ウローナイフの近況です

| コメント(9) | トラックバック(0)

http://pub.ne.jp/hamono/?entry_id=3222161
このヨシのブログによると「ウローナイフ」の近況は
以下のようです。


完全に売り切れの「完売」ではないんです。
ほぼ、完売なんです。じゃぁアルのカヨ、と言われると・・・ちょっと待ってください、とダケしか言えないんです。

あと何枚有るのか実のところよく分からないんです(汗

と言っても先に予約聞いている方の分はまず間違いなく確保しています。先に聞いている方の分は何が何でも絶対に確保したいから、入荷予定分より少ない目に予約受付をしました。
だから大丈夫なはずです。
イチローさんのブログに載った途端に、「詳細はまだでしょうが取り敢えず予約を入れておきます」みたいな内容のメールが数通来ました。
驚きました。
まだ詳しいこと何も決まってないのに・・・と言うか、オイラもイチローさんのブログで知ったし(汗
でもそれくらい情報と行動が速い方もいるわけで、それにはとにかく応えなければ、と思ったワケなんです。
だから先行予約分は何が何でも、と言うワケです。
なので積極的に告知とか案内出していたわけではありませんでした。

で、じゃぁ数枚の余剰がでる分はどうするの?と言うことになりますね。

もちろん仕入れたモノはキッチリ売りたいと思っています。なので、そこはご安心を。
それにイザ発送を始めたら意外にキャンセルとか出るかも知れませんし。

「ほぼ完売」と言うのはそう言う意味で使いました。

元々はイチローさんが個人的に使いたい、と言う発想から始まった企画ですし・・・イチローさんも取り敢えず最初のロット分が売れたらそれでいいんじゃないか、と言ってますし、まぁこう言う企画もアリなのでは、と。

でも凄い。

雑誌などには一切紹介されてなくても、モノが面白ければこれだけの反響がある・・・世間で起こっている消費行動が、遂にナイフ業界にもやってきた、という感じがします。やはり情報の早さってのがネットの利点、ってコトになるんでしょうか。

と言うワケで、これから出荷作業に取り掛かります。
なんせ一度に、なので予約いただいている方でも、連絡が届くまで少し時間が掛かるかも知れません。

ここまで来たら、手に入るまであと少し♪

楽しみにお待ち下さい!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/570

コメント(9)

昨夜、田村装備さんからメールがありましたので、これから振り込みに行きます!
届くのが楽しみでしょうがない♪
それから、新しいフォト。
「キリダシ」良いですね~
私はカッターナイフが嫌いなので(一度、折れた刃が目のそばに飛んできた事がありまして)こうゆうのが手元にあると、すごく便利ですね♪
ホシイわ~w

あ、カッターナイフは世間一般的に使えば問題ないのですが、肥後守とか小刀みたいにカッターを荒っぽく使う私が悪いのですw
それにしても、ステーキナイフとして使うのは、勿体ないような気もしますが、是非試したいですね~
やはり使ってナンボって思います♪

ウローが無事到着しました!
見た瞬間、「綺麗だ!」と、思いました。
凄く丁寧に仕上げてありますね~
握ってみても、手は痛くなりませんし、納まり具合もよいですね。
カッターみたいにも使えましたw
休日には、ニンニク刻みも試してみようと思います♪

はじめてコメントいたします。hkと申します。
ウローナイフ、山下さんより昨日とどきましたので、僭越ながらインプレッションを書かせていただきます。

数年前に入手したWarren Thomasのカードナイフを持っているのですが、それと比べて握りやすく、刃に力がかけやすくなっているのは非常に良いです。 1点だけ気になったのは、ランヤード用の穴に面取りがしてあるのに、指を入れる穴のほうには面取りがないというところでしょうか・・・・逆だったら良かったかと思うのですが、いかがでしょうか?
財布にいれて持ち歩くには、従来のカードナイフのほうが見た目の”害のなさ”がなさそうなので、ウローナイフのほうはぱっと見名刺ケースに見えるようなカイデックスか革のケースを自作して持つことを画策しております・・・
有事の際の”Last resort"として備えておきます。(そのような場面に遭遇しないに越したことはないのですが)

イチローさん、返信有難うございます。

なるほどー、コストの問題でしたか。
先のコメントを投稿したのち、ランヤードリング(ではなくて指掛けですね)に芯を抜いたパラコードで簡単なランヤードを作ってみました。 結び目を作るとその分厚みが出てしまうので、平らにつぶしたパラコードにスリットを入れ、そこにパラコードの端を通して固定してみました。ランヤードがあるとグリップしたときに薬指と小指を絡められるので少し安定感が増します。

ケイスは自分もナイロン素材が良いかと思い始めたところです。ナイフの楕円部分とエッジをカバーするケイスで、楕円の中でベルクロのオスとメスが張り付き、グリップする部分は露出させればグリップとランヤードを握って一気にひきだせるのではないかと思います・・・ケイス本体にハトメをつければ首から下げられますし、ケイス裏側にもベルクロをつければ大抵のところに固定できそうです。 この連休でいろいろ工作してみます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年10月 6日 01:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「警官も内面は人の子」です。

次のブログ記事は「Warren キリダシ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。