GUN弾丸さんへ

| コメント(32) | トラックバック(0)

こんにちは。イチローさん。 久しぶりにコメントを書かせていただきます。 >Be STRONGなんてサインしますが、どれだけの人が理解するか ・・・そうですね。 おっしゃるとおりだと思います。 私は自分が嫌いです。 何に対しても不器用で、物事を成し遂げたことがなく、 他人に怯える自分の心の弱さが嫌いです。 ですが、イチローさんの「Be STRONG」という言葉をはじめ、雑誌のレポートを読むうちに自分も変わらなければ!と思うようになりました。 仕事に打ち込み、真面目に働く自分に対する同僚の嫌がらせも気にしないようにし、会社組織の理不尽にも対抗し、自分なりに一生懸命頑張りました。 精神的な弱さを克服したくて、喧嘩などしたことのない自分が 武道を習うようにもなりました。 今までの自分を変えていくことで、少しずつ、相変わらず不器用なりですが、自分の目に映る世界が変わっていくように感じたものです。 しかし会社は倒産してしまい、今までとまったく違う仕事に就くことになったのですが、ここでは自分の不器用さが仇になり 精神的に追い詰められ、身体(心を)を壊して退職するはめに追い込まれました。 今はまた違う職に就いて、なんとかほそぼそと働けていますがこの不況のご時世、いつ自分がどうなってしまうかわからない毎日に怯えています。 >Be STRONGなんてサインしますが、どれだけの人が理解するか まったくおっしゃるとおりです。 自分は何も変わっていなかった。 少しは強くなれたんだな。と思い込み、日々を怠惰に過ごして いただけだったのです。 本当に追い込まれた今のなんと自分の頼りないことか。 生きることの価値も見失い、何も見えない世界の中でただただ自分を責める毎日です。 私はイチローさんのよく話されるタバコも酒もやりません。 しかしそれは生まれてから一度も興味がもてない対象だったので、自分の強さ弱さを量るものにはなりません。 しかし明らかに自分を弱い、恥ずかしい、と思う私はイチローさんと話をする資格もないのです。 ただ、自分が何とか最悪な結論を出さずに今日も不器用なりに頑張っているのは 「Be STRONG」の言葉が心に浮ぶからだと思います。 私は自分が嫌いです。 死ぬまで嫌いなままかも知れません。 でも自分を好きになるための努力のきっかけとなる言葉を送ってくれたイチローさんには感謝します。 ありがとうございます。 PS:このコメントはブログに公開しなくて結構です。 こんな文章はネット利用の他の方々のお目汚しになるだけだと思いますので・・・。 イチローさんも私の文章を読んで気分を害されたのなら、コメント返しはされなくてもかまいません。 どこまでも失礼極まりないとは思いますが・・・何卒ご容赦下さい。 それでは失礼いたします。

市より
まず、失礼だなんてけっして想わないでください。失礼ではないし、ここに来られる皆さんは人生に対して真剣になっている人たちばかりだと想いますので誰も批判などしませんよ。むしろ共感できる人たちが多いかと。ワシは君の気持ちや状況を理解でき、見守りたいです。。ワシの言葉に触発されて頑張ろうとか人生を考え直そうという人がいたら、このブログを存続するための理由にもなるわけです。
ところで、
戸口にもイナゴがイッパイいるので戸を開ける前にハエ叩きでバチバチとやってから入るわけなんです、が、その中には彼女と彼がくっついてたりノッかってたりするんですね。。意地悪く、公平を期するためにそれもかまわず叩くんですが、しばらくすると皆でよってたかって死骸をモリモリと食うんですよ。10匹くらい打ってもすぐに食い尽くされて何も残ってないのです。イナゴの代表が談判してきて「罪もないイナ子がこの世に生まれて愛を交わして幸福な気持ちのときに叩き殺すとは許せない行為だ」みたいなことをいう雰囲気ではなく、サンキューなんて仲間の死骸に飛びつくわけです。
ワシは、ここから彼らの「精神の強さ」を感じて衝撃を受けています。
ワシの言うBe STRONGはイナゴ界から観たら気分屋なオセンチ坊ちゃんのタワゴトにすぎないのだと悟りました。
自然界では強いものしか生き延びられません。人間界も同じです。もっともっと強くならないといけません。それにはまず死を覚悟する必要があります。死を受け容れることができれば、少なくとも精神は自由になり勇気と力が湧いてきます。まずはそこを考えてみましょうよ。自分を大切にしたい、その為にはいつでも死ねるという勇気が必要、というわけです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/418

