2011年1月アーカイブ

市郎さん、皆さん、こんにちは!!
この本は、絶対に欲しいですね!!
日本にいる家族に指令を出して郵送して貰います(笑)

「もう米軍は日本を中国から守らない」と言う表紙の一言にも、非常にインパク
トが有ります。
しかし、これは最も現実的な事実だと思います。
日本には、有事に日本を守ってくれるだろう在日米軍に平気で「出て行け」と言
う国民や、日米間で交わされた約束を平気で反故にしようとする政治家が多数居た
り、田母神氏の様に現実的な観点で専門家としての発言をされる有能な愛国者を更
迭したりと、もうやっている事が滅茶苦茶です。
また、米国にとって経済的にも日本より中国との関係を重視した方が、今後の国
益に繋がる事は明白です。つい先日にも、中国が米国ボーイング社へ、200機の
航空機の発注もしました。
これは、中国政府が米中間の強固な関係を今後とも築いて行くと言う意思を、米
国並びに世界中の各国へ目に見える形で示した強いメッセージなのだと思います。
日本は今まで、米国の顔色だけを中心に伺っていれば良かったのですが、こうな
ると最悪、日米同盟が破棄され、在日米軍の全部隊がグアム等に移転してしまい、
それによりボディーガードを失った日本は、中国・ロシア・米国のみならず、世界
中の全ての国々の顔色を伺いながら存在しなければならなくなります。「理屈より
実力」が基本です。要は、「軍事力・経済力」のみが自国の平和と安全を確保出来
るのです。平和ボケした国民達と現実離れした政治家達の存在が問題ですので、彼
らを一掃する為にも、日本は一度自らを「背水の陣」に追い込み、現実的に物事を
考えて行動出来る様な体制に国家全体を大至急転換しなければ駄目なのだと思いま
す。愛国心を持った者が奇人変人扱いされ、危機意識の無い様な国家は本当に日本
くらいです(笑)by AR

市より:
あの200機の注文にはまいりましたね〜
世の中はカネでどうにでもなるのか、どうか?
アメリカ人が先を読んで賢明な態度をとれるかどうか?
ここに新しい歴史の曲がり角がありますね〜
それにしても日本政治の貧しいことったらありませんね〜
経済大国なのにおどおどして生きるネズミみたいなもんですからね〜

DPP_0001.jpg

イイシバ君が書き、田母神さんも賞賛したという本を日本に
注文しておいたところ、本人より直接送ってもらえました。
それもサイン入りなんですよ〜 \(^O^)/

風邪でうっとおしく、仕事もできないのを幸いに
ソファーに寝そべって半日かけて読みましたよん。

「日米同盟崩壊」というタイトルで、
まさに日本が今どうにかしないと後々大きな後悔をするという局面を
愛国心豊かに著しています。読みやすい文体にイイシバ君の木訥で真面目な
性格がうかがわれ好感がもてます。

なんといっても米軍で大尉にまで昇格した彼ならではのアメリカ観、
そして米軍と自衛隊の連絡将校というまれな仕事についた経験から
書かれた内容には目を見張るものがあります。

ここで書かれる世界最強の軍隊と軍隊にさえなれない自衛隊との関係、
そして日本の政治屋たちの愚劣さには今更のように腹がたつわけですが、
それらを諦めることなくどうにかしたいと訴えるイイシバ君の若さは
大切なんだと感じました。

ワシなどは奇跡が起きないかぎりは日本は中国の一省となり
おろそしい「毛沢東時代」に突入すると予想し、もはや日本人には
その回避はできないと考えているわけです。

その奇跡とは、
アメリカが中国と対立する姿勢を固める→韓国、台湾、日本に核武装を
させるためのヘルプをする、、
と、そういったものです、これなら中国政府もおとなしくなるしかない
と想うのですが、戦いのマインドセットに欠けるアジアではまず
起こりえないでしょう。別の選択肢として、中国に進出している
日本の会社員たちがこぞって「中国の民主化工作に尽くす」という
ものですが、これも日本人にはできない相談かと・・・。

かくしてローマが滅びたように、日本も滅びて無くなるのだろうとワシは
諦めているわけです。
目の前のわずかな利益を求めて進み、そのずっと先にあることが読めない
人や国は、それなりの苦渋をなめることになるわけで、そういう人々は
けっして聞く耳などもたないもので、、、

そういった変なサトリに浸っているワシにくらべてイイシバ君は情熱が
あって嬉しい存在なわけです。

ここの皆さんにはぜひとも読んでいただき、できたら読後感想など
書きこんで討論でもできればいいんですがね・・・。

チタンの美しさ

| コメント(2) | トラックバック(0)

32-sat.jpg

チタンは「タイティニアム」とアメリカでは発音します。
金属のタイタンというわけですかね。
チタンを身体に付けていればコリが治るなんてのは
迷信でしょうが、とても好感の持てる金属ではないかと、、
サトゥーのハンドルにはこのチタンが肉厚に使われており
構成も芸術的といえる美事さなんです。

グレイマンのHPはこちらで〜す
http://graymanknives.com/store.html

Satu ナイフ

| コメント(2) | トラックバック(0)

