タフプロダクツ社

| コメント(6) | トラックバック(0)

WCOX2375.jpg

左がナット社長です。母は日本人、父は白人の混血です。
両親ともにとても良い人たちですよ。
右はラモーン君、メキシコから移民しエイカー社の工場長として
長く働いていました。優しくて無口でものすごい働き者です。
マグレットの開発はワシと、この二人とでやってきました。ワシの
アタマの中に浮かんでいる映像を現実のモノとしてくれるのが
この二人なわけですね。
マグレットは複雑なカタチをしているために縫製の量が多く、
難しい部分もあり、それをどうやって工場のお姉さんやおばちゃん
たちが縫いやすいようにするかということで二人は眉間にシワを
よせながら真剣に考えています。かつてない挑戦だと言ってます。

タフプロの主力となる縫製機は日本製のブラザーとジューキの
工業用です。

まずは300個のプロダクション プロトを作ることになっています。
日本ではどうか知りませんが、アメリカでは量産プロトを販売して
ユーザーからの意見を聞きながら改良するという場合があり、ワシも
この方法が一番好きです。
このブログを読んでくださる皆さんが、マグレットを使いながら
あーだこーだワイワイガヤガヤと好き勝手な議論を展開してくれる
なんて嬉しくてゾクゾクしています。
辛口の意見などとくに歓迎なのでよろしくお願いします。

さてさて、製品が仕上がるのはまだ見えていませんが、
材料をカットする特別なトゥールなどを作る必要があるため
多分四月あたりになると想われます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/274

コメント(6)

 お世話様です。 やっぱりそーでしたか。何となく長いなーと!
自分、元縫製屋なんで、どんなミシン使っているか?どんな縫い方しているのか?教えてもらいたいですねー。
 写真は、これはブラジャー・・・。違うブラザーのカン止ミシンかな!? 下糸交換しているとこですねー。
 そーですかやはりジューキですか!本当かどーかは知りませんが。その昔ジューキ工業はミシンではなく、重機関銃を作っていたそーです、それでジューキという社名に成ったとか!?
 凄く嘘臭いですよねー。 (笑)でもミシン修理をしている時は、そんな事考えながら、独りモクモクと直してましたよ。(^0^)

今更ですが
自分の携行品を考えてみました

 携帯電話、運転免許証、IDカード、サイフ、ペン、
 小型ライト、目薬、リップクリーム、
 家・クルマ・バイク各種カギ

これだけのモノを常時持ってまする
今は「J 〇ECK」のポーチに入れてます(IDは別)

特にIDカードは素早く出し入れが要求され、
未だに納得出来る物ではありません。

このマグレットが成功する様に
祈ってます

すいません
「マグ」レットですもんね。

残念ながら私は
パスポートを所持しておりません。
持ってないケド
外国には度々、仕事で行っております。
行かされると言うか まぁ公務員ですから・・・

旅行用にも期待!!ですが
まずはマグレットからですね

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年2月27日 08:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マグレット完成にごんす」です。

次のブログ記事は「信玄ついに正社員の座にっ!!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。