2010年8月アーカイブ


「君はワシから利用されるのがイヤなのか?
イチローから利用されるだけの価値ある人になりたく
ないのか? 利用されない人間って役立たずではないのか?
ワシ自身は他人に利用されるような人間になりたいぞ」

このイチローさんのお言葉、いいですね。
ズバッと直球で、個人的に大好きです。
字面だけ見てしまうと、まぁエゲつないというか
身もフタもないというか(笑)、そんな感想を持つ人もいるとは思います。
でも、核心を射抜いている言葉や、本心からの言葉っていうのは
相手の心を揺さぶるものなんですよね。

詭弁を弄したり、美辞麗句で悪意を隠したりするのが
オトナの世界(苦笑)のタクティクスだったりもするわけですが・・・。
本当に大事な場面では、どっしり構えて
一撃で相手の背骨を撃ち抜くような気迫をもって対処したいものです。

で、もし自分がこの情けない男シューターだったと仮定したら。
このチャンスに、きっと愛の告白をしてしまうに違いない!
「オレはお前のことが好きだから、
お前がイチローさんに何か悪さをされないか心配なんだよ」なんてね(笑)。
フラれるかどうかは問題ではなく、
まずは直球で自分の気持ちをぶつけてみたいのが、
私という人間なのです。

でも、これってしっかりイチローさんを利用していますよね。
好きな女の子が誌面を飾ったりすれば、なおありがたし(笑)。
by ルシファ

市より
さすがルシファさん、核心をまっすぐに受けてくれましたね。
ワシは、いつも自分より優れた人の近くにいて何かを学びたくて、そういう人にアプローチするためにいろいろと作戦を考えてきました。それは「この人にとって自分は利用価値があるのだろうか」ということを分析することでした。人は利用価値のない人間には目を向けてはくれないわけで、なんとか他人に利用されるだけの資質を自分にもたないといつもバカとしかつきあえないと考えていました。利用価値とは、雑誌社にとっては写真が上手いというようなことですが、何もできなくても素直な人は話していて楽しいので心での利用価値があり、向上心のある人は自分も触発されるので利用価値があり、自分の考えをしっかりと聞いてくれる人も気持ちが救われるという意味で利用価値があるわけです。どのようなカタチであれ役に立つ人間は利用価値があるわけで、モンダイなのは利用価値という言葉に偏見を持ってしまい思考をそこでやめてしまうということだと想うわけなんですね。そして世界のどこでも通用する最大の利用価値というのは「誠意」だいう結論に達しています。誠意は人生における強力な武器ともいえます。皆さんもこのことをよく咀嚼してみてくださいね。ワシの言葉に利用価値がないと想う人は「利用するだけの知性」がないということで、これは勉強が足りないのではないかと (^_^;)

他人に暴力をふるう先輩
大声を出し威張っている先輩
口の利き方が粗暴な先輩
射撃の腕前を鼻にかけてる先輩
正論の通じない先輩
押しつける先輩
人の話を聞かない先輩
一緒にいて不快感のある先輩
向上心のない先輩
心のゆとりを感じられないガツガツした先輩
借金をしたがったり金銭に汚い先輩
尊敬されたがる先輩
自分自身はやってもいない事について偉そうに言う人
(これはバカシューターにもなれない人)

始めて書き込みします。
4年くらい前に、とあるマッチ会場にイチローさんがお越しの際に、その月発売
のSATマガジンにサインを頂戴した者です。
あの後も、自分のお金と時間の許す限りの範囲でエアガンマッチに参加させても
らってます。

バカシューターという事なので、こんな人がいました。
(厳密に言えば、その人はシューターでは無いのですが・・・)
その人は、周りに色々と偉そうに言って周ってる年配の人でした。
例えば、なんて事を言ってました。
ただし、その人自身は一回もエアガンマッチに出た事無いんですよ!
とりあえず、一応マッチに参加させてもらってる自分から見れば、「そんな馬鹿
な・・・」話です。

自分自身はやってもいない事について、偉そうに言う人
この項目の追加もお願いいたします。
最近では、インターネット普及して情報が氾濫してますから、こういう人は意外
と多いと思います。
by Q太郎

市より
マッチを見るだけで参加しない人には、自信のない臆病な人がいます。そのくせ心の表面ではシューターをバカにし、自分はホントはすごいんだと想わせるような言動をとります。「マッチシューターはトリガーハッピーで、仲間を撃ってばかりで実戦で使えない」というのは負け惜しみそのものです。だってFBIでも警察でもミリタリーでも試合に出ることを推奨しますからね。デルタの現役教官がオシノビでビアンキカップに出るくらいですからね。試合の緊張に負けるようでは人は撃てない。これはFBIスナイパーのデイヴ ウエバーが教室で生徒に言う言葉です。ま、その自意識過剰な嫉妬屋さんこそ相手かまわず撃ちまくって早々に撃たれるのがオチでしょうね。はい、項目にひとつ追加となりました。3Qでした。

