マイク エイジャックスさんよりメイルが・・・

| コメント(68) | トラックバック(0)

Hello Ichy,

I just found this video from a link on Tam's site. I would use this video as a teaching aid as an example of excellent combat technique and countenance. It is sometimes difficult to explain the concept of "no-mind" (mushin) but your face shows it perfectly. Someone could look at your face while you are shooting and see the true Warrior's Heart.

All the best and much respect,
Mike


さきほどこんなメイルがグレイマンから届きました。
タムヤンとこでグレイマンを扱っているのでマイクは動画を見つけたのだと想います。
自分で訳すのはコッパズカシーのでやめときます。
マイクにこのように褒められるとは射手として本当に嬉しいことです。
これがその動画です。


http://www.tamurasoubi.com/douga-2.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/291

コメント(68)

おじゃまします。

田村装備開発さんのブログは私、しょっちゅう見てます。
そして、市郎さんの射撃動画、いくつかアップされてま
すが、何度も何度も見返しました。

田村さんも「皆さん喜ぶでしょうからと撮影させてもらった」
とブログで書かれてますが、本当にそう思います。

「ミッキー・ファアラ(名前、間違ってたらすみません。)の
コンバットシューティング」というタイトルのビデオを小学
生の時見ましたが、市郎さんの射撃、戦闘、クナイのテクニ
ック等のDVD正直欲しいです。SATマガジンで石井さん
が出演されている射撃DVDとか出してますよね。

勉強にもなりますし、映画とは違う緊張感とか雰囲気が好き
です。

ごめん下さい。

「いくつか」ですが、ごめんなさい。表現が良くありません
でした。「同じ動画が何度か」が正確でした。
田村さんのブログでは武術やラペリング等の公開にユーチュ
ーブ使用してますね。

タクティカル射撃、とても観たいのですが、公開不可ですか・・・。
ですがビアンキの訓練や射撃している所、観てみたいです。
うう・・・すみません。興味あることに出会ってしまうと
暴走してしまう傾向がありまして・・・。
田村さんがアップした市郎さんや、田村さんの撃っている姿
もストーカーの様に見返していた位です・・・。
動画を貰ってDVDに焼いてしまおうと思ったのですが、出
来ないようなので今でもブログで拝見しています。正確には
「やり方がわからない」なのかもしれませんが・・・。

うちのPCは回線がADSLのせいなのか動画は殆ど見ら
れません。田村さんの所の動画も軽めなものでしたら一度、
ブツブツ途切れで再生されるの我慢して最後まで観ると二度
目からやっと普通に観られるのでストレスが溜まります。
なのでお金払ってダウンロードして楽しむ長い映像は観られ
ないです。

ユーチューブですが、マイクさんもそうですが、結構ご利用
されてますよね。実は、ユーチューブ自体のサイトには入っ
たことありません。ユーチューブを良く観る友人のPCをス
キャンした時、ウィルスは無かったので大丈夫なのでしょう
けど、過去に有名なサイトで特定の箇所や、興味ある画像を
拡大クリックしたら、トロイの木馬とかに感染されたので画
像、動画系は出来るだけ観ない様にしているので私も詳しく
ないのです。私が観たのは大体4分以内のが多い気がします。
私も詳しい方がいらっしゃると助かるのですが・・・。
お力になれず申し訳ないです。

ごめん下さい。

お金が貯まり次第グレイマンナイフを購入しようとしています。
田村さんの所は欲しいの受注出来るので助かります。

市郎さんも最近購入されたそうですが、参考にさせて頂きた
いのですが、市郎さんのお薦めはございますか?

因みに私は以前、ディフェンダーを持っておりました。
私が手にしたものは初期のものでヒルト(刀で言う鍔の部分
を言いたいのですが勉強不足です)辺りに重心があって重さ
を感じず、ヒラヒラした感じで、友人所有の佐治武士氏作三
日月刃渡り27センチと比べて何となく頼りなく感じましたが、
ド素人の浅はかさでした。山で幅5センチ以上の藤の様な他
の木々に絡みつくツタの様なものを斬りまくりましたが、食
い込み、切断力が違いました。りカーブライン(?)が切断力
に拍車をかけている様に感じましたが・・・。しかも刃持ち
が良いので気に入ってました。根腐れしたドウダンの掘り起
こしにも使用しましたが刃欠けしませんでした。

ミニディンカやウォリアーの5.5、3.5も気になっております。
さり気なく携帯出来ますので。

了解しました!市郎さんのゲト品、楽しみにしております。
秘術も興味ありますね(笑)

私、何度もアメリカのガンメーカーやナイフメーカーの
「カートに入れる」をクリックして遊んでます。ガン等
はそのまま衝動で購入に進んでしまいたくなりました。
捕まってしまうので寸での所で立ち止まりましたけど(泣)

ちなみに、お時間ございましたらで結構ですので、市郎さん
のKimberへのご考察もお伺い出来ましたら幸いです・・・。
戦闘ナイフ内でマイクさんが使用されている銃器の写真で
そちらをお見受けしてからよくkimberamericaを覗くように
なりました。

イチローさん初めまして!。
ノヴと申します。

私がイチローさんに出会ったのは1978年、
小学校6年生の時でした。

それまでGUNには全く興味がなかったのですが、
たまたま手に取ったGUN誌の中でイチローさんがホワイトホースを
「バッガーン!!」
とぶっ放していらっしゃるのを見て以来、
すっかりイチローさんの信者になってしまいました。
今後ともよろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マイクさんからのメール拝見しました。
イチローさんの表情から完全な「無心」を感じると・・・。

