クナイ記事その2

| コメント(3) | トラックバック(0)

106-kn_472.jpg


   ★喧嘩と自衛はちがう★
 もしも、ペンで非合法に他人を傷つけると
「ペンという鋭い筆記用具を武器として使用
した」という罪状が付加される。フライパンで
殴ると「金属の鈍器」を武器にした、という
罪状がつく。とくに銃を使うと、罪はさらに
重くなる。
 しかし、正当防衛という手段にて、これ
らを武器として使っても罪にはならない。
ここで問われるのは「容疑者の殺意」で
あって、武器として使用した器物を取り
締まるということではない。これが、米国で
の場合だ。

 ケンカをするということと、護身のために
闘うということは、その意味合いと方法とに
異なるものがありそうに想われる。
 ツラツラよくよく考えてみた。
 「意地の張り合い」で起こる闘争が喧嘩で
あり「危機からの脱出を目的とした行動」は
護身のための闘いなのではないのかとワシ
には想える。
 相手が憎くてブチ殺したいという激しい
感情が基盤となった争いがケンカ。
 火災から逃れて避難するように、目前の
危険状態から必死な気持ちで脱出しようと
する行動が護身。と、このように分けて考え
るのはどうだろうか。
 ケンカは、欲と感情のもつれで始まるが、
護身は「本能的行為」というわけだよ。
 運転中に通行人から石を投げられてクルマ
が凹むとコノヤローとアッタマくるが、それが
自然の落石だったとしたら、無事で良かった
と心から想ってしまうのではないだろうか。
 日本人を拉致したジョンイルは憎々しくとも、
阪神大震災を起こした地球を恨む人はいな
いのではないか。
 "ジョンイルよ、拉致した人を返せ! でない
と援助もしないぞー! "
 などと感情的にならないで、特殊部隊が
スッと行って日本国民を取り返してくればイイ
のではないのか。もちろん、この救出作戦を
邪魔しようとする者達は実力ですべて排除
されるので多数の死傷者が出る。しかし
それは互いの人間としての立場上のやりとり
なので淡々とした境地で受け止めればいい
のではないのか。
 人の命には、輝ける喜びと美しさもありな
がら、皆さんが考えるほどに価値がある
わけではなく、重要でもないのではないか
とワシは想う。
 そういうと怒る人もいるだろう、が、ようく
考えてみてくれ。交通事故で何人が死ぬ
のか、わずかなカネが原因での自殺の数
のすごさ、そして殺人事件の多さ・・・。
 墓場は犬死にの霊で大混雑しているの
ではないか。命の重要、という言葉すら
哀しいと感じてしまう。
 日常珈琲パン時に周囲でバタバタと人が
死んでゆく。人が死ぬごとにその身体から
大音響とともに強い光線が放射されると
いった荘厳な神の儀式があるわけでもなく、
まるでアリが突然に踏まれたように、ある
いはハエがパシンと叩かれたように我々
人間も簡単に死ぬ。
 この大自然界においては、人間も虫も魚も、
命そのものは同格であり、大した価値など
ありはしないだろう、と想う。
 ただ、個々の生命体は、その命をつむぐ
ために一定期間だけ地球上に存在すれば、
それで宇宙の創造主は満足なのではない
のだろうか。
 命が大切だと大声で強調するのは人間
だけで、そのくせ命を大切になんかできて
いないのは、命にいわれのない付加価値を
つけようとするからなのではないのだろうか。
 ここらで我々は「命」というものを見つめ
ながら考え、その「輝ける短き時間」をどう
使うかということの検討をするときではない
だろうか。どう生きて、どう死ぬかといった
問題に対して真剣になり、不動の価値観を
構築しないと人間の不幸は増すばかりだ
という気がする。
 うーん、ハナシがギュイーンと難しい方に
向かったナ。ワシとしては、ただクナイで
悪人を突っついて逃げるということについて
書くつもりなんだけどね。
 で、ともあれ、
 我々「生きる者」は、生命維持に必要と
される空気と水を与えられながら放牧され
ているらしい、ような気がするのだよ。
 "あとは自分でやんなさい"
 と、いうわけだ。
 "神様よ生きる理由をもっと説明してくだ
さいナ" と尋ねたところ、
 "君たちは生命リンクなのだから子を作り
なさい。人間が絶えないように増やし続け
なさい。そのことさえしたら、あとは自由に
生きていなさい。どうせそれ以上のことは
できないでしょ?・・・"
 と、いう啓示らしきものがあった。
 ハナシを戻そうか、
 ケンカは感情の産物で、護身は神が
生き物に与えた「自衛本能の発露」なの
だろうとワシは想うわけだ。ハツロという
のは、プーチンからのメッセイジではなくて、
内側に秘められていた能力が表面に出る、
という意味よ。
  "水と空気はあげるけど、食べ物や
オンナは自分でゲットしなさい、自衛も自分
でやんなさい、そういったことができなきゃ
食われるか朽ちて死になさい"
 と、神は生きる者全般に告げ、自衛本能を
与えてくれた。ものが飛んでくるとハッとよけ
たり払ったり、乱暴者から遠ざかるなどの
行動は自衛本能の発露というわけだね。
植物も根と根で闘いあう。自衛力や戦闘力の
強いものが優先権をもつのが自然界の掟な
わけさ。
 この地球では、米国、ロシヤ、中国などが
強い発言力を持つ。国力は強くて優秀なの
に日本の発言はなかなか通らない。これは
なぜかといえば日本に「戦争する気力」が
無いからだ。カツアゲで狙われるのは強そ
うな人ではなく「弱い人」であるというのと
同じことだ。
 人間に理性らしきものがあるとはいえ、
じつは暴力組織のなかで微妙なバランスを
保ちながら生活しているにすぎない。しょせん、
自衛力のない者は弱いのだ。
 そして、この自衛本能は世界一の平和ボケ
国家でさえも法律で容認している。
 やれやれ、これでようやく本題に入れそうだ。
護身というテーマについては長く考えてきた
ので説明も長いのだ。ゆるせ。ワシ論で人間の
暴力装置について迫れるように想ってくれる
人がいたら嬉しいぞい。

