インナーの暴走は許されるのか?

| コメント(5) | トラックバック(0)

えー、皆様、レンジバッグには二通りがあり、ひとつは単体
もひとつはインナーとアウターに分かれたものです。
今ここで急速な問題点として浮上しているのは
タフプロで製作していますバッグのインナーが大きくなりすぎ
ではないかという内部告発的な指摘があり、たしかにこれには
議論の余地があるという気がします。
そこで
今夜のズロースアップ現代は国谷さんに代わり、その道30年間と
いう永田リポーターに解説をお願いいたします。
どうも永田さん、ズロースアップ現代にようこそ、早速ですが
お話を聞かせていただけますか?


あ〜、それはご指摘の通りで私もこれを借り受けてきて
今こうしてホテルで眺めているところですが、たしかにこれは
インナーというよりは単体で完成したものだという印象を受けて
います。というのはインナーバッグというものは射撃にかんする
最低必要な道具類を入れて射場を軽快に動けるというコンセプトから
出来たものなので、このように何もかもが入ってしまい、そのサイズが
インナーの常識を逸脱した大きさとなってはインナーの逸脱行為だとか
越権行為というそしりを免れないという雰囲気はあります。
ですが、いざ手元において触れてみるとかなり贅沢な造りにくわえ
射場で必要そうなものはほとんど入ってしまうという内容なので
捨てがたい持ちになるのは否めません。
インナーだとかアウターにこだわって観ると問題はあるのでしょうが
レンジバッグとして総体的に考えるとタフのプロトはシューターの夢を
かなえているという気がします。
ディザイン担当の方へのインタヴューによると、理想を盛り込んだら
ここまで膨れてしまったので反省はしていますが、もはやもとには
もどれないという気持ちをもってアウターの製作にかかるのだという
ことでした。常識にとらわれずに物作りをするということは大切なこと
であり、インナーだから小柄にという固定観念はそろそろ捨てる時代が
もうすぐそこに来ているのだという印象がありますね。。。

どうもありがとうございました!
えー、インナーは軽く小さく、しかしその欠点は射撃のさなかで突然に
銃が故障しただとかタマが切れたなどといった突発的な出来事には
無防備で対処できないということ、、これを補うにはサイズの
越権行為もやむを得ないとの新しい方向性・・・
皆様はどうお考えですか・・・?
えー、今夜のズロースアップ現代、これでお別れです。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/549

コメント(5)

思わずズロースアップ現代に食い付いてしまいました(笑)。
番組を見ている人はほぼ間違いなく吹き出しますね。

さて、レンジバッグですが、確かに機能的には
インナーだけで完結させてもいいように思えますね。
これだけいろんなモノを入れるとなると剛性はどうなの?
と訊きたくなりますが、その辺りはきっと対策済みなんでしょうね。
それよりも、インナーがこれだけ機能的だと、
アウターがどんな役割を果たしてくれるのかが気になります。
サイズの件については、
「総体として良いものができるなら、
それは『暴走』とはいわん。目標への『疾走』じゃ」
とコメントしておきます。


ここまで書いて気付いたのですが・・・。
タイトルの「インナーの暴走」とは、もしかして
イチローさんの内面が、アウターを飛び出して暴走するってことですか(笑)。
「許されるのか?」は暴走する前に言う言葉ですよん。

イチローさんへ

突発的なことの対処もあればいいなぁと思います。
真鍮ロッドやドライバー程度は、入れていました。

参考になるか、わかりませんが
恥ずかしながら私のシューティングバッグを紹介します。
http://twitpic.com/2r34gh
マガジンの温度管理するために、温度計を用意しています。
ドローで生ガスを吹かない為に、マガジンに入るガスの重さを計っています。残りのガス残量もわかります。

地面に置く時に、設置面に棒が出て直接地面に触れないような
カバンがあればいいなぁって思っています。


http://twitter.com/machsakai


このバックは、香港にいった時、ガンショップに中古で売りに出た物で
タグもなく、どこのものかわかりません。
結構しっかりしてて、ガスガンの重いまぐを5本さしても
びくともしません。
インナーバックっぽいですが、アウターは無かったです・・・。


イチローさんの作るレンジバッグ、ヒジョーに楽しみにしています。

現在2つのレンジバッグを所有しています。
Shooters' TORNAMENTと5.11の物ですが、2つともほぼ同じデザインです。Shooters・・・の方がクッション材が入って良いのですが製造元は同じではないかと。
5.11の方は外に持ち出すことなく、家でのガン保管用として使っていますが、
イチローさんのが発売になったらとっとと売りはらって購入資金に充てたいと思います(^^)

早く写真がアップされるのを楽しみにしています。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年9月23日 00:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一念 岩をも通す!」です。

次のブログ記事は「もう一泊になっちまいました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。