コメント(32)

弾GUN丸 様
初めまして。りょう介と申します。よろしくお願いします。
私もかつて、弾GUN丸様とまったく似たような状況に置かれたときに、イチローさんの「Be STRONG!!」によって自分を取り戻すことのできた者です。

イチロー様
トモさんの姫が生まれたときに祝辞を書き込ませていただいたきりご無沙汰して申し訳ありません。
その時少しお話しした「Be STRONG!!」に救われたいきさつを、もう少し詳しく話させてください。

勤めていた小さな会社が傾いて大会社に吸収されました。
元社長は少しの間その会社で私達と一緒に働いたのですがうつ病を発症のあげく自ら命を絶ってしまいました。
私は私で、新しい環境に必死になじもうとしている元同僚や部下たちに申し訳なく思いながら、自分も慣れない仕事に手一杯でなにもしてやれない苛立ちや憤りで自分が正気なのかどうかもわからなくなっていました。
そんな状態で2年ほど過ごしてほんとうにもう自分を失っていたところに、ふとしたきっかけでトモさんから「イーチからもらった言葉です」と「Be STRONG!!」のサインをいただいたのです。
その言葉自体は、イチローさんが雑誌に書いているのをそれまで何度か見ていたはずなのに、そのとき初めて心の奥深くに突き刺さりました。そうだ俺はこれをすっかり忘れていたじゃないかと衝撃が走りました。
それから毎日寝ても覚めても24時間いつもBe STRONGを理解しようと、考え、思い続けました。
そして気がついたらいつのまにかフラットな気持ちでいられる時間が多くなっていました。
少なくともわけのわからない強迫観念やダークな気分に支配されることはなくなりました。
で、そうなってみると、周りの物事がどんどん進むようになりました。落ち込んでいた時期にはちょっとうまくいかないとすぐ停滞してしまっていたのが、つまづいてもなんでもとにかく前へ前へと動いていくようになりました。
前へ前へと進んでいれば、成功しようが失敗しようがそれが心の糧になります。悪いことが起きても塞翁が馬と笑っていられます。

「Be STRONG!!」はイナゴ界やら大自然界から見たらそりゃあタワゴトかもしれませんが、イナ子のキョウチに達することのできない私めなどにはまだまだ大切な大切な言葉です。
これからも私は、座右の銘どころか目ん玉と脳ミソとハートの奥底にしっかと焼きつけ刻みつけていきますよ!

P.S.
おかげさまで単身赴任の任期もあと数日となりました。7月からはまた家族3人寝起きを共にできます。
イチローさんに言われたとおり、娘を愛して愛して愛しまくってやりますよ!(笑)

それではまた。

イチローさんへ。

冷静になって自分の文章を読み返すと弱さのいいわけばかりで
まったく恥ずかしい。

Be STRONGを理解していないという言葉に
「あぁ・・・(自分が)まったくそのとおりだな・・・」
と思ってつい長い文章を送ってしましました。情けない。

イチローさんの言葉を自分なりに実践してみて見えてきたのは
自分自身の弱さ。この一点。この一点をどう改善していけばいいのか・・・死を受け容れることが一つの方法ですか。