実は私も、SATマガジン15号でイチローさんが
LW 5.56F.S.Rを撃っていらっしゃる写真を見て
マイクさんと同じ様な感想を持ちました。

「あ、なんと自然な美しいスタンスなんだろう。」

殺気が全然出てない。
まるで立ち小便をするがごとく(ゴメンナサイ)、自然。

イチローさんはついに無我の境地に達されたんだな、と感じました。

剣の世界もGUNの世界も、
極めれば無我、無心。

なんか不思議な感じがします。

またコメさせて頂きます。
もし失礼がありましたらご容赦下さい。

イチローさん

うわっ!返信ありがとうございます!!。

生きててヨカッタです。
本当に嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、気が付いた事があります。
イチローさんのチャレンジングスピリッツの源にあるのは、
未知の世界、新しい領域への好奇心、探究心のみならず
「謙虚さ」があるのだな、と。

私もソコソコの年齢になり、
会社でも小エラそうにしてましたが、
明日から態度を改めます!。

ちっちゃなバリアを張ってて
すごく損をしていました。

気付きを頂きありがとうございました!。

ノヴ

イチローさん

こんばんは!。
イチローさんと意思疎通が出来ている事だけでも信じられないのに、
直々に教えを受けられるとは・・・。

本当にありがとうございます。

勇気を出して一歩踏み出す事って大切ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イーゴウを取り去る。。。
簡単じゃないですね。
まさに「努力」が必要です。
今日、会社で「謙虚」を実践しようとして痛感しました。

心に巣食った私のイーゴウは結構ガンコものでした。

ただ、悲観はしていません。
だって、気がつきさえすればしめたもの、ですもんね。

あとは日々の努力。

「いっちょやったろうやないかい!。」

そんな感じです。
ワクワクしてます!。
では失礼します。


ノヴ

イチローさん

こんにちは!。
ありがとうございます。

今、ノートPC片手にこっそりと会社の会議室に潜入して
TACTICAL LIFEを読み始めました。

が、あまりの内容の濃さに
「こんな読み方じゃダメだ。」
と気がつきました。

家に帰ってからじっくり集中して読ませて頂きます。

あ、廊下に足音が!!。


ノヴ

イチローさん

こんばんは!。
ようやく家に生還し、TACTICAL LIFEを読ませて頂きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のバイブルは「竜馬がゆく」です。
読み返すたびに、新しい発見があったり
今まで読み過ごしていた部分が心に響いたりします。
多分、自分の心の成長度合やその時の感情の動きで
響き方が違って来るのかなぁ、と理解しているのですが・・・。

TACTICAL LIFEを読ませて頂いた感想を一言で言うと、
「新たなバイブルに出会えた喜び。」
です。

読ませて頂きながら、
・なるほど、深いなぁ
とため息を付いたり、
・俺って全然ダメダメだなぁ
と落ち込んだり。
はたまた、
・玄米食べたい!
などと感情が上下左右に複雑に揺れ動きました。

ただ、今までの私は「熟考」を放棄し、
ゲージの中にいる事を自ら選んだ男だったので
イチローさんの言葉を100%理解出来た自信はありません。

でも!。

「本当の幸せ」や「生きる意味」について考える脳のタービンが
ゆっくり重く動き始めたのが今の自分です。

とりあえず、TACTICAL LIFEをプリントアウトして
持ち歩く事にします。

そして、より深く理解出来る様に
イチローさんに
「ノヴはわからんやっちゃなぁ。」
と思われない様に頑張って行きます!。


ノヴ

市郎さんへ

黙ってはおりますが、私は市郎さんの書かれたことの咀嚼と
熟考を努力しております。ですが、簡単なことではございま
せん。努力していると書きましたがそれさえ正直、本当か?
と問われたら恥ずかしい位です。

ノヴさん(お名前出させていただいて申し訳ありません)
同様、「理解できた」とは思えないからです。

また、ノヴさんが「竜馬がゆく」をお読みになられて
>読み返すたびに、新しい発見があったり
>今まで読み過ごしていた部分が心に響いたりします。
>多分、自分の心の成長度合やその時の感情の動きで
>響き方が違って来るのかなぁ、と理解しているのですが・・・。
(文章の拝借失礼します)
私も司馬遼太郎さんの小説を中学から高校にかけて何度か
読み返しましたが歳を経ると違った感覚に出会えます。
時代が流れても残るものは何度も読み返せます。いつまで
も新鮮なんです。

市郎さんが「頑張って書いた」文章は、はい、読みました。
では終われません。表現が俗っぽくなりますが、噛めば噛む
程味が出る様に、いつまでも長く咀嚼と熟考が続くものに
思います。

きっと皆さんそうです。そうでなければ大勢の方が市郎さん
を慕ってこちらに来られたり、お会いしたいとお思いになら
れることは無いと思います。

リアクションが無かったのは反省致しますが、それだけ深い
ものを提示されておられるということもご理解頂けましたら
幸いです。

ですが、続きがおありでしたら(これまでのもの未消化ですが)
是非、拝読させて頂きたいです。

追伸:ノヴさん、面識もないのに唐突にお名前や文章をお借り
してしまいましたことお詫び申し上げます。

イチローさん

こんばんは!。

今、頭の中でイチローさんの言葉が「発酵」しはじめています。
面白いですよ。
こんな体験初めてです。

化学反応って言った方が合ってるかもしれませんが・・・。

今までの人生の中で体系だてられて整理されていた価値観や秩序が
イチローさんの「言葉」をきっかけに分解し、また新たな結合を繰り返している感じです。


続き、もし出来ればぜひ書いて下さい。
大変な労力が必要かと思いますが・・・。

出来れば月刊、無理なら季刊で(笑)。
って冗談です、スミマセン。

気長に楽しみにお待ちしております。


ノヴ

知人と友人の区別ですか・・・。私はといえば、イチローさんからカッパ笑わせて、いやカッパラわせていただいています。
ずーっと以前、某誌で書かれていた内容が、非常に腑に落ちたもので。

