日本国民が考えを改めた時、国は変ります。

| コメント(6) | トラックバック(0)

コメントをされている皆様へ

突然の書き込み失礼致します。

私は市郎さんのファンであり、毎回このブログを楽しみにしております。
今回の市郎さんの言葉に強い感銘を受けております。

Tactical Life は、開始された頃から拝見しておりますが、以前は建設的な意見
が多かったと思います。最近は不平不満が増えたかな??と感じております。

書き込みをされている皆様が、政治家・自衛隊・警察等の組織をどこまで理解し
ているかはわかりませんが、あまりにも自分勝手な意見が多いのではないかと。

人は自己を肯定する人間を「善い人」、否定する人間を「悪い人」と言う癖があ
ります。しかしそれでは非常に低レベルな話になってしまいます。

政治家を選ぶのは誰ですか?
私達です。
日本を造るのは誰ですか?
私達です。
今の自衛隊・警察が貧弱なのは誰のせいですか?
私達です。
広義な意味で書いておりますが、これが事実です。

善い・悪いでは無く、私達の総意が国を造っているのです。
政治家の品性は国民性を表す。という言葉を聞いたことがありますが、まさにそ
の通りです。
「税金を安くする」等と、その場しのぎの綺麗事を並べる政治家に投票し、目の
前の事しか考えない。
また、権利があるのに投票しない。
不平不満ばかり漏らし、自己の利益しか考えない。
そんな私達が日本を腐敗させるのです。
日本を創造しているのは、政治家では無く私達国民なのです。

一例を挙げてみましょう。
Tactical Lifeで話題となっているダガー規制についてですが、これは人では無
く、物に責任を負わせています。何故かと言うと、警察幹部・協会等の保身の為で
す。ここまでは市郎さんの言葉を借りております。
では、なぜ彼等はこの様な方法で保身をしたのでしょうか?
それは、私達が能無しだからです。
国民を納得させるためには何をすれば良いか?
それを考えた結果、「ダガーナイフの規制」が最も良い対処策となったに過ぎま
せん。
私達の頭がまともであれば、ダガーナイフの規制はありえない話なのです。

次に、法律の解釈も世論に従います。
一例を挙げると、
昔はヘアヌード写真集を出せば逮捕されました。
現在は、ヘアヌード写真集が当たり前のようにコンビニに並んでいます。
この法律は、一語一句変更されておりません。
これは、世論が変ったからです。
法律はいかようにも解釈できます。
その解釈は、世論に大きく影響される事を忘れないで下さい。

私も含め、多くの日本国民が考えを改めた時、国は変ります。
国の在り方は、誰が「善い」「悪い」ではなく、ただそうあるだけなのです。
by T

市より
ダガーナイフ規制=殺傷事件の減少
これを信じている人がどれだけいるのでしょうね。
これはまさに妄想そのものですよね。
こんな愚かな法を作って威張っている警察関係者がいるわけで、
そいつは自分の手柄だと威張っているわけで、
そういう無能な出世主義者を警察官として飼っている国民がいるわけです。

香港に行ったとき、ショッピング センターの一角に室内射場があり、
そこに自分の銃を預けてあり、好きなときに行って撃つことができると
いうスィステムがあって驚いたことがあります。


驚いたのは香港人の「大人ぶり」にです。
銃を買って射場に預け、けっして持って出ることはできない、しかし
いつでもそこに行って練習できる。たまには試合もある。

これなら銃を犯罪には使えず、安全なスポーツとして国民が楽しめるわけで、
たったこれだけのことが出来ない日本人はすごく幼稚だと感じました。
韓国にも、そういった射場があるというではありませんか。

日本のこのナイフ&テッポアレルギーはいったいどういう範疇の
ヒステリーなんでしょうね?
軟弱症候群というか、平和というものへの勘違いというか・・・
そこには思考も意見もありませんよね?

Tさん、さっそくの手応えある反応に嬉しく想います。
撮影を中断してワシはこうして書いています。

このブログを読む人たちだけでも強い問題意識を持つようになってくれたら、
たったそれだけでも何も無いよりはマシかと・・・。

皆さん、強い細胞になってください。
それが新しい国家作りにつながるのです。

まずは愚かすぎるマスコミを変えていくことでしょうね。
ニュース番組以外にテレビは見ず、あとは質の良い映画を観るための
機材としてTV画面を使いましょう。

芸能人の動向が気になる人、そういう自分を恥と感じるようになる人が
増えてほしいものです。まずは自分の愚かしさを直視しないと何も
始まりませんし・・・。
日本の「嫉妬文化」についても思索する必要がありそうですしね。

とりとめもなく思いつくままに書きました。
では仕事にもどります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/539

コメント(6)

