マグレット2の試案

| コメント(12) | トラックバック(0)

P1000430.jpg

皆さん、
マグレットのプロダクション プロトをお買い上げくださり
感謝しています。タフプロダクツ社としても慣れない製品
のためにホツレなどの問題がありライターであぶったり
シュンチャクで固めたりとご苦労をおかけしています。
もともと鉄砲類の好きな人には器用な人が多く、こういった
修理なども愛着をもって楽しんでくだされば嬉しいことだと
想っています。

マグレットは射撃訓練のための、あるいは銃を使う人を
想定してディザインしたために街行き用としてはちょびっと
モンダイがありました。キャメラを入れた場合、上が
オープンなのでホコリは入り、雨の直撃を受けることを
考慮すべきだと皆さんの意見や警察見解(笑い)で
判りました。そこでタフプロに頼んで、外付け用のフラップ
を試作してみました。レインコートというわけですね。
これでマグレットの印象はガラッと変わります、が、
外付けなので取り外しは自由です。

いかがです? こういうのって?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/348

コメント(12)

鉄砲類は大好きですが、手先がとっても不器用なピーターで御座います!(笑)
不器用な手で何とかかんとかやるのも楽しいですが。

レインコート良いではないですか~
M4のマガジン用のフラップも欲しいですね。
外付けなのも良いですね~
ガッチリ保持したい時はフラップあり、
素早くマガジンを抜きたい時はフラップ無しなど
良いと思います。

ライトを抑えるストラップはあったほうが私は嬉しいです。
私のマグレットにはシュアファイア6Pにコンバットリングを付けてさしていますが、これがなかなか良いんですよ~
結構ガッチリ固定できるうえに抜く時はズバッ!と抜けるんです。

まいどで〜す。
私はA2ポーキュ使っているんですが、あのライトのストラップでは
イマイチなんですよねぇ。なので結局シュアを持つのは
BladeTecのホルスタに入れているんですよね。

それとパンツ側に入るポケットは
パンツの外に出して、ちょうどベルトを挟むように使う事が
多いのですが、そのマジックテイプの留る場所がライトのストラップ
と重なって固定がイマイチ。なのでライト側のストラップは外して
使っています。

でもストラップは他のところで使おうと思えば使えるからなくさなくても
良いですね。マグレットは自分の好きな様に、アイディアに任せて
レイアウトできるのがありがたいですね。
私のものは日に寄ってレイアウトが変わります。
さすがにクナイの位置は変わりませんが(笑)

レイアウトの件で言うと、マグレットは通常左腰に付けるように、
クロスドロウホルスタの位置に付けるようになる事が多いと
思うのですが(その方がペンが取り出しやすいですものね)
その位置に付けると、車で運転席側でシートベルトを付ける際に
邪魔になる事があります。では右腰に付けるとペンが取り出しにくく
なります。クナイのホルダーを左右好きな側に付けられると便利かな?
などとも考えますが、その分作りが複雑になるのも問題?
自分で工夫しろ?

などとも考えつつ使っております。
フラップは8連マグポと共通するやり方ですね?
レイアウトが自由なマグレットならではですね。

ダラダラと感想、失礼しました。


たぶん44年市郎さんの記事を読んでいますが、初めてのお便りとなり、大変に失礼と存じます。
さてマグレット、山下さんより届いて以来私の腰の横についています。最初は何をどこにしまうか、迷いましたが、今は携帯とiphoneが収まっています。後パスケース(日本のSUIKAや保険証など入り)にも良いかな~と最近思っています。
私は自動車整備士で会社で実際の作業中以外はSASのまねでベルトキット代わりにウェストベルトをつけています。そこにマグレットが加わったというわけです。ウェストベルトにつけるのでベルとループが気になっていましたが、さすが、バッチリです。
市郎さん、レインコート、ビンゴです。必ず買いますので、出来上がり楽しみにしています。
まだ使い始めなのでまたいろいろコメントさせてください。