ここで「わかりました」と返事をするのは簡単ですが
それを実践していかなければ私はアドバイスをくれる
イチローさんにも嘘をつくことになりますね。
それこそBe STRONGを理解していない自分に逆戻りです。

ですが今の自分ではこう応えるのが精一杯かも知れません。

「出来るかわかりませんがやってみます・・・」と。

どこまでも情けない私に貴重な時間を割いてコメントをくださりありがとうございました。

私は、自分自身が大好きなんです。
正確には「『好きな自分』になれるように歩き続けている自分」が好きなんですね。

現時点では弱点や欠点だらけで、ちっとも格好良くはない。
強くもない。
けれど、ダメな自分をなんとかしようと、
カタツムリの歩みを続けている私が居る。
そんな、ノロノロと必死で歩いている自分自身が、何とも愛おしくて(笑)。

でも、歩き続けている自分が好きなわけですから、
これってゴールが無いんですよね。
逆にいえば、歩き続けている限りずっと自分のことが好きでいられるわけで、
しんどいけど幸せなことかもしれませんね。
まあ、現状に満足してしまえば成長も止まるということで、
これからもノロノロ歩きを続けていきます。

酒やタバコ、それにギャンブルは、私はやりません。
弾GUN丸さんと同じく、単に興味がなかっただけのことですから
これが私の強さの証明にはならないでしょう。
ただ、
「『禁酒、禁煙、禁ギャンブル』という、
マイナスからのスタートにならないのは良いことだよな。うん」
とは思います。
ポズィティヴスィンキンというか、たんなるお気楽というか。
そんなところも大好きです(笑)。


ところで、最近になって孔子のこんな言葉を知りました。

「朝(あした)に道を聞かば、夕(ゆうべ)に死すとも可なり 」

基本的に孔子は好きではないのですが、これには感じるものがありました。
たとえ未練や気がかりはあったとしても、
「まぁ、今日死んでもよしとするか」と死を受け入れられるような、
そんな日を迎えたいと強く願っています。

大変失礼な書き込みですが、GUN弾丸さんの様に、大変な
境遇に置かれ、苦しまれている方の書き込みは私には元気の
素になります。

理由は、大変な境遇に置かれたり、苦しい、辛いと思いなが
ら生きているのは自分だけではない。と思えるからです。
カッコつけた書き方をしますと自分が客観的に見られるよう
になり、落ち着きが出てくるからです。

>いつ自分がどうなってしまうかわからない毎日に怯えています。
私や私の周りもそんな感じです。私は先を考えすぎて過剰に
臆病者になってしまいましたが、友人達に慰められ、取り敢
えず今、何とかなっているのだから今に感謝しようと思える
様になりましたし、個人的経験で、余り萎縮していると思考
や感覚もダルになり、チャンスも逃してしまうなと思うよう
になりました。

人間は、自然の驚異から少しでも解放されたいと思い集まり
協力して生活というものを始めたのではなかったでしょうか?
本来、自然の驚異と向き合う為、協力と言う行為を円滑に行
う為、指導者の様な存在を置いたのに、集合体がより巨大化
すると、エゴの強い者が自分の思うように操ろうと支配と言
う行為を始めてしまった。そして自然の驚異から目を背けて
生きることが可能になるにつれ、どんどんその規模が縮小し、
会社や交友間においても哺乳類の資質として持っている互い
を暖め合う能力を活かすことなく、攻撃性、他者排斥等を吐
き出すという、結局は社会と言う集合生活営む上でデメリット
な行為を行う場になってしまっていると思います。
そんな中で、他人の長所は長所と讃え、皆とどうしたら円滑
な交流が出来るかと悩み、自分を律しようとされる哺乳類の
長所となる部分を進化させてしまった方ほど、この社会はま
だ猿の毛が抜けた程度に発達しただけなので苦しみも強く、
生き辛くもなるのではないでしょうか。
自分を成長させようとする者だけが挫折感を味わうみたいな
事をゲーテが述べていた様な気がしました。