新しくエアガンマッチに出る人には
先輩シューターたちと知り合って仲間ができます。
そこで深入りしないほうがいい先輩への予備知識を・・・

他人に暴力をふるう先輩
大声を出し威張っている先輩
口の利き方が粗暴な先輩
射撃の腕前を鼻にかけてる先輩
正論の通じない先輩
押しつける先輩
人の話を聞かない先輩
一緒にいて不快感のある先輩
向上心のない先輩
心のゆとりを感じられないガツガツした先輩
借金をしたがったり金銭に汚い先輩
尊敬されたがる先輩

以上、もっとあると想う人はどんどん書き込んでくだされば
条件を増やしていきます。

ようするに自衛隊と警察のダメ幹部タイプですね ∈^0^∋
そして君自身がこんなタイプにならないよう自分を監視し
ましょうね。

あるとき女の子シューターが手紙を送ってきました。
彼女はエアガンを熱心に練習しているので、その様子を雑誌に
リポートしたいとワシが言ったからです。
手紙にはこうありました。

男のシューターが言うには「オマエはイチローさんに利用され
ようとしてんだぞ、モデルなんか断れ」と言われました、私は
天下のイチローさんに利用されるなんて悲しいです・・・

そこでワシは返事を書きましたよ、

「君はワシから利用されるのがイヤなのか?
イチローから利用されるだけの価値ある人になりたく
ないのか? 利用されない人間って役立たずではないのか?
ワシ自身は他人に利用されるような人間になりたいぞ」
とね。すると彼女は心を許してすっかり内情を話してくれました。

イチローが彼女に手出しできないようにボーイフレンドがいることに
しよう、その名前はコレにしよう。イチローに会ったらこの男の
名前をすぐに出すんだぞ。などと他のシューターが
彼女に言い含めたそうです。

これを言った男はやがて彼女に迫り、あっさりとフられたそうです。

ま、若いうちは誰でも後で顔が赤くなるような行動をとるものです。
もんだいなのは成長しないでそのままいることですよね。

コンペティターというのは競う相手のことです。
おたがいに技を競い合います。
日本人やアジア人には、コンペティターを敵とみなす
傾向があり、嫉妬したり憎んだりします。
これはアメリカではとても恥ずかしいことなんです。

競技をする者は趣味を同じくする仲間であり、彼らが
いなかったら試合はなりたたないのです。
ですから相手を大切にするという考えがあります。

なので試合場で会うと"今年の仕上がりはどうだね?"
と親しく問いかけあうものです。
しかしこれをうっかり日本人に言うと、

「オレにプレッシャーをかけやがったぁ〜」
と受けとるバカがいるんです。
 
プレッシャーをかけるだって?
なんのために? どうして?
プレッシャーって自分の心が勝手に製造するものであって
外からかかるモノじゃないですよね?

ちょっとエアガンが上手くなっただけで大物ぶって
イジ汚い価値観を丸出しにする。その裏には
劣等感による悪辣な攻撃性がひそんでいるわけです。

こんなシューターとつきあうと損ですからね、
交際相手はよく選びましょうね。
エアガンの上手いヘタと人間性とにはまったく関係がない
わけで、欲しいのは「楽しい仲間」ではないのかと。

人はおおらかでなくっちゃ、、ねっ?

そのムカシ、始めて日本からスティルチャ組がやってきたころ
初対面のシューターにワシは言いました
"どう? 調子はイイかい?"
これはアメリカン シューターの間では「ハウアーユー? 」のような
親しみをこめた挨拶なんですよね。
すると彼はこれといった返事はしませんでした、そして
後で仲間のところにいって
"オレはイチローさんにマークされちゃったよぉ〜!"
と言ったそうです。

マークだって? ワシが他のシューターをマークするって?
なんのために? どうして?・・・
ただ日本人シューターは何かとヘルプが必要なので
ワシってフレンドリーなんだから遠慮なく話をしてね、
というつもりだっただけなんです。

こういうコンジョ曲がりが多くてイヤになりますよ、ホント。
アメリカでのマナーも悪いですし、恥ずかしいです。

クリーンな4人

| コメント(0) | トラックバック(0)

写真.JPG

この四人がクリーンされたそうです
コングラチュレイション!! おめでとー!! \(^O^)/
きっとワシではできないと想います (>_<)

そ、それにしてもこれらのテッポたち・・・(@_@;)
うーむむ、君たちはワシのようなキチガイだ!
常識はずれの男たちだ!