29-sat.jpg

同じくSATに載せたSatuです。
これは、近年の傑作といえるフォルダーではないかと、
荒削りなのでナイフ コレクターには嫌われても
頑健で実用に耐えるサトゥーは
ナイフを本格的に使うという人には嬉しい存在でしょうね。

05-sat.jpg

ヴェガスの初日にノドがガラガラになってややシンドかった
のですが、戻ってからいよいよ微熱と頭痛の風邪症状となり
昨日と一昨日はブラブラと雑用をこなしていました。
それでもキッチリと2時間は射撃をやり、その時は頭痛も
感じないんですよね〜
で、今朝も朝から鼻汁がタラタラなんですよん (;。;)

さて、
このテッポはSATマガジンの今月号で特集している
ブラヴォーダイナミックスのM4タイプで〜す。
背景にはイブスキで撮影した山を使い空はウチから撮った
夕日なんです。

IMG_1611xx.jpg

んで、これが実物ですだ、
富士山をリカーヴにしたような刃なのでスカッと切れますよ〜!
もうタクレットに入れましたのでシャバーテストをしてみますね。

もう日本に届いており、販売はLEMと田村装備と山下刃物店で〜す。
たぶんPKウエーブでも扱うと想います。
次々といろんなモノだしてすみませ〜ん!

ウロー2

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0886B.jpg

これはウローナイフの切れ味を良くしようと考え
フォトショップで描いた映像ですが、
ウォーレンが実物を120枚作ってくれましたよ。

長男さんへ

| コメント(5) | トラックバック(0)

学生の頃って、受験に失敗するとコタえますよね。未来が閉ざされたかのように
不安になります。

私の今の職場は、新卒者の採用は大学院以上の学歴がmustになっているようです
、今は。それでも、その高学歴者たちは実に短い期間でどんどんドロップアウトします。そして私は大学行ってません。お勉強ができませんでした。。小さい会社で設計
業務をしつつ、少しずついろいろ覚えていき、今の職を得ました。10年以上続けら
れていることが、正直奇跡というか、不思議に思えることもあります。

さて新卒者はみな、なんの実績もないので、高学歴のひとの方が教育しやすいと
か考えて採用もされやすいようです。

でも社会で実績を積むことでも、望む仕事に就けると思うんです。
私が新卒で入った会社も小さいとはいえ、周りは大卒ばかりでした。当時は若か
ったので、負けられない思いもあってがんばれた部分もあったかもです。

ただ、これだけは言えます。
ほとんどが院卒ばかりの職場ですから、出世コースからは見事に外れています。

なにを社会に望むかですね。
?.会社で出世する。
?.自分のやりたい仕事をする。

もし?を望むのでしたら、別な方のご意見を聞かれたほうが良いと思いますが、
?を望むのでしたら、お医者さんみたいな特別の教育が必要な職種でもなければ
、学歴は問われないとおもいます。

上司に対し、
自分のやった仕事を「メクラでいいから、黙ってサインして」って、(口にはだ
さなくても)そういう気持ちでやればよいではないですか。

こう書くと、「誰もができることではない」とか思われがちですが、そんなこと
はないです。
私は30歳前で挫折を感じ、会社をやめて、そして何もする気がおきないくらいに
引きこもり、でも実家を離れていたので貯金と失業保険だけで、一年以上仕事もせ
ずに暮らしました。
そして、貯金が4000円になり、家賃も払えなくなったとき、
家具店で配達の仕事に就き、3年くらいやりました。

計5年くらいブランクがあり、
何の学歴もないのに今の職場に10年いて、エラそーにもの言ってる今の自分って
、ほんと奇跡だと思います。

幸運でもありました。大切なのは人間性というか、周りの協力がどれだけ得られ
るかだと思います。
社会では、学校では教えてくれないことの方が役立つことの方が多いと思うので
す。

どうか、希望を持ち続けていただきたいと思います。
駄文にて失礼いたしました。


市より:
医師になる人も親が医師という立場より普通の家の子のほうが元気が良いよう
ですよ。ハングリーなほうが強いチャレンジャーになりやすいのでしょうね。
とかく苦労知らずってつまらない人が多いですものね。
だから、せっせと苦労しましょうよ。

文字化けで一部「?」になっていますが、ニューパソ子のせいかと・・・

DPP_0001.jpg

さて、KOちゃんがかじっていたコマイですが、
このブログを読んでいる方がヨシに託して
差し入れしてくださいました♪

くさ〜い!
袋を開けるとそう感じました。
カピカピに乾いているのに、すごく変な臭いです。

しか〜し、、
火であぶるとちょっと柔らかくなってスルメのように
むしって食べました、、

おおっ! 美味〜い!