     ★グレイゾーン★
 では、護身の闘いの定義に入ろう。
 それが日本の法律に照らして正当防衛と
なるのだったら、それは護身の闘いだろう。
アタリマエだな、うん・・・。
 それ以外は、何かが欲しくての争奪闘争
か、エゴやシットからくる争いなのではない
かと想う。あるいは、そのどちらとも決めが
たいグレイゾーン的な争いもありえそうに想う。
 たとえば、不治の病気にかかって苦しんで
いる89才の老齢者を、その子供が殺して
しまうなどという行為などをたんなる親殺し
という範疇に入れてしまうのには納得でき
ないものがある。自分の親を殺した64才の
子を刑務所に入れてもよいのだろうかと
想ってしまう。その「殺人者」をなんらかの
カタチで社会に放っておいても他人に危害を
およぼすことはありえないという可能性が
ある。刑務所に隔離するよりは、もっと良い
償いをさせる方法がありそうに想う。とはいえ、
そういった判例ができてしまうと、それを悪用
する「悪質犯罪者」が必ず出てくるために法の
整備には難しいものがある。たんに邪魔に
なるという理由だけで親を殺すヤカラもいる。
人の心の中に大きく存在するエゴがどんなに
世の中を難しくしているか計り知れないもの
がある。
 ともあれ、こういった哀しい暴力事件を
グレイゾーンとしておこう。

   ★敗北の根源はシットなり★
「エゴとシットは、諸悪の根源なり」
 と、ワシは自分の太くもないキモに銘じ
ながら生きてきた。これが座右の銘という
ワケだよ。ザユウノメイとは、自分を叱り
激励するための言葉だね。反省しながら
頑張るというのは、人が成長するためには
必要なことだよ。
 他人への嫉妬が自分を腐らせるのだ。
 人は、嫉妬が元となって他人の悪口をワメ
キちらし、攻撃もする。負け組は、勝ち組を
ノノシルことでイイ気分になり、その
ままトシをとって自分の人生をロクデモナイ
状態に固着させる。自分という大切な存在を
ダメにする、それがエゴと嫉妬だ。
 他人の悪口をギャンギャンとシツコク吠え
たてる人は、その裏に個人的嫉妬が潜んで
いると観てまちがいはない。
 キャメラの虫だったワシは、高校でも写真
学校でもシット攻勢を受けていた。それは
なぜか良い気持ちだった。自分がサクセス
に向かっているような予感だった。自分が
群れの先頭グループにいるかどうかは、
仲間からのシット度で計れるような気が
していた。
 「道は開ける」という素晴らしい人生の
教本を書いて多くの人々を救ったデイル
カーネギーは、こう言っている。
 "嫉妬はするな、もしも自分が嫉妬したこと
が相手にバレたら、そいつは小躍りしながら
喜ぶからな・・・"
 つまり、嫉妬された時点で「勝ち」なのだ。
そう、他人に嫉妬した時点で君は「負けてる」
のだ。
 この嫉妬心を自分の成長のためのバネに
変換できる人は強くなるけどね。
 遠吠えしながら精神の辺境で生きたいと
いう希望が君にないかぎり、金輪際シット心を
自分の心から追い出したほうがよいゾ。この
ことでもっと学びたかったらカーネギーの本を
読んでくれ。気持ちが変わるよ。 変われん
ヤツはホープレス、つまり見込みナシだけどね。
 「嫉妬と羨望は自分を腐らせる」ということ
だけは覚えておいてくれ。

