく高いはずですよね?
 ミッキーの土地の中は、射撃をするには我々日本人にとっては天国みたいな土
地だと思っています。(いった事ないので、)
朝から晩まで好きなガンを撃ち放題なのですから・・・。
 だからこそ、レンジを使わせて頂く有難味を感じ取り、きれいに元通りして、
帰るのは当たり前なのだと私は思います。
だから、やっぱり、私は「思いやり」って事が大事なのかなと思います。イチロ
ーさんが心を痛めているのは、そういった部分ではないかなと・・・。トイレやら
流しの掃除やら、ゴミ箱やら・・・。どれもこれも、「他の人が使ったら掃除した
くないもの」ですよね。裏を返していえば、「自分が残る立場だったら」と思えば
、掃除するのは当たり前だと私は考えます。
 昔、スティールチャレンジに出たいと思い、海を渡った人達の中には、「パス
ポート持って飛行機乗ったら、あとはテッポーが撃てる」くらいに考えていた人も
いたと思います。実際には、最初に苦労して渡った人や、現地に根をおろして信頼
関係を構築した人達の敷いたレールの上に乗っていた事をカリフォルニアについて
から感じたと思います。そうでない人も中にはいたのでしょうが・・・。
「どうやってガンを調達するのか、弾の手配は当たり前、移動と宿泊の手配」な
どなどやることは満載です。アメリカでマッチに出る条件に英語と金が必要である
と常々言われていますが、それは、最低ではなく、前提だと思います。
その上で、「思いやり」を持って「生活」をしないと「射撃」を楽しむ事は難し
と思います。
 つまりは、自分一人の感覚で、物事は動かないということを自覚しなくてはな
らないということなのだと思います。

 18年もの昔お話が、いまだに語られる事は、話すほうも、話されるほうもツ
ライ部分もあると思います。でも、あの話はかつての太平洋戦争や原爆での話と同
じで、「悲しい過去」ではあるが、「未来へつなぐための教訓」として語り継いで
いかなくてはならない面もあると思います。
 本当に、誰もが気軽に射撃を楽しめる環境が続くといいのですが・・・。

 最後に、むかーし昔、ある試合後、トイレで私がイチローさんに言われた言葉
です。
 「どーだ、今日の試合は楽しかったか?楽しいのが一番だからな。また、しっ
かり練習しておいで・・。」

 今年もみんなが、それぞれ楽しい思いをお土産に帰路につけることをお祈りし
ております。 
by chatter box


市より
「前車くつがえるは後車への戒め」という言葉があります。
先を行くクルマがヒックリカエッたら後ろの人間はその危険な部分をよけて
通るんだといった意味ですね〜

まさに君のいうとおり「未来へつなぐための教訓」としてガミガミと毎年書き
続けようかと(^。^)
とくに新人君が来る場合はとくにアタマにたたき込んでおいて星いですしね〜

このハナシは風化させないためにスティル チャレンジを
「野蛮射手記念」の週として刻むことにしま〜す(^^)

まあ各自100万円も払ってくれるツアー客だったら
寝るところがキュークツだとか
食い物がいやだとか
タマをもっとよこせだとか
テッポをしっかり直せだとか
射場が狭くて練習できんだとか、、なんて言われてもモンクいいませんが、
ワシとしては同好の士をもてなそうという気持ちがあり
しかしソヤツらが礼儀も感謝も知らない痴れ者たちだったら
哀しくなりますからね〜

レンタカーを借りて自由に行動もできず
英語も解らず、白人の前ではニタニタ笑い
料理もできず気もきかず、日本人同士では大声で叫びあい
そのくせ何をするにもオンブにダッコというのが新人なのですから
せめて礼儀正しい態度くらいは保っていただきたいという要求は
ムリからぬものがあると考えて星いんですね〜

ああまた血圧が上がってきたぞ〜! \(^O^)/
チャターさん応援あんがとー!

