話しても解らんヤツばかりではないかと

| コメント(1) | トラックバック(0)

未公開のコメントがブログTACTICAL LIFEのブログ記事'むーさん 吠える!'(ID:554)に投稿されました。公開するまでこのコメントはブログに表示されません。

どうやら、私は心底腹が立つとかえって冷静になる質(たち)のようです。

今は対中国で日本政府はオタオタしているようですが、
まずは「何事も話し合いで解決できる」という幻想は捨てましょう。
国際理解なんてことが声高に言われ始めて、中国人留学生と一緒に
ギョウザなんか作ったりしつつ幻の「友好」を演出し続けた日本。
その総決算が今の日本と中国の関係ですよ。
「話せばわかる」と思いたがるのが日本人の悪い癖、というか病根だと思います

「世界には話してもわからないヤツがいる」ということを理解することが、
本当の意味での国際理解の第一歩ではないでしょうか。
そういう、話してもわからないヤツとどうやって付き合っていくか
が、
外交力の見せ所です。

今回の件については「法に従って処理する」旨のコメントを出した後は、
中国側の対応について細々と反応したり抗議したりする必要はないと考えていま
す。
中国は吠えまくり、アジアの覇者となる野望を隠そうともしなくなるでしょうが

それもまた良しですよ。
ユーロップが傍観者に回ろうとも、
中国がいかに信用できず品性の欠片もない国か
この機会にとくと見てもらおうじゃありませんか。
本当に資本を投入するに値する国か?
官民通してパートナーとなりえる国か?
この国が力を増すことは望ましいことなのか?
直接的に少数の国が軍事的圧力をかけるよりも、
多くの国の投資熱が潮が引くように冷めた方が、
ダメージとしては大きく対処も難しいように思えます。

ともかく、中国の挑発には一切乗りません。
必要に応じて禁輸措置や渡航禁止のような対応をしても
かまいませんが特別なアナウンスはしないことにします。
全て、予告無しに不気味な静けさの元で行います。
向こうが関係を絶とうとすることについては
「去る者は追わず」的に放っておきます。
現有戦力を集結させるなどの小手先の軍事行動も不要です。
ただのパフォーマンスだというのは見透かされていますから。
むしろ目立った動きを見せない方が不気味です。

ですが、ここで「日本の本気」を見せる必要は絶対にあると思います。
「これ以上調子に乗って勝手なことばかりやる気なら、
こちらも本気になるよ。」

何の前触れもなく、ここで憲法改正案をブチ上げるのです!
あえてコメントしなかったのも、戦力増強を論じなかったのも、
もはや小手先の対処で済ます気がなかったから。
根本から日本の軍隊のあり方を変える気が我々にはあるのだ。

不気味な沈黙の後で突然こんなことになったら、
中国はかなりショックを受けるでしょう。
改正案が通るためには世論の盛り上がりも必要でしょうが、
通ろうと通るまいと本当はどちらでもいいんです。
いつでも変わる用意がある、という強烈なメッセージを送ることができればね。

私が政治家だったらこのような対応をしたいと。
次の選挙では落ちるかもしれませんが(笑)。
そもそも、政治家とは「議員になってやりたいこと(政策)が
ある」から選挙に出るんですよね?
議員になることは手段であって、目的ではないはずですよね?
ならばやりたいこと=国を守るために働いて落選したとしても、
何の悔いが残ろうか!
・・・といより、憲法改正のように、とかくタブー視されることに
手を付けるためには異常な状況が必要とされるわけで、
自分の政治目的のために今の状況を最大限に利用させてもらおうというのが本音
です。
政治家らしくイヤらしい発想でしょ(笑)。


もし核兵器があったら・・・と考えても間に合いませんから、
「核を持たざる国の戦い方」を模索する必要はあるでしょうね。
軍事面は当然のこととして、民間の中国進出に際しても
政府の軍事的意図とリンクした戦略が必要になってくるでしょう。
現在、多くの日本企業が中国に工場を構えていますが、
いざとなれば平気で凍結や接収を仕掛けてくるのが中国政府です。
企業の投資は水の泡。まさに泥棒にエサをくれてやったようなもの。
こういうことは実際に十分起こりうることですよね。
ならば、逆に日本企業の施設を中国に打ち込む楔にできないものか?
要所に展開し、ライフラインの整備にも積極的に貢献する。
一方で、非常時にはライフラインの切断や都市の機能障害を
引き起こせるような仕掛けを作っておく。
たとえ施設を接収されたとしても、外部からその機能を起動させられるような。

また、中国富裕層がネットに繋いでいる日本製のテレビやゲーム機が、
一斉に中国政府機関にサイバー攻撃を開始したらどうなるか?
同じようなことが世界中に出回っている日本製の家電製品から
行われたらどうなるか?


