タングステン カーバイド溶着!!!

| コメント(9) | トラックバック(0)

P1010537.jpg

やっぱチタンナイフにはタングステンの刃がないとあきまへん。
これなしには値打ち半減だす。
ほんでも、誰の作品でもええのとちがいます。
日本刀に惚れている感性の高いウォーレンのセンスによる
タングステンでないとあきまへん。

どーです、これ・・・
ええでっしゃろが?・・えっ? ほんまに えーでっしゃろ?
美の極致、、とまでは言いません、、けんど美しいでっしゃろ?

イチローさんは、このナイフをマグレットのカードに混ぜてキャリー
するためにディザインしましたねん。あの人、そこらにあるナイフでは
なっとくしないもんでウォーレンさんに頼み込んで作ってもらい
ましたねん。あの凝り性がウォーレンさんを動かしますねん。

         by 煎ってヨシ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/566

コメント(9)

市教官こんにちは(^o+)/

ぃゃ~。やっぱりウォーレンナイフ美の真髄は【+裏面に在り†】ですよね~#'∀+)ノ゙

日本刀の波紋をイメージしてつけられているらしいですが.ウォーレンナイフの特性考えると鋼のカタナより圧倒的に魅力大ですよねo(#^∀^)o
月が変わってぃょぃょ届く楽しみに拍車かかり過ぎて.全っ然眠れません(笑)それ程のウォーレンCRAZYですわッ#'ワ+ヾ

.それにしても.教官殿の伴侶殿は笑いのセンス秀逸ですな~♪ウローナイフを見るや否や《ツチノコみたい(*^_^*)》↑Yとわっ!!y↑

教官殿と山下さんが《正にコレは野生の本能うろーナリq*》直感的にビシリ決めたカッコイイ銘がジョーク一撃で粉砕??

ぃゃぃゃ.6-4チタニウムはそんなUMAちっくなライトジョークくらいでばらばらに砕け散る程脆い素材でないのは重々解っておりますよ☆曲なりにも自称真性のコレクターです故ヾ

ウローをプレゼントするレディには.ウォーレンナイフの本来の存在理由・造り手ウォーレン氏の他にない特質性・ミステリアスさ・値段・アメリカと日本の文化と考え方の差異 を ちゃんと伝えてから.【-日本の法律は.個人単位が最低限備えている必要のある戦闘力を.総て不必要な暴力とナマクラガタナでバッサリ斬り棄てる救い様のない駄ァ法なのだ。早い話.いつも突発的・不条理な殺人事件に巻き込まれてスンナリ亡くなってしまう被害者の方々は.司法に殺されていると言っても過言ではないね。従って.生死のかかった局面では自分自身で護身するしかない。今の日本の司法と官憲を形成している連中は例えるなら.肉食虫のオオカマキリやヤブキリを目の前にしても.せいぜい長い後ろ脚で★KICK☆するコトくらいしか出来ぬ.殆んどなす術なく喰われてしまうショウリョウバッタやクサキリばかりなのだから.現実に発生し得るイカレた局面にバッチリ対応したまともな法が作られる訳がない。実際に事件が起こっても.法を作る側の人間は只々 彼是と結論の出ない頭でっかちな詭弁を並べるだけ。狂った通り魔や殺人鬼を眼前に.ダラダラとした長ったらしい詭弁だけで自分や親しい人間の身は護れんだろう??個人としての強さは凄く大事なのだ。そして.その高みを目指すと.肉体だけでなく精神面も鍛練され.正常な考えも後からついてくるもの。その崇高な価値観が拡大·伝播すると.国を強く・良くするコトにも繋がってゆくのだよ。大体.ナイフ=殺傷と誤ったマニュアル思考の人間達がTVやネットで電波洗脳しているが鵜呑みにしては駄目×。殺さずに制する方法など幾らでもあるからね。寧ろ.これ位のサイズなら殺す方が難しいと言える。多少の怪我を負わすのは.犯罪者を戒める為の烙印の様ななモノ。その傷を見る度に.襲い掛かってきた者は《馬鹿だった。考えが甘かった。もうやらん》と心底後悔し.そこから反省が始まる。犯罪を犯すような人間は.そういう思考ルートでしか良民へ再生できないと思う。護身のチカラは.成功すれば相手の適応力を促進させ.良民へ変える可能性すら秘めてるのだよ。】という具合に.トックリと.ない頭をスクイザーにかけて教授する積りであります+教官殿。ヾ

