増税やむなし

| コメント(8) | トラックバック(0)

ht1991xxx5さん
コメントありがとうございます。
私が19歳の頃は髪を染めてチャラチャラしていました。
そんな私とは違いhtさんは真剣に生きていますね。文章からも伝わります。
私は現在29歳です。今まで学校で習うような勉強はあまりしませんでした。
代わりに、父の話を毎日聞いていました。物事の考え方についてですが、それが
私の財産となっています。
参考になるかは分かりませんが、もし宜しければ一度目を通してください。

ある政治家が、
「消費税を15%にします。しかし、増税した分の10%は確実に借金の返済に回しま
す。そして国の無駄遣いを徹底的に排除し、その分も全て借金の返済に回します」
とのマニフェストを掲げた場合、htさんは投票されますか?
税率が上がれば、当然消費は落ち込みます。それにより景気は悪化するでしょう
。倒産する企業も出てきます。
私は低所得のため消費税を増やされると苦しいです。しかし、その政治家に投票
します。
何故なら、今のままでは国がもたないと思うからです。
「最悪の場合でも、国民の総資産は借金とほぼ同額だから問題無い」と言われる
方もいますが、その多くの資産は一部の大金持ちの物です。払えといって、簡単に
払うはずがありません。そんな事をしようとすれば国外に逃げてしまうでしょう。
消費税は、「平等である」と言う人もいるし、「不平等である」と言う人もいま
す。どちらも言い分はありますが、私は徴収しやすい税と思います。
これは私の価値観であり、正論ではありません。
しかし、自己・企業・家庭等の利益だけを考えた集合体こそが、現在の日本を造
りあげたのです。

次に、
仮に、その政治家1人が当選した場合、マニフェストを実現する事は可能でしょ
うか?
それは当然不可能ですね。どれだけ頑張っても潰されるでしょう。
何故なら、
『増税を反対する国民が大多数だからです』
結局のところ国民は、
『あまり不利益は被りたくない』
しかし
『沢山の利益を得たい』
と、好き勝手を言うから、政治家は出来もしないマニフェストを掲げて、とりあ
えず当選する。
そして、実現できなくて国民から批判を受ける。
これを何度も繰り返しています。
これは、私達の責任が大きいですね。
本心、国民が国のことを考えたならば、政治家の質は良くなります。
自己の非は認めずに、政治家だけに責任を押し付けるのは卑怯ですね。

学生が過激な運動をしていた時代がありました。これは決して褒められた事では
ありません。
何となく付き合っていた者もいたでしょう。
しかし、本心、国を良くしようと考えた人間も相応にいたはずです。
手段は間違っていたのかもしれませんが、政治に無関心な現在の国民に比べれば
、幾分マシでは?

失言だ何だとつまらない事で騒ぎ立てるマスコミ、酒井法子のシャブ騒ぎを1週
間も流す。それを面白がる国民。
私達が価値の無い番組を楽しむから、価値の無い番組を流すのですよ。
私達が望むことを政治家は公言するのですよ。
私達が無能だから、政治家は悪さをするのですよ。
因果関係について考えていかなければなりませんね。

まとめると、
政治家、マスコミ、その他機関は、私達を映す鏡です。
私達が変わらなければ、絶対に変らないモノなのです。
しかし、1人だけ変わっても、大きな力はありません。
雑誌やニュースで得た情報や、
例えばTactical Lifeでの市郎さんの言葉から感じた事を咀嚼し、自分なりの意
見を纏める。
それを広める事により、納得してくれた方は、その友人に伝えてくれる。
それが、
市郎さんの言われている、隣の細胞も強くなる。という事だと思います。
長文失礼致しました。by T

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/541

コメント(8)

国の借金というのは国債になるかと思いますが、日本の場合そのほとんど(95%)が国内で買われています。資産家は国外に逃げてあとは野となれ山となれ、とはできないのではないでしょうか?
埋蔵金などといった世迷い言よりは幾分マシですが、それでも増税は最後の手段です。もう少し現状を把握したいものです。そしてその情報を愚民に与えることが第四権力の使命の筈です。すべてはまずマスコミを改善するところから始めるべきですね。