何だか書いていて自分の底意地の悪さに
溜息が出てしまいましたけど。
実際にこれらのことをやったなら、
今度は日本がテロ国家(苦笑)。
もう日本製品は買ってもらえなくなるなぁ。
でも、それも日本という国があればこそできる心配なわけで、
国が滅びてしまえばそれすらできませんよね。

もはや領土拡大のための戦争ではなく、防衛戦争が中心となる今世紀。
核を持たない我々は、勝つことよりも「絶対に負けない」ことを
目ざすべきなのかもしれません。
「こいつを本気にさせたらヤバいぞ」と、
中国が避けて通るような国でありたいものです。
そういえば、第二次大戦でドイツはスイスを避けて通ったんでしたっけ?
ま、独立とか中立を守るってのは、
キレイごとでは不可能ということですね。

市より
意地悪くなんてありませんよ、ルシファさん。
これは戦う方法を模索するといことだと想います。
リングに上がって殴る蹴るの応酬のさいに、圧倒されて後退しながら
もロープ際で相手と身体を入れ替えざまに反撃しようと素早く計算する
くせがワシにはつきましたが、ギブアップしたら終わりですからね。
戦術にキレイも汚いもありません。勝ちたかったら有効な手段を投入する
しかないのです。

ワシとしては自衛隊のカネがかかって威力のない大型武器を減らし
人員も半分に減らしたいです。そのかわり核武装した潜水艦を多く
潜らせ、空にはソーラーパワーで飛ぶ低予算の無人偵察機を開発し
ウントコサ飛ばします。

敵を探す眼、そして強力な打撃力。これが抑止力ではないかと。
攻撃はしかけないが、来たら戦うという態度をはっきりさせます。
ポーキュパイン構想なわけです。
まあ戦争を避けたかったら、これくらいは常識ではないですかね。

戦争で負けてひどい目に遭ったから、もう戦争はしないという考えも
一生低姿勢で生きる覚悟があるならけっこうですが、ワシの場合は
戦災でひどい目に遭ったので、もっと強くなって次にかかってきたら
必ず倒す、そのためには魂と腕力を増強するという方向に行きたいわけです。
ま、どっちを選んでもイイんですがね。

敵を知り、おのれを知れば百戦して危うからず。
皆さん、中国のことでコメントするならユンチャンの
「マオ」を読破してからにしないとイケマセンよ。
それと「朝鮮戦争」の本もね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/555

コメント(1)

どなたかのご気分を害する書き込みしてしまいましたか?
いや私、短絡的かつ極端なので結構叱られるのですよ。

相反する思考が私の脳味噌にありまして、一つはまだ日本には
希望が見い出せる。特に最近、若い方の思考力や発想の柔軟さ、
感受性には感動を覚えております。もう一つはそう言った可能
性の芽を摘み取る存在や自分のエゴをなす為なら他人等お構い
なしな凝り固まった思考の存在に対しての憤り。

で、先日はヒステリーになって後者で狭い視野で書きました。
今読みますと、本題と相当に軸がぶれてますね。
市郎さん、ご迷惑お掛け致しましたm(_ _)m
仕事柄、様々な分野でお疲れになられた方々が辛い境遇を語っ
て行かれるのですが私に出来る事はただ、聞く事だけ。気が楽
になったとおっしゃって下さいますが、これ、うぬぼれでが、
やるせなさと無力感に苛まれます。こう言った気持ちでガリガ
リと書きました。

書いた内容、事実に不備が考えられますが、私の中の事実と本
当の真実、それを整理したいので敢えて書きましたし、そう言
った事での反論や無知だというお話でしたら反省材料になるの
で嬉しいので読んでみたいです・・・電子メール欄にメアド書
けば迷惑を多少は緩和出来ますかね?

私、基本頑迷嫉妬族なのです。それでも私を叱ったり、認めて
くれたり、居場所を与えて下さる方々がいらっしゃるのでこの
日本で生活しています。

他の方の文章コピペして申し訳ないのですが、
軍曹さんの
>せめて家族や自分の好きな連中との生活や時間は守らなければ!

M-Sさんの
>全部放り出すのは楽ですが、何も生み出さない甘えです。
逆に考えてみませんか?

他、ルシファさんや、横浜市の高校生さん、先日のTさんの様
に論理的で理性的、知的な文章書かれる方、そちらにコメント
された方々、KO-1さんの様におおらかなコメントされる方等、
建設的な思考の方が沢山いらっしゃる事を見失ってしまい、狭
まった視界を何とかしたくなり馬鹿でヒステリーになって書く
ことが多いのです。

ああ・・・荒らしですよこれは。いや、ほんと申し訳ないです。
でも、こんなコメント・・・文字の羅列(´д`)を掲載して下さ
る市郎さんに、本当に感謝です。
と共に、ご迷惑をおかけ致している様で大変申し訳ございません。
もう少し、冷静で、論理的な文章を書ける様、努力致します。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年9月24日 23:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「むーさん 吠える!」です。

次のブログ記事は「日本、作戦で大失敗!!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。