衝突場面!!

| コメント(7) | トラックバック(0)

お忙しいのにワザワザ返信ありがとうございます。
自分はまだまだ人間が出来て居ないのでついつい聞き流すと言う事を
忘れてしまいがちです。

そう言えば日本ではセンカクの衝突事件の例の映像がユーチュウブにアップ
されたので騒然としています。

多分民主党に消されると思いますが一応リンクを張っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=q3JYT0G94-E

byメガヌロ太郎


やったー! すごーい! 伝えられたとおり、やつらからぶつかってますね〜!
それにしても誰が映像を流したのか・・・
国民には知る権利があり、無能政治屋たちが共産党の機嫌をとって
ひた隠しにしていた映像を敢えてアップしたのは立派だと想います。
メガヌロさんにも感謝します。

見やすいように直接貼り付けます。
メガヌロ太郎様、ありがとうございました。

管理人ヨシより

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/633

コメント(7)

 お世話様です。自分も今朝ニュースを見て知りました!
日本政府は本物かを確認中だそーです。
 自分が思うに、この映像が本物なら!何故隠す必要が有ったのか??
もっと早く公表していたら、中国もあんなには、強気には成らなかったのでは!?

 日本国は何時もやる事が遅い様な?? 「石橋をたたいて渡る」でも!そんな事言ってるより、速行動!って時も有るのでは!?

市郎さん、皆さん、ご無沙汰致しております。

私に言わせれば、このビデオは日本政府としては是非公開し日本の正当性を主張する材料にしたかったが、
「日本政府の決定で」と言う形で公開してしまうと、中国を刺激する(本来、日本は堂々と中国側の責任を主張し、
それで中国が日本を攻撃すると言うのなら、
受けて立つと言う毅然とした態度を持つべき)ので、
「流出」と言う想定外の事故等出所の分からない様な形で
公表すれば、中国政府をそこまで怒らせる事も無く、
日本国民・野党からの「公開せよ」と言う圧力も同時に回避出来るだろうと言う、弱腰日本政府の作戦での公開だった様な気がします。

中国には「国民総動員法」と言う法律が有って、有事には世界中の中国人が一瞬にして中国兵になるらしいですが、
アメリカ等海外に在住し銃器を使用した戦闘訓練を何時でも
合法的に行える我々日本人及び日系人も、有事には日米同盟軍兵士として彼らと戦えば良いのです。(笑)。
国家防衛戦力にならない救助要請者ではなく、有事に即応可能なスキルを持ち、「国家の命綱」とも言うべき戦闘員として活躍可能な国民を日本も育成すべきです。
やる気の有る国民達は、既にサバイバルゲームや海外の射撃場等で自主的に本格的な訓練をされていますが、
日本政府は国内での訓練に必要な模擬銃に対してさえも規制強化しているのが現状です。
外国が日本に侵略して来る可能性より、国内でのクーデター発生の可能性の方を日本政府は恐れているのでしょうか!?

「世界中の全ての国の価値観が一緒であれば戦争は起こらないと思いますが、現実的には価値観の違いで揉める事の方が
圧倒的に多い訳ですので、それに必要な備えを行わない我が母国が非常に情けないです。

また、中国と領土問題で揉めて日本政府の弱腰姿勢が露呈され明確になると、ロシアの大統領も間髪入れずに北方領土を訪問!!「日本が民主党政権の内に、この混乱を利用して一気に日本政府を丸め込んでしまおう!!」と言う思惑が有る様に見えます。

こう言った事からも、日本政府の姿勢が近年変わるとは到底思えませんので、アメリカで本格的な「日本人主催の日本人の為のタクティカルシューティングツアービジネス」を開業したいと結構本気で考えている今日この頃です(笑)。

市郎さん、ご返信有難う御座います。
確かに、今の政府にそんな粋な事が出来る訳無いですよね(笑)クビや厳罰を覚悟で正義の為に行動を起こした議員や海保隊員が居たとすれば、我が祖国もまだまだ捨てた物では無いですね。そんな彼らの努力を無駄にしない様にしたい物です。
合法的に何処でも手に入り易いアーチェリーの訓練も必要ですね。