   ★負け人間はハイエナだ★
 この世において、仕事のできる人、才能ある
人、ヤル気のある人、ハンサムな男、美女、
カネモチ、こういった人種は多かれ少なかれ
シットの対象となる。
 オカネを得た人を「成金」と呼ぶ人の心にも
シットが潜む。だって原始時代に金持ちだった
人などいないし、ただ、どこかの時点でカネを
儲けただけのハナシではないの。それが古く
からの成金を「家柄が良い」と呼び、最近に
なって成功すると「ナリキン」という表現を使う。
これはシット心から生まれた遠吠え的な言葉
なんだとワシは解釈している。
 シットばかりするのは、その実なにもでき
ないくせして "オレ様はエライんだ" と妄想
している負け人間だ。彼らはコツコツとした
努力の積み重ねが嫌いで、楽ばかりした
がるタイプだ。ギャンブル好きでアブク銭を
追いかける。努力と苦労を敵と見なしている。
単純な動機で借金をする。こんなタグイが
犯罪予備軍に多い。
 暴力を使ってしか稼げなくなった彼らは
常に弱い人を物色し、スキあらば奪おうと
うろついている。いまどきは、警察官だって
カネに困れば女性を襲うという時代だから、
どうしようもない。
 草原に住む平和な小動物は、強い野獣に
よって食われることになる。都会に住む正直
者も、時としてハイエナのエジキとなる。
そんな「暴力エゴ人間」から我々を護ってく
れるのが「正当防衛」という法律なのだ。
それは、自分や大切な人を不当な危機から
護るためになら実力行使をしてもよい、という
法なのだ。
 人の危機というのは、瞬間的に起こる。
 前から男が来た。こっちを見た。襲ってくる。
そういった急なテンポで闘いは起こって
終わる。ケータイで警察を呼べるのは、
血ダルマになって倒れているキミを見た
通行人くらいのものだろう。ストリート
ファイトは、10秒もあれば勝負が決まって
しまう場合が多いのだ。罪無き人を護る
ための法律はある、が、それを執行するの
は君自身あるいはワシ自身でなければ
ならない。
 突然の危機から脱出する能力があるか
無いか。これは人によってまちまちだ。
有事に備える心、危機意識、価値観。
そういった要素から人の心に差異が生じる。
 エゴ暴力に対する護身の技。自分が
殺されそうな場合と大切な人に命の危険
があるときだけに使う必殺の技。これは、
キレイごとではない。まさに、命を賭した
闘いだ。そんな事態に備えている人は、
いったいどれほどいるのだろう。

    ★逃げるのは一番よい★
「三十六計 逃げるにしかず」というコトワザ
がある。戦争での計略には36種類ばかり
あるが、一番に安全なのは逃げるという
ことでアル。という意味だナ。
 争いの元は作らないように言動に気を
つけ、ケンカになったら謝るか負けてあげる。
カネですむなら払ってあげる。とにかく逃げ
るのが良い。
 これは、多くの人が自然にやっている
最も効果的な自衛手段だ。
 "強盗に迫られたら現金を渡してその場を
離れなさい。相手もできたら暴力行使を避け
たいと想っている場合が多いのだから少し
のカネで危機から脱出できるのなら安いもの
ですからね・・・"
 このようにアメリカ社会では教えられる。
 強い者が弱い者から奪ってよいという法律
などなく、それは犯罪そのものだ。起こって
はならない悪事だ。とはいえ、現実の世は
犯罪で充ち満ちている。世の中は暴力と
泥棒と詐欺だらけだ。
 そうなっている理由は、人間が作った法律
と自然界の摂理が食い違っているからだろう。
つまり、強い者が弱い者を食うという「弱肉
強食」という自然界の法則と、皆が安全に
暮らしたいという人類の願いから作られた
法律とにズレがあるということだ。
 人間は、知的生物でもあるが、その前に
単なる動物でもある。
 大多数の人間には善意がありながらも、
いったん生活に困窮した者は他人から奪う
という行動をとる。気に入らない者を殺すこと
も多々ある。これは人間界の法律には違反
しても動物界では当たり前な出来事だ。
 そして、我々の意識の奥底には「殺戮本能」
という炎の林が存在する。サツリク本能と
いうのは、殺したい奪いたいという疼きで
あり、襲ってくる敵を倒し、自分たちを護ろう
とするための本能でもある。
 困窮した人間には、その困り度合いと性格
に応じて怒りのエナジーが蓄積され、精神を
縛っていたクサリがブチブチと切れ落ちること
がある。
 自分には食べる物さえないのに他人は
飽食しながら趣味などを楽しんでいるという
場面になると人は凶暴になる。いとも簡単に
人間界の約束事を放棄し、強盗や殺人に
はしってしまう。
 "あんなにおとなしい人だったのに犯罪者
になるなんて・・・" などと言う人は、人間の
本質を認識できていないからだ。