一日考えたのですが、市郎さんはイナゴの「精神の強さ」と
書いてご自身の「Be STRONG」をイナゴ界から観たら気分屋
なオセンチ坊ちゃんのタワゴトと書かれましたが、そもそも
イナゴは克己心、自分の成長を目標に生きているのでしょう
か?生命維持の為に喰う。子供を創るのもDNAの指示だか
ら。生きる為に殺して喰う。人間もその摂理の中にいるのは
事実ですが、「精神の強さ」と言う知性より派生した概念を
当て嵌めるには単なる本能による行動にも思えます。確かに、
この陸上の生き物は太古に海での生存競争に敗れて新天地で
ある地上に逃れて進化してきた友達ですが、進化の過程で人
間は彼らとは別のベクトルの可能性を伸ばした訳で、でもそ
れが果たして何の意味があるのかまで考えたら哲学問答です
し、まだその過程の中に置かれていて答えは出ていないと私
は思っています。でもその特徴が昇華され、その一端として
市郎さんは「Be STRONG」をご自身に掲げられ、また、皆の
生きる力になって欲しいという想いからお会いになられた方
々にお伝えになったり、こちらのブログにも掲載されたので
はないかと思います。
何を言っているのか分からなりましたが、その銘をタワゴト
にしてしまわれたら、市郎さんご自身やその言葉に自身を見
い出そうとされてる方々共々肉体はともかく精神の大量絶滅
にはなりませんでしょうか?市郎さんの半分も生きていない
私ですが、この度の「悟り」は「悟り」であって欲しくない
という個人的感情で書き込みをしてしまいました。

すみません。ごめんなさい。・・・なんと書いて良いのかわ
からないのですが、納得出来なかったもので・・・。

イチローさん お元気ですか。

さて・・・モリケンジィジと東京~越後間、飛脚でメールのやり取りを致しまして、イチローさんには『上越コレクターズ』の名誉会員になって頂くことに致しました。

会員番号は 『 0016(イチロー)番』です。

特典は・・・・
 ① メンバーと一緒にテッポが撃てる。

 ② メンバーと一緒に温泉に行ける。

 ③ メンバーと一緒に居酒屋かずさで日本海コースがたべられる。
 ④ 季節によっては雪中行軍が体験できる。

 ⑤ 越後の大自然、モリケンジィジがてなずけた雀がみれる。
 ⑥ 名誉会員はモリケンジィジが何処かで一生懸命買ってきた『毘沙門天』のシールが貰える。

   以上です。

ああ・・・やはり全然、咀嚼がなってなかった・・・
書くんじゃなかった!未熟さを無様にさらけだす結末に・・・(T_T)

視点を変えた見方、次元の差、視点の差、即ち様々な「価値観」・・・。
更に自分でも書いておきながら出来ていなかった「客観」的に観る行為。
市郎さんの文章を読み進めるにつれズーンとなってきまして、
>タワゴトだからといって価値が目減りすることはないんです。
>タワゴトとは我々の夢でもあります。それくらいで揺ら
>ぐようではBe STRONGではありませんよ。
・・・とどめを頂きました。