Ichiroさん

今回、『リーク』という形で真実が明らかになった事が残念でありません。
現在、政府・メディアでは『犯人探し』が話題となっています。
観ていると、『教室のガラスを誰が割った!!』と先生が怒っているのと何ら変わらず、根本的な問題、『なぜ、事が起った時に公開しなかったのか!?』という事が等閑になっています。

現場の海上保安官は混乱していると思います。

『国は、自分達が正しい事をし、国を守っているのに国は我々を守ってくれない』と…。

この映像は海上保安官だけでなく、法を執行する、法の基に従い行動する人達にとっては重要な『資料』です。
『自分であれば、こうする、こう命令する。』こういった『資料』は国の安全を守っている人達に共通し、現場に居た人達は『我々がどう行動したか知ってほしい』と願うでしょう。

これは一個人の考えですが、リークした人は早いうちに名乗り出て、経緯を述べるべきだと考えます。
『正しい事をしたい』という考えは私も同じです。当たり前です。私も陸上自衛官として、悔しい思いをして勤務しています。
ですが…、この国、又は一部の組織は可笑しいです。正しい事を隠す輩が居ます。
私であれば、どうせ逮捕される、若しくは部内処分されるのであれば堂々と格好良く私欲を捨て自分を犠牲にします。
映像をまだ持っているのであれば、裁判所にでも行って国を相手に起訴するのも良いかもしれませんね!『国は海上保安官を危険にさらし、中国漁船員を不当に釈放した。』と…。

テレビで元内閣安全保障室長の佐々氏が『これは滅びの美学、私はこのビデオを公開した人物を守る。』と言っていました。
現実を理解している人は少ないですが、佐々氏の様に『頭上を鉛玉が飛び交う場所』を経験している強者も居るんです!そういった人は理解してくれ守ってくれます。

事実、メディアやニュ−ス・ワイドショーのコメンテーターは『なぜ流出した!?』・『流出した意図は?』・『流出させたのは誰か?』という事しか騒いでいません。
現場の海上保安官の身の安全を心配したのは佐々氏と元陸上自衛隊北部方面総監の志方氏しか居ません。

ビデオを公開した人は悩んでいると思います。『自分の行動は正しかったのか?』と…。

一度、自分が正しいと思って行動したのであれば胸を張りましょう!
『私心を持ったらいかんぜよ!!』と過去から聞こえては来ませんか?

我らは『レギオン』大勢です。豚に取り付き崖へ落としましょう。

同じような事が起らないために…。

ARさんお久しぶりです!
昨日は映像流出で大騒ぎでしたね。僕も携帯からYouTubeで映像観ましたよ~。ガチで中国からぶつかって来ましたね~。
いよいよヤバくなりましたよ。酷ければ物理的或いはそうじゃなくても心理的に日本を倒そうとするんじゃないですかね。
僕は現在鳥取県在住で中国ともかなり近いです。もしかしたら56式や97式を持った中国兵が山陰の海岸から上陸してきたらと思うと若干ビビっちゃいますね。
心理的だったら中国国内では反日運動が活発し、日本にはプレッシャーが生まれるでしょう。最近ではロシアのメドベージェフ大統領が北方領土に行きましたからね~。如何にも「俺の土地だ」という感じでしたからね~。
日本政腐はこれらの事実を見聞きして悔しいとは思わないのでしょうかね。全く(怒)
もし物理的に攻撃してきたら、いつ襲ってきてもいいように、イチローさんやARさんのいう通りアーチェリーを用意して練習しておくというのもいいですね。
そう思うと高校時代に弓道やっとけばよかったと思いますよ。
他にもボウガンやスリングショットもいいかもしれませんね。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年11月 5日 04:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「」です。

次のブログ記事は「なんということだ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。