むーさん 吠える!

| コメント(3) | トラックバック(0)


>核武装をしていないからです。
話し合い? それは平和時だけのことで、混乱すれば軍事力しか通用しないので
す。

ウザイ、関係ない、メンドー、ちょーしこいてね?、しらける
ありえね、今が楽しければいい、そんな事どうでもいいetc・・・
その後話題変えて構って貰えたらまし。

脳味噌本能に従順な凝り固まった家父長制思考の特に♂のお年
寄りに到っては、バカかおめえ?この暇人が!キ〇ガイ(日本では
使用禁止です)かテメエ!酒が不味くなる!それで終れば
OK、機嫌が悪いと、殴る蹴る暴行が展開。

考えちゃダメだ考えちゃダメだ考えチャダメだ考えチャダメだ

前も書きましたが考える人、感じる人を排斥する風潮凄まじく、
それもどうやら昔から続くものの様ですね。
自分の子供なのに、その行為は自分をバカだと吹聴する行為な
のに、周りにバカだバカだバカだバカだ。周りも周りで困った
お子さんね。ひそひそひそひそゴシップは身近な人でも蜜の味。
困ったお子さんは腐った大人から。

俺らの頃は学生はもっと元気だった。政治に関して真剣だった。安保闘争の頃。
学生である必要も年齢も関係ないでしょう?
大人だからこそより知恵が発達して円滑な問題解決の提案を
出来るのでは?
俺達は仕事で疲れてるんだ。子供いますか?お子さんの幸せを考えたら・・・う
・る・せ・え!
分かります。まして、今、不景気。人、いらない。
企業は全体主義の傾向強め、労働の搾取。壊れたら死ね。
先の運動も企業はそれら参加者を受け入れず。見せしめに存在
の死。排斥され、居場所を奪われ。こちら政治家さんの圧力?
そもそもはじめは本当に大丈夫なの?という不安から、真実
を知りたくて対話を求めただけなのに、政治家さん達がシカ
トぶっこくからあらぬ方向にエスカレート。そのエスカレート
の裏にも自身のエゴを成就させようと言う大人の影があったのでは?
いずれにしても信念があるなら、堂々と若者の前に出て世界の
中の日本と言う現実と現状を真摯に伝えれば良いでしょう。対
話をすれば良いでしょう。求められていたのですから。暗躍す
る存在が動き出さない、対話が出来たうちに。
まして、問題意識持つ、それだけ真剣な若者見たら、将来に希
望が見えて嬉しいのでは?日本の将来、自分の子孫の将来にと
いう思考に到らない自分だけ安泰ならよしの風土です。
そうでなければ、警鐘鳴らす人を追いやり目先の利益でここま
で日本をコンクリート化しないでしょう。
そもそも官僚で出世できないから政治家になろうというのが日
本の政治システムの根源ですよね?矮小なコンプレックス抱え
た人が国政を担うのですから軸がぶれるのはもっとも至極です。
聞かぬ存ぜぬ見ぬ知らぬ御身安泰、結末、子孫絶滅。

一方的な主義や主張ばかりで心を蔑ろにし、対話をし、受け入
れる姿勢を持たないのは歴史により培われた性でしょう。
「誰が悪い訳でもない。皆、歴史の結果の子だ」
救いがない、救いのある言葉で個人的に好きです。

私、短絡的ですから、現状の打開策は幕末的行為に行き着いて
しまいます。でも、時勢は既に煮詰まり越えて、腐って来てま
すので、実行したら単なるテロ行為で処理されます。心を動か
す行為でもありませんし。日本の良識人もこれ口実に束縛強化
をして下さるでしょう。

そういえば、先の自民党時代の後半、国民年金の徴収が高圧的
になり、不興を買いました。昔、国民のお金、年金の貯えを増
やそうとバクチにかけて消しました。責任、ありません。バク
チは賭けですから。僕、まだいくつ?な時代の出来事を聞いた
話で恐縮ですが、公と個の概念の希薄さが分かるお話でした。
そのツケがまわってきた様で、年金の納付書の添え状に、恐喝
文章も書かれだしました。払わないと連帯責任、差し押さえ、
国民健康保険証の期限短縮。短縮したら、役所の仕事が増える
だけでは?年金と健康保険の関係は?年金の納付出来ない人は
早く死ねということでしょうか。これまでのお金は事実上没収
でき、バクチで消えたお金の補填に使えますし。でも、民主党
になってこの文章が添え状から消えました。
年金納付しない人には保険証をやらなければ良いと言って不興
を買った方がいらっしゃるこちらの党で。嬉しいですね。刹那的には。