      ★護身の定義★
 あるとき、3人の美人から護身のための
射撃を教えてほしいと頼まれたことがある。
 "人を殺すのは神の意志に背くでしょ?"
 とワシは尋ねた。彼女たちはモルモン教徒
なのだ。宣教師もいた。すると、
 "いいえ、私たちを襲う者たちは、外観は人
であっても実は野獣なのです。私たちは野獣
のためのなぐさめ物ではないので彼らを殺し
てもよいのです" と言った。
 ワシは、
 "ひたすらに逃げなさい、危険な場所にいく
ことからして自殺行為でしょ?" と答えた。
 "そんなこと言ったらどこにも行けなくなるわ、
だいたいアメリカでは家に押し入ってくる強盗
や強姦魔も多いのよ、それでも逆らうなという
の? あなただったら即座に射殺するでしょ?
奥さんにだって至近距離での発砲の仕方を
教えているじゃないの。私たちにも、その知識
と技術が必要なのよ"
 そうか・・・しかたがない、と想った。
 「ホッペタを叩かれたら反対側も出せ」と
いうキリストの教えに敬服しているワシは、
宗教に生きる人が闘いをすることに違和感を
もっている。ワシ自身は「やられる前にやっつ
けろ主義」であり「目には命を、歯にも命を」
くらいのマインドセットがあるのでノッケから
キリスト様には好いてもらえないと想って
いるのだ。モルモン教は迫害を受けながら
生き残ったので自衛のDNAが成長している
のだろう。いいことだ、うん。
 で、護身または自衛の定義とは?
 相手を殺すことが許される場合とは?
 それは、相手が凶暴であり、自分または
無実の人が不当な理由で殺されようとして
いるとき。相手を殺す以外に自分たちが
生き残れる方法がないとき。相手がこちら
よりも強いと判断されるとき。
 こういった条件が揃っている必要がある。
 「相手がこちらよりも強力である」という
ことはとくに大切だ。その意味は、こちらは
素手なのに相手は包丁などの凶器を持っ
ており、身体のサイズも自分なみ、あるいは
大きい場合となる。また相手が複数の
場合もこれに当てはまる。自分が空手三段
なのに相手は15才の女の子でナイフを
握ってかかってきた、くらいでは殺しては
いけない、過剰防衛となる。アメリカでは、
男が女をレイプしようとしたら相手が素手
であっても射殺してよく、女が男に素手で
の暴力をはたらいても射つことはできない。
まあ、逞しいプロレス女が体重50キロと
いう男を引きちぎろうとしたらハナシは別
だろうけどよ。
 しかし、現実的に観て、普通の人が凶暴
な包丁男から凶器を奪うというのは困難
なことだ。犯人が素手であっても喧嘩慣れ
した男が3人もいたとなれば空手三段でも
勝てるとはかぎらない。こんな場合は
「喧嘩三段」くらいの腕前が必要だろう。
カラテや柔道も強いが、ルールの無い
ストリートファイトは別物だ。流行のイスラ
エルのマーシャルアートなどには、かなり
喧嘩に強い技はある、が、現実に使える
ようになるには相当な日数と真剣な訓練が
必要だ。数ヶ月の受講で秋葉原アタッカー
と闘えるようになるなどとは考えないほう
がよい。
 包丁男を素手で退治するのは困難では
あるが、それも相手の練度による。ナイフ
訓練に習熟した男に素手で勝てるわけも
ない。だが、それほどの男なら就職できる
ので貧乏はしないしキレたりはしにくい。
だいたいはシロートの暴れ男だ。これだと、
対処方法はある。正しい知識に裏付けられ
た訓練が必要なのは言うまでもないが・・・。
 正当防衛で反撃してもよいという法律は
あっても、迎撃のルールには難しいものが
ある。勝ち目の無い場合が多いと考える
べきだろう。だから、たいていの場合は、
逃げるというのが最良の選択だ。

   ★負けられないことがある★
 しかし、
 逃げられないこともありうる。
 自分一人だったら逃げればよい、カネも
払おう。道路において包丁男が暴れ、近く
で通行人が刺され始めたとしても逃げる
しかないだろう。他人をかばって闘いを挑み、
それで殺されたら自分の家族は明日から
の生活に困るのだ。こういった場合、他人を
見殺しにするのは少なくとも法律上では罪
ではない。そして、これは自然な行為だと
考えられる。自分さえ護れないのに他人を
護れるハズもない。
 だが、そこに自分の家族が一緒にいたら
どうするか、という状況を思い浮かべてみ
ようではないか。そんなこたゼッタイおこら
ねーよ、と言うヤツは、すでに自衛本能が
衰退したエジキタイプだ。それは、動物
本能が水槽の小魚よりも劣化した、いわ
ゆる平和ボケヤローなのだ。秋葉原事件
のとき、あんな事件に遭遇する可能性が
あるから自分も心構えをしておこう、と
心に織り込んでいた人がいただろうか?
 これまでに、ナイフや包丁で刺された人
の数ときたら相当なものだろう。その内の
幾人が、そんな事態を予測しただろう?
 交通事故に遭う人だって、重病にかかる
人だって想定している人は少ないだろう。
マニュアル好きの日本人なのに、自衛の
マニュアルに関してはハナハダ乏しいのが
現状なのではないか。
 さて、
 君が家族と一緒に歩いている。
 前から男達がきた。
 そいつらが、カネだけではなく、君の妻と
子供をさらって行こうとした。
 そうなったらどうするか?
 あるいは、君が愛しく想っている恋人が
誘拐されようとした、という設定でもよい。
どうするね? ん?・・・
 こういう時のマニュアルは、ひとつ。
 最初に死ぬとしたら自分。
 自分を殺さないかぎりヤツラは家族に手を
出せない。
 敢然として死ぬまで闘う。
 自分の死を受け入れる。