君のような人だったらこの「シュータース ヘイヴン」に
来て頂きたいですよ〜(^^)


マックの集い

| コメント(7) | トラックバック(0)

IMG_3496.JPG

ロサンジェルスのミーティングに行くにはスティル チャレンジの
会場付近をかすめることになります。
なので、そうであるからにはちょいと寄ってガガガガがーん!
と撃ちたいなとUのがニンジョーではないかと。

そこで希望者を募ったところ全員参加、、まあ、あたりまえですかね〜(^-^)
そこで一泊二日の練習旅行となりました。
今日の午後と明日の午前で撃って皆はもどり、ワシとトモはロサンジェルスに
向かうという予定なんです。

というわけの7人は市路パイルーに向かっています。

ここは途中のマックです。ジャンクフードを食べながらパソ子パーティー
を開いています。
新人のCOちゃんも嬉しそうにポッケにナイフをつっこんでいますよ(^_^)

IMG_3470.JPG

プレゼンテイションとUのは、自分の企画を持ち込み
それを説明することです。

じつはある会社からの実験的な依頼で、あるいくつかのモノを
ディザインしています。
めったにないチャンスなんです。
この機会をイカ酢(^^)ことができたら新しい世界が開けるんです。

ダメモノだったら商品とならず消えてしまいます。
ということで真剣になって工作に励んでいるんです。

そのミーティングが明後日、ロサンジェルスであるんですよん ^_^;

もうスティルチャどころじゃないんですね〜 (^_^;)

で、これがそのひとつです、、あっ、手が震えてブツがよく見えませんっ!
もしわけないですがまだナイショなので・・・

はじまり〜!!

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSCF2018.jpg

朝、シューター6人がそろいました。
新人COちゃん(KOちゃんと間違うのでCOで)もまじえて
注意事項を一通り流し、ドライファイヤで肩慣らしです。

このあと3組に分かれて練習開始、マリポサの熱い空に銃声が
轟きわたりました。

でもオイラは明後日の重要なミーティングでプレゼンテイションする
準備などで忙しく半コースだけで止めてシゴトっています(;O;)

ただいま夕刻の7:30、、まだ射場の方からはテッポの音がダダダダっ
と聞こえています。

| コメント(11) | トラックバック(0)

IMG_3452.JPG

「ああ〜いいな〜!・・・」
とマックはサメジーのリムキャットを撃ってみて言いました

ほんならワシのを使えってことでマックも今年はリムキャットで
チャレンジすることになりました。

なにしろマックは優勝候補の一人ですからね〜
リムキャットはワシが使うよりマックが使うべきかと。

そこでワシはSIGを再び引っ張り出しましたよん♪
スライドをセイリアントに頼んで軽量化してあったので
そいつも試したくてウズ救命丸だったんですよん(^_^)

で、新人サメジーはモーレツ巧いです!
とくに初弾はマックより早くて安定度も高いです。
ただターゲット間でよく外すので、これを克服できたら
トップグループの仲間入りです。
本人の目標は83秒、、これが出せたらベスト5入りかと。
柔軟な思考をもって練習できれば達成できるのですがね〜

サメジーはリロードもしっかり習っているらしくやってました、、
ただ後でふとゴミ箱を見ると作り損ないのタマが捨ててあり、ギョッと
させられました。

ムカシ、ミッキーのところに火薬入りのタマを捨ててはいけないという
警告がきており、もしこれをゴミ捨て場で子供が拾って事故がおこり
指でも飛んだヒにはミッキーが訴えられて大変な金額が・・・(@_@;)

だからタマ捨ては厳禁なんですよん。

なのでこういった危険物はまとめておいて埋めるんですね〜

サメジーに捨てられた不良弾が発見できてよかった〜(^◇^;)

新人の監督不足で叱られたマックはゴミ箱をすっかり調べて一件落着でした。

マジ、ヒヤリとしましたね〜
これだから新人はコワイんですよん。

じつは本日の午後には5人ほどのシューターがやってきます。
毎回いろいろと起こるので内心ヒヤヒヤなんですよね〜

で、リムキャットをドライヴするマックの昨日の成績は80秒斬りでした!
これは優勝できるタイムなんですよ〜!!

もうこれが最後になるかもしれないマックの挑戦、、
グッドラックが星いところです。


ぶらほにて

| コメント(1) | トラックバック(0)

3-c.jpg

この方はよくブラックホールにいらっしゃるそうです。
ドリンクパウチにラジマグを組み合わせて愛用していらっしゃるそうです。
これでフルマラソンを走ったそうです。
ドリンクパウチだけだと、ほんとにドリンクしか入れられませんけど、
ラジマグがあればエナジー食が携帯できる。
なのでマラソンに最適なんだそうです。

以上、トモからのリポートでした。

なるほどー!
モノは工夫しだいで発展させることができますね〜

たしかに日常生活における外出はラジマグのサイズで良いですしね〜

もちろん今回はタクレットを購入していかれたようでどんな使い方をされるのか
興味がありますね〜

皆さんタクレットの中身って千差万別で、できたら全部見せて星いですん(^0^;)

むーさんへ

| コメント(1) | トラックバック(0)

今、ふと想い出したんですけど
子供を作るべきやいなや、、という質問がありましたよね?