それにしても今朝のこちらは寒いです。
15度くらいかな。ブルブル・・・。
安定した異常気象が続いています。
もうすぐ7時です。朝飯前にちょっとホキマに行ってきます。

試合の緊張!

| コメント(6) | トラックバック(0)

写真 (1).JPG

エアガンだとあなどるなかれ!
エアガンの巧いシューターは実銃も巧いのです。
そこにターゲットがあり、それを実銃で撃つという
競争をしたら日本ではポリスや自衛隊員よりも
民間人のエアガン シューターの方が上でしょう。
それは彼らが「ドロウ&シュート」の技術を身につけて
いるからなのです。
素早く狙ってトゥリガーを引く、この技術を習得するには
実銃である必要はないのです。
そして、試合の緊張感に耐える根性も養われるのです。
こんな舞台に立ってエアガンを撃つには「勇気」が必要です。


剣道があり弓道があるのに、戦いを目的とした銃の試合は
ないという日本。そんな国でも平和ボケしていない人々が
いることは嬉しいことです。
ただ、エアガンのシューティング界で優れた人格をもった人が
増えてくれたらもっと嬉しいのですがね・・・
心が粗暴で嫉妬心の強い人、価値観の低い人、イーゴウが強くて
新人を大切にできない人、こういった人たちが多いとエアガンの
試合は育たないのではないかと。
新しく始める人には、上手いだけの先輩シューターよりも心根の良い
シューターに出逢って学ぶことをお薦めします。
なんといっても良い人にめぐり逢うことが大切ですからね。

写真.JPG
横浜でプレイト名人大賞が行われたそうです。
このむんむんとした雰囲気はイイですね〜
エアガンの試合がこうして続いているのは
素晴らしいことだと想います。

back to normal

| コメント(6) | トラックバック(0)

おはばんわー!
鉄板射撃にうつつを抜かしてしまい仕事と雑用が溜まっており
それらの処理に埋没していました
今朝は寝坊して6:30に起きました
ようやく目覚まし時計を使わないですむという
ノーマルな生活に戻れました
かなり暑さにヤられているので休憩もしたいところです

現在抱えている仕事をこの週末に終わらすことができたら
来週はかなり訓練時間がとれるのではないかとワクワク
していいます
いろいろと写真もアップしたいですしね

銃道組の皆さん

| コメント(8) | トラックバック(0)

P1010353.jpg

エアガンの試合に出ている日本人たちは例外なく高い
射撃レヴェルにあり、マック サカイが常に優勝圏内に
とどまっていることもあって日本人シューターたちは
アメリカで注目されています。
ショージ選手を頭とする銃道組の活躍にも目を見張る
ものがあります。
日本からスティールに出場するには、渡航費、エントリー費、
宿泊費、銃の工面と出費はかさみ、値上がりしたタマは注文して
プロに作ってもらうと千発で235ドルもし、
自分で作っても千発130ドルという高額なのです。
これが最低1万発は欲しいところです。
およそ10万円分のナマリ玉が鉄板に当たって砕けたり
地面にめり込むわけで、それを考えるとオソロシーです。
といったことで総計50万円近くのオカネが必要なわけで、
毎年これだけの金額をかけてやってくる彼らの熱意には
驚きを感じています。

そういった「高額ゲイム」なのに残念だったのは
銃道組の3人にジャムが頻発したことです。
スティールでは反動を減らして連射速度を
あげるために火薬を減らした「マイナーロード」という
タマを使うわけで、実はこれが故障の原因となるのです。
なのでスプリング類の交換、エクストラクターの調整など
に細心の注意が必要となります。
銃はもともとパワーのあるタマを使って動くように作られて
いるために火薬を減らすと故障するわけです。
射撃では銃をジャムらせないということが大前提と
なるわけで、銃の調整技術も試合に含まれているのです。

彼らの銃がジャムるたびにワシは辛い気持ちでした。
50万円という金額を注ぎこんだ楽しいゲイムで銃が故障するのを
見るのにはしのびないものがあるわけです。

次のSATマガでのリポートでは「ガンをジャムらせない方法」
というのを書きましょうかね。

試合の最終ラウンドを撃つなり帰途につき、昨夜もどりました。
今朝は6ドルで買ってきたトラクターのオモチャで子供たちと
ゆっくりと遊び、家庭に落ち着きました。
待望のパーツが届いたのでワシは手製のスポットライトを作って
いるところです。明日からの撮影に使うんですよ、これ。
ちかいうちに写真をアップしますね。


いまごろトモたちは賞品授与などが終わったころです。
試合結果を知りたい人はスティールのサイトに載っている
らしいです。ワシは今夜ゆっくりと皆から聞くつもりです。
どうやらマックが4位だったようです。
ワシは去年よりは速かったのではないかと・・・計算するほどの
成績ではないのでまだやってないのですがね・・・
老人部門では3年連続優勝だそうです。
68才になって67才のときより速く撃てるなんて健康状態が良いと
いうことで嬉しい気持ちです。来年はもっと速くしたいものです。

