かぶりついた 美味い! 

| コメント(1) | トラックバック(0)

IMG_1653.jpg


基本となるバーガーをもらったら
サラダバーに行って豊富にある野菜など
を好きなだけとってイイのだと。
そこで常人の三倍のヴェジを盛った。
好物のタマネギもよその10倍は
いただく。
うーん、これは最高なバーガーだ!
胃もたれがまったくない。
"また行こうぜい、あそこに・・・"
フォトグラファー様の要求もあって
2回行った。これはチェーン店なので
あちこちにあるという。
内装がこれまて楽しい。
マリリンモンローとかビートルズなど
をテーマにしたいろいろな壁や
ブースがあった。
キャリフォニアにもあるといいな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/54

コメント(1)

イチローさん
 遅ればせながらTactical Life拝見しました。業務多忙の中、ブログを管理するのは、大変なこととお察しします。それでも、インターネットを通じてイチローさんとコミュニケイトできる場が提供されるのはとても素晴らしいことだと思います。
 イチローさんのブログ記事を拝見し、ハタと考えてしまいました。
「自分の人生をドライブする」、自分自身を振り返ると、本当に自分の人生、1回きりの人生を自分でドライブしているのだろうかと。
 確かに、サラリーマン(公務員も立派な?サラリーマンですよね。)として、寄らば大樹の陰で1個の歯車で存在していれば、とりあえず今の生活は維持できます。でも本当に自分がやりたいこと、自分の生き方(これが自分の生き方というものが明確になっているわけではないのですが)を殺してまで、現在の安穏とした生活と引き替えにする価値があるのか。自問自答してしまいます。
 こんな当たり前のことにようやく気がついたのかと恐ろしくなってしまいます。人間、知らない又は気がつかない振りをしている方が幸せなことってあるのですね。いや、本当はもっと昔から気がついていたのです。中学生の頃にイチローさんのレポートを拝見した時から。それから今まで、自分をだまし続けてきてしまったのです。
確かに、自衛隊では多種多様で貴重な経験をさせてもらったと感謝しています。また、高卒でぺーぺーとして入隊した私が幹部にさせてもらったこともありがたいことと思っています。しかし、自衛隊勤務も終盤を迎える時期にさしかかり、「本当にこんな所でこんなことをしていていいのか」と考えてしまいます。
 こんな年になって何を言っているのだとささやく声もあります。また、組織を離れて、小舟で荒れた大海に乗り出すには、あまりにも遅すぎるかとも思います。
でも、やはり、いまわの際で「自分の生き方を大切にしたかった。本当にやりたいことを追求すれば良かった」と後悔したくないと、強く感じています。
 先ほども言いましたが、自衛官としてはかなり珍しい経験をさせてもらいました。これは私が望んでいたことがほぼすべてかなったためです。言い換えれば、自衛隊における私のピークは過ぎたのではないのかということです。定年退職までしがみついていれば1000万円くらいの退職金がもらえます。でも、あと数年間も自分を殺し続けていいのか、本当に遅すぎたと悔やんでも悔やみきれないことになるのではないかと、この思いが日々強くなっています。
 イチローさんもすでにお気づきのように、私が所属する組織って末期症状を呈していますよね。
 今の私は、毎日が、と殺場へひきずりだされる豚や牛の気持ちです。この状態が続けば、私の心が壊れてしまいそうです。苦しさから逃れるだけの「逃げ」なのかもしれません。でも精神が死んでしまう前に何とかしなければと切に感じています。
お忙しい中、私の愚痴のために貴重な時間を割いて頂いて申し訳ありません。
追伸:ヒゲをはやしたいのですが、はやしていません。理由ですか?「ひげをはやす場合は、上司の許可を得なければならない」からです。なかなかのpunch lineですね(笑)。
さすらいの中年シューターより

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2009年11月23日 07:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハンバーガー屋」です。

次のブログ記事は「さすらいの中年シューターさんより」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。