重要なことなので後で書こうと想い、ついぞ忘れていました_(._.)_

で、我々は何のために生きているのかとつらつら考えるに
それはまったく解りませんが、ただひとつ生き物全般を観察するに
どうも我々は「生命のリンク」ではないかと想えるんですよね。

過去から受け継いだ自分の生命を未来につなぐための一つの輪、、
それが個人ではないかと、、

端的にいうと「ただ子供さえ作れば、後どう生きるかは好き勝手でよい」
と創造の神は唱えているように想えるんですよね〜

とはいえ、日本の社会では子供を作るのは不安だというのが実情であり、
このような社会を形成してしまった金欲、権力欲の追求を優先する
政治家たち、そしてそれを許している国民、、、
日本は国作りで失敗してしまったと想われますね〜

それと、言えることは
子供を作って後悔するということはよほどの事情によるものではないかと
想いますよん。

子供って初めの数年間で人間としてもっとも幸せな気持ちを
親に与えてくれるとワシは想うんですよ。

これは少なくとも90%の人々に当てはまるのではないかと想いますよ。

一人前の人間とは、子供を育て上げた人のことかもしれませんしね〜

もちろん、何らかの事情で子供を持てない人は別ですよん。
ただ、子供がほしくないというのは心が自然な状態ではないという気が
するんですよね。

1-o.jpg

こんにちわ~。

黒穴2日間行ってしまいました。1日目は 『 Team東京虎穴堂(こけつどう)
 』メンバーと団体行動?でした。

ヤムさんにお願いしていた物はゲット出来ましたが、『 ツルやつ 』がジパン
グに上陸してないとのことで ちょっとガッカリ。

黒ラジはやっぱ、格好良いです。寒いときはマガジンパウチ代わりになりますか
らね。

市ワッペン 何処に付けるか悩んでおりまする。2個購入しましたら日本海側の
ジィジが『 欲しい~ 』って言うもので土曜日の夜、早速1個送ってあげました
よ。(わがままでしょ? シューター1号とポストに投函しにいきましたよ。 ま
っ、しょうがないけど。)

イチローさん 『 JANPS 』ブログに戦利品出てますので、お暇な時みて下さ
いね。

そうそう、今回トモさん達3階入り口のメインでしたね~。
お店が少なかったですが、予定のものゲットできましたし。

2日目に 『 ツルやつ 』 もゲットできましたぁ~。

満足して帰宅したおーちゃんでした。

市より、
トモからこのフォトが届いてますよ〜!
これがおーちゃんかぁ、、さすが剣道の達人だけあって身体ができてますね〜
動きもしなやかそうだし視線も強いなぁ〜
いつかスティル チャレンジで勝負せんといかんですね〜(*^^)

しかしようまあようけー買ってぇ〜(^^)
クリスマスにはサンタになって配るような勢いですね〜(^o^)

市郎さん、今日、中古でカーネギーの「道は開ける」を買い、最初の"悩みに関する基本事項"の今日、一日の区切りで生きよを読みました。 「過去と未来を鉄の扉で閉ざして、今日一日の枠内で生きよう」 僕は自分の将来の夢(何回も書いているので略します)を考えると現実とのギャップを覚え、現在の生活に激しい嫌悪感を覚え、逃避したくなることがあります。 しかし読んだ後、気分が楽になりました。内容が殆ど自分に当てはまっていたのですから(汗) 「そうか、今日を無駄なく全力で生きるのか!」と...。 明日以降の未来はあくまで予感だ。だからこそ今日を確実に生き続ける。 何故市郎さんが「今日という還らぬ日を...」というのかが少し理解できたと思います。 少しずつこの本を読み進めていこうかなと思います。by ht

市より
さっそく読んでいただきありがとござました〜
なんでわいが礼を言うんじゃ〜!(^◇^)

