遺体に触れる

| コメント(0) | トラックバック(0)

P1000939.jpg

父親はヘビの遺体を持ち上げてさすってやりました。すると子供たちも抵抗なく触り、ヘビの感触を心ゆくまで味わいました。。世にはヘビは気持ち悪いという理由だけで毛嫌いする人が多いので、父としては子供のうちにそういった理に合わない貧しい先入観の侵入を予防しようというわけです。つづく

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/425

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年6月28日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スネイク君の事故 」です。

次のブログ記事は「スネイクも友達になれる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。