悲しい大根おろし

| コメント(6) | トラックバック(0)

今日はレミントンの新しいライフルを終日かかって撮影し、運動の時間もないまま夕食時間となってしまいました。
しかたがないので、くつろいで新聞を読むと、冷蔵庫の中にあった大根おろしを娘が勝手に食べたと立腹し、長女を包丁で脅かした人がいるというニュースがありました・・・。この人は82才だそうで娘は55才だと新聞には書いてあります。長女も近くにあったつえを振り回して逃げたため、けがはなかったそうで・・・。

聞けば、このお父さんにも大根おろしのことで切れるという事情があると想うわけで、ナナリンの意見では82才になると大根をおろすのは大変なので、一方的にお父さんを悪者にはできないとのこと。
それにしても、なんという悲しい事件かと・・・。
人間たちって、どうしてこんなふうになってしまうのでしょうね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/680

コメント(6)

こんにちは、

自分が思うことは、やはり心がヤツレテいるかもしれませんね。
特に日本人はそう思います。

自分もどうしたら良いかわかりませんが、常に「良くならないかな」、「人のために何か出来る事はないかな?」と思っています。しかし、自分も修業中のためもっと自分自身を磨かないといけません。

心が良くなるためにはどうしたらよいでしょうか??

おそらく痴呆症が進んで、目の前の女性が自分の娘だという記憶が無いんでしょう。

おボケさん(認知症)にかかると怒りっぽくなるみたいですヨ。ワタシは介護側の人間ですがケアマネジャーさんに「怒り出すと良からぬ行動に出るので気をつけてください。」と念を押されてます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年11月23日 11:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「」です。

次のブログ記事は「ガンショップ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。