とくに臭いとかなく、淡泊な味でクセもなく、
でもって塩気も感じないほどなんですね〜

グルメタボの仲間たちも美味いとUてましたぁ〜

どなたか知りませんが、感謝で〜す、嬉しい気持ちで〜す♪
ナナリンがお礼に記念品をとヨシに渡していましたので
山下刃物に催促の連絡をお願いいたしま〜す。

で、今は夜、、ヤッカイ山を飲んでいま〜す。
今日の練習ではペンジュラをすべて3.2秒以内でやっつけ
3秒斬りまでありました! ご機嫌なんですっ

 私も中学受験で失敗した口です。
 それまでは、なんだかんだ言っても結果としての平等を与えられた人生に於い
て、合格者は封筒を受け取り不合格の私はそのまま手ぶらで帰るという現実を突き
つけられました。
 人目をはばからず、帰りの地下鉄の中で大泣きしたことを
覚えて覚えております。
 しかし、それは思うとおりの結果が得られなかったからではなく自分自身の考
えが甘かったという後悔の念からでした。
 
 今、思えば自分は「打たれて」強くなれるタイプなのだと思いました。きっと
指宿さんのご長男さんもこうであると信じて疑いません。
 なぜならば、指宿さんがこのページの愛読者だからです。
 そんなお父様から反骨心を学ばないわけがないからです。

 記憶力が曖昧で申し訳ないのですが

 「私の誇りは成功したことではなく、数え切れない失敗から立ち上がったこと
である」
 の言葉を送りたいと思います。

それから、両親に申し訳ない気持ちでいっぱいの当時、絶望の淵にいた私が父
親に言われた言葉で

 「結果だけで評価するほど薄い親子ではない。おまえが努力した姿は見てきた
しそれを俺は誇りに思っている。今回失敗はしたがまだ負けてはいないんだよ。」
 
 と言われて、その時に初めて怖いばっかりだった父からの
愛情を強く感じました。
 私はそんな父を誇りに思っております。
 
 私も子供に父の教えを繋いでいきたいと思います。

 文章が稚拙で申し訳ないですが、心より応援申し上げます。
by Medic

市より:
ちなみに長男君、これを書いてくれた人は頑張って医師となり
今でもさらなる新世界を築こうと仕事の傍ら新分野の勉強に
いそしんでいる人です。読んで力がわきますよね。

 ところでワシの親は勉学に励めとは一度もいわず、ワシも学業が
嫌いでした。図工と音楽だけが好きでした。
 数学も英語も歴史も記憶ができず、かろうじて国語だけは日本人
なんだからやろうと考え日記を毎日書いていました。

 中学のときはキャメラを見ると体温が上がり熱っぽくなり、それは
高校になってさらに顕著となりました。厚紙に長四角の穴をあけ
それをファインダーにして「空撮り」をしていました。
 高校では写真部があり、キャメラを持っていないのに入部しました。

 写真学校での講義でレンズマウントとフィルムの距離を
「フランジバック」と言うとあり、これらの英語をイッパツで覚えられ
自分は記憶力がないのではなく、好きなことなら出来るんだと悟りました。
 でも写真を撮るたびに自分の駄目さにショゲかえる日々で、このために
自暴自棄となり人々を傷つけ、自殺しそうになりました。

 ワシの場合は、貧しさと挫折感が「大リーグ養成ギプス」でしたよ (^-^)
それが40才くらいまで続きました。

 そんでもって、ワシがどういう人が好きかと言えば、
「勉強できるオナゴ」なんですよね〜、、(*^^)
 この写真バカは、勉強できる人への尊敬は決して捨てられないのです。
 学力が低くても、ワシのように真剣に頑張っている努力マンも大好きです(^_-)-☆

お初にコメントさせて頂きますm(_ _)m

目標の学校に行けなかったとのことでございますが、ご子息様
のメンタル面のダメージはいかがでございますか?

こちらは気休めですが、ご子息様のお顔を画像で拝見しました際、
感じたことなのですが、自分で考え、自分自身の価値観を
持っている、オートマチックダウンロードコンピュータ脳味噌
人間ではないようにお見受けいたしました。

得てして、要領良く与えられたことをインスタントにこなすタ
イプではなく、体得タイプで、心と思考が納得出来た時、爆発
的に能力を開花するタイプとお見受けいたしました。

大体に於いて、勉強する内容の本質を熟考するには小学、中学
の勉強内容は時間が足りなく、かつ、必要性を感じられず、幅
が広すぎに思います。そしてそれを人生の糧として使用するの
ではなく、単なる知識、記号として脳味噌に留めるのが現代教
育なので、何故?と問うたり、道理や真理を求めてしまう子ど
もにはちと辛い現状かと思います。

手段としての受験の為の勉強が必要な現状ですが、巷を席巻し
ている企業が主導の規格的な勉強法では無く、持っている融通
性、柔軟性を活かした方法のが成果はでるような?気が致しま
す。お会いしてもいないのにテキトーなことを直感で書いてお
りますが、KOー1師範に免じてご容赦下さいm(_ _)m

尚、これは私の超個人的意見ですが、高校、大学は現在、内容
を求めても、ブランド的ステータス以外あまり意味は無いよう
に思います。昔は寄らば大樹の陰という感じでしたのかもしれ
ませんが、受験戦争以降、例えば良い高校、大学に行っても、
これまで我慢してきた(その時期その時期にしか感じられない
感覚もある訳で、それを捨ててそこまで滅私しないと受かれな
い学校そのものにも疑問があります。人生の肥やし、感性なり
をまるっとオミットして入っても、果たして活かす能力の土台
が出来ているのかな?結局、卒業する手段としてしか活用して
いない人のが多いのでは?とか)し、社会に出たら遊べないか
ら遊ぶという刹那的享楽にふけるのがデフォルトの様で、故に
何も残らず、故に真摯に学びたい方は孤立している姿を私はま
がりなりに見ているので、で、ご子息様はご自分の眼差しの先
にあるものが観えているのですし、まして、人生これから過ぎ
る位のお歳ですから、気にすること自体が無意味かと思います。

