もどりました〜

| コメント(19) | トラックバック(0)

WCOX7141.jpg

無事にオレゴンからもどったものの
緊急の表紙撮影が待ち受けていて休むヒマがなく辛〜いです。
なので今日は朝から撮影室にこもっています。

訓練の撮影は歩き回るので疲れるんですよね。
二日間ばかりはゆっくりしたいんですよね。
「タクティカル ナイヴズ」という雑誌からたまに
撮影依頼があるんですが、こいつは断れないんです。
この表紙は前回のものです。

そんでもって明日からまた出張なんです。とほほほ・・・
でもこんどは鉄板撃ちもできそうなので楽しみです。
あ、、だったらタマを作らないとイケマセン、、ヤレヤレ〜

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/611

コメント(19)

おはようございます。

相変わらず、お忙しい毎日を送られていますね。{たいへーん!(^^)!}

忙しいことは、良い事?でしょ?充実してるでしょ?

液体のクエン酸や、アミノ酸等を摂取すると疲労回復がはやいですよ!

しかし、イチローさんは、自然食品を好みますよね?

自分もなるべく、クエン酸等は取らないようにしています。体を自然に鍛えて、自然に回復させた方が良いかな?と、かってに思っています。!(^^)!

ファイトー!!イチローさん!!

えっ!!!えっーーーー!!!!

12月ですか?何があるんですか?たのしみーー!!!!!!(^^)!

がんばりますよー!


ところで、中国ですが、温首相の次の首相が内定しましたね。あと数年は、中国は安定している気がしますが、そののち、バブルが崩壊して、不景気になるきがします。

イチローさんは中国の未来をどう見てますか?


やっぱりそうなりますかね??

日本も核武装し、常任理事国で発言力を付けないといけませんね。

現に、日本国もイラク復興活動でも、他国が守っていますからね、
警察力も届かない所も有りますし、自衛隊も災害派遣に行っているだけの組織です、しかも、丸腰で。

警察官も自衛官もやりきれないで、かなり+そーとーな矛盾で心が折れて、退職した人達をかなり見てきました。
そーゆー人達の力を皆殺して、明るい防衛力は全く見えません。

政治屋さんも、心の底からホントに「「日本を良くしよう」」と思わないのですかね????
何か、見えない力が動いていますかね??

 中国共産党は、民主党政権になる前から、日本の財産を中国の物とすると公言しています。
アメリカは中国市場に幻想を抱いてます。日本が日清日露戦争で獲得した中国市場を、今で言うグローバルスタンダードを掲げて市場開放を日本に要求しましたが、当時の政府は拒否しました。これに激怒した米国はオレンジロード計画を立てた。
 
 アメリカが日本を捨てる事は考え難いです。
米国は日本を米国側に引き込んで置こうとしています。
今、日本の自衛隊再考が湧き上がって来ています。兵器を他国との共同開発できる様にするべきだ。などなど。その根幹にあるのは、日本の自衛隊を米軍の 下請けにする事にある。二軍や予備兵力ではなく下請け。米軍の言う事を黙って聞くだけ。

 侍の国と仰っていますが、アメリカの占領政策3R5D3Sを以前に書きましが、亜米利加が侍の魂を侍の精神を日本人に習得させない様に七年かけてぶっ壊しました。今の日本に武士道を養成できる所は如何程あるのか。武士道の教育がない状況で身に付けろのは難しいです。武士の家に生まれただけの侍もいますが、多くは侍としての教育を受けています。
 武道と武士道は同じである。武士道と武道は別けて考える事は出来ない。過去の文献で、16世紀の頃には武道と武士道と云う言葉は使われ、判然と区別されていませんでした。
 アメリカは大東亜戦争で、アメリカ人の常識では考えられない事を日本人はやった。米兵が特攻で体当りして来る飛行機の操縦士と目が合った等は良い例でしょう。何故こんな事が出切るのか。武士道です。アメリカはそれが判ったから、武道を禁止して、スポーツをやらせた。武道を形骸化させ武道と名乗っても中身をスポーツ化にして、侍の精神を体得出来ない様にさせた。
アメリカの占領も日米戦争も未だ終わってない。
年次改革要望書を見れば判ります。
この認識すら無い。
この事を判っていない人は大勢います。