P1010302.jpg

タフプロのナットとラモーン君がホテルまで来てくれ
新しいプロジェクトの相談です。まずは中国料理を
$30(安い!)で買ってきて玄米のオカズにしながらのランチです。

taclletとは「タクティカル ワレット」戦術的財布というわけです。
お察しのことと想いますが、そーなんです!
つまり拳銃が入るんですね〜
そういったパウチは五万とあるアメリカで際だったモノを
作ってみようというわけなんですよん。
すでにプロト2号まで出来て自信を持てたので3号目にかかる
わけです。
いろいろと考えたすえ、旅行用としても使えるように
ディザインを変更しました。サイズはマグレットXLといったかんじ
ですが、外観も機能もかなりまったくすごくうんと違いますよ。
ご期待ください。
そーですね〜・・・発売は11月あたりかな〜??

TOMO4105_1.jpg

彼はこんなマウントを作って実銃グロックに装着して
撃つのだそうです。みたところシッカリしていて良さそう
ですよ。なかなかカッコもいいですしね。

アキタ組と

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0871.jpg

右からGun誌のアキタ君、フリーダムアートの丸山君
そしてキャメラマンの細山君です。
彼らは普通のシューターのように競争心ムキ出しでは
ないので一緒にいて心がなごみす。

この人はいろいろなグッズをあつめて売っている業者ですが
今回はタフプロの製品を主力として出店していました。
子マグもR226マウントもあります。
でもラジマグは米国用が日本に奪われたために今回はナシです。
P1010296.jpg

P1010294.jpg

記念のシャーツはすぐに売り切れるので朝のうちに
買う必要があります。
LEMサプライのヤダピはこのようにラジマグを
かけており、ささっとあけて札を取り出します。
ヤダピは仕事も支払いもキレイなんですよ。
ワシもお世話なっているガンショップへの土産を
買いましたよ。

いつものホテル

| コメント(0) | トラックバック(0)

P1010293.jpg

それぞれにラジマグを巻いて元気にやってきました。
にぎやかな街を避けてワシたちは小さな街のモテルに泊まります。
ここはいわばスティールシューターの穴場宿、けっこう多くが
宿泊しています。でも今年は参加者が減ったような気がしています。

インプレに感謝

| コメント(8) | トラックバック(0)

ラジマグ届きました。姫路へよりも先に報告します。(笑)
ベルト止めの為のベルクロの幅はフック側が大きめに付けられているのが絶妙で
した。(^_^)
普段オートバイのツーリングに使っている二つのウエイストバックに試しに取り
付けてもずれませんでした。
私が心配して改造案をお願いするのは十年も二十年も早いと感じました。m(__)m

一つはキャメルバックの給水のできるタイプ
http://www.camelbak.com/sports-recreation/spring-summer-hydration-packs/
2010-flashflo.aspx
これのベルトには自分でベルクロのループ側のテープを貼り付けてありますが、
そのせいもあってラジマグのベルクロとぴったりあってずれない、回らないと最高
です。ベルトの幅が40mmなのでずれてしまうか心配でしたがばっちりです。

もう一つの小さなオフロード用の用品屋さんのウエイストバック
http://www.mni.ne.jp/~t44003/mainflame.htm
にも合わせてみました。
こっちは幅が50mmなのであつらえたようにぴったりです。

ツーリングではガソリン代を支払うときなど現金のやりとりに財布だと手間がか
かってしまうのですが、まさに車掌さんのがま口タイプなので便利そうです。

思っていたよりもラジマグは幅が狭かったのですが、これがかえって使いやすい
大きさになってます。大きければなんでも入りそうですけど、バックの中で遊んで
しまったりして困るときもあります。

ツーリングで使うのが楽しみです。
思わずもう一個買ってしまおうかと思ってしまいました。(笑)
by だみあん


お疲れ様です。
マグレットL、昨日夕方ゲットできました。
BHで完売してお取扱店にまわる分なしになったら
購入者から河童笑ってしまう悪人になってなってました。
だって速攻予約したんですもの、報われたいですわ。

で、手にしましたが見た目はフツーですね。
これなら街中で持ち歩いても違和感無いですね。
マグレットは結構個性的な形でしたので尚、そう思いました。

が、ちょっといじりだしましたら・・・使用者のセンス
試されね?とぶっきらぼうな気持ちが出ました。

いえ、色々入るスペース沢山。収納場所収納場所収納場所・・・
間仕切り、フックかけられる金具など貴方のイメージで色々
工夫してくださいと問われている気がしました。
今回は使いますよ。TUFFロゴの袋に入った状態で保存
はやめて。
by むうた


ラジマグのインプレ、ひとまずここにコメントしておきます。
まず、大きさが絶妙。
これ以上大きくなると「ちょっと邪魔」と感じる、
ギリギリの線を巧く突いていると思います。
クルマのシートベルトを着用する際にも、
意外なくらい気になりません。

