| コメント(0) | トラックバック(0)

 コメントへの早速のご返事、ありがとうございます。

私見ですので、そういう風に感じる奴がいる程度にお考え
いただければ、と思います。

①トップへヴィーであること

私の書き方の問題でもあるのですが、字を書く際に
手首で動かすのではなく、指先でペン先を動かして
書いております。
するとグラスブレイカーの部分の重量で
ペンが振られてしまいます。
これが、せっかくの滑りの良いペン先を少し扱いづらい
ものにしていると感じました。

②短くすることのメリット

先生がお書きになっているように「クナイたらんとすれば・・」
の観点からもグラスブレイカーの部分はクナイの肝だと思います。
そこで、ポケットフックの位置までヘッドの位置を短くする
ことで、書き物をする際に人差し指の上でヘッドが安定する
のではないか? と考え少し短く・・・・という意見を
出させていただきました。

つまらないことを書かせていただきましたが
もしもご参考になれば幸いです。

失礼します。

市より
クリップの上にヘッドが伸びているのは、ポケットから素早く抜くための
ディザインなんですよね。実はこの部分が他のタックペンとの大きな相違点
だと想っています。これを短くするのはツライです。
書きにくいのはナニトゾお許しを・・・。
それと先生と呼ばれるのもツライです。そんなに偉くないんですワシ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/190

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年1月17日 04:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「漆塗りの伝統工芸品」です。

次のブログ記事は「ゆうひめ苦境に・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。