輸出用 クナイの新ロゴです

| コメント(9) | トラックバック(0)

WCOX3739.jpg

初めはTUFF PRODUCTS のロゴをボディーに打ってあったのですが、これでは販促のためのペンに見えるというアメリカのユーザーからの意見があり、ボディーのロゴは廃止しました。(今となってはコレクターアイテムですね)そこでタフプロのロゴはヘッド部に移動させプロスペックのロゴを省略しました。市マークはなんやしらんカコエーというユーザーが多く、そのまま残すことになりました。ですから、この写真が輸出用クナイのロゴとなります。なお、日本国内用には市マークはありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/361

コメント(9)

田村装備開発より商品届きました。

クナイ

ボディにタフプロロゴ廃止件、確認しました。
私的に市マークのみのほうがボディもスッキリして市マークが目立つ事ですごく気に入ってます。

①デザイン
ヘッドからボディラインが最高に気に入りました。(市マークも)
ボディ波上になったラインは、例えば有事の際に使用する場合、手にしっかりグリップすると思います。
これはクナイを握った時、芯側でもヘッド側でも同です。
この太さも最高に良いです。
光りの当たり具合により、クナイボディの色が変化するようにも感じられますね。

②長さ
手にしっかり握った時に顔を出すクナイの先端部分の長さは、有事の際に安心出来る長さになっていると思います。
もし、1または2cmほど短ければ私はこのクナイをパスします。
凄く考えられた長さだと思います。


③ペン
ヘッドを少し回転する事で簡単に芯がロックされます。
重さから長文など手が疲れてしまうかもで、まあすぐに慣れると思いますが、ペン以外の使用の場合この重さが重要なのだと思います。
また素手と綿手袋着用で握ってますが、意外にも滑らないですね。

追記
上記の①、②、③から開発販売までにかなりの時間を掛けたのではないでしょうか。
いつもこのペン、携行したいと思います。

市さん、こんにちは。

クナイについてお聞きします。
ヘッド部分は芯を出す為に多少左右に動くのは分かるのですが、クナイのローアボディとアッパーボディの間のツナギ目部分にほんの少し程度のガタつきがあるのですが、これはどれも同じでしょうか。
しっかりと締め付けた状態で、少しだけ左右にガタガタします。
問題なければよろしいのですが、よろしくお願いします。

市さん、ありがとうごさいます。
芯を交換する時に回す部分のクナイのローアボディとアッパーボディのつなぎ部分も少しカタカタするので気になってましたが、これも問題ないという事でよろしいでしょうか。
よろしくお願いします。

一度、ローアボディとアッパーボディのつなぎ部分をゆるめ、再度きつく閉めてますが、多少左右にカタカタ動きます。

May I have your email or any other way for communication. I have several question to ask you but I cannot read Japanese. Please. Thank you.
p.s. Kunai is the best.!!!

Lovely sharp post. Never thought that it was this easy. Extolment to you!

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年5月13日 11:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「JAPAN 3」です。

次のブログ記事は「あるエイジェントの集い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。