アメリカ生活にチャレンジする日本人はゴセマンといますが、
これだけは覚えておいてくださいね、、

簡単にいいますと
「日本国内で、ある水準に達してない人間は米国でもどこでも成功しない」
ということです。ただ安易な夢だけを抱いて渡米することは誰にでも
できますが、モヤシを荒れ地に植えたように枯れてしまうのが必定なんです。

日本の会社で働いて満足な仕事の出来ない人は米国ではもっと
低い位置に置かれると想ってよいかと。

ましてや、日本の会社で働くことに怖れを感じる人は
アメリカの会社では働かせてもらえないと考えてよいです。

とにかく、「今の自分の枠内でせいいっぱいに生きること、
すると枠は広がっていき、やがてその枠は軋みをたてて破壊され
新たな広い枠に移動できるときがくるものです。
どういうわけか世の中はそういうふうにできているんですよね〜

現在の仕事や環境に嫌悪感をもってしまうと開ける未来も開かれることなく
過ぎてしまいます、、多少いまいましくても「これが自分に課された仕事」
だと想い、これを乗り切れなかったら未来のもっと大きな仕事など
乗り切れるものではないという自覚を持つことも大切です。

それとやりたい仕事にはいくつかの選択肢を持ったほうがよいですよ。
タクティカル インストラクターがダメならフォトグラファー、または
陶芸家、または良い板前、または人の並ぶようなラーメン屋を開く、
家具製作、大工さん、などなど他にもいろいろ・・・

人様の役に立てる仕事ならなんでもええぞ、という気概ですね〜

自分の精神を鍛えながら自己観察をやっていれば自分の向いた方向性と
いうのが漠然と見え始めるものです。
そして自分は意外な仕事に向いているなんていうことを発見できたり
するものなんです。

htさんの場合は「自分はなぜインストラクターになりたいのか、
どうしてそう考えるのか、それはどうすれば可能なのか」と
そういった自己分析をする必要があります。

そしてもっと重要なことは「インストラクターってどんな仕事をするのか」
ということをよく識ること。

どうしてこういうことをワシが言うのかはいつか説明しますが、
その前に「熟考」してみてください。

まずは成長の第一歩をhtさんは踏み出しました。
これは素晴らしい日です。

ついでに今日から日記を書きましょう。

書くことのない日は「書くことない」と書き
忙しい時は「いそがし」と書きましょう。
それだけでいいんですよ。

もし日記を書き始め2年もしたらhtさんはワシの助言に感謝しますよ〜
そんとき「砂丘ラーメン」をおごって星いですね〜(^o^)

昼飯に冷やしラーメン食べた市でした〜


http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n96973157
カーネギーの3冊セットが540円!!!

これはhtさんかどなたかが買うべきですよん。
ぜったいに後悔などしませんよ〜! 市

ht1991さんへ

| コメント(3) | トラックバック(0)

最近は非常にいろいろなことが頭の中を駆け巡ってい
て、僕も何がなんだか解らない感じになっていっています。

ニュース等真実を知りたいためかインターネットであれこれ検索しまくっ
た結果、自分を見失い、何を信じて良いのか解らなくなりました。

あと、自分も何か人生感にプラスになる書籍を読みたいと思ったりしています。
...しかし何を読めば良いのか解らないです。

どうしたら良いのでしょうか?

コメント投稿者: ht1991


市より
htさん、まずこの本を買って読みましょう。

http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k132295820

D カーネギーの「道は開ける」です。
アマゾンで新しいのを買うのもよいですがヤフーで探せば
このとおり安く買えますからね〜

インターネットからは超大量の情報が得られますが
ズシンと的を射た素晴らしいものとはなかなか出会えないのでは
ないかという気がします。

ま、ただで人生に目覚めるような文章に出会えるなんて
なかなかないわけで。
素晴らしいことを書ける人って忙しくて書いてられないわけですし・・・

イーチの場合はメズラシー例ですがね〜(^。^)なははは

ともあれ、何か道を求めたくなったのは絶好のチャンスです、
さっそくこの本を読んでください。。。

ちゅうか、ここに書き込む人には全員読んでいただきたいですよ〜

でもヤフオクで競り合って定価より高く落札しないよーに
気をつけてくださいね〜(^o^)

で、>自分を見失い、何を信じて良いのか解らなくなりました。
ですが、何かを信じたい気持ちは解りますが
なるべく何も信じないほうがよいです。君自身も含めてですね。

なぜかというと、世の中には信じられることってあまり無い
からです。

ただ、遠くにまたたく星をみつけてそちらに向かってみるというのは
ワシにとっては良かったです。

自分さえ強く在れば、べつに信じられるものなどなくても
生きていけますよ。そのためにはたった今から裸で荒野に入って
生き抜こうといった根性が必要ですがね。

自分を捨ててこそ浮かぶチャンスもあるわけで・・・

こんなこと難しいですか? 理解しにくいですか?