ちなみに中国寄りのあのお方は、そちらと繋がりが出来たら今
いる党からとっとと出て行き、その後ろ楯の元、圧制の展開を
なされるのではと、誇大妄想展開中です。
元総理は、真実を隠蔽する為の使い捨ての可愛そうな道具だっ
たとも。・・・学者さんでいらっしゃれば良かったのに。

本心ですが、日本は終焉。結構です。
日本という国が進む道がこれでしたら、そこに細胞として存在
する私も甘んじて受け入れます。終わりにしましょう。日本は
滅ぶ。滅ぶべくして。
伝わらないこの世界で、察しあい、静かにその中でささやかな
幸福を感じ、それを大切に生きる人達や真摯な姿勢の人達も消
えてしまえば、その人達がつまらない加重に苛まれ、追いやら
れる姿も見ないで済みますし。

終らせて、そして、終った日本に一筋の光明を感じたいとも考
えますが、その世界に私はいる気はありません。もう充分で
す。つまり無責任。

市郎さん、私の本当の姿です。厭きれましたでしょ?

市より
なんでワシがむーさんに厭気がさすんです?
イイですよこの爆裂ぶり・・・。
本音で叫ばないことには意味ありませんからね。
これこそ市のブログです。感謝してますよ。

日本は烏合の衆の住処と化しているので
滅ぶべくして滅ぶのはいたしかたないとワシも想っています。

警察や自衛隊の訓練で手伝いをしても、馬鹿国民たちを護りたい
という気持ちはあまりおこりませんからね。

でも良い日本人も多く、彼らを観ると未来への不安はつのって
しまいます。

今夜は10時に終わりました。
今作っているのは「アンモバッグ」というタマ入れなんです。
タマやカラヤッキョウを入れるためのバッグで
エアガンシューターにとってはそれほど意味をなさないバッグ
なんですが、これまたアメリカには沢山あるのです、が、満足な
モノはありません。
しかし、このアンモバッグなら使える、欲しい、という日本人もいる
のではないかと想います。
で、また造りに失敗しましたが、コンセプトとしては良さそうなので
明日またチャレンジします。

独りして飲んでいます。
ワンカップ大関にはプラのフタがついているので
昨日の残りを楽しんでいます。
ワシには「半カップ小結」くらいでちょうどよいのです。

では、ほろ酔い気分でベッドにもぐります・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/554

コメント(3)

 お世話様です。 今ニュースでレイの中国漁船の船長を、処分保留のまま釈放!だそーです。また日本は中国の圧力に屈した事に成りますね~(--;)
 なんですかね~!?だったら最初から逮捕しなきゃ良いのに(@@)これでまた「日本はバカばっかりだから!ちょっとイジメれば直ぐにシッポを振るさ!」と思われますね(**)

 ホント日本は滅んで良いです!って言う~か~!どーやったら今すぐ滅ぶんでしょうかね~(??)
滅んだら!ここに集う皆で新しいニッポンを創りましょー\(^0^)/

 今自分!イワシの丸焼きをサカナに、八海山を飲んでます(^0^)/

どうやら、私は心底腹が立つとかえって冷静になる質(たち)のようです。

今は対中国で日本政府はオタオタしているようですが、
まずは「何事も話し合いで解決できる」という幻想は捨てましょう。
国際理解なんてことが声高に言われ始めて、中国人留学生と一緒に
ギョウザなんか作ったりしつつ幻の「友好」を演出し続けた日本。
その総決算が今の日本と中国の関係ですよ。
「話せばわかる」と思いたがるのが日本人の悪い癖、というか病根だと思います。
「世界には話してもわからないヤツがいる」ということを理解することが、
本当の意味での国際理解の第一歩ではないでしょうか。
そういう、話してもわからないヤツとどうやって付き合っていくか
が、
外交力の見せ所です。