 「ここを死の場と心得よ」
 これが真の男のマニュアルだ。

 "この欲張り妻やバカ娘ども、死んでくれ
たらどんなにセイセイすることか・・・"
 と、日頃想っていても、こういうカタチで
見殺しにするわけにはいくまい。
 自衛隊員が国民に不信感を持ちなが
らも戦場があれば出かけてゆくように。
真面目な警察官がろくでもない民間人
のために命を張って日夜努力している
ように、君もその命を家族に捧げるべき
ではないのか。
 このような事件があって家族を見殺しに
したら、その後の人生はミジメだ。人は
死ぬべき時に死んだ方がよい。死後の
世界は今の世よりもずっと良いと考え
られるので恐れることなどないさ。
 で、そこで、
 この危機にあって生死を分けるのは、
日頃の心構えと練度だろう。つまり
不動心とそれを支える戦闘術というわけだ。
このバランスが生死を決定する。
 ワシの場合、日本拳法が基盤となっている。
東京 中野にあった道場で森師範の直伝を
授かった。日拳は、自衛隊の徒手格闘の
オリジナルだ。もちろんフルコンタクトだ。
渡米してからは、さらに実戦的な技を求めて
研究をした。ヴェトナム人や韓国人のテコン
ドーや香港人のコンフーと手合わせをした
こともある。どれもそれぞれに強いと感じた。
やがてFBIの格闘教官やSEAL出身のケン
グッドの訓練を受け、新たな格闘術に目覚
めるものを感じた。そして、マントラックで
知られるマイクと会うこととなり、彼から本当
の殺し技を習った。ストリート ファイトはこう
あるべきだというマニュアルもできた。
 "やはりですね、相手の練度というのは
読めませんので、素手ではなくてなんらか
の武器を使うほうがよいですよ・・・"
 と、マイクは教える。
 ジャケットを使う。ベルトを使う。帽子を使う。
砂をつかむ。石を拾う。キャメラを使う。室内
だったらイスあり電話機ありスタンドあり金魚
鉢ありと武器は豊富、もしもキッチンに行け
たら、包丁、ナベ、フライパンと、そこは武器
の宝庫だ。そういったモノをいつでも使える
ようにイメイジトレイニングを欠かさないことだ。

     ★単純技が強い★
 "目の前の敵を倒すのに、多くの方法など
あるはずもない。ただ強力な一撃で倒す
以外にはありえない。このごろの道場に
おける風潮には困ったものだ、生徒たちを
長期にとどめ置いてカネを取るためにわざと
意味も無い技を増やし、容易に身につけられ
ないような複雑な技まで編み出している。
すぐに覚えられない技というのは必要なとき
に使えるものではない。技は単純であること
が重要なのである"
 
 これはウロ覚えだが、なんと宮本武蔵が
遺した言葉だ。
 当時の剣術道場などを批判している。
そして時代を経て復活した現代の古武道の
中にも無意味でウサンクサイ技があるので
気をつけよう。もちろん、それが運動不足を
補うという目的なら何ら問題はないけどね。
 明治維新をたたき上げた薩摩の薬丸ジゲン
流は、まさに武蔵タイプの一撃勝負だった。
彼らの刀はナミノヒラに代表されるように
徳川のモノより分厚くて長く重かった。
江戸時代の終わりにおいて無敵の剣その
ものだったのだ。

      ★くない★
 検証してみると、確かに素手というのは
弱いものがある。ケリや拳骨で殴るという
のも相手が手練れだと通用しない。結局は
つかみ合いのモツレ喧嘩になってしまう
場合が多い。そんなとき、たとえ石コロの
ひとつでもあれば武器として使え、ファイト
は有利だと想われる。
 そこで携帯用の武器を考えてみた。
 まず作ったのがポーキュパインだ。これは
シュアファイヤの現行モデルにストライク
ベゼルを付けたものだった。小さなモノから
大きなものまで6種類ほど作ってもらった。
これらは、訴えられるのが面倒なので
アメリカでは売らないという建前だったが、
けっこうCIAらしい人たちやアザラシ部隊や
三角組などが愛用してくれた。ワシとしては
U2ポーキュが一番好きで、これは今でも
旅行の用心棒をつとめている。
 ポーキュは、航空機内に持ち込めるし、
護身用として良かったと想う。見かけよりも
殺傷力が低く、間違って相手を殺してしまう
という可能性が低かった。とくに光を味方と
するために、暗がりでの闘いには絶大な
威力があった。
 次なる武器は、何かと考えるのは常に
飛行機の中でだった。旅客機に持ち込め
ないのでは不便すぎる。だから飛行機の
中にあるモノに目をつけるのだ。
 竹で作ったハシなんて良さそうだ、が、
これは使い方が難しい。中途半端な使い
方ができないのだ。つまりこれで相手を
逮捕するとかができないということ。竹箸は
敏速攻撃でイッキに相手を殺してしまうの
に向いているので使う側もコワイのだ。
 携帯電話をカスタマイズして武器とする
考えもある。しかし、これも殺し専用となって
しまう。それと竹バシ同様に、かなり訓練が
必要となる。女の子たちの護身用にはまった
く向かない。
 いろいろな構想を描いていたら、ハッと
自分のペンに視線が移った。
 タクティカル ペンの製作は、自分では考え
ていなかった。かなりな種類がすでに売ら
れているからだ。ハッとしたのは、自分の
気に入るディザインが出ていない、ということ
に気がついたからだった。
 「クナイ」と呼ばれる短刀を忍者は持って
いたという。それはカッコイイ短刀だ。とは
いえ、それが本当かどうかは知らない。
白戸三平さんの劇画で知ったもので、事実は
どのようだったのかまったく知らない。だが、
忍たる者は短刀のひとつくらいは常に携帯
していたと推察できる。それも劇画で描かれ
ているように頑丈で万能なモノだったと考え
られる。各自の好みによってカタチやサイズ
もいろいろだったのではないだろうか。彼ら
がクナイを大切と考え、常に身につけ、それ
がどれだけ仕事の助けになったかを想像
すると楽しいものがある。
 男たる者、現代に生きるとはいえ、ナイフの
イッチョくらいは携帯すべきだ、とワシは考え
ている。のだが、世の中は認めてくれない。
アメリカには比較的に自由があるが、それ
でも飛行機には持ち込めない。
 どうもこれはゴーハラだ。ゴウハラとは
「業腹」と書き、シャクにさわるという意味だね。
 こんなことで業腹になるのは変なのだが、
こうなったのは、ワシが西郷隆盛の住んで
いた町で生まれ、薄まっていたとはいえ
ジゲン流の空気を吸いながら育ったせい
だろう。
 ゴーハラ市郞太は考えた。
 "おいどんは、ヒコーキん中に持ち込める
クナイば作ったっち・・・"
 そのときから、護身用のペンとはどうある
べきかの模索が始まった。
 この続きは前号で書いたとおりだよ。

