澄みませーん!!

| コメント(1) | トラックバック(0)

ここんとこ、仕事と訓練でものすごく忙しくてブログの書き込みが
できないでいます。心の澄まないことです。
朝は5時起きしてまずタマ作り、6:30朝食、7:30射撃開始、
12:00昼食、それから仕事、午後は4:00より射撃、7:00pm夕食、
風呂に入ってタマ作り、10:00pmクタクタで寝床に倒れ込む。。
と、そんな毎日なわけです。
みんな本戦用の火薬量がなかなか決まらず、試合は間近と
なってきました。ワシは一足先に今夜これから試合弾を
作ります。
明日からは少し時間のゆとりが出来るかと・・・。
ではまた!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/495

コメント(1)

何だか、とてつもなくお忙しいようですね。
くれぐれもご自愛くださいね。

ラジマグのインプレ、ひとまずここにコメントしておきます。
まず、大きさが絶妙。
これ以上大きくなると「ちょっと邪魔」と感じる、
ギリギリの線を巧く突いていると思います。
クルマのシートベルトを着用する際にも、
意外なくらい気になりません。

内容物としてはセルフォン、デジカメ(随時)、
紙幣、カード類、小銭入れ、カギ束、常用薬、運転免許証等々。
残念ながら愛用の2AAのライトは長すぎてディバイダに入らないので、
アルコール系の清涼剤(スプレーみたいなの)と、
衣服の消臭剤(仕方なく喫煙者と同席する時用)を突っ込んでいます。

10日ほど使いましたが、これは手放せませんねぇ。
セルフォンとカギ、デジカメを抜けば平らになるので
ビジネスバッグにもそのまま突っ込んでいます。
もう普通の財布を使うことはないのではないかと。

エアガン用ならハイキャップのマグ3本+セルフォンを入れても
ウェイストバッグのベルトでキッチリ固定できるので
野外でのプリンキンくらいなら十分対応できそうです。

ウェイストバッグで思い出しました!
実は今回一番感心したのが、ここなんです。
「ウェイトスバッグとしても使えるようにした」という記事を読んで、
正直なところ「イチローさんディザインにしては、ちょいとヌルいんでないかい?」と思っていたのです。
商品が届いたらまず付属のベルトを捨てて、
それからベルトループ内のベルクロをベルト幅分コロすことにしよう・・・と心に決めていました。

さて、現物を手にとってベルトループを引っ剥がすと。
「ありゃ、最初からコロし用のテープが付いてるよ。こりゃ親切」
小さく感動しつつ、何気なくウェイストバッグとして装着。
サイズを調整して、大変なこと(私にとって、ですが)に気付きました。
これって、どんなサイズに調整しても、
常にバックルがパウチのすぐ横にあって動かないのね!

私がウェイストバッグを好まない(便利なのは理解していても)のは、
バックルの位置に問題を感じていたからです。
ベルトの長さを適切にすると、バックルが背中側に来たりと、
とにかく確認しにくい場所に来る製品が多いのです。
「これ1つあれば用が足りる」内容物を納めたバッグを失うのは、
逆に致命傷になりかねません。
だから死角から不意にバックルを外されるようなものは
使いたくないわけです。
でも、マグレットLのバックル位置なら。

いやー、イチローさんは特にアピールされていなかったと思いますが、
久々に鳥肌が立ちましたよ。
「日常生活ではウェイストバッグとして使うのが一番便利です」と
私も言ってしまいましょう(笑)。
ちなみに今回はブラックにしました。
「カヨテには華があり、ブラックには艶がある」ですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年8月16日 12:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パイルーにて」です。

次のブログ記事は「明日 試合の場に向かいます」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。