たしか、
「自分にとっての『友人』とは、
 成長してほしいと心から願える相手のこと。
 『知人』とは、ただの知り合いのこと」
というようなことだったかと。超自己流要約ですけど。

まだ子どもだった私には、かなり衝撃的でしたよ。
好きか嫌いか、一緒にいて楽しいか否か。
あるいは価値観が似通っているか等々、
大体が「自分」を中心にして友人を選ぶわけです。子どもって。
そこへ「相手の成長を願うことができるか」と問われて
「うわ~!」と思ったのですよ。
(最近はカネを持っているかどうかで
 「友人」と名付けたサイフを選ぶク○ガキもいるとか。)

成長を願えばこそ、本質を射抜くような鋭いことも言える。
どうでもいい人であれば、それほど心も痛まないので(以下略・笑)。


私の原点の1つになっているみたいです。
ただ、今になって感じるのは、
この方法で知人と友人を区別するためには、
自分自身が成長し続けることが欠かせないということです。
偏見や先入観、嫉妬や羨望。
そういうものを捨てて、
素直に相手の成長を願える「自分」でいられるか?
ぐるっと巡って、結局「自分」に還ってくるんですねぇ。

では、どういう人に「さらに成長して欲しい」と感じるのか。
記憶を辿って分析すると。
向上心がある人。失敗を他人や運のせいにしない人。自分の弱さを自覚している人。才能があって努力もする人。才能がないことを自覚した上で、正しく努力する人。噂やデマ、流行に流されない人。自分を変えようと努力することができる人。他人の評価や世間体を必要以上に気にしない人・・・などなど。

ありゃりゃ、これって単に私が「好き」なタイプの人たちですな。
「価値観を同じくする人たち」ともいえますな。
ついでに言えば、「付き合っていると自分も成長できる」と
思わせてくれる人たちだともいえますね。

項目だけ見れば、子どもの頃とよく似ているかも。
ただ、決定的に違っていることがあります。

子ども時代の友人選びは
「自分自身が変わらないこと」を前提にしている。

現在は、
「自分自身も変わっていくこと」を前提にしている。
というより、むしろ変わり続けることを望んでいる。

・・・うーん、考えれば考えるほど、
うまくまとめられませんねぇ。
まぁ、私も日常生活で友人といえる人は多くありませんが、
こちらでは思ったことを言わせていただいている、ということで(笑)。

読解力のない人の反応を観てしまい、ちびっとメゲてしまいました。
「言って解るくらいなら言わなくても解る」という条理の存在をワシは否定できないでおり、これが蛮勇に水をかけるわけです。これはマジ目の上のタンコブなんですよ。
そんなこともあってTLは自分の哲学のまとめとして書くしかないかなと考えています。でもそれでは熱くなれないし、やはりワシが振り返って観る人生の風景を識りたいと渇望している若者の存在が必要なわけです。
「知人と友人」のテーマは重要な課題として考え続けてきたので次はそれにしましょうかね。
河童笑いにご協力を・・・笑い


イチローさん

こんにちは、ノブです!。

私のバヤイ、「知人と友人」の違いは
「そいつの前で裸になれるかどうか。」
です。

あっ、体じゃないですよ、
心のハナシです(笑)。

心の奥底の秘密の恥ずかしい部分まで
惜しげなくさらす事が出来るかどうか。

全部をさらした上で、そこも含めて
「ま、しゃ~ないなぁ。」
と笑って「ワタシの個性の一部として」認めてくれるかどうか。
そこかな、と思います。


じゃ、どんな人が「友人」になれるかと言うと、
これが難しいです。

なんせ裸を見せれるレベルの「友人」が一握りしかいず、
分析出来るサンプルが少なすぎる(笑)。

裸を見せた途端に逃げ出した人もいましたし(笑)。


ただ、イチローさんがおっしゃった
・価値観が共有できるかどうか?。
は重要なファクターかと思います。

そして、生きていく上で刺激し合い切磋琢磨し合えたら最高!。
そうなれば「友人」を超えた「TACTICAL FRIENDS」と呼べる存在になると思います。


あ、カッパが逃げてった・・・(笑)。

ノヴ


追伸:
むうたさんへ

はじめまして、ノヴです。
全く問題ございません!。

と言うよりむしろ、ちょっと嬉しい感じですよ。

今後ともよろしくお願いいたします。

おじゃまします。

市郎さん・・・やはり恐ろしい方!河童は笑うだけでなく、
シリコダマと尻の毛まで抜いていって鼻血もでないや。ぐう
の音も。と意味不明な私です。
友人か知人かを考えるには「洞察力」が「鍵」・・・これまで
直感と時間に頼って交流をしてきました。そこにそう言った要
素が・・・輪郭がぼやけて言葉が出ないです。が、感覚として
納得と驚きがありました。

>読解力のない人の反応を観てしまい、ちびっとメゲてしまいました。
それって私ですかっ!?見捨てないで下さい。いえ、せめて市
郎さんを好きなままでいることのお許しを・・・(卑屈ですねこれは)。
相当に影響を受けた方に嫌われる、見限られる事ほど怖いこと
は無いです。影響を受けた=人生の一部です。

こちらが親しくしたくても相手が私を苦手にしたり嫌う場合も
ありますがそんな時、私は静かに機や期を待ってます。しつこ
いのかもしれません私は。話が脱線しました。

>未知の人に出会うたびにオズオズしてたヒにゃ人生ツマンナイですよね?