まる一年、市郎さんのタクティカルライフ1を読み続けており
ますが、事あるたびに読みますが、何度読んでも、実体験され
たことより綴られた内容には、ハッ!とさせれれっぱなしなの
で、下手なハウツー本や、受験テクニック本を手にするより、
こちらをコピーして、何度も読んで、今後の人生に必要なもの
を探る為の目の付け所、自分のスタンスを体得する術を考察さ
れることの方が今後の為にも有益かと思います。
ただで河童笑えて、自身の肥やしに使えるものが転がっている
のはあり難いことだと思っています(笑)

学校等関係なしに自分の進みたい道に進んでいる人を私は沢山、
実際、劣等生の行く学校出た人でも目標の場所に行っている人
も知っていますので、一生懸命「生きて」いれば道は開けるの
ではないでしょうか?と日和見主義の私ですが周りの人たちを
観た感想を書かせて頂きました。

最近、微分積分が身近なものである事を知って驚愕中のむうた

市より:
むーさん、時間をさいて書いてもらえ、感謝です。
「自分はこの道に進みたい!」という目標を子供のうちに持てるって
素晴らしいというか、すでに一歩も二歩も踏み出しているわけで
そういった子は安心して観ていられると想うんですよね。

指宿さんの長男君へ、
ゲイムもやらず一生懸命に生きている君が試験で勝てなかったとは
意外です。たぶん試験の内容と君の勉強とのあいだにズレがあって
運がなかったのではないのだろうか、と考えています。
人生での勝負とはそういう場合が多いんですよ。
しょせん、人の実力なんて試験などで計れるものではありません。
これは君を力づけるために気休めを言っているのではなく、
世の中の仕組みがそうなんですね。
つまり、我々は本人の人格や能力よりも「運」というものに左右
される場合が多いということです。
で、良い運を掴みたかったら、それをゲットするために粘り強い
努力が必要となります。

さて、運を掴むということは、
たとえば、君がいつも川に行って魚を探している、すると
あるとき突然に目の前に大きな魚が泳いでくる、
それを咄嗟に掴み穫る、、といったようなことです。

ここで大切なことは、いくら川に行っても魚はいない、
だからと言って家に閉じこもっていたらチャンスはゼロだと
いうこと。つまり行動的である必要がありますね。

それと、いざ魚を見つけた瞬間、そいつに飛びつくという根性、
そして掴む技術と体力が必要なんです。

解りやすく言うと、
報道関係に就きたい君は、その厳しい競争に参加するわけで、
まず決して「へこたれない」という根性を持つこと。
デカい相手とスモウをとるつもりで幾度投げられても
立ち上がり、かかってゆくような強い粘りが要ります。
同時に、報道とは何か、現実にはどういう仕事をするのか、
と、そういったことを識るために学ぶことも大切です。
社会に出られたら即戦力として仕事ができるよう、学生のうちから
ひたすらに勉強することです。

そして、どちらかというと試験に受かってエスカレイター
に乗ってスンナリと昇るよりも、幾度も幾度もシクジッて、
打たれ強い人格を身につけたほうが、それが将来的な武器となって
良いだろうとワシは想っています。

なぁ〜に、公立学校というターゲットをミスッたら、
心にダメイジは残っても、経済的に困窮しても、
とにかく次のターゲットを狙って撃たなければならないわけで、
これしきでへこたれるのではイケナイよ。

ワシが鹿児島市の甲東中学校に通っていたころの夢は
「早く就職して食うにも困っている親に送金したい」ということで、
三年生になったら早々と名古屋の木工所で働くことを決めていました。
本当は無線技士になり、写真を趣味にしたかったのですが、まずは
生きて食うことが最優先だったのです。
しかし、卒業直前に兄に呼ばれて東京に出ることになり
進路は急転換しましたが・・・。
これも運ですね。

長男君は、試験の結果もさながら、親に申し訳ないという気持ちで
かなりツライのではないかと、、でも親はそんな君を包み込むくらいの
愛を充分に備えているので自分の過去は許していいかと、、
それよっか、次なる挑戦のためにしっかりと勉強し始めるのが
なによりの恩返しですよ。

今こそ「泣くよっかひっ跳べ」のときです。
自分の復元力を親に見せたら安心してもらえますよ。
で、こうして親子の絆は強くなるものです。

今日はこれくらいにします。

DPP_0012.jpg

ランディーが来てクリック式に変えてくれました。
これで三角のプレイボタンを押せばみられますよん♪

家にもどりました〜
動画係のランディーが近くにいないので手違いがおこり
いったん動画が消えました。ごめ〜ん!

http://www.youtube.com/watch?v=kPHVZ97kL6k

このアドレスで見られるはずですので試してください。
こちらは、古い方のパソで確認できています。

仲良し仲間

| コメント(0) | トラックバック(0)

DPP_0001.jpg

パラベラムさんから出入り禁止を言い渡されることになりそうです、泣
だって「コスタ大明神」と「スティーヴィー中明神」にこんな
ことをさせる日本人ジジイは大明神たちのイメージを落としますからね〜

でも抱えてくれなんて頼んだわけじゃないんですよぉ〜
まあテッポ世界の仲良し仲間ということでユルシテほしいかと・・・

ダミーな空

| コメント(1) | トラックバック(0)