内容物としてはセルフォン、デジカメ(随時)、
紙幣、カード類、小銭入れ、カギ束、常用薬、運転免許証等々。
残念ながら愛用の2AAのライトは長すぎてディバイダに入らないので、
アルコール系の清涼剤(スプレーみたいなの)と、
衣服の消臭剤(仕方なく喫煙者と同席する時用)を突っ込んでいます。

10日ほど使いましたが、これは手放せませんねぇ。
セルフォンとカギ、デジカメを抜けば平らになるので
ビジネスバッグにもそのまま突っ込んでいます。
もう普通の財布を使うことはないのではないかと。

エアガン用ならハイキャップのマグ3本+セルフォンを入れても
ウェイストバッグのベルトでキッチリ固定できるので
野外でのプリンキンくらいなら十分対応できそうです。

ウェイストバッグで思い出しました!
実は今回一番感心したのが、ここなんです。
「ウェイトスバッグとしても使えるようにした」という記事を読んで、
正直なところ「イチローさんディザインにしては、ちょいとヌルいんでないかい
?」と思っていたのです。
商品が届いたらまず付属のベルトを捨てて、
それからベルトループ内のベルクロをベルト幅分コロすことにしよう・・・と心
に決めていました。

さて、現物を手にとってベルトループを引っ剥がすと。
「ありゃ、最初からコロし用のテープが付いてるよ。こりゃ親切」
小さく感動しつつ、何気なくウェイストバッグとして装着。
サイズを調整して、大変なこと(私にとって、ですが)に気付きました。
これって、どんなサイズに調整しても、
常にバックルがパウチのすぐ横にあって動かないのね!

私がウェイストバッグを好まない(便利なのは理解していても)のは、
バックルの位置に問題を感じていたからです。
ベルトの長さを適切にすると、バックルが背中側に来たりと、
とにかく確認しにくい場所に来る製品が多いのです。
「これ1つあれば用が足りる」内容物を納めたバッグを失うのは、
逆に致命傷になりかねません。
だから死角から不意にバックルを外されるようなものは
使いたくないわけです。
でも、マグレットLのバックル位置なら。

いやー、イチローさんは特にアピールされていなかったと思いますが、
久々に鳥肌が立ちましたよ。
「日常生活ではウェイストバッグとして使うのが一番便利です」と
私も言ってしまいましょう(笑)。
ちなみに今回はブラックにしました。
「カヨテには華があり、ブラックには艶がある」ですね。
by ルシファ

市より
ラジマグへの嬉しいインプレをいただきました。
皆さんよく観察しているなぁ〜とコワくなりそうです (^_^;)
この不景気なのに自分の趣味で作った必需品でもないラジマグの初回ロットの
500個が完売となり驚きと嬉しさ、そしてもっともっと真剣に
なってディザインしなければという想いが交錯しています。

次のコンセプトはパソ子のカバンです。これまた旅人としての理想にそった
実用性の高いバッグを目指しています。もうひとつはウエイスト パウチですが
かなり毛色の違ったものです。あ〜早く観てもらいたいなぁ〜、、でも発表
するとコピー屋さんが先に出すのでダメなんです。
そうそうクナイもスゴイ偽物が出ましたね〜! 粗末な作りなのに値段が高いので
驚きましたよ (@_@;) あれなら800円ですよね〜

なお、ラジマグはまもなく米国販売用が緊急入荷しますが、数が120だけと少ないので
また品不足になると想われます。でもやがて潤沢に在庫されると想いますので
お待ちください。

P1010281.jpg

トモとヤダピが来てメンバーがそろったものの、
トモは仕事を抱えておりカンズメ状態で
マックも徹夜しないと終わらないというジョブで憔悴、
ヤダピは銃の調子が悪くなって四苦八苦。
ワシは難しい撮影やいろいろと雑用があって
射撃に一日を費やすことはできないという日々でしたが
他のメンバーよりも訓練の時間を規則的にとれました。
そしてようやく全員がしっかりと練習だけに取り組む
ことができたのは昨日からでした。
アマチュアにとっては仕事が一番大切なんです。
そして本日も玉作りの時間をのぞけばまるまる練習でき
ようやくスティールを撃つ喜びに浸れるようになりました。
マックは修理できたブライリーの1911で快調に撃ち、
トモとヤダピはまずまずの出来、開発途上のワシは
去年よりは速く撃とうとがんばりメドがたちました。
一昨年より去年は速くなり、去年よりは今年のほうが
速いというのはワシのようなトシヨリにとって健康の証で
あり、嬉しいことなんです。
成長とは過去の自分を超えること、、これですよね。
明日は午前中の練習後にパイルーに向かいます。
現地で二日間の練習をしてから本戦にチャレンジです。

澄みませーん!!

| コメント(1) | トラックバック(0)

ここんとこ、仕事と訓練でものすごく忙しくてブログの書き込みが
できないでいます。心の澄まないことです。
朝は5時起きしてまずタマ作り、6:30朝食、7:30射撃開始、
12:00昼食、それから仕事、午後は4:00より射撃、7:00pm夕食、
風呂に入ってタマ作り、10:00pmクタクタで寝床に倒れ込む。。
と、そんな毎日なわけです。
みんな本戦用の火薬量がなかなか決まらず、試合は間近と
なってきました。ワシは一足先に今夜これから試合弾を
作ります。
明日からは少し時間のゆとりが出来るかと・・・。
ではまた!!

