ゼロゼロは初耳

| コメント(18) | トラックバック(0)


 私は現職自衛官ですが、ゼロゼロなどという話は聞いたこともありませんし、
教範、規則上にも無いと思います。
 私自身、何度かの転属も経験しましたが、他の同僚からも聞いたこともありま
せん。 
 可能性としては、その部隊では全隊員に固有の小銃が割り当てられておらず、
射撃の度に違う小銃を撃つ為、クリックをゼロに戻す。という特定の部隊の習慣な
のでしょうか? 初めて射撃する小銃ならば、通常初弾は左右ゼロ、射距離どおり
の規正で撃ちます。
 逆に質問したいのですが、64式、89式共に左右のゼロは確かにありますが上下
のゼロとは? 64式、89式の射距離目盛にゼロって有りましたっけ? 89式ならば
照星をいっぱいまでねじ込むって事ですか?
 私も若輩者ですし、自衛隊も色々な職種・部隊が有りますから、私の意見・見
解が全て正しいなどとは言いません。 しかし『自衛隊の悪癖に...』といった言い
方は間違ってはいないでしょうか? 全ての部隊が行っているような誤解を与えて
しまうのでは?
 また『何十年たっても...』と仰るからには、部隊の中でもそれなりのポジショ
ンにいらっしゃる方だと思います。 ならば何故、おかしいと思う悪癖を改善され
ないのですか? イチローさんのブログに愚痴を書いても、部隊は変わらないので
はないでしょうか? 幸い自衛隊にも『意見具申』というものが有るではないです
か。(残念ながら、患部に意見具申しても馬の耳に・・・が多いですが、言わなけ
れば変わる物も変わりません。) 生意気なことを書きましたが、不特定多数の方
が目にするこの場で、知らない方に誤解されては・・・と思い書き込みいたしまし
た。 確かに我慢ならないことも多々ありますが、その中で最善を尽くして変えて
いこうと思います。 

市より
やはり、全部の部隊がやっているのではなく一部でのやり方のよう
ですね。少し安心しました。
意見具申の件は、ワシも中隊長がヒドくて困っている陸曹たちに
書くようにすすめました。ところが、もしそれをやると書いた者が特定されて陰湿な復讐をされるという前例があり出来ないとのことでした。
これも一部の部隊での出来事なのでしょうね。

このブログでの愚痴は大歓迎なので、気にしないでください。
自由に語る愚痴の中から問題点が浮き彫りになり、解決方法
もみつかるかもしれません。
何も言わないよりも言ったほうが良いと想うのです。

自衛隊も若返り、じょじょに変わりつつあると想います。
昔は歩きながらの射撃は禁止でしたが、空自では率先してやって
いるようですし、陸自でも広がりつつある・・・
・・・ような気がしています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/212

コメント(18)

64小銃は高低の規正も照門側でやるんだけど・・
64をほとんどかまったく使ってない世代なんじゃろうなぁ・・
64の頃は左右と高低両方を統制して整列するよう言われた。
89時代になってからは照門は左右の規正と距離修正だけになったので、規正を戻させられるのは左右だけになったね。
89に変わってすぐの頃って、みんな高低を照星で調整するってわからなくて照門でやろうとしてた(笑)
まさか照星がグルグル回って上下するとは・・しかもペンなどの尖った物か専用の工具が無いと回せないとは!!
古い慣習が少ない部隊に入れたのは幸運だわい。
小銃射撃も昔は素手じゃないと怒られたもんだよ。
最近は逆に手袋しろって言われるけどね。
意見具申だけど、中隊長や科長クラスなら怒鳴りつけた事が何度もあるよ(笑)
個人に対してなら意見具申ですぐ直せるけど、集団でやってるなんとなく止められない事って意見どうこうって事じゃなかなか変えられないのが厳しいね。
一度変えさせるように流れを作っても、なんとな~く復活しちゃうのが悪い慣習の怖い所。
確かに昔ほどは照門を中央にして整列しろとは言われなくなってるけども、
古参の幹や曹はビビっちゃってよく考えず統制したりする。
文句言われたくないからとりあえず同じにしておこうって思うのだ。
古参の2曹くらいになって隊を指揮する立場になれば、
このなんとな~くって気持ちが分かるでしょう。
いろいろ頑張って変えさせたけれども、集団心理って悪い方に結集しようとするから怖いね。
皆の為に身を砕いてるのに逆に孤立しかねんからのぉ・・。
長年戦ってきて疲れたので残りは大人しく過ごそうかと・・。
若造君、後は頼むぞ!