IMG_1679.JPG

レストランから会場までブラブラ歩きで〜す
ホテルの階下もこんなにキレイな風景です。
空はドームになっています。つまり屋内なんでよね〜
ヴェガスならではですね〜

朝食タイム

| コメント(7) | トラックバック(0)

IMG_2670.jpg

たまにはショウの人達に混ざって食事をします。
いつも想うのですが、この三人は太るモノを好んで
食べるんですよね〜
もったりまったり系が好きでタマゴもうんとこさ食べます。
オイラはサーモンの薫製とベゴと野菜です。

彼らはコエすぎており、どーして太ることを恐れないのか、その心がワシには
ほとんど理解できません。
ワシは太りすぎる自分は許せないのですが、彼らは許しているわけで、
この考え方の差はどこからくるのでしょうね??
これが価値観の違い、というわけでしょうけど・・・

自分の人生を向上させるためには太り過ぎは禁物、と考えるワシに対し
美味いもんあればジンセーどーでもいいわ、という刹那享楽組、、、
そんな彼らがどういう気持ちでワシとつきあっているのか、
いちど脳を覗いてみたいものだとマジに想っています。

「このジジイそんなに長生きしたいのかいな」なんて気持ちですかね〜

そーじゃなくて、
努力をしない人間は上の域には到達できない、
という事実があると想うんですよね〜

だからといってメタ坊君たちを嫌いではないです。
努力せず、嫉妬と羨望に侵された人間だけはごめん被りますが・・・

IMG_1641.JPG

早寝 早起き 朝風呂だいすきでっ♪
そーれでシンショつーぶさないっ♪

え? そんな歌知らないですって?
あー、君の若さがうらまやしいよ、、笑い

こんな立派な風呂があって、これより長々と浸ろうかと、、

昼はこれ!

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_2667.jpg

三人は圧力釜と玄米を持ち込んで毎日ニギリを作ってくれます。
ショウ会場の食事所は混み合うし不健康食かサラダくらいしか
ないのでニギリが威力を発揮するんですね〜

玄米ニギリ! これほんまに美味いんですよぉ〜!!

自費組の人々

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_2720.jpg

ヨシとヤダピとトモはサーカスサーカスというホテルに泊まっています。
普通のホテルですがギャンブルで儲けようと宿泊費は3千円ほど・・・

この二人は一攫千金を夢見て小銭を投資したようですが期待はずれのようで
おとなしく仕事に励んでいるという情報が入りました。

IMG_1719.JPG

もうすぐ7時です。
空が明るくなって陽が昇ってきそうです、
いや地球が回って太陽が見えてくる、というわけですね。
こんなゼータクな部屋でくつろげるのは出版社のおかげです。
「ちっとマシな写真が撮れるだけ」のワシでしかないのに申し訳ない気分です。
せっかくなので今朝はうんとこさクツロギま〜す♫


DPP_0005.jpg

クルマで出張するときは、左側にある電気ポットを持ってゆき
毎朝のお茶をいただきます。
今回はキタチョが鹿児島のお茶と透明なキュースを差し入れしてくれ
それを使っていました。
アメリカには部屋にコーフィーセットやマイクロオーブンを備えた
ホテルが多いのですが、高級ホテルとなると気位と値段が高いだけで
そういったものはないんですよね〜

でもってワシは緑茶が大好きで毎朝大量に飲むんです。
熱いお茶をゆっくりと飲みながら、秒針一刻の速さで過ぎるであろう
今日一日を自分の成長につなげるためにどう行動するかを
考えるわけです。

今朝は拳銃訓練をしている夢を見ました。
早く帰りたいです。華やかな都会にいると自分が怒濤の大河に落ちた
蟻のように流されるという気がします。
大自然の一角で黙々とテッポを撃っていたいです。

今日はショットの最終日です、ワシは9時までは
部屋でのんびりしようという作戦をたてましたよん ♫

さて、、2杯目の茶などいれませうかね・・・

DPP_0001.jpg

イーチはスターなんだな〜、とオークランドポリスとエイジェントが
言いながらつれていってくれた所にはこのよーな写真が、、、
そーか、そういえば写真を使わせてくれと頼まれたっけな〜

市も出世したもんだね〜

DPP_0011.jpg

たしかこの人はセキュリティー会社の人かと、、多くの人と話したので
名刺と顔が一致しなくなっちゃいました。お客さんたちからディザイン センスが
あると言われるので、このさいソッチに転向しようかと今夜は考えています。
まず辞めたいのはライターなんですよね〜 笑

DPP_0010.jpg

こちらもコスタリカのディーラーさんで、マグレットがお気に入り
でした。ぜひコスタリカに来て軍や警察で射撃を指導してほしいと頼まれました。
軍の撮影をさせてくれるなら行けるかもと応えるとオヤスイゴヨウダと
いいました。コスタリカだけでなく他の国の教官もユーチューブでM4を
撃っている動画を見たといって同じことを頼まれました。
でもチッと困っています。自分の子供たちをホッて外国に行くのはなんだか
いやなんですよね〜・・・でも楽しそうだな〜・・・

DPP_0009.jpg

タクレットのVTRを見て興奮したように握手してくれた
コスタリカのお客さんです。売るほどはないプリプロダクションの
タクレットを決して手放さず、なんだか強引にお持ち帰りの気配でした。
個人かと想ったら、やはり警察と軍関係の業者さんで彼自身も
かなりのシューターみたいです。

DPP_0008.jpg

アリゾナの「YAMANEKO DOJO」というBUJINKAN道場の
ジェフリー師範です。民間人警察官などに格闘技を教えているそうですが
かなりテッポの強みにも精通している方のようです。
こういう人にタクレットを認めてもらえると、やはり自信がつきます。

DPP_0007.jpg

こんなファニーパックを作れるとは君は天才だよ、うん!
私はこれをぜひとも使わせてもらうよ、うん!