パイルーにて

| コメント(11) | トラックバック(0)

P1010269.jpg

スティル チャレンジの本戦はパイルー射撃場で開催されます。
なので、ここで練習できたら一番イイわけで、やってきました。
ヒロ、タクミ、タクマもやってきました。
タクミは92年に16位になったという才能の持ち主です。
たしかあのころは高校生でした。
最近ようやく銃を買え、練習を始めたばかりなのに
もうあっさりと100秒という音速の壁を超えました。
マックとタクミは互いの才能に驚き、尊敬し、そして喜び、
たちまちにして親友となってしまいました。
ただタクミは仕事の事情で練習ができなく、今期はフルパワー
を発揮できないという残念な状況です。
ともあれ、日本人ティームの和気あいあいの練習は
まるで夢のような楽しい遠足のようでした。
今日もパイルーに行きます。そして家にもどればトモとピギが
日本から到着しているという予定になっています。

P1010206.jpg

ここんとこずっとイオタばかり履いています。
とくにライトウエイト パンツは抜群の着心地ですよ。
腰回りをすっぽりと包んでくれるゆったり感が
いいんです。
ネットで買うのが心配な人はブラックホールで
試着してみましょう、きっとその良さが判りますよ。
それとディスクリートなシャーツ類もいいですね。

クナイを手にしたことのない人も
ブラックホールで触ってみてくださいよ。
米国のエアフォースからクナイのサンプル購入があり
今後どうなるのか楽しみです。
それとハリウッド映画で女優がクナイを使うという話も
きましたよ。

そうそう、ポウル ハウのシャーツとキャップも即売される
らしいです。キャップはいいですよぉ!

夏のブラックホール、楽しんでくださいね。
では朝練に出ます。

P1010248.jpg

マックが昨日来ました。
今日はタマ1万7千発の調達と射場の整備を行いました。
これで明日からスティルのフルコースを撃てます。
肩慣らしにバババババッとマックは撃ちました。
まさにイナカ射場にやってきた駿足のサラブレッドです。
超音速のスピードでブッ飛ばします。
身長180cm、体重70kgという理想的な体躯の今年のマックは
覇気があります。
よく研究し立ち方やドロウにも改良を加えています。

今年のマックはごらんとおりベルトの前からヒモを通して
います。そしてワシもマネです \(^O^)/
ヒモの先が地面から離れると姿勢が高すぎで、これをよく
忘れるので毎回チェックするわけです。
超一流のシューターはたいてい自然に立って撃っており、
マックのかまえは異質といえます。
しかし、ワシもムカシから低いかまえが好きでしたし
FBIでもそうしろと習いました。

なのでワシも今年は低い姿勢で闘います。
誰と闘うかですって?
決まってるではありませんか、
去年の自分に挑戦して勝とうというわけですよ。
他人に勝とうなどと考えるのは愚か者のやることです。
そういった幼稚な精神では自分を不幸にするだけです。
去年の自分を、できたら昨日の自分を凌駕する。
昨日よりは少しは賢くなりたい、すこしは学びたい、
ちょっとでも何かを蓄積したい・・・これがワシの
生き方なんです。
明日からはいよいよコースに出ます。
ホキマで頑張った初弾が爆発します。ワーイ!!
ワシは少年のようにウキウキしています。

001-ml.jpg

先週にタフプロが発送したラジマグは無事に日本に
届いたという報告が入りましたよ。
これでブラックホールに間に合います。
よかったぁ〜!
さてさて、ブラホーではトモがラジマグを含め
いろんなモノの使い方などを実演してくれるんだ
そーです。
トモは若いころからアメリカで学び、いまでも
年に3回は渡米して試合や訓練にいそしんでおり、
装備やモノに対する感性も養ってきました。
そういうトモがどういったショウをやってくれる
のか楽しみです。
というわけで以下はブロスペック ディザイン社からの
ご案内です。

●ブラックホール「イチローガン団」ブースよりお知らせ
8月7日(土)~8日(日)都立産業貿易センター浜松町館にて

■ラジマグ、ついに販売開始 !!
イチローさんがブログにて開発の模様を紹介していた
ラージマグレット。ついにブラックホール会場より
販売開始です。
その高い実用性を詳細に解説。使い方など
エアガンアクションを交えて紹介。
いざという時のためにタクティカルな使用法も紹介します。

■CGアニメ「キャットシットワン」の特別上映
http://www.youtube.com/user/IDAentertainment
迫力の映像と音響をぜひとも生でお楽しみ下さい。
監督の笹原和也さんと軍事アドバイザー&モーション
キャプチャーを担当したトモ長谷川さんが、
作品に込めたリアリティやアクションについて
トークショーを持ちます。劇中に使われている
タクティカルな技についても舞台で紹介されるかも!?