私の部下の元自衛官の人にも聞いてみましたが、
ゼロゼロというのは、やってないみたいです。
64小銃では狙いにくいとかは言ってました。
あまり真面目な部隊ではなかったみたいで、
空砲で撃ち合ったとか、キレて銃剣を持って刺しに行ったとか、
二階から人を投げたとか聞きました。


話は変わりますが、タムヤンさんのブログで
市郎さんの動画をみました。
動く市郎さんに感動してしばらく動けなくなりました。
お声も聞けてうれしかったです。

SATAマガジン、コンバットマガジンも買いました。
どちらも素晴らしかったです。
ハウさんの
「イーゴウをここに置け」
とか良いですね。

言葉が足りなかったかもしれないんでもうちょっと。
実際には照門中央の距離300で集合整列!って感じで使われます。
べつにゼロゼロって呼称じゃないんで。
ゼロゼロって言葉だけが独り歩きしてるような・・・(笑)
ゼロゼロ知ってる?って聞いても誰もわからないと思います。
左右へ調整されたのを戻して全員照門を同じ状態にして整列するって事ですわ。

SATマガ見ました。
化学教導隊スゴッ!!(笑)
私物の割合の方が多いってのが凄い。
ここの隊長は豪気ですなぁ。
ヘッポコ佐官ならビビっちゃって、撮影あるから官品で統制!私物ダメ!!って言うだろうね。
やっぱり中部の幹部は寛容というか、許される度合が大きいんでしょうか?
でも、中部に比較的最近勤務してたって幹部でもビビリはビビリですな。
他の方面に行くと考え方が昔に戻るのかな?(笑)
せめてあと10年若かったら即応連隊に行ってたかも。
20年若かったら特戦群に・・・。
若いってのはいいね、うらやましい。
体力・腕力はまだまだ若造どもに負けないんだけども。

防護マスクごしだと低目に設置された89式のアイアンサイトじゃ狙いにくい。
ダットサイトを全員に早く割り当てるべきだと思うけれど、
20年かかっても小銃の、89式への転換が終わっていないのを考えると、ダットサイトが式典用の飾りの域を出るまで後30~40年ぐらいはかかるのではないでしょうか。

自衛官がダットサイトやナイトビジョンを使ってバカスカ撃ちまくってる映像や記事を見てから死にたいですな。

イチローさんへ

現在使われてる64が落としたくらいで暴発することはあり得ません。
64は直動式のハンマーですがシアは頑丈で破損する可能性はありませんし、万一落下の衝撃や慣性でトリガーが動いてシアが外れたとしても、補助逆鈎(補助シア)という部品にハンマーは止められます。

ただ、初期型の場合、ハンマーが入っている撃鉄筒という部品の固定が甘いことがあり、トリガー引いても撃発されず、銃を肩から外したら暴発した例があったそうです。

このタイプの場合、落下の衝撃で暴発する可能性があるかもしれません。

私には現在までの人生で、3人の師匠がおります。
一人は格闘技(護身術)の師匠。一人は研究(学問)の師匠。
そしてもう一人はテッポの師匠。
(え?私は弟子にしてもらってない!?しあった〜!!)
なぜかその3名とも声は甲高いのです。

ナノで私は、「師匠と呼べる、付いて行くに足る人は声が
甲高いものなのだ」と認識しております。

ってことで、どうですか?

すみません。落書きでした・・・


元自衛官の人からきいたんですが、
64式はセフティーを外して銃床を地面にドスンと当てると、
本当に発射するそうです。
銃床も割れたと言ってました。
それと64式は伏せ撃ちでは凄く狙いづらいんだそうです。
すいません!
私への返信ではないのに、気になったものですから、
失礼しました!

まず、私個人は小沢さんには善意も悪意もありません。

国というのは、政治・警察・軍隊の3つ力で舵取りをしているものですが、3つのバランスは同じとは限りません。
中国や北朝鮮は軍隊が強く、アメリカは政治が強く、ロシアは警察が強いんじゃないかと思います。
軍隊や警察が強い国を強権的に支配するには、強い勢力を取り込む必用があり、統治者はそれらの顔色を見たり支配したりしながら国を動かす形になるわけです。

日本は軍隊は最弱(税金泥棒扱い)あとはちょっと変わっていてどっちも強いとは言いにくいのですが、とりあえず一番強いのは警察です。
警察や検察が犯罪者にしようと思えば、どんな人間でも犯罪者にできます。