確かにTさんの言っていることも間違いでは無いですね。そもそもの政治的な事の発端は国民である事って多いですよね。ジョン・F・ケネディ元大統領もかつて「国が国民に対し何かをしてくれるかではなく、国民が国に対し何が出来るかを考えてほしい」とも仰せになっていましたからね。
全ては国民次第ってことなのでしょうか。
イチローさんの言う通り“選挙には必ず行った方がいい”これには異議なしです。しかし、政党や政治家を選ぶ際、何を基準にして選ぶかが大事になって来ると思います。
僕はまだ19歳なので、選挙権はまだもっていないのですが、もし選ぶのなら、自分自信や家庭及び自分が属している企業、団体、住んでいる地域に対し、どのような利益をもたらしてくれるのか。或いはそれに如何に近いかで選びたいと思っています。ただカッコイイだからとか、雰囲気で選んではダメだと思います。

市郎さん
お返事ありがとうございます。

○ ダガーナイフの規制について
市郎さんの言われるとおり、愚かな法を作った者が威張っており、それが『価値ある事』とされるのが日本です。愚かとしか言いようがありません。
本当に必要な事は、狂人を生まないための努力です。
刃物を見た瞬間に拒絶反応をおこし、武器としてしか見ることが出来ない。
仕事で必要な者や、コレクターから刃物を取り上げて喜んでいる。
そんな人間は、根本を見る目が無いのでしょうね。又は出世欲(笑
しかし、これが日本の倫理観であり、道徳を間違って認識しているのだと思います。

○ 軟弱症候群・平和についての勘違いについて
『日本人は平和ボケをしている。』
と言われる事が多いのですが、私の考えは異なります。

平和ボケ = 平和だからボケる

という意味だと思いますが、日本の現状を考えると平和とは言えません。
自身に降りかかっていないだけであり、毎日のように犯罪は起きています。
そして、ある程度国政に関心があれば、いつ戦争が起きても不思議ではない。という事に気付くはずです。
つまり、平和では無いのに、平和だと『思い込んでいる』若しくは『思いたい』だけであり、夢の中にいるのでしょうね。
そんな人々は、
「戦争を放棄しているのだから攻撃されるわけがない。日本には自衛隊も米軍も必要無い」
と言いだす。
「平和な日本に護身具は必要無い。何かあったら警察が助けてくれる。」
と言いだす。
「拳銃は危ないから駄目」「ナイフも武器になるから駄目」
と言いだす。
これは、マスコミに踊らされているだけであり、何の思考も意見もありませんね。(市郎さんのおっしゃる通りです)
『テレビで言ったから間違いない!!』で通るのは小学生までと思いますが、それが大人になっても続いてしまうのが日本人です(汗

香港の射撃システムは本当に良いですね。
民間の方は、スポーツ・趣味としてガンを楽しむことができますし、
公務員の方は、練習不足を補う事が出来ますね。向上心の高い人間は支給される弾数では納得できませんし、素晴らしいシステムだと思います。金を払ってでも練習したい人間はいくらでもいますからね。

私はTと名乗っておりますが、本来であればフルネームを晒して堂々と書きたいところです。それが出来ない自分を情けなく思いながらコメントをしております。そんな私とは違い、実名で本音を書く市郎さんを心から尊敬しております。

Tさん初めまして!ht1991xxx5です。
“平和ボケではなく、ただそう思いたいだけ”確かに人というのは犯罪等嫌なニュースは目にしたくない、聞きたくないと考えてしまう事ってありますよね。僕もそうです。しかし時には考えたくないことも考えなきゃいけない事も大事ですよね。
確かに殺人やレイプ等この日本でも起きていてそれは紛れのない現実です。いくら銃やナイフを規制しても、代わりになるものはいっぱいあります。当然自分の身を守る事も必要になってきます。普通だったらそう考えると思いますし、アメリカではARさんみたいに銃の携帯許可証 を取得したり等本来の自衛本能が働きます。
しかし日本はそれらから現実逃避している為、“警察が守ってくれる”等と思い込んでいるのが大多数なのではないでしょうか、警官は何処にでもいると思い、警官をボディーガードだと思っているのだと思います。
しかしいつも近くにいる訳ではない、むしろ家に忍び込まれたらどうしようもない。逃げれない。その時は戦うしかないのだと思います。
僕は護身について興味や関心があり、色々と調べたり、思考をしています。ARさんにも教えたのですが、スイスの企業が画期的な護身武器を作っていて、欧米のほうでは既に市販されているものです。日本には入ってきていません。しかし日本にもいずれは必要になるかと思っています。
(piexon.com)
このアドレスでその会社の製品の内容が見れるのでTさん、もし良ければ見てみて下さい。ただし、英語表記になっているので気をつけてください。
日本人もそろそろ“甘え”を捨てないといけませんね。

ht1991xxx5さん

コメントありがとうございます。
私が19歳の頃は髪を染めてチャラチャラしていました。
そんな私とは違いhtさんは真剣に生きていますね。文章からも伝わります。
私は現在29歳です。今まで学校で習うような勉強はあまりしませんでした。
代わりに、父の話を毎日聞いていました。物事の考え方についてですが、それが私の財産となっています。
参考になるかは分かりませんが、もし宜しければ一度目を通してください。

