漆塗りの伝統工芸品

| コメント(1) | トラックバック(0)

市郎さんへ

こちらで情報を頂いたその日の内に予約を田村装備開
発さんに入れておいたのですが、一昨日の時点で山下
刃物店さんはじめ取扱店で購入出来る様になったので
すね。早速売り切れてますが・・・。

おかげ様で確実に、しかも早く手に入れられたので嬉
しかったです。

「市」のマークがペンの形状にマッチしてますね。
マークのアクセントで純和風の漆塗りの伝統工芸品み
たいに見えます(笑)
芯の出し入れも滑らかで操作しやすいですね。

早速、筆記用具として携帯しておりますが、田村さん
のブログ内での車のガラス破砕の実演の映像は凄かっ
たです。

市郎さんが横のガラスなら簡単に割れると記載されて
ましたが、雑誌などの写真では見たことありましたが、
映像は初めてで長谷川さんがポンと当てただけでバシャ
ン!とブチ割れているのを見て驚きました。

大切に使いたいと思います。


プロトの仕上がりを観たとき、クナイの光沢には漆塗り
みたいな感触があってワシも嬉しかったです。
むうたさんも購入してくださり嬉しいことです。

これで最初のロットはほぼ完売となり、プロスペック
ディザイン社の在庫はゼロとなりました。
日本国内だけで900本のクナイを販売できました。
安物流行の風潮にあって高品質にオカネを払って
くださる方が多いのに驚きを感じています。
皆様に感謝いたします。

お買い上げくださった方々には訓練をして差し上げたい
と想うのですが、なかなか日本での機会を作れず残念です。
時間が出来たらヴィデオくらいは作りたいと考えています。

第二ロットの製作にはすでにかかっていますが、
素材となっているA7075 - 超々ジュラルミン(辞書より)
を作っている住友金属にて製造の遅れがあったということで
2月までは品切れ状態になります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/188

コメント(1)

市郎さんへ

こんにちは。
ここ数日、クナイを携帯したり眺めてりしておりますが、
やはり使用法の様なものも学びたいと思いました。

>時間が出来たらヴィデオくらいは作りたいと考えています。

もし、発売されるのでしたら是非購入したいです。

また、私はシュアファイアーのM2を9年以上何気に携帯
してます。クイル付き、大好きなのですが、万一の時に我
を忘れて相手の顔等に抉りキズとか付けてしまったらとか
考えると怖いのでそちらは意思の制御力がある友人が携帯
してます。

市郎さんはシュアファイアーのインストラクターでござい
ますよね?
こちらのヴィデオもあったらいいなぁと感じてます。
SUREFIRE社HPの使用、体験記事を何とか辞書引
いて読んでみたりはしております。

ですが、マイク氏の戦闘術はさすがに無理でしょうね・・・。
とても関心があるのですが・・・。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年1月15日 19:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クナイ購入!」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。