       ★咀嚼★
 今回も長くなったな。
 とりとめもなく、思いつくままに書いた。
 ワシが書きたいことは、闘いの武器うん
ぬんよりも、充分に咀嚼された闘いのマイ
ンドについてだ。
 ソシャクの意味は、噛んで咬んで咬み
くだくこと。咀嚼の文字は、シャクシャク
シャクといつまでもかみ続けるという音感から
きているらしい。咀嚼は大切なのだ。
 これからの戦争で殺しの強さを発揮するの
はラジコン操縦の上手いヤサ男兵士だろうが、
時代は変わっても闘いのマインドは大切では
ないのかと考える。強い精神こそが最強の
武器かと想われる。
 しかし、精神が強くても脳が弱いと武器の
選定や戦術を間違って負けるというのは
歴史が証明しているから、そこんとこを抜かし
て元気だけで勝負するのはダメなんだけどね。

      ★警察庁にて★ 
 警察庁のドアが破れんばかりの勢いで
飛び込んできた警察官がいた。国民から格闘
の道具ならすべて取り上げようとし格闘技の
道場まで閉鎖に追い込もうとする和香羅
図也警視である。その小脇には前号の
SATマガジンが抱えられ、それは汗に濡れ
たうえにワキガの匂いまでしみついていた。
 "警視正、いかがなものでしょう、あの
ポッキュパイをやっと秋葉から追い出した
というのに、こんどはクナイというペン型の
短剣でそれも両刃形なのであります。こんど
こそは自由闘法違反の罪で懲役にたたき
込む所存でありますから警察庁の職員を
全員貸し出してくださいませんか?"
 と、里間賀警視正にねじ込んだ。
 "なるほど、危険な両刃の短剣か・・・濁った
目にはなんでも危険物に見えるんだな・・・"
 と、警視正はワカラ警視の差し出した雑誌
から鼻をそむけるようにして言った。警視は
内心ギクリとしながらたたみかける。
 "ではこれを凶器だとお認めにならないの
ですか? これで大量殺人事件がおこっても
責任をとっていただけるとでもおっしゃるの
ですか? これは普通のペンとイなって、さも
強力な44マグナム級の破壊力を有している
のですよ!"
 と警視は身を乗り出して叫んだ。
 すると、サトマガ警視正は静かな口調で
言った。
 "君ね、イナッテではなくてコトナッテだ
ろう? 君は部下達が君のことを「タレコミ癖
のサモイナリ警視」と陰で呼んでいるのを
知っているかね? それにね、クナイはどう
みても取り締まるわけにはいかないの
だよ。あれはどこから観ても普通のペン
なのだからね。実はウチからもサンプル
オーダーを出してあり、ゆくゆくは警察官
全員に持たせようかという会議をしている
ところなのだよ・・・"
 ワカラは絶句した。こんな警視正が警察庁
にいるかぎりは日本はテロと暴力の氾濫する
非統治国家になると感じた。このままでは
イチローをつぶしてくれと依頼している正義の
日本毒草店に顔向けもできない。ここで引っ
込むと小遣いもキャバクラの女も抱かせて
もらえなくなるという心配もあった。ワカラ
警視の身体には正義の血潮と怒りがほと
ばしった。ヤクザを雇って里間賀警視正を
殺そうと想った。それもこれも日本という国
のためだと想った。もうすぐに警視長となる
ことになっているエリートへの嫉妬の炎は
メラメラと燃えた。
 "ところでね・・・"
 と、警視の心を知ってか知らじか、サトマガ
警視正は鷹揚に言葉を続けた。
 "君は国民から牙を抜くのが得意なので、
次はスレトコ半島署に異動してもらうことに
なっているんだよ。最近あそこには教養の
ないセイウチが増殖して、うら若いセイウチ
娘をつつきまわしているのだよ。君には
特殊部隊を組織して彼らを撃ってもらいた
いわけだ。撃つと言っても殺しはできない
のでエアガンでだがね・・・"
 "ええっ!"
警視は驚愕した。特殊部隊の隊長として
セイウチ組とやらを撃滅する。しかも一方的
に射撃してもよい。助けてやったセイウチ娘