悟りを得た僧に禅問答を挑み「喝!」の一声もとに発狂した
アマちゃん僧になった気分です。

一つの状況を想定しての宿題、ありがとうございます。
これがもっと融通無碍なものでしたら・・・やはり市郎さん
は優しいですね。以下、必死こいて考えました。

死体を食べてでも生きようとする行為は自然の摂理に従えば、
生き延びる為に食べて自身の生命を維持する行為ですから生
命の摂理に適っていると思います。
餓死した人は、宗教観なり道徳観なり倫理観なり、もしくは
単に食べる事が出来なかったにしろ自身の観念に殉じたと思
います。
お互いの価値観という言葉が頭に出てきます。
・・・この辺りまでは文章に出来るのですが、そこに、「ど
ちらが強い」という概念を持ち込むと正直どう答えたら良い
のか分からないというのが私の答えです。
もう少し頑張ってみますが、死体を食べた人は生きるという
生物の根幹を体現したという点で強いと言えると思います。
餓死した人は、人間が文明を築き、歴史を創り上げる中で生
まれた心地良く感じる想いを美しいものとして観念化したも
のに従った、もしくは単に食べられなかっただけだとしても
自身の感情に従ったという点で強いと思います。
また、そこに善いとか悪いとかという概念を持ち込んだとし
ても、お互いの行動の原理そのものに違いがあるので、もし、
善悪を決めるにしても、どちらか一方の観念に従わせて決め
るしかないと思います。
混沌としており、如何様にも捉えられます。

市郎さんが、冗談はともかく・・・以降に書かれた内容に首
を縦に振る私です。
どう致しましょう・・・参りました。

生物的に強いのはどんどん食べた人。
精神的に強いのは食べずに餓死した人。

食べずに餓死する人は人間であることを強く意識している人だと考えます。人と獣の違いがそこにあるのだと思います。

どんどん食べて生き残る人は、家族の為に生き残らねばならないと考えたのかもしれません。生き残って人を食べたことをずっと意識して生きていくことになるでしょうから、そこで別な精神力が必要になるかもしれません。ただ、自分の為だけに生き残るのでは人間としてどうかなぁと思います。


あぁ、あまりにも優等生的な回答で恥ずかしいです。
自分だったら食べるんじゃないかなぁ。

>ではどっちの人が強かったのでせう???

しばらく悩んで、妻に相談してみました。
私:「・・・という話なんだけど、どう思う?」
妻:「生物としては、『何が何でも生き残る』が正解よね」
私:「うん。『自分の遺伝子を残す機械』としての本能と使命に忠実に従っているとはいえるだろうね。ただ・・・」
妻:「だから、単純に強いともいえないと考えているわけね」
私:「食べなかった人は、自分のルールを守り通して死んだわけだよね。命を失うことよりも信念を通すという行動は、他の動物にはないことだ。そういう意味では・・・」
妻:「食べなかった人にも強さはあるわね。自分の死に方を自分で決めたわけだし。だけど、食べて生き残った人だって、その後の人生はきっと大変よ」
私:「まあ、批判やら罪悪感やらの中で生きていくのも苦しいだろうな。それでも、すべてを覚悟して生きることを選択したのなら、これもまた強さの1つの形だと思えるんだよな」
妻:「死を良しとする人には、そう思えるだけの人生がこれまでにあった。逆に生き残ることを良しとする人には、そう思えるこれからの人生があったと」
私:「・・・これって、もしかするとコインの両面みたいなものかもしれないね」
妻:「どういうこと?」
私:「人は生まれた瞬間から、死に向かう。幼児から少年に、そして青年へと成長している最中でさえ、最終的な死に向かっての歩みを、止めることはないわけだ。日々を生きるということは死に近付いているということに他ならない」
妻:「・・・」
私:「だとしたら、『生き方』を考えることは『どう死ぬか』を考えることにならないかい?」
妻:「そう・・・かもしれないわね。逆にいえば『死に方』を考えることが『どう生きるか』を考えることにつながると、あなたは言いたいワケね」
私:「さすがに察しがいいね(笑)。生きるにしろ死ぬにしろ、自分の意志で決める。決められるような自分になる。そういう『強さ』が欲しいものだと思うよ」
妻:「そういえば、寄せ書きの言葉を求められたりしたとき、あなたはよく"Drive your life!"って書くわよね」
私:「人生のステアリングを自分で握るってのは、おっかないことだよ。決めたことが正しいとも限らないし、後悔や悲劇を生むこともある。それらを全部受け入れる覚悟があってこそ、本当に『自分で決めた』・・・人生をドライヴする人といえるんだろうな」
妻:「さっきの生き死にの話も、そう?」
私:「そ。イナゴ君なら悩まずに済むんだろうけどね。人間というのもなかなか面倒臭い生き物だよなあ」
妻:「だけどイナゴは夫婦で相談したり、仲間の言葉に耳を傾けたりはしないでしょ(笑)」
私:「そう考えると、人間も愚かなりに、なかなか捨てたもんじゃないね(笑)」