■特価セールお知らせ

★EOTACトロピカルシャツ 定価8,800円→特価6,500円
(4ポケットタイプ/ブラック、ナチュラル、ラストレッド)
ディスクリートシリーズで人気のリゾート風ディザインの
トロピカルシャツ。潜入捜査官などの都市用
カモフラージュウェア。インナーにドライクール系の
シャツを組み合わせると、見た目も着心地も最高に涼しく、
最適な夏向けファッションになります。
数とサイズに限りがありますので早い者勝ち!

★Tactical Assault Gear ローキーアタッシュ
定価19,800円→展示特価15,000円(ブラック、
コヨーテタン、レンジャーグリーン)
ディスクリートな多機能バッグ。
内部にモールが配され、各種パウチと組み合わせることで、
ボディーアーマーと同等の収納力を発揮します。
防弾プレートを挿入するポケットがあり、
そのままコンパクトなバンカーシールドとしても使用可能。
趣味にもビジネスシーンにも大いに活躍します。
ぜひ実物を手にとってご覧下さい。この機会をお見逃しなく!

MONOレイク

| コメント(6) | トラックバック(0)

WCOX5427.jpg

この湖にはどういうわけかこんな奇岩が
ニョキニョキと生えているんですよ。
なので一度は行きたかったんです。
詳しいことはネットで検索してください。
このゴジラの背中の中を一家で散策しました。
キャノン1Dsでシッカリ撮影しましたので
やがて銃の背景に使う予定です。

イオテコ

| コメント(0) | トラックバック(0)

NNAG4180.jpg

ウチからヨセミテ公園まで2時間でいけます。
ここはそのずっと奥、海抜1万フィートのところにある湖です。
さすがに空気が薄いです。
そしてこのずっと先にMONO レイクがあり、そこまで行って
きました。スィエラ山脈のまっただ中なんです。
さて、このイオタのステテコですが、3年前だったかナナリンの
お母さんが来たときに短くしてもらい、いらい夏には愛用して
います。軽い山歩きなんかには最適ですし射撃でも快適ですよ。
どーゆーワケか日本の大人は短パンや半パンを敬遠しがちですが
とてもカンフィーです。。
ワシのようにオンナにもてるのを諦められるならカンフィー
一直線でいいのではないですかね (^。^)

サマータイム

| コメント(2) | トラックバック(0)

ここんとこ忙しくてブログをおろそかにしてます。
気持ちが澄まないところです。
で、子供たちもほってあるので今日明日とモノレイクに
連れていってやります。
戻ったらダットサイトのことなどについても書きます。
では、出発前にちょっと撃ってきま〜す。

| コメント(8) | トラックバック(0)

Ichiroさん

ご無沙汰しております。遅くなりましたがアドレスの登録を宜しくお願い致しま
す。
SAT、買いました。
僕の憧れの部隊の一つでもあるCRR、記事の写真の中にM24をバックに入れて前進
する隊員が写っていましたね!
僕も同じ物を『チェア無しバック(自称デカバック)』(理由は只、デッカイか
ら...。)として使用していました。
ですが職種柄、小銃をバックで携行する事が無いので違う物に乗り換えました。
暫くしてうちの部隊にもM24が入門しました。
デカバックがロッカーの肥やしになっていたところ、検閲でM24を使う時がきて
小隊の先輩に『デカバック使いますぅ?便利ですよ。米軍も使ってる代物です
。今なら破格で譲りますよ!』すると『おっ!マジで!?Ok!!』と相成りました
ですが、話が頓挫しました...。
中隊の火器陸曹が、『そんなモンで持っていくのはダメ!!』と言ったからです

携行専用なのに...。それは今でも変わっていません。
毎回毎回、実銃なのにエアガンと同じようなケースに入れて携行して訓練してい
ます。
ハッキリ言って、自衛隊というのはおかしい事だらけです。
僕が使う時計には弾道の修正値が出ます。様々な情報を入力して修正値を出すわ
けですが、自衛隊で使用する『弾の情報』が解らないので出せません。教範にも書
いていませんし誰も知りません。知る為の唯一の方法は廃弾処理で回収する弾丸を
入手して量る事ぐらいです。正確じゃないですけど...。
射撃予習にしてもそうです。教官により教え方は様々ですが、最悪なのは教官がトーに終わらせたりするヒト。
うちの部隊もそうですが、必要な知識を持って正しい事は正しいと言って実行で
きる人がいません。『生きる』の最後のシーンではないですけど、『長い物には巻
かれろ。事なかれ主義』が染み付いてカビだらけになってますね。
 