しばらくタフプロ ブースにいたらお客さんが次々とやってきて
そんなふうな言葉をかけてくれます。
ちっと気恥ずかしいんですけれど、やはり嬉しいですね〜

IMG_1701.JPG

今朝はタイのミリタリー関係者が会いたいとのことでタフプロで
待ち合わせをし、ステイジバッグやタクレットの商談をしました。
射撃をする者にとって素晴らしいバッグだという賛辞をいただき、
やはりやっている人は解ってくれるのだと嬉しい気持ちです。
なんでも、マグレットやマグパウチなどの個人買いだけで
一日に3千ダラという売れ行きだそうです。
人だかりのないブースもあるなかで、このように終日にわたって
人が群がるタフブロブースに安心しました。

http://www.youtube.com/watch?v=O3g8t-p2sjw
これで見られるか試してくださいな。ワシのパソでは
まだ見られないので〜す 泣・・・

◇管理お手伝いのヨシより

どーゆーわけか動画が落ちてますね(-_-;)
ちょっと確認してみます・・・

窓からのながめ

| コメント(2) | トラックバック(0)

IMG_1642.JPG

44階の部屋から見えるヴェガスです。
砂漠の真ん中に作られた大都市の姿に
驚くやら呆れるやら・・・
人間ってどんな生き物なのかいつまでたっても
理解できない市なのでした。

食料用バッグ

| コメント(2) | トラックバック(0)

DPP_0001.jpg

ただいま歩き疲れたのでホテルで風呂に入ってゼータクに
くつろいでいまーす。

ヴェガスにはステイジバッグに玄米、ラーメン、カレー
それに八海山などをたんまりと入れてきました。
もし独りで食事をするチャンスがあればのんびり
楽しもうという算段です。
このバッグはテッポ用のパッドを外すとかなりいろいろな
ものが入り、旅行用として使うならドームバッグふたつを
着けるちゅうのも便利ですよん。

中身はともかく、入れ物は一流ホテルでもヒケをとらないので
嬉しいですねー 笑い

クロスボウ

| コメント(3) | トラックバック(0)

IMG_1625.JPG

サイレントキラーのクロスボウを皆で撃ってみました。
すごくパワフルでLEMのヤダピも気に入ったようです。
20mでコブシサイズに当たるという正確さにもおどろきでしたよん。

IMG_1627.JPG

ショウが始まる1日前には恒例の報道関係者や業者のための「試し撃ち大会」
があります。ここに写っているのはその半分です。今年は人出も多いという
気がしました。ワシも珍しいテッポをいくつか撃ちましたよん。

IMG_1618.JPG

来年こそはショットショウに行かないで家で休みをとろうと
いつも想うのに、なんとなく今年も来てしまいました。
やはりテッポ界の年初めなのでなかなか欠席できないんですねー
そしていつものように身に余る高級ホテルをあてがってもらい
夜のひとときをくつろいでいます。

そうそうKOちゃんが仕入れてくれたヤッカイ山をヨシがどどっと
もってきてくれ、今から独りして飲むところなんです。ヨシたち一行は
私費で来ているので一泊3千円くらいのホテルに泊まっているんですよん。
あっちのほうが楽しそうなんですがねー

だらば、KOちゃんの酒をいただきまーす!!

IMG_1610.JPG

やっと2挺が撮れて、あと6挺のペストル、、
これらを今日と明日で撮り終えないとならんのです (;。;)

も〜こーなったら得意のヤッツケ仕事でカマすしかないと、、
できたらこの写真でカンベンしては、、もらえませんね〜

赤いライトのあたっているのがオイラのXD9で〜す
キレーですよぉ〜!

G20359.jpg

これはタクマの好物で「チリドッグ」というやつです。
ハッキシゆってすごく美味しいです。
でもメタボ特急料理でもあります。
食後に10キロは歩かないとイケマセンよ。
ホットドッグなんですが、丸かじりするには
大きすぎるのでナイフで切り分けて上品に食べます。
タクマはプラスティックのナイフで攻撃、オイラは
ウォーレンをオモムロに出し、その切れ味を楽しみながら
食べました。

NNAG7170.jpg

今朝も早よ〜から働いてランチタイムになりました〜
8連ハイキャパパウチもいいですが、5連のを引っ張り出して
付けてみたら、これがなっかなかイイ感じなんですよね〜
工具類とオイルは5種あれば充分そうですし、
かわりにとなりの大柄ガマグチがあるとサイズを選ばす
ワリとなんでも入ってしまい、ワシはここをタイマー入れに
してみたところゴツゴツ当たって傷が付く心配もなく
気分がいいんですよね〜