オドオドしてしまいます私。緊張します。でも感覚的にもっと
親睦を深めたいとなると言いすぎですが捨身になります。

「知人と友人」につきましては・・とても難しいです。
私、「友人」という概念が20代前半までありませんでした。
現在で23年、出会ってから色々なことを経験、体験しあった
人に、20代前半の私は「友人だったの!?」と言って悲しそ
うな目をされました。「友人」「友達」の名の下に物理的な
要求、心の隷属、束縛を強いる人が多いと感じていた過去が
あった為、「友人」て何よ?という感じになってました。

今でも正直「友人」というものは何か。は解りかねてます。
ただ、私の感覚的な意見ですが、打算がつきまとわない。何
か物質的施しがあったとしてもそれは好意であり、そこには
計算や思惑がない。お互いいるだけで、例えば、自分が辛い
境遇の時も何か行為がある訳でも無いのに心の支えになって
いる。書いておいてなんですが、そういう意識や自覚も無く、
自然とこれまで過ごした、接したことから得られた何かがそ
ういう状態をもたらしてくれている。漠然とした表現ですが
そういったものもあるかと。
私の思考、意識に登ってくる感覚的な部分では、一緒にいる
と驚き、感動、素晴らしいと思える等、時間が経っても会う
と新しい、新鮮な部分があり、これも意図や意識をしなくて
もそれが私自身への刺激になってそこに学ぶもの、得られる
ものがあり、故に交流を続けたいと思う。
そういったものは趣味や考え方の方向性が同じでなくても感
じられます。これが価値観なのでしょうか?辞書で「友人」
を調べましたらたらい回しになり懇意、しんみつでどうどう
廻りに。言葉では捉えにくいです。

「知人」でしたら知り合いで見知った時点で適当に取り繕っ
てお仕舞い。ですが、知人から感覚的な何か魅力、引力を感じ
て友人になって行くこともありますし、確かに出会うことから
が始まりというのは基本だと思います。
今の私の思考ではこれが全力です。意識しない時、感じてる
ものがあるのですが、それを捉えようとすると認知が難しい
です。

追伸
ノヴさんへ
ノヴさん、ありがとうございます。こちらこそよろしくお願
いします。

イチローさん

スゴイ!初対面から裸なのですね。

初対面からフルコンタクトの真剣勝負、
考えた事もなかったです。

でも確かに人に会うたびに
「ぬいじゃおうかな?今日はボタン一個外すだけにしようかな?。」
なんて考えながら人と付き合うのはツマランですね。

ただ、こちらが裸を見せても、相手の反応の意味が理解できないとアカン。
だから「洞察力」が必要、と言う事なのですね。

河童笑わせて頂きます(笑)。
ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「洞察力」

難しい言葉ですね。
漢字の雰囲気からすると、語源は
「真っ暗な洞穴の中に何があるのかを察する力」
から来ているのでしょうか?。

多分、洞察力を磨くには何度も洞穴を探検しながら
「入り口の雰囲気から宝物があると思ったら、実際は熊が出た!。」
みたいな経験を積むしかないのでは、と思います。

恥ずかしいですが、正直、今の自分には洞察力はありません。
多分、洞穴の入り口からちょっと中をのぞくだけで
洞穴の全貌が分かった様なつもりでいたからだと思います。

見られるのもコワイですが、
見るのもコワイ。

こんな生き方をしてきたからだと思います。
反省です。

またまた「豹変」なのですが、まずは自分から「裸」なること。
それと、「裸」になるからには見られて恥ずかしくない「裸」になれる様に
精進すること、ココロを磨く事を目標にして行動して行きます。


ノヴ

イチローさん

うわァ~!、今「カチリ」と音がして輪がつながりました。
その通りですね。

イーゴウの存在は、自分の成長を阻むのみならず、
「友人」を見つける上でもブレーキになるのですね。

良い言葉のプレゼント、ありがとうございます。
レヴェル高すぎです。

良い言葉は心の成長の芽になると思います。

イチローさんにもらった言葉が心の中でどんな木に成長するか、
どんな花を咲かせられるかすごく楽しみです。
その木から落ちた果実からまた新たな木が成長し、
やがて森になり・・・。

またワクワクして来ました。


ノヴ

イチローさん

ありがとうございます!。

と言う事はイーゴウはツールでもあるのですね!。
それも単純なツールではなく、
使い手の技量により自分や家族、仲間を守る事も出来るし、
逆に自分や家族、仲間を傷付ける事もあると言う・・・。

イーゴウがコントロールできる様になりたいです。

ただ、今はコリコリに凝り固まった状態ですので
まずはいったん引っぺがす努力をして、
その後でコントロール出来る様に自分を高めていきます。


>ノヴが回ってドアが開こうとする音ですね。笑い
あ、確かにそうかもしれません。
ノヴがノブを回して洞穴の一枚目のドアを開け、
手探りで前に進み始めた音ですね。笑い

ドアを開けるためのカギとして、
あるいは暗闇を照らす明かりとして
今後もイチローさんからキーワードを頂けると助かります。

もらってばっかりでお返しする事が出来ず、
申し訳ない気持ちでイッパイですが・・・。

とりあえず、イチローさんから次のキーワードをもらっても
「まだそのドアまで進んでません。」
となったら恥ずかしいのでチャレンジは続けて行きます。


ノヴ

イチローさん

ありがとうございます!。

ハイ!訓練します。

今まで「オトナ」と言う言葉の意味をあまり深く考えた事はなかったですが、
イチローさんがおっしゃる通りだと思います。


私のイー号は日本海溝にズドンと沈んでましたが、
今エンジン全開で潜望鏡深度まで浮上中です。


あっ!薬品でしたね。
失礼いたしました。笑い


ノヴ

>むーさんは筆頭株主の1人ですよ。
恐縮です!ありがたいお言葉です。自分をさらけ出して
正直な私でいられるようになりたいです。
よく、どうして自分を省みるのだろう、こんなに面倒な
行為を・・・。と考えます。
本音は人から良く見られたい、思われたいから。
というものもありますが、打算だけでは無い様な気持ちも。
なので「洞察力」を高め「価値観」を見い出し「咀嚼」して、
まだまだ私ではぼやけて見えない、感じ取れないものを得ら
れる様になりたいなと思います。