そういうことで、どっちが強いかという話からは離れてしまいましたが、
たまにはこういう夫婦の会話があっても良いのではないかと。

じゃあ、実際の私がどう行動するかというと・・・。
私にとって現在はまだ「死に時」ではありません。
私にとって「命」とは、他の全てのものを失ったときに
最後の武器になるものです。
ですから、何が何でも生き抜く覚悟です。
非難?陰口?良心の呵責?
すべて背負って生きてみせるぞ!がはははははっ!

お邪魔します。
勉強不足、とっても恥ずかしかったです。
でも、全く分からなかった「Be STRONG」の一端を
感じられたような気持ちになれました。

市郎さんから頂いたご回答も日頃、市郎さんは丁寧で
繊細な思想をなされておられることを感じました。

日本では薄くした鉄板で出来た玩具をブリキの玩具と言いま
すが、昔、日本人はレンガを包んだ鉄板のことを「これはな
んですか?」と聞いたのに、運んできた西洋人さんはレンガ
そのものを聞かれたと思い、「ブロック」と答え、日本人に
はそれが「ブリキ」と聞こえて、それ以来薄い鉄板を「ブリ
キ」と呼ぶようになったと聞きました。

生まれてこの方すり込まれてきた観念を洗い直したりする作業
の一例としての事実を書いてみたつもりですが、また自爆しそ
うですねf^-^;
これも本当に事実か知ることも洗い直す作業になりますし。
日本ではアイロン呼ぶものを市郎さんはアイアンと呼ばれて
ますが、これも日本にアイアンが登場したときに出来た既成
概念かと・・・しつこくなりました(汗)

私はですね、経験、体験したことでないと使用できないのです。
私の周りは教えられたり、学んだ知識をすぐに使用した
り実行に移せる人たちばかりなので、羨ましい(最近はあえて使用してます)です。
司馬遼太郎氏の「竜馬がゆく」を中学3年の時読んだのですが、
そのなかで、人には二つのタイプがあり、一つは先人が残した
ものを忠実に学び実践するタイプ。もう一つは自ら経験、体験
したものを体得して自分の血肉として活用するタイプに分かれ
ると言うような内容を見かけたような記憶があります。私なり
に脳内アレンジされてるのは確実ですが、私は兎に角、失敗等
を経験して学ぶタイプなので、要領が物凄く悪いです。
通ったPC専門学校でも5台壊してしまい、壊した数No.1と
いうお話も。どこまで負荷をかけられるかとか、許される状況
だとやってしまうもので・・・。

この度の件についても、だみあん様は簡潔な文章でマトを得た
内容を書かれております。私はダラダラ文章・・・。
さらに、こちらでそのお名前を目にしてより、密かに羨望の眼
差しを向けさせて頂いているルシファさんは流麗な理解し易い
長文を書かれ、この度は対話形式という手法。
こちらにお邪魔させて頂くことにより様々な刺激を頂いております。

いつでも死ねる覚悟にしましても、生きるのに疲れたからもう
いいやという気持ちを持ったつもりでも、夜中に呼吸が出来な
くなり、「これで終れる・・・」と思考して現状を受け入れて
も、苦しさに突然身体が飛び起きて、一生懸命胸を掻き毟った
り、叩いたりして、結局生き延び様としてしまいます。
矛盾しているな~と思います。

