諸君、前に向かえっ!

| コメント(2) | トラックバック(0)

私信です。
イチローさん、掛川、行って参りました
数々のBianchiグッズ、ありがとうございました。
でも小さいピンズは入っていなかった様な?・・・
しかし、その他景品、それに何よりエントリーカードとゼッケン、
アレは久しぶりの宝物ですねぇ。何しろカネを積んで買える
ものではありませんからね。

この夏、暑かったので古いシャツ類の虫干しをしたところ
MGCの頃のイチローさんから貰ったジャパンビアンキの
Officalのシャツが出て来ました。マジックで市マークを書いたヤツ。
いやあ、懐かしい。そういえば、あの時もおねだりして
貰ったんだなぁと懐かしんでおりました。今回の物も
それを超える頂き物となりました。
本当にありがとうございます。
ビアンキもの収集マニアとしては至高の宝物です。
本来なら自分の名前を刻んだ物を自分で得て来るのが一番なのですが
世の中なかなかうまく行きませんで・・・。

今回の成績といえば・・またメッタ打ちにされました。
自宅にムーバーを設置し4イベントすべて出来るぞと意気込んだ結果
もままならず、見事に返り討ちに合いました。昨年よりも悪い成績となり
何を練習したのか情けなくなるほどでした。
(でもさすがにムーバーだけは1ダウンで押さえたのですよ・・ヤッタ!)
トモちゃんからも「あれじゃあダメだね」とダメ出しされましたし。
さすがに今回は心が萎えました。
現時点ではすこし休んで、テッポの事からはなれてみて
「やっぱりやりたい!」となるまで充電してからまた
取り組もうかという気持ちになっています。

エアガン競技といえども、失敗が出来ないというのがこんなにキビシい
ものなのかと。でもまたやりたくなってしまう。コレって
すこし「マゾっ気がある」って事なんでしょうか(笑)
やはり一人練習には限界があるのか。
志ある人たちとたまに練習しないとダメなんでしょうねぇ。
雑感(半分愚痴?)申し訳ありません。

それではまた来年もビアンキグッズ、よろしくお願いします(厚かましい!)
では、今回はありがとうございました。
たまにはアドバイス、お願いします(^_^)/

市より:
エントリーカードやゼッケンなんどで喜んでもらえるなんてウレピーなあ〜
だってあれらはいわば「ビアンキゴミ」で捨てるしかないんですけんの。
ピンバッジが消えたそうですが、石井がガメて女の子に
「あのさぁ〜これは世界一の拳銃試合のバッジでアメリカの会場にいかないと
ゲットできないものだけどさぁ〜君は可愛いからあげるよ」と言い、その娘は
「はぁ〜?」と迷惑そうな顔をしており、それでも石井は満足そうにしていたという
詳細な報告が入っています、、、というのはウソですよ。
ともあれ、こんど石井に会ったら厳しく問い詰めてください (^◇^)


>今回の成績といえば・・またメッタ打ちにされました。
これなんですよ、これ!
ワシも長年にわたってこれにヤられています。
今ウーマン チャンピオンを何回も穫ったベラがマリポに泊まり込んで
練習していますが、彼女の悩みもそれなんです。そして多くのシューターが
その陥穽に落ち込むわけで、これは謎ですね〜

「イーチ、教えてくれないかしら、、どうして私たちは一度できたことが
出来なくなってしまうの? これが私にはどうしても解らないの・・・」
と昨日の夕方に聞かれましたよ。
「ぜんぜん判らないね、ただここでギブアップしたら挑戦が終わってしまい
心身がどんどん老け込んでしまうだろうということだ、続けるしかないね」

平常心の問題かも知れませんが、だいたい試合に臨むにあたって平常心で
いられるわけはなく、、だいたい練習でもヘタになっているんで原因は
他にありそうです。
ドロウして狙って撃つ、、たったこれだけの単純作業がこれほど
難しいのか! これは射撃の世界が深いちゅうよりも「人間バカ過ぎ」
という気がしています。少なくともワシ自身は自分の無力さとダメさかげん
をタップリと味わっていますよ。
ただ言えるのは、

射撃は面白いっ! やめられないっ!

てことですのぉ〜。
センセも皆さんも「何事かに挑戦していると自分を強く保てる」わけで、
これは結果うんぬんよりもずっと大切なことではないかと。
だいたい試合なんて聞いただけでビビッて出てこない腰抜けばかりの
人間世界なので、そこに「懲りずにしがみついている自分」があれば
TL的には上等なんだと想いますよ。

T警部補とN警部補という男たちがいて、彼らは決してへこたれず
困難を前にするとニヤリと笑いながら正面攻撃を続けるのですが、
こういった不退転の決意をもってじっくりと人生してゆけば
それなりの精神の輝きは得られるのではないかと想うんですよね。

一番になって何が得られるかというと、それはたいしたことありません。
まあ、写真の腕が業界一番だとギャラが安定しますが・・・
しかし、物事の順位と幸福度とは比例しません
幸福感や充実感はマインドの問題ですよね?

わ〜、、これを書き出すと長文になっちまいますのでやめますぅ〜

今日は140枚からのフォトショップが待ち受けているんで・・・
とにかくセンセも皆さんも「前に向かえ」後ろはほっとけ!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/663

コメント(2)

JANPS2010を無事に開催する事が出来ました。

数々の協賛のお土産を頂きまして、ありがとうございました。

今年は史上初の1920点が記録され、JANPSも
新時代に突入することになります。

優勝した越後屋さんは12年前に掛川ビアンキの門を叩き
以来、ひたすら挑み続けてきました。

「そこまでやるか!?」と言わんばかりのチェックを繰り返し
192発をいかに10点リングに収めるかだけを
追究し続け、遂に前人未到の記録にたどり着きました。


優勝インタビューで

「僕が出来たから、誰でも(1920点を)出来ますよ」

と、静かに語っておりました。

来年のJANPS 2011も楽しく熱い大会をお届け出来るように
主催者一同、頑張ります!!

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年11月18日 01:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ノーベル症に罹って・・・」です。

次のブログ記事は「猛者達」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。