禿げしい猛攻!!

| コメント(1) | トラックバック(0)

096.JPG

柔道家のタクマが50m走で挑んできたので
カモシカのように走って抜き去ってやりました。
したらスモウなら負けない、なぜなら柔道を
やっているからだ、、というのでチャレンジを
受けました。
う〜ん、、さすがにタクマの腰はガッシリとしていて重く
猛攻をくり返したのですがとうとう倒すことはできません
でした。

うぉ〜! イチローさん強いっ!!
おまえもなぁ〜
笑い

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/546

コメント(1)

イチローさん 始めまして。
また、ここにお越しになる先輩方、始めまして。
東GOと申します。よろしくお願いいたします。ちなみに関西人です。

イチローさんを始めて目にしたのは1977年のGUN誌の12月号であります。
表紙は94式。イチローさんの記事は二式スポーターでした。
それ以来、崇拝いたしております。
それらの雑誌類は今も現存しておりまして、家族の非難を浴びつつ抵抗しております。(確かに邪魔ですとも)

こと、このTactical Lifeなるブログを知り得てからは、時に哂い、時に泣き、今までに無い心の潤いを与えて戴いております。

この度、漸くクナイ(もち市印)とラジマグ(カヨテ茶)を手に入れることが出来ました。
山下刃物さんで無事購入に至ったのですが、その道程に苦難が待ち受けておりました。

その日は、中一の下の息子を唆し、ナビ係に助手席に積んできたのですが、
高速代を節約するため下道をドンブラコドンブラコと走っておりました。しかし、ええ加減渋滞と時間の節約のために
途中から(西宮あたり)阪神高速に乗りました。乗っても大渋滞中でした。(この時すでに15:00過ぎ)
で、久々に走る大都会の道を走り継いで、漸く2号線に降り一般道での事。
赤信号で止まっていて、青に変わったので何となくブレーキを緩めてしまったのですが、
ハッとした時にはもう遅く、あわててブレーキを踏みなおしましたが、前の車に追突してしまいました。
もう平謝りで、幸いお相手さんのお体は異常なく物損で済みそうだったので、取り敢えず相手さんの了承の上『のっぴきならない用事があるので後ほど改めて連絡し警察に伺います。』と、伝え先を急ぎました。(ごめんなさいm(__)m )
何度もいいますが相手さんの了承の上です。

で、姫路駅周辺にたどり着いたのはすでに18:00をとうに過ぎておりました。
当然、お店のシャッターは閉まっております。(やっぱり。伺う旨の連絡もしてないしなぁ。仕方ない警察にイコ)と、思っておりまして、フト店のほうに目をやるとご婦人がシャッターを半分ほど開けて何やらされているのが目に入りました。お母様です。

ココゾと思い、声を掛けさして頂き、『斯斯云々、こうこうこうで・・・』と説明をさして頂くと『それはそれはようこそ御出で頂きました。』と、お店の電気も点けて頂き、お目当てのブツも出して頂きました。そうこうしている内にお父様もお店にこられ、またまた『斯斯云々、こうこうこうで・・・』で・・・

で、お二人してヨシさんにお電話して頂いたのですが繋がらず、『多分、歩いてるんやわ』と、仰ってました。お二人とも素晴らしく優しい方で逢えて善かったと心から思いました。
残念ながらヨシさんにはお会いできませんでしたが、また今度の楽しみにしたいと思います。

で、『これから帰りに警察行かなあかんのです。』etcと話しておりまして偶々見て貰うつもりで持って来たコマンダーを『カバン見られたらアカンやろ。』ゆーて、包装紙に包んで下さいました。また、ウチの息子見て『おっきい子供さんいはんのヤネ~。』『中一ですわ。僕がもうじき43で未年ですわ。』『ウチのは酉やわ。二つ下ヤネ。もうほんまにそろそろ・・・』後は言いますまい。
ヨシさんとは未見ですので、もうすっかりヨシパパヨシママの大ファンです。

この度は、閉店後にも関わらず交通犯罪者の不届き者の私目にこんなにも優しく、またご心配もして頂きまして本当に有難うございました。

その後、相手さんと待ち合わせた現場近くの交番に出頭しました。(あぁ~あ、凹むわぁ。)
それにしても、今回のこの事故なんですが、なんとも自分でも情けなく思います。今まで、何千回何万回と信号待ちを経験しているにも拘らず、こんな事になるとは・・・自分が情けなく、また、自信が失われております。集中力と責任感の欠如と言わざるを得ません。即、戦死に繋がるミスです。マジで自信喪失で凹んでおります。
また、相手側のご家族はもとより私の家族にも心配とまたまた本来必要のないはずの経済負担を掛けてしまう結果には、ほとほと愛想が尽きます。
 本来は、クナイとラジマグを弄りつつほくそえむ予定の筈が、それを見ることで己の不甲斐なさをフラッシュバックさせてしまいます。

追伸:ヨシさん、すいませんでした。ご心配お掛けしました事を心よりお詫び申し上げます。今度、逢えた時はシバイて下さい。

追伸2:かなりの乱文、申し訳ございません。(やっぱ上手に書くのは難しいぃ)

追伸3:気持ち切り替えて、ラジマグ実践投入します。
さて、何を入れよかな~。鍵と~。目薬と~。リップと~。札は千円札しか無いし~。
あまり鳴らない鳴っても出ない携帯と~。
シュア9Pはデカ過ぎるし、最近のシュア買えないし~、G&Pの名前しらんLEDライトと~。
あと、ZIPPOとタバっ・・・スコ。。。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年9月21日 23:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダットサイトの威力」です。

次のブログ記事は「嗚呼! はるかなる八海山」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。