(#~人+)ヾその上で.万が一.公撲の警官に没収されたら勿体無いから携行はなるべく控えて欲しい+† ともお伝え致しますよ♪ヾ

カッコイイナイフに仕上がりましたね。
模様も付いていてまた個性的かつ実用的で素晴らしいですね。
あとはイチローさんがお考えのタクレットにスタームルガーのLCPとカードナイフを入れればアメリカでは街中でカツアゲなど何かあったときには非常に便利でしょう。(その際銃の携帯許可証も忘れずに)
東京の方では未だに警察が通行人に職質しまくっているとは思います。都会暮らしの人も大変ですね。
本来だったら都会の方が犯罪が多く、護身が非常に重要になるのにちょっとした護身具でさえぶんどってやろうとするんですね。ARさんの言葉を思い出しますよ。「最低限の身を守る権利を与えろ」
確かに全くもってその通りですしこのブログにコメントしたり、読んでいる人皆が思っているのではないかと思います。
身を守る権利を保証しないのはすなわち命の危機を感じ、逃げられない場合、「死ね」と言っているようなもので、これは日本国憲法が定める「生存権」に反しているのではないかと思いますね。

市師匠。先ほどは.就寝時刻間際に投爆してしまい大変失礼ツカマツッタw。時差を考えたら.その辺の時刻でしたね。申し訳ないw

ナイフを用いて暴漢からスマートに逃げる術は.2000年頃出版された[格闘ナイフ]-著;トモ ハセガワ氏-にてしっかりと学習しております☆ヾ(ランス・ハリスさんやアーネスト・エマーソンさん.市師匠の勇姿も.その本で初めて拝ませて頂きました。以来.僕の中ではGOD的存在なのですよm(_ _)m)

ぃぇ;^∀+全然酔ってませんでしたケド w
酒はジュースによる希釈でアルコール度数が殆どないものか.ケーキやデザートに合う甘口の白ワイン(ザンクト・ミハエルやマスカット酒のモスカートダスティなど)が好きですが.日常的に飲む.という訳でもなく《ある日気分転換に》という程度なのでで.良く言えば酒に呑まれない人種ですよ☆ そして.さっきは別に嗜んでませんでした//(コロネパンを食べつつ.エスプレッソを流し込んではいましたケドネ ww)。

ガチガチの文面よりも.少々ブラックジョークをマジエツツ.と思って綴ってはいましたが..。 師匠のブラックRESぽん酢のが.遥かに高次元・且つ強烈で負けました(笑)

喉笛を掻っ斬るヾ..。イカレ狂って殺す気で向かって来る犯罪者を黙らせるには.確かにそれが1番安全で確実・手っ取り早い必殺テクだと思うのですが.正当防衛で暴漢を殺害すると.その行為を過剰とする法律下においては 間違いなく.1度 犯罪者の烙印を捺されて何年も刑務所へ幽閉されてしまう事になりますからね(ノ_+。)うまくいけば執行猶予付きの処分になりますが 犯罪者としての烙印には変わりありません。正当防衛で害虫を1匹始末すると何年間も服役しなきゃならない.世間からも犯罪者として白い目で見られるって.日本て国はどう考えてもおかしいと思います。悪性腫瘍を無事切除した執刀医が.微塵も患者とその家族に感謝されずに何故か犯罪者扱いになる.という 絶対に有り得ないフィクションストーリーと大差ないと思いますq*

でも現実は救い難く.どんな人間であろうとその人生を奪った代償を求められるのが今 僕の住む国の在り方ですので.此処に居ながら平和的に楽しく生活する以上は.イデオロギーの全てをブッ貫く訳にもいかないのですよ人+)ヾ
殺して駄目ならば.責めて怯ませたり.物理的に動けなくしてから逃げるのは良いでしょ??という思いです。
それすら駄目なら.通り魔に襲われて死ぬのは運命だから諦めなさいq☆// と言ってるようなモノですよね~日本の司法は~人+ヾ

