石原さんの言葉はまっとうかと・・・

| コメント(8) | トラックバック(0)

「あの映像は本当に秘密と言えるか分からない。秘密であったとしてもあの映像は公開すべきだと思うし、やった人間は僕は愛国的だと思う。その人間を売国内閣がだね、罰する資格があるのかね。それは最終的に世間が決めることだけどね。政府がやっていることは本当に無能というか、見てられない」

 仙谷由人官房長官は守秘義務の範囲だと言っているが

 「それは色々な人が自分の保身のために言うんだろう。ただ、あれを内閣が隠す理由は何なんだ。何様のためなのか。相手が中国様のせいなのかね。仙谷は『中国におかれましては』とか敬語を使うけど一国を代表する政治家の一人がだね、対等な国際関係の上で相手の国に敬語を使うばかなことってあるか本当に」


 「意図的にその人間が流したんだったら、僕はそれは一つの崇高な志だと思いますよ。国民に知らせるべきと思ったんだったらね。その動機は愛国的だと思っている。あなたはそう思いませんか。国民はそう思っている」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/654

コメント(8)

お疲れさまです。
私も石原さんの言葉、そのとうりと思いました。

国民のほとんどがそう思っているのではないでしょうか。

最初から出しておけば良かったのに、、、、、、

中国側はそれでも合成とか言ってますね。

日本人ももっと怒ろうぜ。

あの人がそもそもおかしい人だから

官房長官の言っている事は本当に支離滅裂。
ペーパードライバーならぬペーパー弁護士。
あれだけ法律や規則を独自解釈してしまう弁護士なんて、金を貰っても使いたくない。
あんな知識や能力では、裁判が始まった直後に敗訴が確定してしまう。
今回の流出事件は、ヘタをすると不起訴処分になるかもしれませんね。

司法が正しい法解釈をしてくれる事を願います。

石原都知事は、素晴らしい日本人だと思います。

本当に国民の目線で物事を発言していると伝わってきます。

確かに、機密(本当にそうだったの?)を流失させたのは良い事とは言い切れない所もあると思われます、軽い処分で良いのでは??

それより、もっと行わなければならない事がありますよね?

国の体制、日本国の威厳。過去を悪い意味で引きずるのは良くない事だと思います、良い意味で過去の良い事を振り返り21世紀バージョンに改造し、心の豊かさを求められ、又、皆で成長しあえることをしてもらいたいです。(一個人として)

明治神宮至誠館館長荒谷先生の御言葉ですが、「戦前の日本人の心の豊さを振り返る。」と、言われています。
これには、歴史の勉学が必要ですが、1週間に2~3冊のマンガや、週刊誌を読む時間が有るならば、その時間的な感覚でよろしいので歴史の勉学を行えば理解できると思われます。
明治神宮至誠館館長荒谷卓先生の「戦う者たちへ」並木書房1575円を読まれると日本人ならば理解できると思います。
ちなみに、私も読ませてもらいましたが、私は魂を震わされました。

自分で調べた情報ですが、あの尖閣沖中国船衝突事故の中国船船長は中国海軍軍人の可能性と、中国衝突船も中国海軍船を改造して漁船に作り上げた可能性があると言う情報です。

?さんの思うおかしい理由が知りたいです。ボンボン的なことをたまに言いますが、他の政治家の坊々さと理不尽さに比べたらずっと建設的です。政治家の言うことなすこと腹の立つことが多いですが、石原さんの端的な言葉は庶民の思いが公人の言葉として露にされるのでスカッとしますね。

正しいか正しくないかで判断するのか、損か得かで判断するのか、で、物の見方も異なってくるでしょう。
石原さんは正かどうか、政府は損か得かで判断している様に聞こえます。たぶん中国の国民も同じなので無いかと思います。中国国民を件をする様なことにならなければ良いと危惧します。

私は仙谷大臣の知り合い・・・というほどではありませんが、
あの方が地元で活躍しておられた頃を少し知っている者です。
はい、”少し”です。

私の知っている”あの方”はまわりへの気配りなどあまり考えてくれない人のように思います。初対面の人に対してでも結構失礼で無礼な事を平気で言います。

最初は”気付いていないのか?”と思った事もありましたが、やがてそうではないと感じました。時には立場の弱い者に対し失礼な事を言ったり、態度をとっても言い返せないその反応を楽しんでいるようにも見えました。いますよね?そういう意地の悪い人・・・。

その裏に”自分は偉い!””まわりの連中はアホだ!”と思っているような態度が見えました。まぁ確かにその通りなのかもしれませんが、正直に言わせてもらえば実に始末の悪い”先生”でした。

もちろん私が知っている事は”あの方”のホンの一面に過ぎないのかもしれません。そりゃあ大臣にまで登り詰められた人なのだから素晴らしい多くの点をお持ちなのでしょう。

しかし”あの方”が時折見せる

”他人を不快にさせる言動と態度。”

表舞台の場でやらかさなきゃあいいが・・・と思っていましたが、やはり”地”が見えつつあるように感じる今日この頃です。

ある人に言わせれば
”政治家なんてみんなそんなもんだ。”
と言いますが・・・。

私も石原都知事のコメントは好きです。確かにマトを獲てますし、ほかの方々がなかなか言えない(言わない?)ことをガンガン言ってくれると意見が言えない消費者としてはうれしいです。

中国外交も兼任してくれないかなぁ。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年11月12日 21:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ライフルス オンリー」です。

次のブログ記事は「狙撃訓練のタマ入れにも・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。