ヨシの勇姿

| コメント(2) | トラックバック(0)

VY4C3806.jpg

これはいつのスティルか知りませんが、ヨシの射撃場面です。
今年はいっそう愉しくなるかと期待しています。
ところで、
日本のシューターは優秀なんですがメタボだらけなんですよ。
ワシは体重を落とせと、かなり厳しく言うのですが、誰も
聞いてはくれません。。それなのにワシを師匠なんて呼ぶので
アキレてまじまじとその目を観てしまいます。
師匠だったら言うこと実行しますよね?
ですからもう食のこととか運動とかに口出しはしないことにしました。
そのかわりに「師匠なんてゼッタイに呼ぶな」と言ってあります。
師匠なんて呼ぶ人間にはもともとそんな心などないのだと想うように
なりました。
「師匠と呼ばせるほどのバカでなし」とこんな気持ちです。
タバコを止めよう、酒は控えよう、身体は強く保とう、と
こういった提案はワシとしては親愛をこめたプレゼントのつもり
なのですが、まず嫌われますね。
どうもワシは世の中のことが解ってないので困ります。
ワシの価値観はズレているんですよ。
Be STRONGなんてサインしますが、どれだけの人が理解するか
といえば、今のところ日本ではゼロではないかと。
こんなふうなのでワシみたいな普通の人間がエラく想われたり
するんですね。まあ有り難いことですが・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/415

コメント(2)

こんにちは。イチローさん。
久しぶりにコメントを書かせていただきます。

>Be STRONGなんてサインしますが、どれだけの人が理解するか

・・・そうですね。
おっしゃるとおりだと思います。

私は自分が嫌いです。
何に対しても不器用で、物事を成し遂げたことがなく、
他人に怯える自分の心の弱さが嫌いです。

ですが、イチローさんの「Be STRONG」という言葉をはじめ、雑誌のレポートを読むうちに自分も変わらなければ!と思うようになりました。

仕事に打ち込み、真面目に働く自分に対する同僚の嫌がらせも気にしないようにし、会社組織の理不尽にも対抗し、自分なりに一生懸命頑張りました。

精神的な弱さを克服したくて、喧嘩などしたことのない自分が
武道を習うようにもなりました。

今までの自分を変えていくことで、少しずつ、相変わらず不器用なりですが、自分の目に映る世界が変わっていくように感じたものです。


しかし会社は倒産してしまい、今までとまったく違う仕事に就くことになったのですが、ここでは自分の不器用さが仇になり
精神的に追い詰められ、身体(心を)を壊して退職するはめに追い込まれました。


今はまた違う職に就いて、なんとかほそぼそと働けていますがこの不況のご時世、いつ自分がどうなってしまうかわからない毎日に怯えています。


>Be STRONGなんてサインしますが、どれだけの人が理解するか


まったくおっしゃるとおりです。
自分は何も変わっていなかった。
少しは強くなれたんだな。と思い込み、日々を怠惰に過ごして
いただけだったのです。

本当に追い込まれた今のなんと自分の頼りないことか。
生きることの価値も見失い、何も見えない世界の中でただただ自分を責める毎日です。


私はイチローさんのよく話されるタバコも酒もやりません。
しかしそれは生まれてから一度も興味がもてない対象だったので、自分の強さ弱さを量るものにはなりません。

しかし明らかに自分を弱い、恥ずかしい、と思う私はイチローさんと話をする資格もないのです。


ただ、自分が何とか最悪な結論を出さずに今日も不器用なりに頑張っているのは

「Be STRONG」の言葉が心に浮ぶからだと思います。


私は自分が嫌いです。
死ぬまで嫌いなままかも知れません。
でも自分を好きになるための努力のきっかけとなる言葉を送ってくれたイチローさんには感謝します。

ありがとうございます。


PS:このコメントはブログに公開しなくて結構です。
こんな文章はネット利用の他の方々のお目汚しになるだけだと思いますので・・・。
イチローさんも私の文章を読んで気分を害されたのなら、コメント返しはされなくてもかまいません。
どこまでも失礼極まりないとは思いますが・・・何卒ご容赦下さい。
それでは失礼いたします。

約5年ぶりに刃物屋よしさんを拝見させたいただきました。

イチローさんの言うこと・・・メタボ対策まったくやってませんよね?こんなにからだがコロコロしていたら、高血圧、糖尿病、心不全
等々・・・・おー怖!
自分が言うのもなんですが、歳はどんどんとりますし、それに比例して気持ちも弱くなって行く気がしますが、まあ、自分の視点で言ってますので、きにしないでください。

仕事のお話ですが、やはり人間関係ですね、しかも、「心・信・真・神・」色々な「しん」がありますが、自分たちは「「心」」です。
また、この人間関係の心はすぐにはできないし、時間を掛けて強く、良くなっていきますかね?
しかし、納得いかないのは、正しいことを正しいと言うといけないのです。自分の理解力が無いかもしれませんが、全く納得いかず、自分の理解の外です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年6月25日 00:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イナゴの当たり年なんです」です。

次のブログ記事は「オシャレとは・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。