おのれおのれはたしかなる道と思ひよきことと思へども
其の目其の目のひづみによってまことの道にはそむくものなり
・・・正直、咀嚼出来てませんが書いてしまいました。

この度のイナゴへの悟りへの反発に始まり、色々反省を頂ける
体験をさせて頂きました。基本、失敗するのが私のスタンスな
のでこれからも失礼なことがあるかと思いますがご容赦の程、
お願い申し上げます。

Ichiroさん こんにちは だみあんです。

>>ワシにはケモノのほうが人間よりも完成度が高いと想えるんですよ。

種としてとらえれば、生き残るという能力ではケモノの方が完成度が高いことは間違いないと私も思います。
個体として見れば、まさに弱肉強食の世界ですから生き残れるものが限られてます。

人間は考える事ができることによって生き残る技術を持てるようになり、また考える事によって悩んだりする弱さも持っているのだと思います。イー号も人間ならではのものだと思ってます。
悩むことがあるから宗教があって、またその宗教で対立するのが人間というもので、全く本当に困った生き物です。
しかも、ケモノの世界ならば淘汰されてしまう個体もなんとか生かそうと努力している一方、自分の都合だけで抹殺してしまうこともある。本当に種としての統一感が全くない。

悩んだり、考えが違ったりするところが人間って面白いと思うし、それを解決しようとすることができるのも人間だと思います。


ケモノが考えてないのかどうかおまえに分かるのかというハナシになると、老子の世界の話しになってしまうので突っ込まないで下さい。(^_^;)

むうたさん

羨望の眼差しと聞いてちょっとドキドキしています。
あんまり実生活では体験することがないもので(笑)。

私にとっては、「文章を書くこと=考えをまとめること」ですから
途中でとっちらかったり、結論が出ない尻切れトンボで終わることも
しょっちゅうなんですけどね。
書いてるうちに考えが変わって、せっかく書いた文章を
ゴッソリ消してしまうこともあります。
書いては消し、を繰り返すから一見「流麗」なように見えるのかもしれませんねぇ。

私としては想いをストレートに吐き出すようなむうたさんのコメントに
何とも言えない迫力を感じているのですよ。
私も皆さんの発言に刺激を受けている一人に過ぎません。
羨望なんて抜きにしてやっていきましょうよ。

以前イチローさんが言われていたように、ここって
やっぱり「サークル」がいいなぁ、と思う今日この頃なのです。

こちらのブログを読まれている方々のコメントを
拝見させていただきました。

自分の弱音などまだまだだと思えるような苦労の果てに
皆様は自分なりの考えにたどり着き、前を向いて生活
されているのですね。


私はまだ人生経験が未熟なのだと思います。
これから生き続けるかぎりもっともっと大変な目に遭うかも
しれないというのに・・・こんなことでへこたれているようではそれこそイチローさんの言う自決の精神など目指すところではなくなってしまいます。

自分で決めたことに責任を持とう。
それで結果が悪くなっても受け入れよう。

私ももう一度そこから始めてみます。

イチローさんをはじめとする皆様、
本当にありがとうございました。

ルシファさんへ

ルシファさんのご意志、了解致しました。
そして、心に浸透する文章を書かれている背後には
やはり、努力があることを知ることが出来ました。
>やっぱり「サークル」がいいなぁ
そうですねぇ。皆さん優しい方ばかりです。
私はさる巨大ショッピングサイトでも勉強としてレビューを
書いたりしてますが、意見ではなく悪意のこき下ろしが蔓延
しているのでこちらのブログは素晴らしいなと感じています。

因みに、私は、突撃して玉砕の果てにやっと何かを体得出来る
タイプなので、力を手にした者が持つべき覚悟をお持ちの市郎
さんの御厚意にイナゴの様にたかり甘えさせて頂いてます。


弾GUN丸さんへ
>自分の弱音などまだまだだと思えるような苦労
と書かれてますが、その渦中に呑み込まれ、その様な状態に
おかれた時はやはり辛かったり苦しいものは、辛いし苦しい
と思います。でも、市郎さんはじめ、こちらの方々が様々な
思考の転換法や方向性を観せてくださるのですよね。

