クナイの救出力

| コメント(2) | トラックバック(0)

a_top.jpg

 "クルマの窓を割ることができるペンという
のは、自分の危機脱 出と他人を救出できる
ということなので、安心を二つプラスしたよう
なものだわ・・・"

 と、クナイ訓練を受けた女性が言った。
"クルマが水中に落ちたとか、他の何かの
理由で脱出が必要になっ た場合、内側から
窓をクラッシュできるというのは素晴らしいわ"
彼女はポリスウーマンだった。
"クルマのドアはちょっとしたことで開かなく
なることが多いので 心配だったのよ・・・"
クルマに閉じこめられた人を外から救出する
という想定で付加した グラスブレイカーだが、
女性が自分の脱出用として認識していること
にオドロキを感じた。
 ときとして、ガラスは透明な檻と化する。
 風や土や砂から我々を守ってくれるクルマ
の窓ガラスだが、なん らかの事でそれが
開かなくなると、それが命取りになる場合
がある。
 川にクルマごと沈んだとき。水害に巻き
込まれたとき。岸壁からクルマが落ちたとき。
地下駐車場などで急速に浸水したとき。
事故でクルマのドアが開かず、火災の恐れ
があったとき。
 そんな時に横側のガラスを割って脱出する
ことができたら命が助かる可能性が高い。
そして命の危険に瀕している人たちを救出
する ことも可能となる。

ichi001.jpg

 クルマの横窓は、体重の乗ったカカト蹴りを
入れると破れる。どうしてワシがそれを知って
いるかといえば、若い頃に悪質に違反駐車
しているクルマの窓を蹴り割ったことが20回
以上はあったからだよ。野球ボウルくらいの
石を強く投げても小気味よく割れたナ。
 短期間だが社会人野球をやりセンターや
レフトを守っていたので、その強肩をタクティ
カルにも利用したもんだよ。これはワシなりに
正義の闘いだったので罪の意識は無かった。
コラ、君はそんな ことするなよっ! 本音で言え
ば "やってもいいが捕 まると面倒だから止め
なさい!" なんだがね。
 事故でドアが開かなくなったら、クルマの
窓くらい蹴りで破れる。とはいえ、それが蹴り
やすい位置にあるときだけであって、ガラスが
変な角度になっていたり足場がわるいと蹴り
に力が入らない。石だって都合よくは落ちて
いないだろう。だからスパナやペンチみたい
な金属を使えばよい。とはいえ、そういった
ものだとなか なか割れないのがクルマの窓
でもある。
 ガラスは意外に頑丈だ。すごく硬質なので
割れにくい。だが、専 用のガラス割り器を
使えばいとも簡単に割れる。ガラス割り器の
先 端は尖っていて力が集中でき材質が
ガラスよりも固いからだ。厚手のテント生地を
拳で殴っても穴は開けられないが、ナイフで
刺せばプスリと貫通できるように、しかるべき
道具があればコトは成せる。
 さて、クナイの頭部には小さな突起物がある。
これがグラスブレイカーなのだ。プロトタイプが
出来たとき、クルマのガラス専門の 店に行き、
捨ててあるガラスをいろいろと割ってみた。
想ったよりも簡単にパリパリと割れるので
驚いた。イオタのグラヴをしていた がそれが
ガラス破片で切れるということもなかった。
 そしていよいよ完成モデルのクナイが届い
たところでホンモノのクルマを使い、実際に
窓枠に収まったカーウィンドウを割ってみる
ことにした。

ichi002.jpg


 ビアンキカップの練習中に石井とトモを
誘って実験しに行った。 場所はクルマの
ジャンクヤードだ。ここは元ロス市警の友人
が紹介 してくれた。中国オリンピックを控え
て鉄が高騰していたころ、 ジャンクヤードは
景気が良かった。だが、その後急速に鉄の
値段が下がったので放ってある。そこのオー
ナーは快く実験の許可をくれた。
 まずは大型のアメ車を選んだ。ナイフで
クルマを壊した経験からこのタイプがボディー
もガラスも頑丈だと判っていた。
 ヴィッカースの手袋を着用しクナイを逆さ
に握る。右手を左頬の近くに構えて右下に
スイングして打撃するという方法をとった。
打撃の強さは5段階に分けようと考えていた。
最初はゆっくり振り下ろしてコツンと当てる。
次は少しだけ加速する。そしてさらに強く
撃ち、5回目には人間なら失神するという
フルパワーでストライクする、という作戦だ。
 コツンと最初は軽く当てる。割るつもりも
ない様子見打ちだ。2回目は、柔らかく腕を
振ってカツンと当てた。ピッと1 mmほどの
窪みがガラスについた。すでにグラスブレ
イカーの鋭い威力が見えた。次は割れる
かも知れないという予感があった。打つポ
イントを窓の中心付近に変えて5割の
パワーでクナイをドライヴする。スイングを
止める位置はガラス面から5cmとした。
ズイと腕を振りながら体重も少しかける。
 ズシャーン!
 クナイの頭部は吸い込まれるような感触
でガラスを砕いた。窓全 体には一気にヒビ
が走り、ボロロと破片が崩れ落ちた。手袋は
どこ も切れていなかった。クルマのガラスは
割れると小さな破片となっ て四散し車内の
人に傷つけないようにディザインされている
ので、素手で割ったとしても深い傷などは
できないだろう。
 トモがトライする。半分以下の力で打てと
伝えてある。あまりに
も簡単に割れて本人もビックリした。
 石井もトライ。ちょっと力を入れすぎて肘
までガラスの中に突っ 込んでしまった。
本人いわく "ズボーンと手が吸い込まれま
した"
 半分の力で腕をスイング、先端はガラス
より5cmほど奥で止
めるつもりで打つ。これが割り方の基本の
ようだ。注意することは
クナイの頭部をガラス面に対して直角に
なるようにしてストライク すること。つまり
ブレイカーの先端でヒットしないと割れない
のだ。
 というわけで、クルマの窓ガラスはあまり
にも簡単に割れるとい うことが判明した。
 なお、普通の家のガラスも割れるだろうが、
そっちは割れた破片 が刃物のように鋭く
なって乱立するので手をザックリと切ってしま
う危険性がある。だから止めるべしだよ。
だいたい家のガラスなん て割る必要など
ないもんな、泥棒ならともかく。