うすらぼんやりと景色が見えるのは黄砂の影響かな?等と考
えつつ、庭一面に咲いた犬のふぐりを眺めながら、携帯の待
ち受けにしようと撮影しつつぼんやりとそのようなことを考
えていました。

それにしましてもこの度の馬齢とバレー、これまでのその他
諸々、言葉遊びがお好きですね。よくそんなに色々考え付く
なぁと感心します。(笑)

どうでも良いですが薬も変な名前が多いですね。
私が笑った薬の名前は「リンラキサー」で筋弛緩剤でした。

イチローさん


ワタシが学生のころの話です。

デザイナーズブランドと言うバカ高い洋服が流行り、
ワタシもアルバイトで得た金を全て服につぎ込んでいました。

当時の私の、「人」に対する価値判断の基準は、
「どこのブランドの服を着ているか。」
「服にいくらお金をかけているか。」
でした。

そんなある日のコト・・・。

数人の仲間たちと一緒にいるところに、
バスケ部の後輩がフラッと現れました。
四六時中、バスケの事しか考えていない奴でした。

そいつの服装はヨレヨレのジャージに
ビーチサンダルと言う、まったくダメダメな服装でした。


ワタシは、
「あ、かっこ悪ゥ~。」
と心の底でせせら笑ったのですが、
一緒にいた女子の反応は全く違ってました。

「あの人なんかカッコイイ!!。」
みんな目がハートマークになってます。

その瞬間にワタシは悟りました。

「人間の価値、魅力はどんな服を着ているかじゃないんだ。」
「カッコイイ、カッコワルイは外見の問題じゃないんだ。」
「中身を磨かなくては魅力ある男にはなれないんだ。」
「今のオレは薄っぺらい・・・。」

その日以来、デザイナーズブランドの服は一切買わなくなりました。
豹変グセはその頃からですね。笑い


イチローさんがおっしゃる「本当の老人」、素敵ですね。
良く考えると、年を重ねて失うものはほんの少しの体力のみ。

逆に人生を学び、経験を正しく重ねると精神世界や
ハートの懐の広がりは無限大だと思います。

人の魅力は中身で決まる。

ならば、正しく自分を磨いていれば年齢を重ねるほど
魅力は増大するハズですし、尊敬されるハズです。

でも、人生を学ばぬままバレーを踊り続けると
「ただ年を重ねただけの老人」
になってしまうのですね。


私も「本当の老人」を目指します。


「七人の侍」はずっと前にみたきりです。
もう一回DVD借りて見てみます。

いつもありがとうございます。


ノヴ

こんばんは、初めてコメントします。
いきなりですみませんが、
ichiroさんにお礼を言いたいのと、
話を聞いてもらいたいとの2つの心から、
コメントさせてください。

つい最近このページになぜかたどり着きました。
ちょくちょく眺めていて、
ノヴさんとのコメントでタクティカルライフ3部作を、
今日読みました。
涙が止まりませんでした、
自分の愚かさとichiroさんのみんなへの励ましとで、
嬉し涙が止まりませんでした。

自分は「苦労は若いうちは買ってでもしろ」という言葉が好きで、それなりに苦労してきたと思っていました。
いわゆるロスジェネの世代で、
バブル崩壊後で仕事も無く、
2年間海外の学校で働き、
その後は日本で公立学校の講師で食いつなぎ、
今は7年目です。
ちゃんとした教師になるために、採用試験に受からなければならないのですが、頭の出来が悪く毎年落ちています。
そんな自分でも5年前に結婚もすることができました。

一昨年親父が60歳で他界し、その半年後に5年間も不妊で悩んでいた妻に子供を授かり、信太朗が昨年夏に産まれました。
やっと自分も父親になった、
死んだ親父に、俺も親父になったと言えると思った矢先に、
子供を育てる価値観の違いと、
自分のイー号のせいで妻と子供と別居し半年がたち、
今にいたっています。

タクティカルライフを読む、
ついさっきまで、
いつまでたっても試験に受からない自分や、
やっと手に入れた家族を奪った妻を、
恨んでいました。


でもそれがタクティカルライフを読んで、
間違っていたことに気がつき、
励まされ、力が湧いてきました。

腐っていたために、走ることを止め、食事も不規則になり、引きこもり。
うまく物事がいかないのを、別居した妻のせいにして逃げていました。

今から走ってきます。
そして玄米も食います。
一人で戦って、今年の採用試験に受かります。

そんでもって「金も女(妻)も健康も」全て取り戻します。
そんな勇気というか、気持ちをもらいました。

ichiroさんありがとうございました。
高校生からのアーミーお宅から、
本物のタクティカルライフへ今から進みます。

乱文・長文ですみませんでした。
これからもichiroさんがんばってください。
失礼します。

イチローさん

おはようございます!。

そうなんです!まさに彼からはオーラが出てたんです!!。
イチローさんは何でもお見通しですネ。笑い

ハイ!、「生きる」も必ず観ます。

また感想を書かせて頂きます。
では、失礼します。

ノヴ

信太朗さん

初めまして、ノヴです。

お名前がノヴつながり(?)と言う事で勝手に親近感を覚え、
横からコメントさせて頂きます。

ご容赦下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタシは3月16日に初コメントを書き込み、
ありがたい事にイチローさんから返信を頂き、
それからの1週間は私の人生の中で最も濃密な1週間となっています。

