SIGティーム

| コメント(0) | トラックバック(0)

P1000720.jpg

ドイツ ティームも大勢きていましたが、それとは別にドイツSIG社からも2人のシューターが。。左側のラルフは工場長で、ワシのSIGを作ってくれている人です。本当はSIGのX5を使いたいのですが、カスタマイズした場合に精度の低下が早すぎるのが辛くて今回は見合わせました。だどもラルフは不平など言いません。「なにか解決策が浮かんだら知らせてほしい、すぐに作るから」と言ってくれます。彼らはX6でメタリック部門を撃っていますが、これはちょっとしたモノです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/389

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年5月29日 23:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ショウさん」です。

次のブログ記事は「ダンスキー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。