今回の件については「法に従って処理する」旨のコメントを出した後は、
中国側の対応について細々と反応したり抗議したりする必要はないと考えています。
中国は吠えまくり、アジアの覇者となる野望を隠そうともしなくなるでしょうが、
それもまた良しですよ。
ユーロップが傍観者に回ろうとも、
中国がいかに信用できず品性の欠片もない国か
この機会にとくと見てもらおうじゃありませんか。
本当に資本を投入するに値する国か?
官民通してパートナーとなりえる国か?
この国が力を増すことは望ましいことなのか?
直接的に少数の国が軍事的圧力をかけるよりも、
多くの国の投資熱が潮が引くように冷めた方が、
ダメージとしては大きく対処も難しいように思えます。

ともかく、中国の挑発には一切乗りません。
必要に応じて禁輸措置や渡航禁止のような対応をしても
かまいませんが特別なアナウンスはしないことにします。
全て、予告無しに不気味な静けさの元で行います。
向こうが関係を絶とうとすることについては
「去る者は追わず」的に放っておきます。
現有戦力を集結させるなどの小手先の軍事行動も不要です。
ただのパフォーマンスだというのは見透かされていますから。
むしろ目立った動きを見せない方が不気味です。

ですが、ここで「日本の本気」を見せる必要は絶対にあると思います。
「これ以上調子に乗って勝手なことばかりやる気なら、
こちらも本気になるよ。」

何の前触れもなく、ここで憲法改正案をブチ上げるのです!
あえてコメントしなかったのも、戦力増強を論じなかったのも、
もはや小手先の対処で済ます気がなかったから。
根本から日本の軍隊のあり方を変える気が我々にはあるのだ。

不気味な沈黙の後で突然こんなことになったら、
中国はかなりショックを受けるでしょう。
改正案が通るためには世論の盛り上がりも必要でしょうが、
通ろうと通るまいと本当はどちらでもいいんです。
いつでも変わる用意がある、という強烈なメッセージを送ることができればね。

私が政治家だったらこのような対応をしたいと。
次の選挙では落ちるかもしれませんが(笑)。
そもそも、政治家とは「議員になってやりたいこと(政策)が
ある」から選挙に出るんですよね?
議員になることは手段であって、目的ではないはずですよね?
ならばやりたいこと=国を守るために働いて落選したとしても、
何の悔いが残ろうか!
・・・といより、憲法改正のように、とかくタブー視されることに
手を付けるためには異常な状況が必要とされるわけで、
自分の政治目的のために今の状況を最大限に利用させてもらおうというのが本音です。
政治家らしくイヤらしい発想でしょ(笑)。


もし核兵器があったら・・・と考えても間に合いませんから、
「核を持たざる国の戦い方」を模索する必要はあるでしょうね。
軍事面は当然のこととして、民間の中国進出に際しても
政府の軍事的意図とリンクした戦略が必要になってくるでしょう。
現在、多くの日本企業が中国に工場を構えていますが、
いざとなれば平気で凍結や接収を仕掛けてくるのが中国政府です。
企業の投資は水の泡。まさに泥棒にエサをくれてやったようなもの。
こういうことは実際に十分起こりうることですよね。
ならば、逆に日本企業の施設を中国に打ち込む楔にできないものか?
要所に展開し、ライフラインの整備にも積極的に貢献する。
一方で、非常時にはライフラインの切断や都市の機能障害を
引き起こせるような仕掛けを作っておく。
たとえ施設を接収されたとしても、外部からその機能を起動させられるような。

また、中国富裕層がネットに繋いでいる日本製のテレビやゲーム機が、
一斉に中国政府機関にサイバー攻撃を開始したらどうなるか?
同じようなことが世界中に出回っている日本製の家電製品から
行われたらどうなるか?