生まれ変わりはじめている実感すらあるんですよ!。


信太朗さん、一緒に成長して行く仲間として
今後ともお付き合い下さい。

よろしくお願いいたします。


ノヴ

イチローさん

こんにちは!。
「生きる」のレンタルDVDは隣町のTSUTAYAさんに在庫がある事がわかりました。
※わが町には在庫なし・・・。
週末に借りに行ってきます!。

証明書は山下刃物店様ですね。(笑)
一度伺いたかったので嬉しいです(笑)。


ノヴ

ichiroさん、そしてノヴさん。
お返事ありがとうございます。
返事があるっていうことだけで、
目ににじむものがあります。

素直にうれしいです。
返事もうれしいいですし、
見ず知らずの自分に言葉をかけてくれる心がうれしいのと、やさしさが心に滲みてきます。

早速生活を改めました。
ちゃんと食事(自炊)して、運動(7kmRUN)して、勉強と仕事したら、体は正直ですね。
まずウン丸がよく出ます、次に気分がよくなりました。
そして最近夜寝れなかったのが、9時には眠たくなり、10時には撃沈です。
勉強や仕事も不思議なぐらいはかどります。
生徒に運動・休養・食事が大切だと教えておきながら、自分ができていませんでした。反省です。
でもそれさえもたった昨日まで気が付きませんでした。
心にかかっていた靄が取れた感じです。

不思議ですね。
人のつながりや、タイミングでこうも人間は変われるのかと。
まだ仕切りなおしをしただけなので、これから毎日目標(ターゲット)に向かって、前進していきます。

お二人には感謝いたします。

私も「生きる」をこの週末にでも借りて見てみます。
また感想を書きたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ichiroさんへ

教員採用のことです。
採用試験の難しさは国家公務員試験に比べればたいしたことはないのですが、倍率はいつも10~20倍ぐらいです。
ちゃんと勉強して、90パーセント(50問中)取れば1次試験は通過します。
何度か1次は通過しました。
2次は実技と専門教科、そして面接です。
自分は馬鹿正直面接官とやり合ってしまうので、
多分それが駄目なんでしょう。
普通はうまくやるみたいですが。
それとこんなこともあります。
いやらしい事にこの2次で縁故や口利きが横行しています。
どこかの校長や教育委員のお偉いさん、また市議会議員、国会議員(最強)の鶴の一声で合格します。
その人の資質や能力は関係無しです。
受かるはずの人が受からず、お金や他人のふんどしをはいた人が合格します。
それを押しのけ合格しないとホントの教師にはなれません。
一時、金や他人のふんどしでどうにかなるならと考えたこともあります。
でもそれって、そんな自分が子供になにを教えられるのか、普通の感覚をもっていたら、そんな人が教師をするのはおかしいです。
でもお前もそうしろと先輩教師はよく言います。
家庭も子供も守るためには、手を汚せと。
でもわたしは信太朗のため、今までの教え子のためにも実力で教師を目指します。
その勇気が今はあります。私より苦労している人がいるんですから。そうゆう人が励ましてくれているのですから。頑張れます。

子供を育てる価値観は親父になったばっかりなのですが、学校で子供を見ている手前、決めていることがあります。陰で手助け(サポート)すこと、自分で決めさせること、見守ること。
この3つです。
妻はお腹を痛めた子ですから、かわいいのでしょう、はたから見ると過保護です。
でも私は我が子は、たくましく生きてほしいと願っています。私ももっとたくましくなりたいし子供には、私よりたくましくなってほしい。
そして信じたことを太く心にもち、やさしさとたくましさとで朗らかに生きてほしい、そんな願いから信太朗と名付けました。
妻から見ると私の考えは乱暴(夢)だそうです。
現実を見ていないそうです。
妻の言うたくましさは、手を汚してでも家庭を守れることだと言われました。
私のように試験にも受からず万年講師の言うことは、夢のようで信じられない、だからこの子は私が育てると妻は家を出ました。
私は試験に受かり、胸を張って信太朗と妻を迎えに行きたいです。手を汚さずとも、生きて行けると証明したいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追伸
ちょっとくだらないのですが、父の父、私の祖父ですが、自分の親父より長生きで今も元気なのですが、大変頑固で私も顔も性格も祖父似なのですが、祖父は潜水艦のイ号402の乗員でした、イ号=イー号 だから私も偏屈なのでしょうか。くだらなかったですね。お茶を濁してすみません。

イチローさん

町で唯一!本当ですね!!。(笑い)
気が付きませんでした。(爆笑)

何かショートストーリーが出来そうな感じですね。


西暦20XX年。
言論思想統制が法制化され、
自由にDVDを見る事が出来なくなった日本。

密告数がポイント制になり、
ためたポイントはクレジットカードに貯めて現金同様に使用出来ると言う。
まさに相互監視社会。

そんな社会においても、自由と心の成長を求める闘士がいる。
その名はノヴ(すみません、言わせておいて下さい。)

アンダーグラウンドで入手した「生きる」を隣町のレジスタンス、その名も「TSUTAYA」から入手し、
誰にも見つからず秘密のアジトに持ち帰る。

もし見つかれば恐怖の町八分(笑)が待ち受ける。


なんて。
おそまつさまでした。


隠し砦の3悪人も探し出します!。
あ~楽しみです!!。


ノヴ

イチローさん

おはようございます!。
体調は戻りましたか?。

「七人の侍」は学生の時に見た記憶があります(ヨカッタ!)。
が、せっかくなのでもう一度DVDを借りて見てみます。

あと、「酔いどれ天使」ですね!。
ありがとうございます。


イチローさんが前に雑誌のレポートで、
「日本に住んでいる時は日本は自由だと思っていた。
だが、アメリカに住んでみると日本の自由は本当の自由では無い事に気がついた。」
と書いていらっしゃいましたね。

ワシらはブロイラーではないと思いたいです。
でも、実際は・・・。

知恵を付けねば、ですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わりますが・・・。
マグレット、パンチラでも良いのではないでしょうか?。
もちろん、パンチラが機能的な問題を引き起こすのであれば困りますが・・・。