少なくとも.僕はソコラ辺にいる人と比べれば.突発的非常時に対してある程度のマインドセットが出来てますし.危険な人間を見抜く眼も年の割にはあると自覚してます。それは全て.《察せねば間引かれるシビアな現実》と.市さんが発信してきた[犯罪は日常に潜む]という正しい教えが歪みなく合致し.偽りない真実と確信することが出来たからなので.そういう意味でもとても感謝してますヾ

大体.それとは別に.純粋に闘う為のツールってカッコイイですしね^o+)/
こういうモノに浪漫を感じる事が出来るって幸せだと思います☆

そういえば、世界のタングステンの輸出量も、中国のほぼ独占状態。
タングステンは工業に欠かせない希少金属。
アメリカと揉めたら、レアアースとセットにして、取引材料に輸出規制をするかもしれません。
タングステン無しには、アメリカの拠り所である銃器や兵器を作るのにも不自由します。
相手が相手だけに、戦えば勝つにしても、尋常でない損害を覚悟しなければなりません。
漁船事件は、中国に対するアメリカや、その他の先進諸国の弱みをも曝け出したと言えるでしょう。
各国の元首の方々は、今回の事件を他国の事だと軽く考えず、
世界的な中国包囲網の構築を検討すべきです。

 お世話様です。 完成しましたね!ウローナイフ。届くのが楽しみですよ(^^)/

 さて今日なんですが。仕事で直径40cm長さ120cmぐらいの横穴を、スコップで掘っていたら。なんとまたクナイが胸のポッケトから落ちて、足元の泥水にダイブしました(@@)
 どーもクナイは自分はボールペンで、カナヅチじゃないと思っているよーです!?この前はダムにダイブしそーになるし。(--;)
 自分思うんですが、グラスビットが付いているんですから。立派な金鎚だと思うのですよ(^^;)

 あー自分。八海山を飲み過ぎたかな~(^0^)/▽

 私のひょっとした思いつきを取り上げていただき恐縮です。
ウローはULUと表記すろようです。発音はoollooとなっています。たぶんウォロウ、のような発音が正しいのではと思っています。植村直巳さんの本ではウローと書いてあったと思います。おもに北極の女性がアザラシをさばいたり、肉(にんにく?)を刻んだりするために携帯するものです。形は扇のようなものなどいろいろです。本当をいうとあまりカードナイフには似ていない気もしますが、市郎さんがにんにくを刻んでいる画像をみて似ているかなと思ってしまいました。
 似たようなものは日本にもあったようですが、これはウォレンさんのもののように指をいれる穴があり、全体は斧の刃のかたちで、護身用の隠し武器です。宮本武蔵が晩年刀を手放した後に、杖とこの刃物を2個持ち歩き、風呂に入るときも脇の下に挟んで入っていたと何かの本に書いてあったと思います。ウロ覚えなので、間違っていたらすみません。
 宮本武蔵がこのナイフを見たら、「こりゃいい」と脇の下に挟んで風呂に漬かったかも知れませんね。
 それでにんにく刻んだりして・・・。
 私はこのウローにひそかに「穏狼」と字をあてて届くのを楽しみにしています。
 長々すみません。
 

こんにちはヾ

あなたが元々の原案者なんですね-^)ノ゙知識人にして.天才的な発想力だと思います。1コレクターとして.素敵な命銘に感謝しますヾ
ウォロゥ.という呼び方のほうが断然COOLな印象かも+。そちらの発音が正式なら.僕はウォロゥ・ナイフとして愛用させて頂きますヾ★

ノ゙市教官へ; ウローよりも.正しいとされる ウォロゥ‐ULU‐の呼び名の方が.更に格好よく シックリ決まると思いますよ!!名前のスタイリッシュさは.大事ですb゙折角の作品ですからね♪(^-+)ノ゙

 お世話様です。何でこんな時間に??
そー何ですよ、普通ならこの時間は夢の中なんですが(--)Zzz
今日は4時過ぎに近くのインターからバスに乗りまして!石川県の小松に航空ショーを見に行きます(^^)/

 でもあまり天気がよく無いみたいで(@@)もー4年位小松ではブルーインパルスは飛んでいないとか(**)
今日はどー成ることやら・・・・??それでは行って来ます(^0^)b
 

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年10月 1日 02:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ウローナイフが完成しました〜!!」です。

次のブログ記事は「ただいま〜・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。