どっちみち、まずは言葉を咀嚼する訓練を始めないといけませんね。

こんばんは、(こんにちはですね!?)

インターネット環境の件、事前に知ることが出来て幸いであります。

日本ですと、何か調べるにしてもついついネットに頼ってしまう状態ですので、
インターネットなしには生きられない・・・と言われてしまい本人も納得できてし
まう由縁となってしまっております。・・・大汗

そして、これは紛れもない事実だと思います。

・・・しかしながら、私の場合ネットのゲームを楽しいと思った試しがありませ
ん。
シューティングゲームを友人がやっているのを見て、「自分でミスって振ったり
、ドローもない、挙句、リロードもマウスでポチポチのゲームの何が楽しいんだろ
う!?」となりやりません。

なので、ブログのアップロードなどはマクドナルド、スタバなどに出た際に済ま
せるようにします。

パソ子がハチの巣にならないように気をつけます!!汗

・・・逆を言えば、ネットに縛られずに過ごせる絶好の機会!!ですね!?
K,ISHIDA

市より
ウチに来る人には、好奇心だけの観光客シューターにはなってほしく
ないと想っています、、がなかなか無理なようです。

まず日本人同士では大声で話すのに、アメリカ人の前ではヒコヒコしているのが
つらいです。白人の前ではシュンとしておとなしく愛想笑いを浮かべてやたらと
相づちをうちます。だいたいは「白人が言ったから事実なんだ」みたいに想う人が
多く、白人だから尊敬し、すっかり信じてしまいます。
日本人の白人コンプレックスにはオソロシク絶大なものがあります。

●リローディングと薬莢の管理。
リロードはやり方を教えても、勝手にハショってしまい、まず薬莢の管理から
して出来ていません。またリローディング時に細かいトラブルへの対処の仕方が
わるく、どうもリローディング=面倒くさい、、と感じるようです。

「薬莢はキチンと拾って回収してほしい」と毎回言うにもかかわらず
拾い残しが多く、拾ってはイケナイ口径までまぜこぜにします。
だいたいウチに来るシューターで撃ったあとヤッキョーをすべて拾うと
いう人はほとんどいません。。それはだれかが拾う必要があり、それは
ワシなんです。。ときどきため息が出ますよ〜(@_@;)

他人の射場で撃ってヤッキョーを回収するというのは大切な礼儀では
ないかと想うのですが、これのできる日本人シューターはほとんどいません。
ワシの大切にしている銃を撃ち、頼まないかぎりはヤッキョーを拾わずに
返ってしまうお客さんには困ったもんです。

ちなみにワシは彼らからコーチ料だのブレットや火薬などの購入に上乗せして
利益をいただくことはいっさいありません。
何人きてもワシが儲かることはまったくありません。
まったくのヴォランティアなんですよん(^_^)

●小屋が汚れる!
これも困ったもんです。
ホテルに泊まると高いし遠いので皆で家を借りているのですが、片付けの
できないシューターがほとんどです。一部の公務員はすこしだけよいですが(^o^)

・台所やトイレットボールが手垢でギトギトになっていてもヘ~キ。
・ゴミ箱が山盛りでもゴミを捨て続ける。
・レンタカーが汚いまま→結果、返却時罰金を取られたりします。
・小屋が汚いまま去ろうとする。


これらのことでは毎回、管理責任者のトモが指示するも聞き入れられず、
"細かすぎる"と言われてしまい、へとへとになります。

ムカシは今より多くのスティルチャシューターを招待していましたが、
他人のクルマに「くそたれジェット」などと公衆の面前では使ってはいけない
言葉を集団で落書きしたり、事故までおこしたのでミッキーの要請もあって
マリポサ射場からは追放しました。