おひさぶりです
骨さんのおっしゃるスポーツについてですが、まったく共感してしまい一筆書くことにしました。
そもそも戦技とよばれるジャンルの運動があるんです、射撃、格闘、持続走などなど、北海道の部隊にはスキーも必要となります。戦闘行動を行うために最低限身に付けなければならない基準なわけですが、これがスポーツ化してるわけです。
一例として、
持続走=全ての基礎的体力作り=フル装備で10kmやら20kmやらを走ったり長期間の戦闘に耐える体力
なんてふうになります。それが、
持続走=マラソン大会(ランニングシャツ、スニーカー,給水ポイントあり)
スキー=クロスカントリー(ウン万円もするワックスつけて整地コースをスケーティング)
銃剣道=ポイント制(銃剣道連盟も段位大安売り)
格 闘=痛いからたしなむ程度(基本的にやりたくない(T_T))
射 撃=点数優先(精度よりも短時間重視)(時間点ってのがあるんです)
と、患部が悪いんでしょうね~いやいやそれと上級陸曹も悪いですよ~。この人達が定年するまであと10年あります。あと10年はこんな感じで自衛隊は行ってしまうのでしょうか?あと10年、日本は北西の国々の圧力から耐えられるのでしょうか?

不安だけ残して寝ることにします。おやすみなさーい

そもそも日本人だからといって侍とは限らないというか、
古来から侍より農民のほうが圧倒的多数だったのではなかろうかと。
オイラは農民の子孫なので、侍じゃないですし
スポーツ選手が「侍JAPAN」とか呼ばれてると、
「お前らの先祖は侍だったのかよ(笑)」とか思っちゃいます。

自衛隊の銃剣道はホントに無駄の極みだったと思います。
演習に行っても使えない、銃剣道オンリーの陸曹とかいましたしね。
しかも、使う木銃も64や89とは関係ない長さだったり。
銃剣格闘の訓練なら少しは役に立つのでしょうが、まったくやった記憶がないです。

まぁ、実際に戦争になって、手足ふっ飛ばされたり
内蔵飛び出たりして、衛生隊員が対応できなかったり
待ち伏せで小隊全滅とかそういうことがない限り、
根本的な変革はないかもしれんですね。

なんか後で読み返したらヘンテコな愚痴作文になってました。ゴメンナサイ
弁解する必要もないですが全てに言ってるわけではなくて取りあえず自分正面の一部に対する不平不満でした。

最近、自分磨きに専念しようと決心したTK-Sでした。

自衛隊は今も射撃も極端に少なそうですし、だからといって。
アメリカみたいに個人で銃を買って射撃するわけにはいかないですからね。本当にアメリカ人
米軍がうらやましいです。

聞いた話ですが、以前あったヘリ墜落事件で墜落現場で捜索に行こうとしたら現場付近は熊が出没する可能性があり危険なので、地元の猟友会の方々に同行してもらったと聞きました。
確かに、今の一般自衛官じゃ友軍相撃(フレンドリーファイア)しかねないですからねー

orz

なんか猟友会の人とか、サバゲーマーに実銃を持たせたほうがよっぽど活躍しそうと思うのは私だけ?

猟友会が同行したのかどうかは知りませんが、
防衛出動でもない限り自衛官が射撃場以外で銃を撃つことはできないですからね。
昔、海兵隊と共同訓練したときには海兵は関係ない状況外の車両まで
バリバリ撃ってました。一次湾岸戦争では、米軍の戦車同士のフレンドリーファイアとかもありました。

アメリカの年次改革要望書に、銃器の所持許可緩和とか
銃刀法改正とかが盛り込まれることを祈っています・・・。

猟友会は、高年齢化や規制強化や世間の無理解によって、急激に会員数が減少しています。
害獣駆除は、ほぼボランティアに近い状態なのに、射殺をすると世間から非難を浴びるという酷い扱い。
大型の害獣の駆除に必用なライフル銃の所持者は、十数年後には両手で数えられるぐらいにまで減っているかも知れません。
法改正して警察や自衛隊が害獣駆除をやれるようにしないと、近い将来には、熊が住民を何十人と死傷させても、自発的に山に帰ってくれるまで、ひたすら待ち続けるしかなくなるという事態になる事でしょう。
自分の家族が食い殺されても、鉄砲反対・動物かわいそうと言い続けられる人がどれだけいる事か。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年10月20日 05:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「清濁併せ食う・・ 笑」です。

次のブログ記事は「ガメラの映画」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。