ある政治家が、
「消費税を15%にします。しかし、増税した分の10%は確実に借金の返済に回します。そして国の無駄遣いを徹底的に排除し、その分も全て借金の返済に回します」
とのマニフェストを掲げた場合、htさんは投票されますか?
税率が上がれば、当然消費は落ち込みます。それにより景気は悪化するでしょう。倒産する企業も出てきます。
私は低所得のため消費税を増やされると苦しいです。しかし、その政治家に投票します。
何故なら、今のままでは国がもたないと思うからです。
「最悪の場合でも、国民の総資産は借金とほぼ同額だから問題無い」と言われる方もいますが、その多くの資産は一部の大金持ちの物です。払えといって、簡単に払うはずがありません。そんな事をしようとすれば国外に逃げてしまうでしょう。
消費税は、「平等である」と言う人もいるし、「不平等である」と言う人もいます。どちらも言い分はありますが、私は徴収しやすい税と思います。
これは私の価値観であり、正論ではありません。
しかし、自己・企業・家庭等の利益だけを考えた集合体こそが、現在の日本を造りあげたのです。

次に、
仮に、その政治家1人が当選した場合、マニフェストを実現する事は可能でしょうか?
それは当然不可能ですね。どれだけ頑張っても潰されるでしょう。
何故なら、
『増税を反対する国民が大多数だからです』
結局のところ国民は、
『あまり不利益は被りたくない』
しかし
『沢山の利益を得たい』
と、好き勝手を言うから、政治家は出来もしないマニフェストを掲げて、とりあえず当選する。
そして、実現できなくて国民から批判を受ける。
これを何度も繰り返しています。
これは、私達の責任が大きいですね。
本心、国民が国のことを考えたならば、政治家の質は良くなります。
自己の非は認めずに、政治家だけに責任を押し付けるのは卑怯ですね。

学生が過激な運動をしていた時代がありました。これは決して褒められた事ではありません。
何となく付き合っていた者もいたでしょう。
しかし、本心、国を良くしようと考えた人間も相応にいたはずです。
手段は間違っていたのかもしれませんが、政治に無関心な現在の国民に比べれば、幾分マシでは?

失言だ何だとつまらない事で騒ぎ立てるマスコミ、酒井法子のシャブ騒ぎを1週間も流す。それを面白がる国民。
私達が価値の無い番組を楽しむから、価値の無い番組を流すのですよ。
私達が望むことを政治家は公言するのですよ。
私達が無能だから、政治家は悪さをするのですよ。
因果関係について考えていかなければなりませんね。

まとめると、
政治家、マスコミ、その他機関は、私達を映す鏡です。
私達が変わらなければ、絶対に変らないモノなのです。
しかし、1人だけ変わっても、大きな力はありません。
雑誌やニュースで得た情報や、
例えばTactical Lifeでの市郎さんの言葉から感じた事を咀嚼し、自分なりの意見を纏める。
それを広める事により、納得してくれた方は、その友人に伝えてくれる。
それが、
市郎さんの言われている、隣の細胞も強なる。という事だと思います。

長文失礼致しました。

イチローさん、撮影お疲れ様です。子育てとTVについて一言
小さいときからTVはニュースのみ。これを徹底するとタマタマうちの子だけなのでしょうか、ドラマ芸能等、観ません。15分程度のニュースで現在の状況を子供なりに感じ取っているようです。物事に優先順位をつけて失敗するけど子供なりに行動します。私の子供に対する考え方ですが、情報を鵜呑みにしないように、そんな人間になるように思いをこめて家ではニュースのみです。ただラジオはかけています。自分の考えをいかに持つか。目先の利益だけでは駄目なような気がしますね。マスコミの情報が必ず正しいと思わない子になってほしいと。。
今日は無理に代休を取り国分駐屯地基地祭に家族で出かけました。対人狙撃銃が展示されていました。次男が鹿撃ち銃だ、、とデカい声で。長男が陸士に装てんされていないことを確認していますか?と。。陸士たちがキョトンとしていました。日頃そのような訓練機会少ないのでしょうね。自分の管理銃以外には触ったことがない様子。。とどめは三男が銃見物の一般公衆にトリガーに指をかけてはいけないんだよー。。と叫んでおりました。実際に出かけると色々面白いですよ。マスコミから得る自衛隊と実際の自衛隊の違いが素人ながらすこーし理解できそうな。。政治家も実際の現場を体験せんと良い仕事ができないと思います。このブログに来られる皆さんも、是非マスコミの情報を鵜呑みにしないで自分なりに体験してみませんか。まずはTVのスイッチを切って子供と語り合いましょう。
シュアファイアー貯金中の指宿M19でした。
イチローさんご安全に!!

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年9月19日 00:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本を変える唯2の方法、その壱」です。

次のブログ記事は「本来であればフルネームで・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。