ところで皆さん、
右にあるのが新ディザインのコンペンセイターで〜す!
第一ポートをより細くしてみたい、というのがオイラの
コンセプトなんですよん。
ちょいと撃ったところヤッキョウの飛距離が小さくなって
ジャムまでありました。。ってことは「きぃーてる」ことの
証明と言えるんですよ〜

市彦はSIG銃に開発されたばかりのコンペンセイターをつける
ためにバレルの螺旋にロックタイトを塗った ヽ(^0^)ノ
だがこれは一時的実験なのであるからして粘着度の低い
ブルーロックタイトを使う。これならライターで炙るていどで
ネジはゆるむのである。これで成功すればさらに強いレッドロックタイト
またはさらに強度のあるグリーンロックタイトを使用すればよいのである。
なお、ブルーを使った場合は数百発でコンペンセイターは回ってしまうので
あくまでも実験段階で使うのが望ましいのである。

ロックタイトは付けてから一昼夜のあいだ放置するのが望ましいわけで
市彦は今日のために昨夜のうちに装着しておいたのだった。

このコンペンセイターを「ガッツ コンペンセイター」と呼ぶ。
なぜならトンプソンのものに似ているからであった。

コンペの効きがとくに判りやすいのは「ショウダウン」のステイジだ。
距離があるのに2.8秒という速さで撃つ必要があるためマズルジャンプは
ためにならないのだ。

showdownとは「対決」という意味がある。市彦は勇敢にも
そのショウダウンに挑むのであった。禿げ頭が浮かべる不敵な笑いを
見た女猫たちは早々と床下に逃げ込んでいた。

いったい今夕は何がおころうとしているのか !!
どのような未来が待ち受けているのか、待たれる夕刻の対決であった。

ところでワシは大藪さんに2度にわたって飲みにつれていってもらいました。
とても暖かいロマンのある人で好きになりましたよ〜

おはこんばんは。
管理お手伝いのヨシです。

「動画」が掲載された記事は、ワンクリックで動画にアクセスでき、
且つ動画が挿入されている記事のみを一つのカテゴリーとして
まとめてみました。

せっかくの動画なんで、まだ見たことない方にもじっくりご覧いただきたいです。

カテゴリー:動画

ライフル仕様

| コメント(2) | トラックバック(0)

NNAG7139.jpg

タフプロ社はある組織に10万個のM4マグパウチを
納めたばかりですが、それが右のヤツです。
ラベルはQM TACTICALのが付いていますが
これは契約の窓口となった会社で、製作はタフプロ社が
請け負ったというわけです。
それぞれに2本ずつ計4本のマグが入ります。
モーリー仕様なのでステイジバッグにもピッタリです。
もちろん弾倉以外のモノも入って便利ですよん。
この値段は4千円とちょっとで販売できるかと。
大量に作ったので他より安いわけですね〜

で、左のパウチが新ディザインで「ドームパウチ」と
呼んでいます。なんのヘンテツもないモーリーパウチですが
上を丸くしてモノの出し入れを快適にし形状が
ステイジバッグに似合うようにしました。
これだと作りやすいので3850円で販売できると想います。

M4仕様

| コメント(6) | トラックバック(0)

NNAG7138.jpg

昼休みになりました〜
M4ライフルなどを使う人のためにステイジバッグのパウチを
作ってみました。(ちゅうか自分のためにですがネ >^_^<)
ペストル用とライフル用の両方持って使い分けようとUゼータクな作戦です。

セコイヤ〜!!

| コメント(5) | トラックバック(0)

G20354.jpg

我が家の次期「移動用四輪走行大型背高自動車」の候補で〜す。
トヨタのセコイヤでタンドラがベイスとなっています。
アメリカのフルサイズなのでドデカイんですよ〜
ランクルをグワッと大きくしたサイズで好かないんですがね〜
ランクルはアメリカではコンパクトでちょうど良い大きさなんですね〜
でもこっちの方が2万ドルも安くてね〜

黒のタクレットを「ピギ式」にかけてクルマ見物でした〜
これは先週LAにてのフォトで〜す。

歪んだ判断

敬語まじりの日本語ばかり使っていると、人間の理性の方も歪んでくる。

同じ目的を持つ道具を作らせても、人により装飾的に凝った道具を作る者と、実用一点張りなものを作る人間とがいるのだが、日本人は装飾的なものを上、実用的なものを下と見る癖をもつ。交通機関の座席の見方にしても、一等 (first class)と二等 (economy class) を居住性を主として考えられた座席と、経済性を重んじて作られた座席とに分けて考えることはない。必ず一等が「上」で、二等は「下」なのである。日本人は生存者の叙勲からレストランのカツ丼にいたるまで、このような見方を適用している。客扱いをするものは、「下」のことを都合上「並」と呼ぶ。

アメリカでは、年が河口にできると、港に近い低地はビジネス街となり、ダウン・タウン (down town) と呼ばれ、周りの高地は住宅地となる。東京も、まあ、これに似たり寄ったりの情況であるが、ある時、日本語のうまい外人に「銀座は下町にあるのですか」と聞かれて、僕はハタと返答に困った。「そういえば、まあ、そうでしょう」と、わけの分かったような・分からぬような返事をしてごまかしたが、アメリカ人のいう down town を日本語で下町と直訳するのは、日本人の感覚には合わない。銀座は、確かに地理的にdown town にあるのだが、高級商店街のある場所を「下」と評するのは、日本人の上下判断に沿わないのである。日本人が呼ぶ東京の下町とは、江東地区のことである。