かしこ。

お返事どうもありがとうございます。一人ひとりのコメントをしかり読んで、考えてお返事いただけて読者に一人としても、うれしい限りです。
この場だとメーカーの専務や取引先の販売担当も読んでいなそうなので、正直にひとつ。電気自動車、ハイブリッドが取り上げられる昨今ですが、ガソリンエンジンは当分続くでしょう。19世紀ゴットリープダイムラーさんとカールベンツさんが実用化したレシプロエンジンは、M1911のように1世紀を使って無駄をそぎ落とし必要な補機類を取り付けて進化してきました。
肝心の自動車については、やはり日本車が一番です。先日のオイル漏れの話ですが、ベンツもBMWもエンジンの外側がしっとりと濡れています。たれ流れないだけ、日本車を除けば優秀なのでしょう。
私の師匠の一人、戦後ゼロから70年代までスバル本社より進んだ工場を作り上げた方がおっしゃっていました。日本車は10万kmで一区切りだけど、BMWベンツでもその半分で一回寿命だな、と申しておりました。
私は2輪車を20年、4輪車を8年やっています。たとえばアフリカや南米を一人で走るとしたらトヨタカローラ、ハイエースを選ぶでしょう。理由は世界中に部品があること、やはり造りが確実であることです。小さなところですが車のF足回りには(特にFF)たくさんの関節がついています。そこをゴムのブーツで砂、埃から守っているのですがそのゴムの材質が違うのです。日産、ホンダ、マツダ、などは車検(3年後)
に敗れるか融けてしまうのですが、トヨタは5年後でもたいがい大丈夫です。ですから私が4輪車屋のときは下請けメーカーが自分の社名で売っている社外品を使っていました。またホンダは高性能なエンジンと軽量ボディはすごいのですが、エンジンが他社と同じ排気量で1.3倍位のパワーを出す分寿命が短いです。エンジンの構成部品が鋭い仕上げなのですが無駄を削ぎ落とした分が寿命を縮めています。また軽量ボディは5万km、6年位でミシミシと歪みが出始めます。これが2輪車になるとホンダは抜群の性能と耐久性を引き出します。よく整備士仲間と、同じ会社と思えない、と言っています。カムシャフトと言うエンジンバルブを開け閉めする鋼材でできた部品、これはシャフトと言う粘りの必要な鋼材に、バルブを開け閉めする摩擦に耐える部分を同居させるため、高周波焼入れと言う技術で日本刀のように相反する特性を1本のシャフトに同居させています。これは日本の得意とするところです。ただその厚さ(千分の数ミリ単位)に違いが有り、4輪ではトヨタの小型ディーゼルエンジン、2輪ではカワサキがちょっともちが悪いです。
私は70年代の電子制御が無い頃の車なら純正部品が無くても修理できるかと思います。火も起こせるしシェルターにもなる、サバイバル道具ですね(笑)
現在のリコール問題もコンピューターの判断と人間の反応速度の違いと私は推察しています。ロールオーバーについては、公道でそこまでの限界値を求められるのか、疑問に思います。
実は’98年よりバイク屋を営んできたのですが、一昨年経営に行き詰まり休業となってしまいました。ただすぐに知り合いよりお声をかけて頂き、今は他のバイク屋で工場長をやっております。
長くなりましたが最後に私もアメリカへの移住がまだ捨てきれない夢です。偉そうな講釈を述べましたが、趣味としてFORD500GTやコルヴェットも欲しがるかもしれません。ただいつでも動くトヨタはまず必需品ですが。やはり最初に買うのは、M686かM66でもデザートイーグルや454カスールも良いかな?と言う心境でしょうか。
それから先日イチローさんが手に汗握ったGT-Rはコンピューター制御ですが、300kmまでよほどの事があっても何事も起こらない、整備士の技術を超えた21世紀の最先端技術の結晶です。サーキットに行くとGPSで検地して「リコールも補償も対象外になりますが、リミッターを解除しますか」と、自分で聞いてきます。でもタイヤ交換に70万もかかる困り者では有ります。
長文失礼いたしました。

いつも丁寧なお返事、痛み入ります。
イチローさん、とても素人とは思えない(失礼)ご意見で、やはり銃の道を心を込めて歩いている方だからエンジンや、電池もシュアファイヤーとの情報交換などでご存知なのでしょうか?
まさに私も意見が同じです。ホンダも日本ではインサイトに続きCR-Zと言うスポーツよりのハイブリッドを発売しました。が、どちらもエンジンにモーターの補助をつけただけで事実上のモーター&エンジンのハイブリはプリウスだけです。しかもプラグインはエンジンを排除すれば電気自動車になるとトヨタも開発をしています。残念ながら発売はまだですが、記者を試乗させての発表会も行われているので、発売のアナウンスもすぐでしょう。プラグインハイブリッドとは自家発電機付の電気自動車ですから。そして電気時自動車の弱点はまさに電池です。私も電気自動車で渋滞にはまったらどうなるんだろうと、心配です。
今は国際問題で無理やり普及させようとしていますが実用にはそれぞれ問題山積で革新技術を待つしかないでしょう。明日に発表されるかもしれませんが(笑)それまでは路上に「充電屋」と言うような商売が登場するのでしょうか?
米使用カムリは(日本では名前が違います)長寿命なので、10万kmに一度タイミングベルトを交換すれば、もう10万は走るでしょう。イチローさんの仰るとおりプラグインが正解です。
車の話を書いていたらイチローさんが昔70年代に某誌に書いていらした時によく登場した、馴染みのGUSスタンドのおじさんの話を思い出しました。今は如何なさっているのでしょう。
また長文になり失礼しました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年4月29日 22:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「滝野記者でーす」です。

次のブログ記事は「雨のマグレット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。