ネットを飛び交う謎の鳥 加筆 「ウグイス」

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本には謎の鳥がいる。正体はよく分からない。

中国から見れば「カモ」に見える。

米国から見れば「チキン」に見える。

欧州から見れば「アホウドリ」に見える。

日本の有権者には「サギ」だと思われている。

オザワから見れば「オウム」のような存在。

でも鳥自身は「ハト」だと言い張っている。

それでいて、約束をしたら「ウソ」に見え

身体検査をしたら「カラス」のように真っ黒、

釈明会見では「キュウカンチョウ」になるが、

実際は単なる鵜飼いの「ウ」。

私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う。

ところが検察は泣くまで待とう「鶯」やという。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/262

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年2月15日 02:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イイシバ大尉より特別投稿 」です。

次のブログ記事は「壁紙の贈り物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。