ちなみに、この度の弾GUN丸さんの書き込みは私には多大な
精神的収穫を得る機会を、しかも無償で与えて頂けたありが
たいものでございました。この事につきましてお礼を。

        ありがとうございます。

こんにちは Ichiroさん

Ichiroさんの本音は書き込まれた文字づらの裏にあるのではないかと思ってますので、文章だけのやりとりではうまくいかないような気がしてます。
逆にIchroさんの書き込みを、自分なりに解釈して取り込んで行けたらいいなと思ってます。

人間は考えることで他の動物よりも優位に立てることもできますが、考えられることで不幸にもなってしまう側面を持っています。
人間の歴史なんて他の生物に比べたらまだまだ進化の途中だと思います。人間すべてが同じような方向に進まないのは、ある意味では種として残る可能性が大きくなっているのではないでしょうか。

うまく書き伝えられませんが、そんな風に思ってます。

私の自分よがりな悩みの書き込みにお声をかけて下さったりょう介様、ルシファ様、むうた様、本当にありがとうございました。

あらためて御礼申し上げます。

(書き方が堅苦しいのは性格なもので・・・何卒御容赦下さい)

それでは失礼いたします。

こんにちは Ichiroさん

本当になんで人間だけ突出してしまったんでしょうね。
猿の仲間が少しずつ知能を持つものが出てきてるようですが、かれらも何百万年か後に変わっていくのでしょうか。その時に人間とうまくやっているのでしょうか。

私の住んでいるところも田舎なので、晴れていれば星空がばっちりです。海の側なので波の音もよく聞こえます。もう少し空や海を眺める時間をとって、この地球に生かされていることを実感しようと思います。

 お世話様です。 今ニュースで、アメリカの連邦裁判所が。シカゴの銃規制は憲法違反だと! これで小浜産の銃規制が少しでも変われば良いのですが(^^;)

 この休みに消防団の旅行に行って来ました!そこでふと思ったのですが。(ここから先はいい加減な自分の事ですので、笑ってください。)
 女性?(女)は強いな~と! 
 何でそー思ったかと言うと。宴会の時にコンパニオンさんが来たんですよ! まーお察しの通り消防団ですからピンク、ちゅーかシィースルーなわけです! そー上半身裸なんですよね!! ハッキリ言います! 自分触ったりXXしたりしました。で!思ったんですが、自分が逆の立場ならお金がもらえるからと言ってはたしてそこまで出来るかなーと?
 世の中にはそれよりモット凄い事も有りますが・・・・・・。
自分には無理ですね(**)
 男は身勝手ですから、女性を道具としてしか見てない人間も居ます。 自分はと言うと・・・。昔、元カミサンを殴りましたから、もっと悪いですね。

 話は違いますが。その昔日本も飢饉が有りました。その時、「隣のとうちゃん、そこんちの婆様そろそろだな~!?そんときゃ分けてくんろ!家の爺様もそろそろだから、そんときゃ分けるから!」
とまーこいう会話が有ったとか?無かったとか?
 牛とかはまだ子供を産んでいない、若い牝牛が美味いそーですが。
人間も・・・・・・?
でも人間は雑食ですので、草食動物の方が美味いかと! あーでも熊は美味いしな~!?
 自分、魚ぐらいはサバケますが、それ以外は? もし本当に生きるか死ぬかに成ったら!? どーするんでしょ (・・;)
 知り合いの鉄砲撃ちが言ってました。「鳥とか猪とか熊は撃てるけど、猿は撃てないと。何か人間に似ていてイヤだ」と。

 すみませんm(_ _)m 皆さんはマジメなコメントなのに、自分は何時もいい加減なコメントばかりで。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年6月25日 03:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カラダスキャン」です。

次のブログ記事は「COMBAT TACTICS」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。