元々マグレットは使い倒してなんぼのツール、
細かいディテールよりも使い勝手や機能、耐久性や信頼性が大事かと思います。

そこさえ煮詰められていたら何の問題もないかと・・・。

早く手にして使ってみたいデス。


ノヴ

信太郎さんへ

教員採用試験は、どこの県でも厳しいみたいですね。
調べてみたら、我が県でも各教科若干名採用、とのことです。
私の知り合いにも採用試験を受け続け落ち続け、
もう10年も講師を続けている人が少なくありません。
幸いにも縁故や口利きが幅を利かせているという話は聞きませんが・・・。

理想の教師をめざす。
素晴らしいじゃないですか。
でも、教師として現場に立つことができなければ、
理想を現実のものにすることはできませんよね。
現行のシステムに不満や憤りがあったとしても、
それを活用して、ともかく正規採用を勝ち取ることを
優先させるべきだと考えます。

もちろん、不正はダメです。
ですが、あえて自分を押さえることは可能だと思います。
おわかりかと思いますが、「試験」と名の付くものには
望ましい結果を得るための攻略法があります。
ペーパーテスト然り。面接もまた然りです。
まずは合格を勝ち取ること。
そのために、しっかりとした戦略を組み立てること。
そして躊躇無くそれを実行することが必要です。
最近ではいわゆる「不適格教員」が問題になって、
講師として現場経験を積ませて判断材料にすることも
一般的だと聞きます。
となると、職場の校長の推薦を受けられるように
実績を上げることも戦略に入ってくるでしょう。

イヤらしいですか?イヤらしいですよね。
もしかすると、自分を曲げることで
自分が汚れると感じるかもしれません。
けれど、教師というのは基本的に汚れ仕事なんだと思います。
守秘義務とやらで詳しくは教えてもらえませんが、
人間の苦しみや汚さに、家庭や子どもを通して触れざるをえない仕事のようです。
もちろん、喜びや充実感も大きなものがあるでしょうが。

私は、教師になろうという人が、汚れることを経験するのは
決して悪いことではないと思っています。
自分も汚れて、世の中の汚さも知って。
それでもなお、理想を失わず、夢を語れる人物。
そういう人こそ教師にふさわしい、と思っています。
だから信太郎さん、「雌伏」の時を図太く生き抜きましょうよ。

それから、もう一つ。
縁故だろうが口利きだろうが、とにもかくにも
一次試験は通過した人たちですよね?
ひとまず先入観は捨てて、
虚心にその人たちを観察してはいかがでしょうか?
思わぬ長所やがんばりが見つかるかもしれませんよ。

朝だれよりも早く出勤している人、
突出した能力はなくても調整力に優れている人、
とにかく聞き上手な人・・・。

些細なことかもしれませんが、
どこか秀でたところがあるのかもしれません。
教育委員会が完全に腐りきっていて、カネと権力でしか動かない
組織に成り下がっていなければの話ですが。

少なくとも、こういう見方をすることが
信太郎さんの将来にプラスになると信じています。
だって、正規の教員になるんでしょう?
その時に、子どもの長所や可能性を見出して伸ばしてやるのが
信太郎さんの使命になってくるはず。
だったら、今のうちからその準備をしておきましょうよ。

目の前の難関に取り組みつつ、将来の準備もする。
これもタクティカルライフの1つのあり方だと思うのです。
図太くしぶとく、闘い抜きましょう。応援しています!

ワシらはブロイラーなのかもしれん・・・と、時に考えます。
私の住んでる辺りは卵を取るための養鶏場しかないので
ブロイラーの飼育場は見たことがないのですが。

聞くところによると、建物の中は真っ暗なのだそうです。
明るいと動き回って肉が付きにくいため、
暗くして動きを抑えるとのこと。

真っ暗な室内で、外界から何の刺激も情報を得ることもなく
じっと動かないブロイラーたち。
暗闇でひたすらエサをついばみ、
肥え太っていくブロイラーたち。
そして、いずれ食われていくブロイラーたち。

生まれたときから食われることが決まっていた、というより
食われるために生まれてきたブロイラーたち。

どうも、現代の日本人の姿にダブって仕方がありません。
ワシらを食おうとしているのは、一体誰なんでしょうか。

そう簡単には食われませんよ~。
ブロイラーは卒業して「こんなの固くて食えん!」
と言わせるのです!

イチローさん

こんにちは!。

いつも返信頂きありがとうございます!。
大感謝です。

コヨーテブラウンのフォト拝見しました。
カッコヨイですね。

う~ん、早く手に入れたいです。

私は趣味でレザークラフトをしていますが、
イメージを形にするって本当に難しいですね。

頭の中で完璧にイメージしていたつもりが、
実際に3次元にして見ると
「あれ??なんかイメージと違うなァ。」
なんて事も・・・。

最も、そこが物つくりの魅力の一つでもあるのですが。

このブログには縫製のプロ(KO-1さん、初めまして!)
もいらして勉強になります。


パスポートサイズ、ショルダーバックも手掛けられる予定なのですね。
買います(笑)。
楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ブロイラーで思いだしたのですが、
インドを旅した時に食べたチキン、最高においしかったです。

日本のフライドチキンと違い、ふっくらふわふわはしていませんでしたし、
むしろ見た目は痩せこけて貧相な印象でしたが・・・。
味の濃さ、うまみの濃さに声をあげて驚いた覚えがあります。

経済的には日本は豊かだと思います。
が「本当の豊かさって何だろう」と考えると
「日本の豊かさ」が少々薄っぺらく思えてきます。


日本ではチキンのみならず、農作物も見た目&生産性重視で品種改良されていると聞きます。

良くニュースやネット上で、
中国食品の安全性を疑問視する意見を目にしますが、
私は日本の食品と「程度の差」なんじゃないかな、と思っています。
※農業、食品生産に携わられる方、食の安全を守ることを生業にされている方、
食料自給率を上げるために働かれている方などがいらっしゃいましたらご容赦下さい。