はきっと自分に身体を許すだろう。警視は
うっとりとそんな想像にふけった。
 "ありがとうございます警視正、こんな
名誉な異動は初めてであります。このワカラ
警視、命に代えても職務をツイコウいたしま
すであります!"
 "ツイコウではなくてスイコウだね、うん
ゼヒとも遂行してくれたまえよ。ところで
スレトコ半島署には例の海軍をクビになった
アホサカ君がガードマンとして着任して
いるんだよ。彼は君に似てユニークな性格
でね、文がヘタなせいで報告書などはネット
からコピペして書くような男でね、銃が好き
なのでビヤンチ世界一射撃コンテストや鉄板
早撃ち選手権にでも出て地道に挑戦しなが
ら武者修行をして欲しかったのだが、7年前
のイデペ大会で敗北してからスッカリ心が
折れてしまったようで、日本人が外国で発砲
するのは全部違法です、などと馬鹿げた
妄想をいだきはじめ、とうとう悪友のゴーミ
ネイターとまで約束のカネを払え払わないの
喧嘩になっているうえに親友で大金持ちの
那須の与一が来日したときに日本人女と
ラブホテルに入るところの写真など撮った
ので、それでユスリをしようなどと計画して
いるんだよ...とまあ、そんな風なんだが、
反クナイ派でシット感情が激烈という部分
などで君とはウマが合うかもしれないなぁ・・・"
"仰せごもっともであります!"
 ワカラ警視は心の底から感謝していた。
自分が愚かなばかりに教養の高い警視正を
逆恨みしていたことを悔やんで涙が流れた。
 ワカラはうるんだ目で里間賀を見上げて
質問をした。
 "ところで、そのセイウチ一族というのは
どのような集団なのですか? お話ではアイヌ
とはイナッタ無法者の集まりのようですが
総人口や使う言語などについて教えてくだ
さいませんか?"
 "うん、あのね、セイウチは人間ではない
のだよ。彼らは大柄で1メートルもある2本の
牙を武器としているんだがね・・・"
 "ああ、つまり「人でなし」という意味なので
すね? それはさも戦いがいがあるというもの
ですよ、任せてください・・・"
 どこまでも不思議な思考力を持ったワカラ
警視であった・・・。
 この変なストーリーは事実をいっさいの
歪曲なしに綴ってはありますが、まったくの
妄想による根も葉もイッパイの完全な架空
の物語なのです。
 世の中にはこの程度の人間が多いのだと
想える人は、なかなかの観察力をそなえて
いる人です。それはそれで面白いと想う人は
「人生のプロ」かもしれませんね。

      ★弱い警察官★
 この原稿を終えようとしたとき、次のような
ニュースが読売新聞のネット版に載った。
 29才の警察官が75才の女性に後ろから
近づき追い越しざまに、女性が抱えていた
財布をひったくったという。
 ワシの知る警察官たちには良い人が多い
が、警察には、汚職や殺人や泥棒をする人
も後をたたないので、自分の母親のような
人からカネを奪うくらいの卑劣な警官がいて
も驚かない、が、この警官の弱さに驚く。
 なんと、この警官は、通りかかった高校生
2人に自転車で250メートルほど追跡された
あげく取り押さえられたのだという。
 その弱さに驚く、という意味は、警察官と
してのマインドセットの弱さ、責任感の弱さ、
アタマの弱さ、そして高校生に捕まってしま
うという身体的な弱さだ。脳足りんのモヤシ
警官だよ。昔の警察官は、強かった。2,3人
の男と格闘しながらも逮捕しちゃうという
剛の者が多かったもんだ。正義感も強かった
もんだ。
 こんな程度の警官がいるなんて、町は
まったく物騒そのものだね。痴漢警官も
けっこういるしね。
 警官は弱くても、お手柄の高校生は
なかなか勇気があった。悪警察官を捕ま
えるなんて一生の想い出だね。
 次はきっと、追い詰められた警官が拳銃を
乱射するという事件もおこるだろうナ。

