逝ってヨシ

| コメント(2) | トラックバック(0)

ヨシと申します。

以前、エラソーにクリームパンを食ってた姿を晒されたヨシでございます。
立ち上げに関わった者として、今までジーッと見守るような気持ちで皆さんの書き込みをヲチしてましたが、いよいよ移転間近となるとなんだかオイラも書き込んでおかねば・・・と言う気持ちになってきました。
それにキャミさんや北チョさん、北海道のセンセまで登場しているとあらば尚のこと。

あ、北チョさんにはマリポサに置いている弾の話をしなきゃ・・・と言う個人的な連絡はさておき、北海道センセの書き込みより、「www.ichironagata.com」ってウエブサイト持っているって、一軒家建てたみたいでカッコいいじゃないですか・・・ってくだり、なるほどなるほど、上手いこと言うなと頷きながら見ていました。
まぁ、でもこのブログを閉じたとしてもhttp://www.ichironagata.comはイチローさんのオフィシャルWEBサイトとして残しておけばいいことですし。
ミリブロに移るのは、例えて言うなら賑やかなショッピングモールのような場所に、ふらっと立ち寄れる憩いの場を設ける、ってのでそれはそれで良いことではないでしょうか。重いのもサーバー増設とかでそのうち改善されていくでしょうし。

ミリブロからのお誘いがあった時から、イチローさんより相談を受けておりました。オイラは一抹の寂しさを感じつつも、しかし専門のサポートティームがあるなどより環境の整った場所へ移転することには賛成でした。むしろミリブロさん、話持ってくるの遅ぇーよ、と思っていたくらいでw
サンプルページも見せてもらいましたが、スッキリとしていい感じでしたし、これなら場所が変わったとしても今まで通り、迷ったり悩んだりしたときに示唆を与えてもらえる「空間」であることには変わりないと思います。

そんなわけで、皆様のやりとりをヲチしながら勇気を頂いていることに感謝しつつ、どうぞこれからもよろしくお願いします、と申し上げたかったのでやって参りました次第でございます。


市より
ヨシをご存じない方はここを訪問してください。
http://www.yamashita.org/
姫路城下で長きにわたって包丁やナイフの商いをやってきた山下刃物店の若旦那です。
真面目で、人をダマしたりけなしたりすることのない男で、会えば誰でも気に入るタイプですよ。
山下刃物店はナイフ界での躍進が素晴らしく、そのために刃物屋からの嫉妬と中傷が集中しているほどの店です。
ヤマシタには大勢の固定したお客さんがいて、包丁やナイフだけでなくイオタックからシュアファイヤ、ハウグッズのような新しいモノにいたるまでよく売れています。これが不況業者のネタミをかうわけですね。
日本の刃物屋の中でワシはヨシを一番信用しています。他からもコンタクトがあるのですが、カネカネカネと顔に書いてあるのでオコトワリしてます。
ヨシは、マリポサ射撃場に出入りでき訓練を受けられる唯一の刃物商というわけです。
射撃はヘタの横好きを具体化したような男で、そのかわりナイフを投げさせるとやはり誰よりも巧くないという楽しい男なんです。
この不器用さがヨシの魅力なんです。


ここんとこ忙しくて、皆様の書き込みをアップするとき改行を調整する時間がなく字ズラが見苦しくなっています。どういうわけか、このブログは作成画面とアップしたときの1行における文字数が異なってしまうんです。つまり、作成画面ではキッチリと改行を整えてもアップするとバラバラになるというバカな作りなんで困っています。それともヨシの教え方がワルイのかな?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/132

コメント(2)

イチローさん、お久しぶりです。
パソ子がダウンして、再インストールに手間取ってしまいました。
なんか、楽しいコトになってますね(笑

>姫路城下で長きにわたって包丁やナイフの商いをやってきた山下刃物店の若旦那です。
>真面目で、人をダマしたりけなしたりすることのない男で、会えば誰でも気に入るタイプですよ。

はい、そうですね~。
ホント、若旦那さんはイイひとです。
酒はいると、マイク直伝のアタックを私にするのが玉に傷ですが…(大笑

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2009年12月26日 01:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「」です。

次のブログ記事は「ハウ キャップが30個入荷でごんす」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。