壁紙五号の捧げもの

| コメント(5) | トラックバック(0)

0070k8地面.jpg

今どこで何を撮影しているかとか、撮影した画像が雑誌に
載る前にブログなどに載せることは編集の秘密維持に違反
するのであまりできません。
このフォトは急に依頼されて昨日作ったものですが、
これは広告用なので発表できます。
コレ一枚創るのに6時間もかかりましたよ。

ライトは、シュアのM720Vという
ヴァンパイヤ スィリーズの新作です。可視光と不可視光
とに切り替えることができます。IRもすごく明るくて
ナイトヴィジョンとの組み合わせで鬼に金棒という優れモノ
です。テイプスイッチはウィルコックスのバイポッド付き
グリップに付いています。
ナイトヴィジョンはナイツの近距離用でスコープは
ナイトフォースの1〜4倍です。
民間人が持てる最強のM4ライフルといえるでしょうね。

次のSATマガ記事はナイツSR-15ですが、とっくに入稿して
あるので、このフォトは間に合いませんでした。
市の心象風景をお楽しみください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/290

コメント(5)

背景用の空を撮影。
空レイヤーの下に黒塗りつぶしレイヤーを敷いて、
山の稜線型マスクを空レイヤーに作っておく。
地面用の画像を撮影して黒レイヤーの上に載せる。
要らない遠方部分はマスクで消しておく。
水面部分は・・・グラデーションツールですかね〜赤と青の別々のレイヤーで、
同じく黒レイヤーの上に重ねて。
銃を背景の色に合わせた照明で撮影してパスで切り抜き。
シュアファイヤのビームは白い図形を作って〜レンズボカシとかグラデーションツールとか。
地面の影はブラシ塗りかな、と。


御教授感謝いたします。全く違う分野の仕事しておりますので・・自分だったら〜とソーゾー手順を書いてみました。失礼。
なるほどフォグですか・・・手描きではなかなか難有りと思ってはおりました。
黒レイヤーを敷いておくと空レイヤーにクイックマスク作って黒ブラシで塗ると〜この絵だったら合うかなぁ〜との想像でした。
朝焼けの地面のテクスチャが出ていたら邪魔かな〜と。

リアル感のあるIR光線ですか・・・調べておきます。

使用キャメラは同じくです。TSレンズはシロートさんは使いませんからね。富士は3Dカメラに力入れてるようですね。

40メガなんて必要ですかね〜疑問に思っています。
先日印刷会社の友人がカールツァイスのEFレンズを持って遊びに来てくれました。
キヤノン純正のレンズと撮り比べてみますと・・・キヤノン選手〜1ラウンド30秒フォール負け!ってな具合でした。
情報量が6X8と35mmぐらい違っていましたのですよん。

・焦点距離が85mmと50mmしか出ていない。
・近接撮影が出来ない。
・アパチャーを絞るとピント位置が移動する
・F値22まで
・重い
などの難点のあるレンズです。

あとキャプチャー1という現像ソフトがフォトショより断然良いそうです。
時間出来たら体験版でテストしようと思っています。

中黒はお嫌いでしたね、失礼しました。

大型ポスター用ですね。納得です。
ならばデジタルバックとういう選択も有りですが、
値段高杉な上に信頼性は今ひとつで2台は必要ですから、
とてもペイ出来ません。

新製品情報にもちょっと疎いのです。

ツァイス 今日はレタッチ急ぎのをせかせかやっております。今度テストで撮ったのをメールで送りましょう。

GX2台&レンズ一式が冬眠してます。本当に変わりましたね〜。
4X5や8X10、暗室用品は全て譲渡しました。

メアド 忘れてました 失礼。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年3月13日 03:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「R226対応の ホルスタでーす」です。

次のブログ記事は「マイク エイジャックスさんよりメイルが・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。