ある法律番組で、冤罪で痴漢の犯人にされそうになった時の対処を4人の弁護士に聞くというのがありましたが、
そのうち3人はその場から立ち去るしかないと答えました。
つまり、逃げるしか冤罪を回避する手段が無いと言うのです。
法律を知る弁護士がこのような答えを出すしかないというのが日本の実態なのです。
ちなみに残る一人の弁護士はその場で無実を主張するべきだと言いましたが、その人は元検察官だった人でした。

警察や検察は、なあなあの関係で裁判官は元検察官なのです。
法廷の場では、証拠や資料はほとんどが検察の側にあり、検察は自分の側に有利な証拠や資料だけを提出して裁判を行えます。
弁護側が苦労して証拠を集めて提出しても、それを採用するかどうかは裁判官の判断により決まるので、無罪になりうる証拠でも、採用しないと言われればそれまでなのです。
弁護側が、検察の隠し持っている無罪になりうる証拠や資料をつきとめて提出するように要請しても、どっかいったとか失くしたとか言われればそれまでなのです。
こんな状態なので、冤罪事件は頻繁に発生します。
よく調べれば証拠や資料に矛盾があるのがあきらかでも有罪になったりします。
それは、証拠や資料に矛盾があっても、自白させれば有罪にできるからです。
ですから、何が何でも有罪にしてやろうと思った時は、拘留してろくに眠らせずに延々と尋問したりします。
拘留期限は決まっていますが、必用なら伸ばせるので延々と尋問は続きます。
そうしているうちに世間にも捕まった事が知れ渡り、社会的な信用も職も失います。
精神的にボロボロになり自我を失いかけ、最後は誘導尋問により自白した事にされてしまったりするのです。
なので一度検察や警察が標的にしたら、絶望的だと思って間違いありません。
たいした事の無い些細で小さなほころびでも、見つければ検察はそれを使って起訴してくるでしょう。
何も出なくても、元秘書を尋問した証言だけで起訴するかもしれません。
自白だけでもいいのです。
場合によっては、確実な証拠が無くてもやったはずだという事で有罪にできるかもしれないのです。
小沢さんが完全無罪になるというのは絶望的だと思います。

しかし検察は所詮、政府から給料を貰っている身なので、
政権政党の大物政治家に対して簡単には強権は振るえません。
予算や給与などで後々冷遇されたり、組織を解体や再編されたりといった扱いをうけかねないからです。

なのになぜ、今回のような事になるのかというと、
政権政党の中に反小沢の勢力が相当いて、それらから暗黙の了解を得ているからなのではないかと思います。
あるいは野党が、政権奪回後の厚遇を確約しているのかも知れません。
検察側にとっても、反小沢の勢力にとっても理があるという事が今回行われている事の根源なのではないかと思います。

あくまで私個人の推測と妄想の話ですが。

日本と中国がくっつけば世界経済への影響は大きなものになるでしょう。
が・・くっつきすぎるのは危険な相手です。
そして同盟国アメリカも、同様にくっつきすぎると危険な相手です。
アメリカと中国、両方とほどほどに付き合うのがやはり日本にとって一番良い事だと思います。
中国にちょっとだけ接近するのは国益上は悪い事ではないでしょうが、小沢さんはやり過ぎですね。
あそこまであからさまな事をやったらまずいです。
しかし、現政権の一部じたいが親中派なので、小沢さんが今回の一件で潰されても地方参政権は与えられてしまうかもしれませんね。
阻止できるかどうかは次の参院選にかかっていると思います。
それまで民主党は地方参政権については先延ばしするでしょう。
先に決定してしまったら選挙に影響しますから。

私個人は、中・露・韓・北朝どれも・・。
日本の領土・領海・領空に無断で侵入したり占拠している、あるいはしようとしている相手は全て招かれざる追い返すべき存在ですので。
日本は日本人だけのものじゃないと言う政治家も・・。
私は、生来の日本人と日本国籍を取って日本人になった元外国人の為に我が国を守ります。

小沢さん不起訴とは・・。
いろいろ裏であったんでしょうが、検察でさえ手を引かざるをえない存在なのだと考えると逆に恐ろしいですな。
これで外国人に地方参政権が与えられるのが確実になったのではないかと。
今後、日本は徐々に日本人だけのものじゃなくなるかもしれません。
老後の日本はどうなっているやら・・・。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年1月30日 03:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゼロゼロの怪」です。

次のブログ記事は「ミエンゲル係数」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。