ゆきかぜさんより

| コメント(1) | トラックバック(0)

私の稚拙な文章わざわざご返信、ありがとうございます。
おっしゃるとおりだとつくづく感じます。
以前に市郎さんが某駐屯地に来訪された際のとある幹部の話を聞くと、
「なんだかアメリカナイズされた鉄砲好きのマニアじいさんがだれぞの紹介で来
てるが、、好き者こその上手な例だね」と話しているのを聞い
てこの人はダメだとすぐ感じました。
感性が動脈硬化していると。
民間人だろうとなんだろうと実績ある人の意見は尊重すべきで、良いものはいい
と判断できればいいのに・・。新しいモノ・事は困難が付きまといますが、人生キ
ツい方を選んで生きてれば成長もまた大きくなりますよね。
きつくてもキツクナイ!(と思いたい。)
どれだけ待てば古いエライサンが減るのやら。
すみません、愚痴ってばっかりで。
市により中略 (本人が特定されては困るので・・・)
ウチの隊に限って言えばイイ奴が多いです。みな実戦的な戦技に敏感で
す。ですが、上級部隊がアホばかりです。こういう手合いに堂々文句を突きつけられ
、戦えるのは現状を知る市郎さんはじめこの業界の方だけです。いつもSATマガや
ブログを拝見させて頂き、ささやかながら応援してもおります。(クナイは素晴ら
しいです!いつも携行しています)どうかこれからも引き続きお体・ご家族を大事
になさってください。
私も、御国のため・最近生まれたお子たちのためにも頑張ります!

市より
>まあ所詮マニアだよ
これですよこれっ!
自衛隊にマニアはいらない、みたいなこと言うヤツって
真性の馬鹿だってことを自分で証明しているようなものです。
マニアとは「専門家」ですからね、研究熱心なのでいろんなことを
識っていますし、経験も豊かだし、イチロージジイのように
戦術射撃をFBIや有名教官から徹底的に教えられてSWATの教官を
やっているみたいなマニアもいるわけで、プロの戦士たる
自衛隊員でもこのマニアの足下にも及ばないという現実があるわけです。
民間人から戦闘訓練を受けるのは恥だ、と想っている馬鹿は多いんですよ。
今回のSATマガでの取材に関する条件が一つあると陸幕広報からお達しが
ありました。その条件とは「イチロー氏が中即を訓練している写真は
載せないこと」というものでした。
戦闘訓練は「自衛隊のお家芸なので民間人から習ったとは外部に言えない」
と書いてよこした広報のヤツもいました。
一方、師団をあげてワシを呼んでくれるところもあります。
楽隊を入れて、師団長みずから表彰式を開いて下さる場合もありました。
こういった人たちは「自衛隊はイチローさんに大きな借りがある」と
言ってくださいます。この人たちは「誰からでも学びたい」という
グループです。無意味で馬鹿なメンツなど気にもかけない人たちです。
玉石混淆、立派な幹部とクズ患部が混ざり合った組織なんですね。

マニアを馬鹿にするならマニアを超えてからにしてください、
と空挺団で演説したら、それが一番心に残ったという陸曹がいました。
こういう人は、真理を前にして自分が変わることのできる人ですよね。

クナイのご愛用、嬉しいです。
そうそう、アメリカの空軍からクナイのトラアル購入5本という注文が
タフプロにきましたよ。正式な軍資金を使った購入なんです。\(^O^)/
あのペンは、こちらでも人気が上昇中でまもなく在庫ゼロの危機です。
やはり警察官やミリタリーはよく観ているなという実感があります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/486

コメント(1)

お久し振りです

以前書き込みをさせてもらった辰五郎です。

さて自衛隊のマニアアレルギーについて色々自分なりに考えてみました。
一番の原因はやはり、自衛隊の官品物をミリタリーショップに売りつけてる奴がいたり、ネットオークションに出したりする馬鹿がいて、そいつらとマニアな(こう言う言い方も嫌いなんですが)隊員をひっくるめて上の連中は警戒して見てしまうんですね。
とりあえず私を含めてマニアな隊員は自衛隊の物なんかにゃ手を出しませんって
どちらかと言えば、売りつけるより、海外の物を買うもんです。
それも自衛隊の物なんかよりも高い物買うわけですから、経済的に余裕がないとマニアなんてやってられません。

大概、売りつけてる奴らはマニアより酒やパチンコで金に困り金策で売りつけるような奴らなんですが、マニアは警戒される対象になっちゃうわけです。
ま 詳しくは言いませんが一つの原因はそこなんだと最近思いますね。
こっちは官品物なくすのが嫌だからオール私物だってのに・・・
他の要因としてはモデルガンの改造銃の件もあるかも知れません。モデルガンを持っただけで犯罪者扱いされた経験もあるんで、そこも一つの要因かもしれませんね。

まぁ 私としては、最低限自分のいる部隊においてはそういうアレルギーを無くすために戦おう(大袈裟ですが)と思います。
少なくとも、我々、所謂マニア隊員は自衛隊においてはマイノリティーなわけですから、その社会的地位を確立する為に少なくもと努力すべきなんだと思いますけどね。

まぁ理解すかどうかはお上なんでしょうが、教本至上主義の人にゃなかなか理解されないでしょうね。「教本に乗ってない事をやるな」なんて言う人にわね。

今日はこの辺で でわでわ

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年8月 1日 02:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「陸幕の無知について」です。

次のブログ記事は「」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。