 『正しい事をしたければ偉くなれ!』

この言葉は本当です。

所で、先ほど隅田川花火大会がありました。
僕はテレビで観ていましたが、花火を観ないと夏が来ないですね!
江戸っ子ですから!!速く向こうで勤務したいです。

市より
その火器陸曹は牡蠣陸曹でカキみたいに頑固な殻に閉じこもってますね〜(^o^)
汗っかきで早く終わらせたいが為にテキトーにやる教官とはこれまた不届きな野郎ですね〜 (`_´) そんなヤツが居ること自体オカシイですよね〜 (-_-メ)
偉くなれば組織を動かせると頑張った自衛官も多く、1佐になって挑戦している人もいるんですが、組織の壁は厚く、中には陸将まで行ったような人もいるのですが、それでも組織は変わらないという部分もあるんですよ。
とにかく愚かでエゴの強い私利私欲の人間ばっかですね。中即の連隊長(まもなく異動ですが)のことを「武闘派はこまるんだなぁ〜」などという国賊が陸幕に居るんですよね。こいつは民主党か中国共産党のスパイなんでしょね。ここでそいつの名前を出したろかい!

私の稚拙な文章わざわざご返信、ありがとうございます。
おっしゃるとおりだとつくづく感じます。
以前に市郎さんが某駐屯地に来訪された際のとある幹部の話を聞くと、
「なんだかアメリカナイズされた鉄砲好きのマニアじいさんがだれぞの紹介で来
てるが、、好き者こその上手な例だね」と話しているのを聞い
てこの人はダメだとすぐ感じました。
感性が動脈硬化していると。
民間人だろうとなんだろうと実績ある人の意見は尊重すべきで、良いものはいい
と判断できればいいのに・・。新しいモノ・事は困難が付きまといますが、人生キ
ツい方を選んで生きてれば成長もまた大きくなりますよね。
きつくてもキツクナイ!(と思いたい。)
どれだけ待てば古いエライサンが減るのやら。
すみません、愚痴ってばっかりで。
市により中略 (本人が特定されては困るので・・・)
ウチの隊に限って言えばイイ奴が多いです。みな実戦的な戦技に敏感で
す。ですが、上級部隊がアホばかりです。こういう手合いに堂々文句を突きつけられ
、戦えるのは現状を知る市郎さんはじめこの業界の方だけです。いつもSATマガや
ブログを拝見させて頂き、ささやかながら応援してもおります。(クナイは素晴ら
しいです!いつも携行しています)どうかこれからも引き続きお体・ご家族を大事
になさってください。
私も、御国のため・最近生まれたお子たちのためにも頑張ります!

市より
>まあ所詮マニアだよ
これですよこれっ!
自衛隊にマニアはいらない、みたいなこと言うヤツって
真性の馬鹿だってことを自分で証明しているようなものです。
マニアとは「専門家」ですからね、研究熱心なのでいろんなことを
識っていますし、経験も豊かだし、イチロージジイのように
戦術射撃をFBIや有名教官から徹底的に教えられてSWATの教官を
やっているみたいなマニアもいるわけで、プロの戦士たる
自衛隊員でもこのマニアの足下にも及ばないという現実があるわけです。
民間人から戦闘訓練を受けるのは恥だ、と想っている馬鹿は多いんですよ。
今回のSATマガでの取材に関する条件が一つあると陸幕広報からお達しが
ありました。その条件とは「イチロー氏が中即を訓練している写真は
載せないこと」というものでした。
戦闘訓練は「自衛隊のお家芸なので民間人から習ったとは外部に言えない」
と書いてよこした広報のヤツもいました。
一方、師団をあげてワシを呼んでくれるところもあります。
楽隊を入れて、師団長みずから表彰式を開いて下さる場合もありました。
こういった人たちは「自衛隊はイチローさんに大きな借りがある」と
言ってくださいます。この人たちは「誰からでも学びたい」という
グループです。無意味で馬鹿なメンツなど気にもかけない人たちです。
玉石混淆、立派な幹部とクズ患部が混ざり合った組織なんですね。

マニアを馬鹿にするならマニアを超えてからにしてください、
と空挺団で演説したら、それが一番心に残ったという陸曹がいました。
こういう人は、真理を前にして自分が変わることのできる人ですよね。

クナイのご愛用、嬉しいです。
そうそう、アメリカの空軍からクナイのトラアル購入5本という注文が
タフプロにきましたよ。正式な軍資金を使った購入なんです。\(^O^)/
あのペンは、こちらでも人気が上昇中でまもなく在庫ゼロの危機です。
やはり警察官やミリタリーはよく観ているなという実感があります。

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。