何だか書いていて自分の底意地の悪さに
溜息が出てしまいましたけど。
実際にこれらのことをやったなら、
今度は日本がテロ国家(苦笑)。
もう日本製品は買ってもらえなくなるなぁ。
でも、それも日本という国があればこそできる心配なわけで、
国が滅びてしまえばそれすらできませんよね。

もはや領土拡大のための戦争ではなく、防衛戦争が中心となる今世紀。
核を持たない我々は、勝つことよりも「絶対に負けない」ことを
目ざすべきなのかもしれません。
「こいつを本気にさせたらヤバいぞ」と、
中国が避けて通るような国でありたいものです。
そういえば、第二次大戦でドイツはスイスを避けて通ったんでしたっけ?
ま、独立とか中立を守るってのは、
キレイごとでは不可能ということですね。

市郎さん、お久しぶりです。
最近忙しくてブログを見れていませんでした。
実は僕受験生なんですよ。つまり来春受かればふらふらと此処に来ると思いますが、
落ちた場合は向こう1年間コメントできないということになるのでその時は察してください(笑)

今回のことで少し書かせていただきます。

日本政府の見解は「尖閣諸島に領土問題は存在しない。議論の余地など無い」というものです。
つまり尖閣諸島は日本国の領土で、外野が騒ごうがそれに応じる必要など全くない、ということです。
これが戦後、他国の実効支配を受け続けている北方領土や竹島なら領土問題と認めないのはかえってナンセンスですが、尖閣諸島は日本が領有を宣言してからつい最近まで誰も文句をつけることは無く、支配し続けてきた土地なので当然のことです。
実は、ナントカという大臣が「尖閣諸島の領土問題」という発言をして上記の理由で批判されています。本人に悪気はなかったのでしょうが、あまりにも素人丸出しで不安を通り越して笑えてきますね。

今の日本政府に足りないもので、早急に必要とされるのは勿論お金、そして外交努力だと思います。確かに現状は中心(アメリカ)にも周縁(大陸)にも属せない(属さない)日本人の心理が表れやすいのかも知れません。
しかし、主権を持つ国家としてやるべきことはやって国と国民を守るのが政府の使命のはずです。
中国が領土問題としてチョッカイを出してくるのが明らかに不当であるとするならば、早急にこのことを国際社会に提起して訴えるべきだと僕は考えます。
中国にチョッカイを出されている国家も、これから先チョッカイを出されては困ると考える国家も、
中国の強権化を快く思わない国家も少なくはありません。
勝算はあると思います。外交とは国益なのです。

今回のことで改めて感じたのは、やはり中国という国はいまだ20世紀を生きているのだなぁということです。
20世紀は帝国主義と戦争の時代でした。
いちゃもんをつけて、パワーをチラつかせ、行使し、ぶんどる。
こういったことを堂々とする中国が悪いのか、
はたまたそれを可能としてしまった国際社会が悪いのか。
僕は両者に責任があると思いますし、
今回のことを機に両者が変わってゆければ最高だと思います。
できれば日本が国際社会に問題提起していければなおよいと思うのですがね。
外交とは国益ですから。

日本が滅びるかどうか。
この国のピークはとうに過ぎたとするのが現在の一般的な考えではないでしょうか。
それを理解してこそ意味のある行動を取ってゆけるのと思います。
まあ結局はなるようになるでしょう。
もし国が滅びれば、そこにはただ土地と人間が残されるでしょう。
もしかしたら土地はすでに無いかもしれませんが。
国が存続しているとすれば、日本は今よりマッチョに、そしてカッコよくなっていると思います。
現状から見れば夢物語のようなものですが、理想を持たなければ目標も立ちませんからね。

お忙しいところに長文を投稿してしまい申し訳ありません。
もしかしたら市郎さんから見たらこの文章は甘っちょろいと思われるかもしれません。
実は僕自身そう思ってはいるのですが、やはり理想を持たない現実主義者なんて(現実を無視する理想主義者もですが)塩っ気のない焼き鮭と同じようなものだと思うので(笑)
いやね市郎さん、最近日本の焼きジャケは甘いのですよ。僕は焼きジャケは塩辛くてナンボだという人間なので気に食わないんですよ。
ナニ?塩分過多?トマト食ってカリウム摂れや!

失礼しました(笑) 
カリウムですが玄米にも含まれていると厚労省のWEBサイトに書いてありました!

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年9月24日 14:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「うむむむむむ、か、帰れないっ!」です。

次のブログ記事は「話しても解らんヤツばかりではないかと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。