で、しばらくはお客さんは入れなかったのですが、
信用できる人間くらいなら良いだろうと考えるようになり
だんだんに門戸を開けているわけです。

ですが、これらの「信用できるシューターたち」でさえ
射撃だけは巧くても気が利かず、判断力が乏しく、機敏には動かず
ワシの考える「人間の基本精神」からはほど遠く、いつも寂しい気持ちに
なるわけですね〜
寂しいったって、もともとワシは他人にはほとんど期待しておらず、
頼る気持ちもないので遠くから観ているだけにしていますので
寂しいというより残念だと表現したほうがよいかと。

あまりに他人に近寄ると自分が傷ついてしまうという予感があるんですね〜

アメリカでホルスタにテッポを差して皆が集まって競技をするという
珍しくも貴重な体験。これが試合参加の醍醐味なんですが、そのためには
多方面にわたって自分が成長する必要があり、まずは「礼儀」というものを
学んでいただきたいわけなんですね〜

ここから学んで自分の生き方に反映できないとしたら、それではたんなる
「観光客シューター」でしかなく、注いだオカネと時間がもったいない
のではないかと・・・。

ま、人はいろいろなので強制などしませんが・・・

しかし、ときどきバカらしくなって射場解放をやめようかという
気持ちがよぎります。これ以上ワシを忙しくしないでほしいわけなんですね〜

皆がくれば楽しい練習ができて嬉しいのですが、マイナス要因が多くなると
ムリする価値を感じないので・・・

ようするにメンバー諸君には「先読みと こまやかな気配り」これだけは
守ってほしいんです。これで充分なんです。

これってウルサクはないですよね? ・・・ねっ??・・・そうですよね?・・・


夜の10時をまわりました。
禁固が解けたのです(^-^)

なんの禁固かとUとインターネットの禁固なんです

うちのサテライトは24時間に500メガバイトの容量という契約で
やっており、使用量がこれを越すと24時間半フリーズ状態となります。

なのでうちに来るお客さんには
インターネットは必要以外は使わないでほしいとお願いしています。

しかし今の若者達はインターネットなしには生きられないようで
そんな頼みはスルーされスティル チャレンジの時期にはすぐに
パンクしてしまいます。

マックとサメジーもネット族であり、すっかり夢中になったらしく
規定量をあっさりと超えてしまい昨夜からネットがつながらなく
なっていました。そして24時間経ったいま、ようやく禁固が
解けて開通したというわけです。

コメントもドドドとアップできましたん(^^)/
ちなみに昨夜はブラックホールの案内もアップできず、管理人さんに
やってもらいました。

しかしコワイのは来週からです(@_@;)

ネット依存の集団がやってくるんです。
彼らはテッポ撃つとき以外はiPhoneを握りしめて
新婚の妻を見つめる以上の熱いマザナシ(^^)で眺めるんです。

この大空と大地をば愛でて
大自然の空気を満喫し
朝日のすがすがしさと夕日の神々しさに感動し
夜はきらめく星空の明るさを仰いで生きる喜びを
感じてほしい・・・そして真剣に人生を考えてほしい・・・

なんてワシがもし言ったとしたら「なにバカゆってる、アプリと
ゲイムが最高よ」
と想われるのは必至なので黙って笑っています、、が
やはり内心は寂しいです。

「言って解るような人間だったら言わなくても解るはず、だから
言うことは徒労ではないのか」
と、こういう気持ちがワシの心に根ざしており、それでも
相手の成長を促したくて言うこともあり、、そして結果はだいたいに
思わしくありません。

でも、ワシはこうして想うことを書きます。
なぜかというと、

このブログをどこかの片隅で心を澄ますようにして読んでくれている
人がいると感じるからなんです。
ひたすらな気持ちで自己の成長を祈るように願っている、、
そういう人がたった独りいてくれたらと、、そんな気持ちを抱いての
発信なんです。

スティル チャレンジにやってくる連中はイイ奴らではあります、
ですが温泉旅館あたりに泊まりながらマージャンに興じているような
タイプの男たちであり、底知れぬ感受性の持ち主なんて皆無なんです(^o^)

だいたい「感受性」という意味についてすら熟考したことのない野郎たち
ですしね〜(^o^)
でも感受性の低い人と長く一緒にいると疲れるんですよね〜(^_^;

ま、それはそれでいいんです。
少なくとも彼らはタバコは吸わないし深酒もしないし無害なので(^○^)

それはともかくとして、
スティル チャシューター諸君にお願いなんですが、
ウチに来る前に街でマックかスタバに寄ってネットをタラフク堪能し
顔にネットりとした網目斑点ができてからウチに来てほしいと(^0^;)

