ゆうひめ苦境に・・・

| コメント(2) | トラックバック(0)


こんばんは。先日書き込みをさせて頂きました歯科医院を退職して病院へ転職を
考えているという話ですが金曜日朝一で"急ですが退職したい"と話をした所、午
後から辞める1ヶ月前に言って貰わないと・・今までの人達もそうでした。って事
でしたので、病院の方の先生に相談してまたお返事させて頂きます。と金曜は帰宅
。土曜の朝に病院に行き先生に入社日を1ヶ月程延期させて欲しいと相談しました
が、無理です。との返事。それ以上お願いすれば入社を取り消しにされるでしょう
・・。このチャンスを逃したらいつ仕事が見つかるか解らないし、やりたい仕事で
したし、遣り甲斐があります。
歯科にいてもパートのまま。居心地は良いのですが生活は成り立たないんです。
1ヶ月退職を延ばしてもその間に新人が入って来るとは限りません。そうなれば
退職を延ばした意味がありません。そして、想い切って今夜歯科の先生には申し訳
ありませんが生活が掛かっているので苦渋の決断ですが急で申し訳ないですが金曜
を最後に退職させて頂きたいと言った所、それはウチが困る・容認できません。と
のお返事でした。前例がないのでそういう事を容認すれば今いる人達に同じ事をさ
れても認めざるを得ない・残る人に悪い・最悪の場合誰も出勤できない可能性もあ
るって事でした。
一緒に仕事をしてきた人にこの事を報告したところ、仕事が決まる時なんてそん
なものだし無理してでも辞めないと先が大変。私の判断に任せるとの返事。前向き
に考えて頑張れって言ってくれてます。
このまま歯科を辞めて良いのか・・迷ってます。
今までお世話になってきたのにこんな辞め方は本意じゃありません。仕方がないの
でしょうか・・。こんな状況で歯科で普通に仕事をする事も出来るかわかりません。

市より
それは先生じきじきのお言葉ですか?
こうなれば契約があったかどうかのハナシになるかと。
仕事を辞める場合は届けを出してから○○日間の猶予をあたえること、
みたいな契約書にサインをしたかどうかです。
それがなかったら、ワルモノと言われてもワシなら辞めます。
このままその歯医者さんとこにいても、もうゆうひめは幸せな気持ちでは働けなく
不満はつのるばかりです。すでに居残るという選択はなくなったと感じます。

悪い前例となってしまうというのなら、歯医者さんがパートで働く人たちと
契約書を交わせばよいだけのことです。悪い前例になるから病院の仕事を諦めろ
なんていうハナシをするなんて信じられないことです。同僚がなんとかやれると
言っているのだし、これが「辞めどき」ですね。

で、歯医者さんとの契約書にはサインはしていませんよね?
今は、ここが重要だと想うのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/191

コメント(2)

ゆうひめさんへ
キャミーです

日本の法律では、労働者は「自由に退職できる」という権利があります。
たとえ先生が「今やめられると困る」と言って引き止めようとしても、法的には退職の意思を伝えてから2週間後に雇用関係は終了します。

でも、この法律を振りかざすことなく辞められるのが理想ですよね。
ゆうひめさんの場合は生活もかかっていることですし、場合によってはこのことを言わなければいけないかもしれません。
人を雇う側の先生としては、当然この法律のことはご存知だとは思いますが。。。

出社前にバタバタと書いてしまいました。。
まとまりない文章で申し訳ありません。

では、そろそろ行ってきまーす
きゃみー

 お世話様です。毎日、仕事&家で雪と格闘してます。正確ではありませんが、積もった雪は2M以上は有ります。
 ゆうひめ、労働基準法では、多分?解雇の場合は「1ヶ月前に通知もしくは1ヶ月の賃金を支払う。」と有って、自己退社の場合は別段無かったと思います。(過去3回クビに成ってますから。)ましてやパート(アルバイトも)はその日で辞めてもなんら問題は無いと思いますが!(自分も過去にバイト先を言ったその日に辞めました。)後はイチローさんの言うように、契約書が有るか無いかです。(多分そんなの無いと思うし、有ってもそこまで書いて無いと?)それと従業員規則にどー書いて有るか、かな?
 歯科医さんが良いのは解りますが。どんなに良くても自分が生活出来なければ、それは良いとは言えないのではないでしょうか。(本当に良いのは歯科医さんの方で、ゆうひめはそー思い込まされて居るのでは?)
 生活出来てこそ安心して働けるし。他の人たちとも仲間になれるし。自分もステップアップ出来るのでは!?
 こんないい加減なコメントで参考には成らないでしょうが。
まずは自分の事を第1に考えて行動した方が。最後は納得すると思います!
 KO-1

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年1月17日 23:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「」です。

次のブログ記事は「ゆうひめへ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。