    ★あくどさ極まる組織★
 ワシが7才くらいのころ、500円札を盗んだ
という疑いをかけられ交番に連れていかれ
たことがある。同居していたアーちゃんと
いう子供も一緒だった。
 "どっちの手でお札を盗ったとか?"
 と、いきなり警官は言った。
 "盗ってません"
 といっても、盗ったのはたしかだから、どっち
の手で札を握ったのかを言え、と、そればかり
の堂々巡りだった。
 やがて、アーちゃんを取り調べていた他の
警官が来て、アーチャンはワシが盗んだことを
白状したと言った。どうしてアーちゃんはそんな
ウソをつくのだろうと想ったが、その後のつっこ
みも激しかった。日暮れも近くなって、早く
自白しないと帰れなくなる、白状すれば帰し
てやるということになった。帰れると聞いたら
有り難いと感じて自分が盗ったと言った。
カネはどこにあるかと聞かれたのでアメ
などを買ったと作り話しをした。当時の
500円は、今の5万円くらいの価値はあった
と想う。そこで二人は許されて対面できた。
そのとたん、
 "イチローさん、なんごてワイが盗ったち
ゆうたとね? ワイは盗っとらんよ! "
 と、アーちゃんは怒りを表していた。
 "アーちゃんこそ・・・!"
 と、反論しながら、警官達がウソを言った
ことを察知した。警官たちは、そんな会話を
聞いていても無視し、二度とやるなと言った。
彼らは卑劣であり横暴だった。
 このときの心の傷は、東京に出て良い
警官を幾度か見るまでは癒えなかった。
 さて、「足利事件」だ。
 女児誘拐殺人の容疑で捕まり、拷問で
自白させられ、17年半も刑務所に入れら
れていたスガヤさん。これは、国民をして
震撼とさせる大えん罪事件なので知らない
読者はいないと想う。現場の警官、検察、
弁護士までが、このスガヤさんを犯人だ
と決めつけていた。そのデッチあげの
やり方は、ワシに虚偽の自白をさせて
喜んでいた警官達とヤリクチは同じでスケ
イルだけが大きくなっただけではないか。
 ワシにとっての足利事件は、半世紀以上
も前におこった「鹿児島事件」とまったく
同じパターンなのだ。
 なにが科学捜査だ、なにが人権だ!
 エゴにまみれた幼稚な組織、それが現代
の警察ではないか! と、ワシは震えるものを
感じながら血圧が上がった。
 ここで警察はスガヤさんに謝るだけでは
なく、正義感のある立派な警察官たちにも
陳謝し、組織改革にとりかかる必要が
あると想うのだ。
 大勢の信頼できる良い警察官をワシは
知っている。友人もいる。彼らまでも、この
事件の被害者だと想うのだ。ほんとアタマ
くるよ。
 それにしても、ここまで腐敗した警察
暴力組織を相手に闘った弁護士さんは
素晴らしいと想う。これは「イチローの
センター前ヒット」をしのぐ超特大ホーム
ランだとワシは感動しているよ。君も
足利事件を検索してよく読み、問題意識を
持とうぜい。
 ヤレヤレ、長いこと書いたよ。
  では、また! 市郞

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/2

コメント(3)

こんばんは^^

>このような事件があって家族を見殺しに
したら、その後の人生はミジメだ。人は
死ぬべき時に死んだ方がよい。死後の
世界は今の世よりもずっと良いと考え
られるので恐れることなどないさ。

名言だと思います。
巷には様々な護身術を教える講座がありますが、このような哲学的な側面には触れる機会がありません。
幸い、今まで生命のやり取りに遭遇したことはありませんが、このような心構えは持っておきたいと思います。
しかし、これといった武技を心得ているわけでもないため、離脱するためのごく単純な技だけを練習したりしております。。
様々なサイトなどを見て偶然見つけたのですが、アメリカでは第二次大戦からある”Fairbairn system”という術が存在するのですね。
半世紀以上も前に、現在のCQBやCQCに相当するようなものがあると知り、とても驚きました。
マニュアルも見たのですが、これなら自分でも多少なりともできるかもしれない、と思い、できる範囲で少しずつ練習しております^^;

FBIや特殊部隊の方のトレーニングは凄まじい訓練をされているのでしょうね。
様々な教官がいらっしゃると思いますが、やはり何かの武術の専門家の方々が多いのでしょうか?

Ichiroさん

無料動画ですか!
ありがとうございます、是非拝見致します^^
箸でも同じことができるのは、とてもいいことだと思います♪

話題が変わってしまいますが、最近、日本の警官達は、変なところでやたら強気です。
都市部では、職務質問は任意にもかかわらず、大して怪しくもない一人の人間を5、6人で包囲して逃げられないようにし、強引にバッグの中やポケット中を探るようです。
ご存じだと思いますが、以前渋谷で公安員会のお偉いさんがそのような被害にあったようです。

秋葉の事件の再発を防ぐためなのでしょうが、他のことは全くスルーです。
深夜に連日住宅街を走り回る暴走族は全くの放置です。
駅前の客引き達も、全くの放置です。

これらとは異なりますが、警視庁のSPが、のぞきをやった容疑で千葉県警に逮捕されました。
また、立川市では、制服警官が拳銃でストーカー殺人を行ない、その後自殺しました。(こんな輩にも退職金が支給されるようです。)

アメリカの警察官の不祥事の割合はどれくらいなのでしょうか。
映画でも様々な描き方をされており、とても興味があります。

また、アメリカの警察官も、最近の日本の警官のように、職務質問は強引なのでしょうか?
スイスアーミー等の小型のツールナイフでも、逮捕されてしまうのでしょうか。。

漫画などでも、表現の規制が加わる可能性があり、今の日本は、本当におかしいと思います。。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2009年9月24日 19:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クナイ記事その1」です。

次のブログ記事は「ブログ担当者よりお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。