むうたさんより

| コメント(2) | トラックバック(0)


皆様の文章を読んでいて私は非常に考えさせられました。

私自身、自分は日常日本人であり日本国民であると言う認識
は正直持っておりません。

場違いな記載とも思いますが、共産主義社会はある意味理想
の社会ですが人間の本質とは相容れない部分があるため人が
人を家畜にしてしまう存在となってしまいましたし、資本主
義社会も現在、経済が世界的に行き詰まりを見せております。

私が学んだ事が間違い無ければ、日本も幕末まで国と言えば
藩であり、坂本竜馬ら志士達により初めて国とは日本である
いう認識が生まれました。私はこれを思想の進化と思ってお
ります。

私は宇宙に興味がありその時空に存在する無数の銀河、その
中の太陽系を構成する一つの惑星である地球。その地球も大
陸移動により刻々と様相を変えております。

話が飛躍し過ぎではありますが、上記の現在の世界的経済の
行き詰まり、地球的規模の天災、災害は幕末の日本の状況を
拡大したものと見受けられる部分が多々あると思いました。

進歩に行き詰ったら進化をしなければ滅んでしまいます。

以上の様な思考により、私は地球人であるという気持ちで生
きていたと思います。

この様な思考の礎は十代の頃から持っておりましたが、現在
は特に強く持つようになりました。

この考えですと、現在、以前は藩であったものが県になって
名称や変革のあった部分はあるにせよ、地域の独自性が伝統
として残されてきたように、規模が拡大された世界各国と言
う視野で見ても、各々の特色を敬い風通しの良い交流を可能
に出来る思考ではないかなと夢想じみてはおりますが、そう
思います。

ですが、夢想じみた地球人思考で考えてみましても、国旗に
敬礼を出来ないという思考には分析不明なものを感じます。
また、信玄さんが憤慨された国家斉唱に時の着席行為に至り
ましては、その様な大勢の方が集まる慶びの場において、一
個人の主義主張で雰囲気を壊す権利はないはずですし、その
様な行為を一方的に行使したいのであれば出席をしない方が
その方達自身の精神衛生上もよろしいのではと私は思います
が、その方たちは尊い思想を体現した位に思っているのかも
しれないなと感じました。

年上の友人から勧められ読んだ本では、「世間」という概念
は日本にしかないとの事でした。簡単に申しますと他人との
形骸的なしがらみと記載して大丈夫かと思いますが、同調は
求めるけれども協調はしないという空気がいびつな形で表面
化しているのではないのかなと、支離滅裂な文章になりまし
たが、そう思いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/149

コメント(2)

 お世話様です。 自分は仲間に飲むと言うのですが。
 日本は共産党が政権を捕って!北朝鮮と仲良く成り。拉致被害者を全員帰してもらって! それから実は「嘘だよー!」てな感じでまた民主主義?に戻れば。上手く行くのに!と言うのですが!?
 まー自分の勝手な考えですので。でも今のままでは何にも解決しないし。被害者の気持ちを思うと・・・・・(涙)
 新潟県は被害者が大勢居ます。実際拉致現場も見ました!本当に民家の近くで・・・(涙)
 
 何か変な文章に成ってしまいました。すみません。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2009年12月31日 11:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トシさんの意見です」です。

次のブログ記事は「宇宙人の会話を傍受しました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。