この国が大好きですし、
色んな意味で世界に誇れる「豊かな国」になれば良いと願ってはいるのですが・・・。

いつもながら乱筆乱文申し訳ありません。


さ、今日は金曜日です。
仕事が終わったら隣町までDVD借りに行ってきます!!。


ノヴ


イチローさん

おはようございます!。

【【☆御礼デス☆】】

ワタシがイーゴウを取り去る努力を始めてから10日になりますが、
ひとつ、でも、とても大きな変化を得ることができましたので
報告させていただきます。

会社の同じ部署に、
どうしても素直に接する事が出来ない仲間が一人いました。

とにかく、ウマが合わない。

けど仕事上の役割としては、
2人が協力しないと成果が出せない。

と言うことで、お互いしっくり来ないまま
仕方なく一緒に仕事をしていました。


イチローさんから言葉をもらったのはそんなタイミングでした。

まず、私の気持ちのありようを変えました。

そして、その変化を伝えるために、
「ありがとう。」
の言葉をしっかりと言う事を心がけました。

すると、不思議なもので相手からも
「ありがとう」
の言葉がたくさんもらえる様になりました。


初めは、
「こいつにゃ負けたくない。」
との意識から意地を張っていましたが、
イチローさんからもらったこの言葉、
>負けてあげることも大切です。
>人は押さえつけても良いほうには向かいません。
を信じて、勇気を出して、実践しました。

イチローさん、本当にありがとうございました!。

ただ、まだ私はまだまだこれからの男です。
努力は続けて行きます。

追伸:「生きる」の感想、もう少しお待ち下さい。
集中して観たいと思い、タイミングを探しています。
では失礼します。


ノヴ


 お世話様です。 ノブさん始めまして。m(_ _)m 自分、縫製のプロではありません。昔縫製をカジッテいただけで、色々書いていますが、本当は何にも解っていないんですよ。(*_*)
いい加減なヤツですから。すみません m(_ _)m

 自分の会社にもどーもウマが合わない(仕事もやらない。)人間が居ました。でも先輩ですし、一緒に仕事も・・・。 自分はどーしたかと言いますと、得意な飲みにケーションを使いまして、飲んだ勢いで「イジメないで下さいよ~、これからもヨロシクお願いしますネー!」見たいな会話を。その後、「KO-1ちゃんあのねー!」みたいにナレナレしくなりました。自分もここぞと、「OOさんこれお願い!」と言って仕事をさせました。
 それでも色々ムカつく事も有りましたが。「この人間はこーいう人間なんだから、我慢我慢。」と思い仕事してました。
 そんなある日その人間は、課長とモメましてアッサリ辞めました。イヤなヤツは居なく成る!   (^д^)

 自分、最近買い物してレジで精算した時、「ありがとー!」と言うようにしてます。確か?昔イチローさんの記事にアメリカではそーしている・・・。みたいな事が書いて有ったよーな? 最近思い出しまして、(年のセイか昔の事を思いだします。)実行してます。(笑)

 KO-1

 お世話様です。 「サンキュー!」ですか。じゃぽんでは何かキザに聞こえますね~。 自分はやっぱり「ありがと~ん!」ですかね。(^^)

 春の園遊会でしたっけ?天皇陛下が皇居に有名人を呼ぶ会。あれにはどーでも良いよーな(失礼!)政治家も行きますから。イチローさんみたいな有名人がナゼ呼ばれないのか?これは大問題だと思うのですが!(-_-;)

 沖縄の基地問題ですが。自分的には新潟に持って来ればと・・・。
何故なら、佐渡島には自衛隊のレイダー基地が有りますし。高田の駐屯地も有り、また拉致被害も多いですから! それに原発の有りますし! (全然新潟で電気は使っていませんが。)
 ホント東京湾に、原発&米軍基地を作れば良いと思いますよ。何処かの都知事は、「原発は安全だけど、東京には造れない。」とか言ってるし!? 
 これはもー沖縄だけの問題じゃ無いと思うのですが! どーも日本人は自分に直接降りかからないと・・・・。 ダメな民族ですねー!
 自分の母親みたいに、「お役人には逆らうな!」 的な考えが有りますから。
 昔の安保闘争みたいに、民間人から変えないと。マジ日本はダメに成ってしまうと・・・。 (T_T)

 KO-1

 お世話様です。 グアムですかー! そーですね!自分は日本の何処か・・・。それしか考えてませんでした。
 グアム! 良いですね~! 日本に近いし! 米軍も有るし\(^^)/
 マジ!何で?考えられないんでしょうか? やっぱりお金ですかね~。 (‐‐;)

 ジュンちゃん。可愛いですね~。(*^0^*)
自分もお子チャマが欲し~い。    (^з^)ー チュー!

 お世話様です。 何か雪が降ってます、もー直ぐ4月だと言うのに・・・!? (*_*;)

 昔々、スター・ウォーズのもっと前に? 元かみさんと新婚旅行でグアムに行きました。 そー!てっぽーが撃ちたいがためにです。
 その頃はまだ元かみさんも理解が有りまして、一緒に撃ちましたよ。 (^_^) 

 自分酔うと、誰にでもチューするんですよ。(^з^)ーチュー

 湯沢町のホテルには、川端康成さんが宿泊していた部屋が、まだそのまま残っているそーです。駒子さんも実在の人物だとか!?

 じゃぽんには何時ごろ来るんですか? 5月にはビアンキ・カップが有るはずですから!? 4月の上旬ですかネ~。 (^0^)/

 KO-1

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年3月13日 05:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「壁紙五号の捧げもの」です。

次のブログ記事は「magllet きました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。