バカ シューター例その1

| コメント(0) | トラックバック(0)

そのムカシ、始めて日本からスティルチャ組がやってきたころ
初対面のシューターにワシは言いました
"どう? 調子はイイかい?"
これはアメリカン シューターの間では「ハウアーユー? 」のような
親しみをこめた挨拶なんですよね。
すると彼はこれといった返事はしませんでした、そして
後で仲間のところにいって
"オレはイチローさんにマークされちゃったよぉ〜!"
と言ったそうです。

マークだって? ワシが他のシューターをマークするって?
なんのために? どうして?・・・
ただ日本人シューターは何かとヘルプが必要なので
ワシってフレンドリーなんだから遠慮なく話をしてね、
というつもりだっただけなんです。

こういうコンジョ曲がりが多くてイヤになりますよ、ホント。
アメリカでのマナーも悪いですし、恥ずかしいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/510

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年8月30日 00:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クリーンな4人」です。

次のブログ記事は「バカシューター例 その2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。