ファスナーはYKK !!!

| コメント(4) | トラックバック(0)

019-ml.jpg

どーゆーわけかアメリカではファスナーのことを「ズィッパー」と
呼びます。開け閉めするときのズィーといった音からきているのでは
ないかと想うのですがね。なんでももとは商品名だったとか。
チャックという言葉もついぞ聞きません。これは日本名らしいです。
ともあれ、このごろの製品にはYKKが使われなくなりつつある
ような気がするんですよね。YKKは安物の二倍の値段なのだそうで
業者は使わない方向に走っていると聞きます。
あ、これは先に書きましたかね?・・・トシなもんで _(._.)_
ワシとしては日本の誇りであるYKKをどうしても使いたかったので
取り寄せてもらいました。一見してYKKが安物よりも質が良いと
いうことなどワシには解りませんが、大切なのはYKKのロゴなんです。
これはもう本物の証明で安心なんです。これってつまらないコダワリ
なのですかね?
どうしてYKKにこだわるかですって?
昔ムカシ、蒸気機関車でYKKの工場の横を通過したことがあるんですよ。
その時「ああ、ここがYKKかぁ!」と感動したんです。何かの記事で
YKKのことを読んで素晴らしいと想っていたからです。
で、蒸気機関車で工場の横を通過したのは夢だったのかも知れません。
どなたかYKKの横を国鉄が走っていたかどうかを教えてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/474

コメント(4)

お久しぶりです。
YKKについて少々調べてみました。
YKKは以前は「吉田工業株式会社」という名前で、1946年に商標を「YKK」としたそうです。
(YKK株式会社に社名変更したのは1994年だそうです)
1955年から富山県黒部市で黒部工場が稼働。
黒部市のJR北陸本線黒部駅~生地駅間の線路沿いには現在でもYKKの工場が立ち並んでいるようです。

北陸本線はYKKよりも歴史が古いでしょうから、当時は蒸気機関車が走っていたのではないかと考えられますね。
少ないヒントから推測するにこのあたりかもしれませんが、どうでしょう~?

その当時の風景を想像していました。
後に世界で成功を収めることとなるイチローさんとYKKの出逢い。イチローさんの感じた気持ち。。夢でも現実でもどちらでもいい。なんだかそんな感じがします。
ラジマグを入手してそのズィッパーを開け閉めするたびに、そんなお話をまた想い出すことができるんですね。そんな「機能(昨日?)」まで詰め込んであるとは。。
うーん、お美事です。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年7月20日 21:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペンはこのよーに収納します」です。

次のブログ記事は「フタなんですが・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。