純でごじゃいます

| コメント(12) | トラックバック(0)

P1010411.jpg


純で〜す!
去年の六月に生まれたのでジュン、Juneとゆーわけなのー
よかったわー 12月に生まれなくて、だってデセンバーなんて呼ばれるの
墜落しそうなロケットみたいでイヤなんですもーん
仕事は食べること、眠ること、泣くこと、それとウンコとシッコですー
それさえ満たしてくれれば笑ってますよー
こんなアタシでも愛してくれますかー?
ウチのパパは "これがオンナの正体なら恋なんかするんじゃなかった"
なんて、よーやく悟ったみたいなんですよー
バカネーいまごろ解るなんてー きゃはははははははははは

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/329

コメント(12)

イチローさん、こんにちは。

か、かわ~いぃ~。
いやぁ、女の子は可愛いなぁ…(萌

うちは2人とも男ですからねぇ。
折角「鋼一郎」「剣二郎」と来たので、もし3人目が男なら「銃三郎」てもの考えたのですが、ヨメさんに却下されました(笑

男・男・女で生まれるのが分かっていたなら「大和」「武蔵」「信濃」にしたんですけどね。

子供の頃から銃とナイフが有る生活なので、あまりにも身近すぎたのか興味すら示さないし…。

「いいか、銃とナイフの使い方を知るのは、自転車や車の運転の仕方と同じで、知っておいて損は無いし、何かあった時は必ず役立つから」と使い方の基本だけは教えてますけどね。

今の子供はケータイとかゲームとかでお金使って、ナイフとかテッポとかには興味無いんでしょうね。

ま、趣味というものは「役に立たないから趣味」であって「役に立つ趣味は生業」になるのかな…と思います。

ウチの嫁さんは、これまた良くできた嫁で(笑
「銃もナイフも、自分の小遣い内ならオッケー」という寛大な人です。

やはり、結婚する前から銃やナイフが有るのを見ていたから「まあ、こんなんでも仕方が無いか…」と諦めたうえで結婚したからでしょうか?(笑

こんにちは。りょう介です。

純ちゃん、かわいいですねー!満点の笑顔、いい笑顔!
剣士郞君も笑顔がいいですし、兄妹そろっていい環境に育っているという証拠ですね。
純ちゃんはそろそろ暴れん坊盛りでしょうか?これからますます楽しみですね。
女の子は口が達者になってくると母親との女同士の掛け合いが面白いですよ。w

ktw357magさん
>>あまりにも身近すぎたのか興味すら示さないし…。
ウチの一人娘もそうなんですよー。「パパなんでてっぽー好きなの~?」といつも言われているくらいで。w
でも、「扱い方によっては危険なもの」という意識はできているようで、その土台があればたとえばトイガンを間違った方向へ使う輩になることなどないかなと、第一段階としてはまずまずと思っています。

イチローさん
そうですねー、そういえば私が小学生の頃、都会でナイフを使えない子供たち(使わせない大人たち)のことが少し社会問題のようになっていたのを思い出しました。
私らは半農半漁のド田舎だったので、マキリぐらい使えないでどうする!?という親が大半で、剃刀の鉛筆削りやら肥後の守はみんな持ってましたし、マキリの研ぎ出しが上手な同級生も何人もいました。
いまはどうなのでしょうね?まさかマキリを常用している家庭はないでしょうけど、子供の時分からカッターナイフだけでなく肥後の守くらいは経験していてほしいですね。
娘が小学校へ入ったら現代のそのへんの状況も見えてくるかな?幼稚園からはとくに刃物についてはなんらのお達しも来ませんでしたが、、、。
で、ウチの娘は、刃物としてのハサミの取り扱いはすっかり覚えてくれましたが、ナイフは教えようとすると恐がって触ってくれませんので、時期をみて少しずつ馴らしていければと思っています。
この、「ナイフが恐い」という気持ちもどこで植えつけられたものなのか、知らないうちに身につけていたのも、子供というのは不思議なものだなと思います。

ゆいさんのお話、そうだったのですか。
よし、私も愛して愛して愛しまくります!w
そしてゆいさんのように快活な娘に育ってほしいものです。

>なるたけ側に…
そうですねー。いまは遠く離れて単身赴任ですが、毎朝娘からのモーニングコールで起こされていて、電話では毎日話しています。
じつは、来週前半に小学校への入学式があり、それに出席するため仕事を少し無理して有休をもらい、2カ月ぶりに家へ帰れるのです。
娘の顔を見るのが楽しみです。、、、あ、カミサンの顔もですよ。w

>話し相手になれるよう、こっちも磨き続けないと…
なるほどそうですね。相手はどんどん成長していくのだからこっちも成長を停めてはいけないですね。がんばります。

いやー、ケンシロー君といい、みんな可愛いですねぇ。
地方売りのSATマガは今日発売だったわけですが、
今回のベストショットは「イチロー父子の散歩姿」でしょう!

私にも2歳の息子がいるのですが、運動機能の発達が思わしくなく、
自力で立ったり座ったりができないんですよ。
週に1回程度、県の施設でリハビリをしています。
息子と一緒に、ほんの短い距離でいいから散歩をしたい!
それが、私の夢です。
ですんで、あの写真を見ていたら思わず目頭が熱くなってしまいました。

先の見えない道ですが、父ちゃんもがんばるぞー!チェストォォ!!

追伸:
写真集、部数限定だそうですが2冊買わせていただいていいですか?
昔の「ハンドガン」を、見過ぎてボロボロにしちゃった経験があるもので。

イチローさん、励ましのお言葉、感謝します。

リハビリの成果が思うように上がらない場合には、
一緒に毎日を過ごせるのもあと1年くらいかもしれません。
施設に入所して、集中的に訓練をするようになると思います。
それを考えると、正直胸が潰れる思いがします。
でも、子どもの可能性を伸ばせるだけ伸ばしてやるには、
外せないタイミングってあるんですよね。
今は『親としてのイーゴゥ』と闘う毎日です。
「強くあれ。この子のために」と自分に言い聞かせています。

とはいえ、基本的にポズィティヴスィンキンな人なので、
楽しく自宅でのリハビリにも励んでいますよん。
おかげで、私の方も利き腕だけですがジムでマシントレーニングを
やってたときと変わらないくらい筋肉が付きました。
合間の休憩で、抱っこで子どもを喜ばせながらスクワット。
「高い高い~」とやりつつ腕と肩まわりを鍛えています。
絶対落とせないのと、笑顔をキープしなければならないので
通常のトレーニングよりはるかにキツいです(笑)。
これに、腹筋だけを攻撃する陸上競技式腹筋140回程度を加えると、
結構充実した運動になるわけです。
未来の散歩に備えて、ちっとは見れる体型になっておかなくては!

現在はベビーカーを押しての散歩ですが、
まぁ、「子連れ狼」みたいなものかと。
これでM4を背負ってれば少しはサマになるんでしょうけど(笑)。

ところで写真集ですが、御本人がご存じないとは驚きました。
ええ、1911の特集本ですよ。
「詳しくは次号」みたいに書いてあったので、
2カ月の猶予があるからOKなのでしょうかね?
わずか1911部限定とのことです。
私の住んでる辺りでは、
東京の2日遅れくらいで各専門誌が店頭に並ぶので、
購入申し込みで出遅れないか心配です。
だって~、マグレットを巡る好き者たちの動きを見ていると
「こりゃヤバい」という気になってしまいますよん。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年3月28日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「」です。

次のブログ記事は「核武装したい!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。