むうたさんより

| コメント(4) | トラックバック(0)


市郎さん

「様」の件につきまして、了解致しました。
私は二十代なか場の2000年から市郎さんの記事を読ませて頂い
ておりますが、記載されている内容に感銘を受け、そのお陰で
周りから過酷だと言われた崖っぷちの状況を、何とか切り抜け
られました。その様な心の支えを下さった方とこのように文章
で会話させて頂けただけでも大変恐縮でしたもので・・・(笑)

例えば、マイク・エイジャックス氏の記事では、苛烈な世界に
身を置きながらも凛とした精神性を保たれている姿の記載が気
持ちの支えになりましたし、普段は丁寧で落ち着いた言葉遣い
をされていると言う記載は私は実際マイク氏にお会いした訳で
はございませんが、私なりの解釈により取引の商談時の相手へ
の対応の参考にさせて頂きました。

宮本武蔵の五輪の書におきましても、あちらは剣術の書と言う
より人生哲学と申しましょうか、実際、ビジネス書でも引用さ
れる位、あらゆることに応用が利く書物だと思いました。特に
視界180度の心持ち、そして拍子につきましては、現在、私の
置かれている雌伏の状況で今後の展開へのアンテナ張りとして
非常に参考になるものでした。実際、読みこなせたのか、活か
せているかと申しますと、とても難しいという所感でございま
すが・・・。

最近では特に玄米の記事が大変、助かりました。呑んでいる薬
が胃腸の活動を鈍くする副作用があり便秘気味に。便が硬くて
出血が日常パン珈琲事(笑)の様になり、柔らかくする薬、漢方
等も服用しましたがいずれも効果が強すぎ難儀してました。お
通じの際、何かソフトな肛門触りだなと感じたのですが、米糠
のお陰なのでしょうか?現在、出血の無い日が続いてます。プ
チプチした独特の食感も気に入っております。炊飯器のフィル
ターの掃除をまめに行う必要性が出て参りましたが。

悩まれている方へのコメントは市郎さんのおっしゃる通り、考
えながらコメントをする事により私自身への自問自答や省みる
行為にもなりますのでとても勉強になります。

嫉妬族に関しまして、こちらにはその様な方がお見えになられ
ないとの事、何よりでございます。ですが、現在移られる準備
をされておられるミリタリーブログに於きましては、素性の知
れている男性へのコメントは配慮ある記載ばかりかと思います
が、若い女性の方、ミリドルさん?等へは明らかに軽く見てい
る印象を受ける記載を見受けました。反対意見や疑問があるな
らマナーを守り、質問的記載をすれば皆が納得出来る質疑応答
の展開が行えると思うのですが、少し弁論が得意な方が質問の
焦点となる部分を反らしてミリドルさんに好意的発言をした方
を卑下し陥れる記述を見たときは悲しい気分になりました。幸
い、ミリドルさんが聡明な方で、反論は直接自分に、コメント
は暫く出来ないようにすぐ対応されたのでそれで沈黙となりま
したが。賛成、反対、疑問意見も含めもう少し風通しの良い意
見のやり取りが出来ると各々、閲覧者も含め学べる事が増えて
良いのではと思いました。

この度も長々と書き込みしまいました。失礼致しました。

市より
人物に興味があり、人物から学び、人物について書きたい、
というのがワシの一貫した気持ちです。銃について
あーだこーだと書くのは、それほど楽しくないんです。
ですから自分は銃のリボーターとしては落第だと想っています。
むうたさんのように、ワシの人物描写から推し量って自分の糧
とできる人がいるのはとても嬉しいことです。たぶん、ここに
来る仲間たちは皆がそうなんだと感じています。個人により
咀嚼のレヴェルはあるようですが、人生を考えたいという人の
集まりとなってきたのでやりがいがあります。
 
ところで炊飯器のフィルターとはどんなものなのですか?
それは圧力鍋なのですか?
玄米釜の「おおそりちい」になりたいので教えてください。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/143

コメント(4)

市郎さん

先程、市郎さんとヤマさんの玄米談議を拝見しましたが、
玄米を美味しく食するのに大変な苦労があることを全然
知りませんでした。

白米みたいに白く濁る水も出ないので簡単に水洗いして、
小さなゴミをちょいちょい取って、内釜に適量の水と玄
米を入れて炊飯器の玄米のボタン押すだけでした。

ご飯炊きは私がすること多いので、ラクチンになった位
にしか思っておりませんでした。

ぼそぼそする、日持ちがしないという文章を見て、?と
思ってしまいました。外はプチプチ、中はふにゃふにゃ、
甘味があってこれ、美味しいねと家族で何気なく食べは
じめた位でしたので・・・。うちでは2日位で3ごうを
消費するのですが、翌日も炊きたて時に比べるとやや乾
きますが、それなりに外はプチプチで中はふにゃふにゃ
です。本当に玄米なのか自信がなくなったので今、配給
元の妻の実家に電話して聞いたのですが、確かに玄米で
した。

昨日お送りしたお詫びのコメントと共に記載致しました
炊飯器ですが、一万円するかしないかのものでした。

家族3人だしご飯食べられば何でもいいや位の気持ちで
妻に購入して貰ったものでしたが、実はハイスペックな
炊飯器だったのでしょうか?保湿キャップに秘密がある
のでしょうか・・・。

袋を調べました。

平成(記載無し)年 品種名(記載無し) 保有米 農業共同組合

・・・以上です。・・・情報らしい情報はありませんでした。

妻の家は田んぼを持っていますが、専業の方に委託して、自分
の食べる分を貰ってあとはJAに提出している様でした。
興味がありましたので電話で色々聞いてみたのですが品種がコ
シヒカリということしかわかりませんでした。

あとは同じく田んぼを持っている友人がおりますが、自分の食
べる分はJAに納める為に必要な農薬等の使用基準等を気にし
なくて良いのでそちらは趣味で育てた無農薬の有機栽培である
ということしかわかりませんでした。

うちは上記の二ヶ所から頂いたお米で一年を過ごしている状態
でございます。

私は栃木県の中央部、男体おろしが吹き付ける田園地帯に住ん
でおりますが、古墳が多数存在する地域という以外、水にしま
しても土地にしましてもそれ程突出した特色はない様に思うの
ですが・・・。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2009年12月28日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三日坊主にチャレンジしないか?」です。

次のブログ記事は「輸出用 クナイについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。