JANPSシューターに質問でーす

| コメント(9) | トラックバック(0)

日本でビアンキカップをやっている人に聞きたいのですが、
試合で弾倉は何本持っていきますか? 本場だと1911なら8〜10本で、
ハイキャパだと5本もあればいいのですが。

ただいまレンジバッグを試作中なのでエアガンにも対応させようかと
考えています。棟梁もぜひ教えてちょ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/573

コメント(9)

JANPSは、9本持っていきます。
小さなバッグには、5本、
大きなバッグには、5本別に持っていってます。
計10本持っていきます・・・。

足し算間違えちゃった・・・。10本です。

え〜、このところ忙しくてコメント作る暇なかったのにぃ〜。
この話題では出てこない訳にいかないじゃないですか(笑)
私はシングルカラムのガンを使っているのでガスの気化が悪いため沢山用意します。
一番使うのがプラクティコで1ストリングス毎にマグを変えますので12本用意します。
プレートなら、8ストリングスですから8本ですね。
また、マグに寄って「速射に強いマグ」「命中精度の高いマグ」など性格が三者三様に
なるのでトータル15本くらい用意してステージに見合ったマグで望みます。
それと、私のマグはリップがプラ製なので実銃の様に
バンパーを上にしておさめるとリップが下に来て、
何かにぶつかったりすると衝撃でリップが折れたり
変形する事が在ります。なので1本1本のコンパートメントに
緩衝剤(青いスポンジ)を入れて対処したりしています。
まあ、私の様な使い方は他の人はしていませんから
あまり参考にはならないとおもいますが・・・

こんな感じでいかがでしょ?

皆さん沢山使ってるんですね。
私は4本だけですねぇ。+予備1本。

センセのように近距離・遠距離で使い分けをしています。
ただ、去年空き時間にトモさんから新型プローン講習を受けている時お尻のポケットから遠距離用の当たるマガジンが落ちて、リップが変形してしまいました。
今年はまだ精度確認してないので、JSC後に早くやっておかないと(^^;)

今使っているバッグにはアウターには8本のマグ挿しが付いてますが、インナーにはマグ挿しはありません。

ここには是非、多くのJANPSシューターから使用状況を書き込んで頂きより良いバッグが出来るよう協力をお願いしたいです。

私はJANPSではハイキャパマグを4本です。
マグを少し改造しているので、たくさん作るのが面倒なんです。
でも、ガスの気化の回復時間を稼ぐためには、数多く持ってストリング毎に交換する必要があります。
この2つのバランスをとった結果が4本というわけです。

今年初参加のビギナーです。
ハイキャパで4本+予備2本を用意します。
他に作動確認専用の空撃ちマグ2本かな。

ガスの安定とリズムを作りたいのでストリングごとにチェンジします。

理想は最大12本+予備です。
しかしガスガンのマガジンは実銃よりも重いので(345gほど)、4本を最大3回づつローテーションします。

プローンはしないので腰の手作りマグポーチに差しておきます。
腰には5本が限度ですね。

レンジ内でシューティングバッグにマグを入れておくと、いちいちしゃがまなければならないので。

昨年11月の掛川はとても暖かでした。

地球温暖化の影響でしょうか、ここ数年は12月に入るまで短パン・半袖で過ごしてます。

なので、マガジンの加熱対策は特にせずにローテーションで大丈夫ではないかと・・・

ビギナーはあまり余分な事にかまけると、肝心の事が疎かに成りがちですしね。

会場はシューター達の熱気でムンムンですから♪

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年10月 7日 11:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「観音G12が来ました〜!」です。

次のブログ記事は「あんがと〜!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。