Tさんどうも。
いえ、僕なんて大した人間じゃないですよ。将来銃を使ったタクティカルトレーニングのインストラクターになろうとアメリカ移住を夢見ている咀嚼不足のただのクソガキです。文章に関しても、まだまだ成長不足、Tさんの足元にも及びません。
「消費税を15%にする」確かに個人的に捉えたらハッキリ言って嫌です。しかしそれが社会福祉の充実や公共の利益の為になるのだとすれば長い目で見てそれも悪くはないと思います。
僕が言いたいことは、自分自身及び企業、団体の利益も大事だと思うのですが、飽くまで公共の利益を考える事が大事になって来るのではないかなと思っています。
例えば、学校卒業したけれど仕事が見つからないという就職難(僕も経験しました)や医療保険の充実(特にアメリカ)、そして銃の規制の緩和(自衛や趣味で善良な人が所持することについて)に関することや一般人の感覚が理解できる民主的な警察や米軍に頼らずとも自分達でしっかり国防が出来る自衛隊が、自分が望んでいる公共の利益です。(まるで個人の利益みたいな言い方ですね(笑))
あと、マスメディアも少しずつ変わっていく必要があります。
バラエティー番組やスポーツ番組などは別に悪くはないと思うし映画番組も好きです。しかしニュース番組に一番問題があるのではと思います。Tさんの言われる通りタレントの麻薬絡みの事件をダラダラと報道し続けたり、芸能界の情報などいらないクソ同然のニュースを流したりする傾向が特に民放にはあります。
アメリカ等の海外だったらそれぞれのチャンネルで分けていると思います。
あと、ニュースキャスターの“俺が正しい”的な解説もなんだか嫌な感じがします。考えるきっかけを与えてくれるときもありますが基本メディアが正義だと誇張している感じがします。
大事なのはキャスターのアジ演説を真に受けるのではなく、自分なりの考えを持つことではないかと思います。正しい、間違い、正義、悪はそこにはないと思っています。
とにかく思考を続けることが重要です。

国家公務員約10兆円
地方公務員約20兆円
計30兆円 毎年無駄な金が消えてます。
諸外国と比べ公務員給与の異常な支出。

民主、史上初新規国債発行額53.5兆円
国債発行が税収を上回るのは終戦直後以来

公務員の給料を国債発行して確保している状況・・・まずは先だと
消費税で借金の返済できる額ではないと思います

仁太郎さん

コメントありがとうございます。
国債が国内で買われようと、国外で買われようと、借金は借金です。国は返す義務があります。その義務を果たせなくなった場合、『国の破綻』を意味しますね。会社で言う倒産です。
これは恥ずべき事で、世界中からの信用を失います。
それこそ、景気が悪くなるどころの話では無くなります。
その為、借金を返すために、更なる借金をしています。
では、借り入れが間に合わなくなったらどうしますか?
金を大量に刷るのですか?
金融閉鎖をするのですか?
その様な国が長続きしますか?
国債で対応しようにも、少子高齢化時代に、今後も国債を発行し続ける事が可能でしょうか?
そして、資産家が国外に逃げても、国債が無くなるわけではありませんね?

私達の時代は、何とか乗り切れるかもしれません。
しかし、子孫に全てを押し付けるのはどうかと思います。
好き勝手に生きて、子供に借金を負わせるのは恥ずかしい事です。

仁太郎さんのおっしゃる通り、増税は最後の手段です。
しかし、現状を把握した上で、その最後の手段を行わなければならない時期ではないかと。
先延ばしすれば、それだけ借金は増えます。
今日行うのと、5年後に行うのでは訳が違うのです。

マスコミを改善するためには、私達が変わらなければなりません。
私達が変わるのに、どれだけの時間を必要としますか?
5年、10年で変わることができますか?

国が潰れる直前になってアタフタするのでは無く、今の内から対策しなければならないのでは無いでしょうか?

ながさん

消費税を上げただけでは間に合いません。
しかし、無駄遣いを止めただけでも間に合いません。
両方必要なのではないでしょうか?

他の対策がありましたら、勉強させて下さい。

Tさん

現状、国債が理由では日本は破綻しないでしょう。
日本政府の持つ資産は未だ国債の総額を上回っています。
しかも、昨今の円高で対外債権は劣化しています。
そして、国債の大部分を持っているのは個人ではありません。銀行、保険、郵貯、そして年金など政府部門なのです。銀行に行って個人向け国債の利率を見てみてください。何かの冗談かと思える低利率です。それでもそうした機関が国債を買うのは、緊縮財政によって資金が行き場をなくしているからです。成長を見越して高利で外資に7割を売ったために危機に陥ったアイスランドなどとは訳が違います。

日本は個人に対し現状でも比較的重税国です。
しかし官僚機構は己の権益を最大化するために動きます。
破綻が煽られるのは財務省のプロパガンダではないでしょうか。
無論全容を見渡せる立場にありませんから憶測に過ぎませんが。
マスコミに自律性を持ってもらいたいと切に願います。

仁太郎さん

ご返信ありがとうございます。
では、仁太郎さんの考えとしては、
現状の日本は、国債が理由での破綻はないので問題無し。
まずは、正確な情報を伝えるために、マスコミに自律性を持ってもらいたい。という事ですね。
大変勉強になりました。
ありがとうございました。

市郎さん
政治の話ばかりしてしまい、申し訳ありませんでした。
これで終わりに致します。

公務員の平均年収が1000万ってTVを見たことがあります。はて?誰でしょうか、そんなにもらってるのは?確かに自衛隊の給料は少なくはないですが曹で定年するとき定年間際で700位だそうです。どうやれば平均で1000行くのか、困ったものですね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年9月19日 09:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本来であればフルネームで・・」です。

次のブログ記事は「またまたサンディエゴへ・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。