ichi003.jpg

 で、そこで、今朝7時にパソ子を開くとSAT
マガ読者のヤマ (これはイオタに出てくる
北海道のヤマちゃんとはちがう人物) から
クナイの実験リポートが入ったので一部を
掲載させてもらお う。全文は山下刃物の
ヒキコモリ部屋に載せてもらおうと考えてい
る。ヤマは買ったばかりのクナイでガラスを
割ってみるというの で、参考のためにワシの
この原稿を昨日メイルしておいたのだが・・・

「...実はボク、最初に手袋をしませんでした。
トラックの積み込み作業に使用してたゴム
手袋(現在は秋の栗拾い用に使用)は、ラン
エボのトランクに載せてます。
 少しくらいの切りキズ覚悟で、素手でハン
ドルしたクナイのガラ
スに対するインパクトみたいなもんを、じかに
カラダで知りたかっ たんです。
 イシイさんの「ズボーン!」にはならぬ様、
しかも素手やし先ほ どのドアミラーの時の
様に、ボクサー パンチの要領で...
「ゴッ! ズボシッ!」
ドアミラーの半分の力で、しかもイッパツで
姦通...やない、貫通し ました。
イシイさんが肘まで「ズボーン!」イチロー
さんのメイルで読んだんで、ボクサーパンチ
で気をつけたつもりでしたが、ヤマは拳が
「ズボシッ!」
"衛生兵~ッ!!"
薬指と小指から流血したんで、ランエボに
戻って積んでたトイレッ トペイパーで止血。
財布の中からバンドエイドを取り出して処置
しつつ "ヤッパ手袋は必需品やね..."
まさに、「馬鹿は死ななきゃ治らない」状態。
反省です。 byヤマ

 というわけだよ。ヤマの傷は絆創膏を巻く
だけで治る程度だった そうだが、もしバイ
菌が入ると病院行きになるから、チョー緊急
な 以外には手袋をせんといかんよ。ワシの
経験ではラリーヴィッカースがディザインした
イオタの手袋をしているかぎりは一度も傷は
負わなかっし手袋が切れることもなかった。
普通のグンテ だとどうだか判らない。
冬用の厚手なものだといいかもしれない。



x_last.jpg

同じクルマでもフロントガラスは別物だ。
ガラスの間に丈夫な幕が 挟んであるため
割り砕くことはできない。ガツンとカナヅチ
で打ち 込んだら貫通できた。が、前方
からの救出や脱出は考えないほうがイイ。
それにしてもクナイはまるで五寸釘のよう
に頑丈なペンだぞ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/4

コメント(2)

はじめて投稿させていただきます。

実は、”はじめまして”ではなく2回ほどお会いしてます。

10年以上も前のことなんですが・・。
2回目にお会いした時は、”はじめまして”のときから何年か経っていたにもかかわらず、私を覚えていてくださっていたのには感激したものです。(いくらなんでも、もう覚えていらっしゃらないでしょうが)


そして、昨年10月にサイン入り.38splの空箱を(G誌のリポータ様を介して)頂きました。ほんとーにありがとうございました。
この空箱はUVカットのガラスケースに入って我が家でディスプレーされてます。
きちんとお礼を言える場もなく時が経過しましたが、
最近このブログを発見いたしました。この場を借りてお礼申し上げます。

はじめてお会いしたときのこと。
「モデルガンチャレンジャー誌」(イチロ-特集号)の表紙にサインを頂こうとしたら、

イチロー様に
「あ、これ持ってないんだあ。チョーダイ?」と言われました。
苦渋の決断でこれを断ってしまったのですが、実はずっと心に引っかかってて・・

最近になって、(古本ですが)入手できました。もしも、まだご入用でしたらお送りさせていただきたいと思います。

さてクナイですが、
まだ購入できずにおります。エマ-ソンコマンダーやシュアーファイヤー等の、イチロー様お勧めグッズにはつい手が出てしまいます。

購入しましたら、カキコませて頂きたいと思います。

・・まずは、取り急ぎお礼まで。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2009年10月 6日 20:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブログ担当者よりお知らせ」です。

次のブログ記事は「イオタックのジーンズ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。