黒澤監督の 「生きる」

| コメント(0) | トラックバック(0)

人には変わる瞬間があるよね。
ターニングポイントというものだね。
「生きる」という映画を観たワシは変わる決心をしたよ。
それがもとで渡米へとつながる。28才のときだった。
この休みにコレを是非とも観てもらいたい。
この映画も観ないでここにカキコするなっ!
というのが本心だが、オイラは優しいから決して
口にださないのだ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/140

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2009年12月28日 15:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マオ―誰も知らなかった毛沢東 」です。

次のブログ記事は「Will と FACTA」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。