ニコ男 知恵と持続はなかりけり

| コメント(0) | トラックバック(0)

オイラはタバコ大嫌いで、街なかでポイ捨てしてるバカを
注意して喧嘩になったことも数えきれないくらいありますが、
自衛官の喫煙率は異常に高かったとですよ。

昔は、居室内でもタバコ吸えたので雨の日に
室内に洗濯物を干しておくとタバコ臭くなって大変でした。
車両内でもタバコ吸って捨てるので、ドライバーは
他人の捨てたタバコまで掃除してました。
っていうか、今もしてると思いますけど(笑

新隊員で18歳なのに8割くらいはタバコ吸ってるのも
呆れましたが、業務用のウズラの卵の缶詰かなんかの空き缶を
赤く塗って針金で取っ手を付け灰皿にして、訓練する場所へ
新隊員の誰かしらが運んで行くのも笑いましたね。
ちなみに自衛隊では灰皿と言わず「煙缶(エンカン)」と言いますが。

まぁ、最近は喫煙場所以外では吸えなくなってますけど、
たぶん未成年の喫煙は黙認されてるんだろうなぁ〜と思います・・・。
とはいえオイラは、ニコチンパワーとか言ってる隊員に、体力で負けちゃったり
しましたけど(笑

市より

君は勇気がある!
ワシも禁煙電車の中でケンカをふっかけたことあります。
映画館でもやりました。
相手は慌てて消しましたが・・・
こっそりひっそりと喫煙権を行使するのはいいんですが、
毒煙をまき散らし他人に吸わせるという頑迷さが嫌ですよね。


世界を見回すと国民の知性度が低いほどニコ中毒が多いようです。
喫煙率で文化度の水準が推し量れるかもしれません。
自衛隊がタバコ規制を始めたときは驚いてしまいました。
やはり先進国なんだと感じましたよ。

ニコチンパワーは確かにある人がいますが、ボクスィングみたいな
試合だと呼吸困難に陥りやすいと想います。
街でのケンカに強い友人がいたので日拳の道場に連れて行って防具をつけて
フルコンタクトでやったところ、ワンラウンドで呼吸ができなくなりました。

煙缶とは知りませんでした。喫煙隊員は「煙官」ですかね?

「煙官や 喫煙合間に訓練し」

「煙官の悪セサリーはタバコなり」

「煙官の、嬉しく吸うは毒けむり」

「煙官はニコチン力とケムにまき」

「同病嬉し、煙官の友」

「ニコパワー、 ポイ捨てやるほど厚き面」

「ポイ捨ての快感そよぐニコパワー」

「わが町は自分のゴミ箱ニコパワー」

「息臭し、知らぬは本人ばかりなり」

「パチンコとタバコ生き甲斐公務員」

        詩人 市茶

うーん、どうしても
「今日も元気だタバコ買うまい」
には勝てんわい。あれは傑作だな。

それにしても
このブログってワシを嫌う人を増やすために作ったよーなもんだわい。
しかし、ワシが欲しいのは多くの「知人」ではなく、少数の「友人」なんよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/243

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年2月12日 21:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ガン死倒産」です。

次のブログ記事は「SEAL隊員いわく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。