タングステンの刃付き !!

| コメント(4) | トラックバック(0)

IMG_0914.jpg

以前のキリダシは小さすぎるというきらいがありましたが、
こんだのは、なっかなか御機嫌なサイズとなりました。
いつものことながら日本刀ファンのウォーレンにかかると
タングステンの模様にも日本の美が感じられますね〜
これは食事用のナイフとしても快適に使えそうですよん♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/689

コメント(4)

おつかれさまです。
切り出し、良さそうですね。
さて質問があるのですが、タングステンとゆうことですが、
研ぐ時はやはりダイヤモンドやすりとかで研ぐのでしょうか。

日本の刃物は大体真ん中に鋼、まわりが軟鉄で研ぎやすい
ようにできてます。
タングステンはかったい一枚鋼。興味津々です。

タングステンだしそこまで切れ味も落ちないわけかな。

お疲れ様です。ウオーレン様のナイフは雑誌で拝見したことが
あります。タント-ブレイドだったかな。
日本刀に似た感じのやつでしたが、インプレを読んでフォルムもさることながら
切れ味も凄いんだと覚えております。
アメリカの方の発想は凄いですよね。型にとらわれないとゆうか、
良いものを作るための貪欲さは見習わなければとおもいます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2010年11月26日 14:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サヤも良い!」です。

次のブログ記事は「綺麗ですのぉ〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。