ウチでは必要なメイルのみの受信と送信にとどめ、
サイトを見たりニュースを見たりは
街に行って仕込んでほしいのですね〜

もしウチで動画などを見たりしているのを発見したら
退去していただくことになると想いますよ〜(どーがと思う(^^)はっはっ)


ほんと困るんです(;_;)
24時間フリーズすると撮影したフォトをクライアントに送って
確認してもらうことができなくなり、仕事に多大な支障が出るんですよね〜(;。;)
おかげで今日は休みにしましたけどね〜(^_^)

なので、場合によっては正当防衛により違反パソ子に5連射を浴びせると
いう手段も考えています(*_*)USOまさか〜!

では寝ま〜す(-_-)zzz


TOMO1704ps.jpg


少数ですが、ブラックホール販売用にタクレットが入荷しました。
ブラックホール会場での購入特典として
以下の3点からオマケをひと品選んでいただこうと考えております。

●DVD イチロースクール_タクレット編 / 2100円
●イチローワッペン 800円
●いかすキーパー 1000円

-タクレットを使った射撃大会-
ブラホ当日は、タクレットを使った射撃大会を開催します。
ブザーの合図でタクレットからガンを抜き撃ち!
4m先の直径15cmプレイトをヒットするタイムを競う。
(ターゲットまでの距離とサイズは当日スペイスの関係状変更するかもしれません)
ターゲットをヒットできなければ成績は残りません。
シンプルなタクティカル射撃体験コース。
100円で3回射撃。
ただし、通行人や周囲の一般市民を誤射すると即失格です。

3回の試技で2回、射撃タイムが1.5秒を切れたら素敵な記念品を差し上げます。
(TuFFプロ製品やブロゥバックガスガンなど......)
競技会開催中なら、何回でもトライ可能です。

会場では貸し出し用のタクレットと、
ブロゥバックガスガン(東京マルイ製グロック17、P226、ハイキャパ、
 KSC製USP、グロック17)を用意しております。
もちろん、ご愛用のタクレットとエアソフトガン(ハンドガン)での参加もOK。
その際は、会場までの運搬はガンケイスに納めバッグに入れるなど、
自己責任で安全に配慮してください。
よろしくお願いします。


-ストリートサバイバル"タクレットを使った射撃テクニック"について-
また、当日は午前一回と午後に一回、
タクレットを使った射撃についてイヴェントを予定しております。
興味のある方はお立ち寄りください。
午後のイヴェントでは6日、7日
それぞれの最速シューターを発表します。

TOMO1709ps.jpg

さてさて、トモからの報告によると
色つきクナイのサンプルができたようです。
やはりジュラルミン材には色乗りが浅くて難航気味です。

でもまあ色つきというのは楽しいので星い方はおられるかと、、
なので初回の限定販売をしてみます。

で、各色15本ずつ作りましたので、その内の各色11本をブラックホールで
販売することになりました。(組み立てが間に合えばですが)

値段は染め付けの原価が一本につき2500円かかっており
その分だけ上乗せします。
なお、ペン先とクリップはゴールドカラーとなります。

タクレットは在庫ゼロでしたが、
40ほどブラックホールに間に合うように作ってもらいました。

イカ酢キーパー各種もブラックホールに間に合いましたので
ご期待くださいな。

そうそう、
今回もトモがBHでなにか出し物を用意してくれているそうですよ〜(^^)
来場者の方々にタクレット射撃をしていただき1.5秒を切れた人には
記念品を出すとか言ってましたよ〜(^^)

各クナイ販売ショップの皆さん、クナイの品不足でご迷惑かけているなかで
こういう販売をして澄みません。
なにしろ会社が小さいので・・・(;O;)
なるべく早く正規販売用のカラーを決めて製作しますので
しばらくお待ちください。

そうそうタクレットですが、初期モデルはここで終わりにし
涼しくなる季節にはディザインを変更して発売する予定です。

最近のコメント

アイテム

  • IMG_3578.JPG
  • DSCF2642.jpg
  • IMG_3467ok.jpg
  • 写真.JPG
  • IMG_3501.JPG
  • IMG_3496.JPG
  • IMG_3470.JPG
  • DSCF2018.jpg
  • IMG_3452.JPG
  • 3-c.jpg

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。