日本では「卓球 (Ping-Pong) は、選手のやるもの、ピンポン (Ping-Pong) は、素人のやるもの」というものやら、「じゅうたん (carpet) は高級品、カーペット (carpet) は安物のじゅうたんのこと」という者までいる。普通名詞にまで上下感覚を入れなければ収まらないのが日本人である。だから、日本人のいう外人という言葉までが、アメリカ人言う foreigner やalien (外国人) とは違っている。

日本人は、ぺこぺこお辞儀をする。これも、上下判断の合図である。日本人同士は、「日本人は礼儀正しい国民だ」と言い合っているようだが、列の割り込みやら、人に譲るということを知らぬ交通道徳を見ていると、日本人は礼儀正しさにどのような意味を持たせているのやら疑問がわいてくる。外国で育った者は、「礼儀正しい日本人が、どうして他人の足を踏んで黙っていたり、人を押しのけたりするのだろう」という。当の日本人にしてみれば、大切なのは上下の判断を守ることなのであるから、自分の目上に当たらぬ者をどう取り扱おうと、それは気にならぬことなのである。日本人がペコペコお辞儀をするのは、上下関係に結ばれた同じ穴の狢どもに限られている。

日本人の進学熱は大したものである。義務教育は世界一徹底し、4人に1人の割合で大学生が誕生する。「大学の教官は、教育に熱意を失い、学生は遊んでいる」といっても、一向に進学熱は衰えない。「詰め込み教育はよくない」と言いながら、詰め込み教育の入学試験が改められない。本当に日本人は教育熱心な国民であろうか。本当に日本人が教育熱心であれば、教育不熱心の大学教官の存在が許されるはずがなかろう。本当に日本人が詰め込み教育を悪いと思えば創造の教育に切り換えたことであろう。しかし、日本人は、実は教育などに熱意を示す人間ではないのだ。日本人が大切に考えているのは、上下判断のことである。教育という名の下に人間の格付け判断がなされるがために、日本人には教育が大切なのである。だから、日本人は、どんなつまらない事でも格付け判断になることは頭につめこむし、格付け判断の対照とならないことは、必要なことといえども耳を傾けない。「外国で教育を受けても役に立たないよ」というのも、日本人社会の序列争いには無力だという意味である。

日本人が教育熱心というのも偽りであれば、また、日本人が科学を尊重する国民というのも偽りである。僕は大学の教官であり、博士でありながら研究計画(research project) が許可されない。自分自身の研究をしない人物が、大学の教官としてふさわしいものかどうかの議論も湧かない。別に僕だけが程度の悪い学者だからでもないらしい。軒並み助手には許可がおりないようである。研究などしなくてよいものなら、何も博士を助手に雇うことははずだが、それを雇う。そして、どの教官も「研究、研究」という。研究計画の許可 (grant) が降りない者が研究を試みるのは意味のないことだが、これを皆やりたがるのは、研究実績が序列判断につながっているからである。学生教育の方は、熱を入れたところで序列に関係がないので、特に研究だけをやりたがる。「教育は、研究の邪魔」なのだそうである。

自分に研究費の出ないことを事務の責任者に話すと「あなた方は好きなことをやっているのだから、、、、」という。自分の仕事が自分の好きなことであることは、人間の幸せというものだが、この「好きなことをやる」ということが、「必要な研究費が出なくて当然」という言いがかりになるようである。要するに、日本人学者が無理を押してあくせくと動き回るのは「人が自分をどう見るか」という序列判断にドライブされてのことである。科学とか独創とかいった言葉も、日本人にとっては、物の上下を語る時の素材としかならない。

寺嶋眞一 「日本人の世界 (III)」の一部より、ドクターサロン16巻8月号 (7. 1972) に掲載。
http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/sub5.htm

G20358.jpg

この写真はラスト サタデイにISI射場で練習したときのものです。
二人とも全体に遅くてワシは105秒という苦戦でした。
しかしこの後にタクマと二人でやった集中訓練で感じるものがあり、
精神的にも技術的にも向上したのではないかという気がしました。

で、今日は終日撮影の予定だったんですが、郵便局のジョー君が
36000発のタマをデリバリーし、その中に頼んでおいた95グレインと
いう軽いブレットがあり、、、それを見ていたら、、
どぉ〜しても試したくなり、、えええ〜い! サボリだぁ〜!!
と怒鳴ってタマ作りに没頭しました。

軽いブレットなので火薬を増やさないとヤッキョウが飛び出さない
わけで、実験の結果「タイトグループ」という火薬で
115グレインのタマなら3.5グレインでよいところを
95グレインだと4.2グレインが必要だということが解り、
このチャージでセッセと500発を作って・・・
でもって20mでピンポン玉ほどの命中率が出て・・・

実はブレットフィーダーが壊れて新しいパーツが昨日届き
これがもうサイコーに調子よく、タマ作りが快適そのものになって・・・

んで、午後からの天気は薄日もさして気持ちよく、市は8コースを撃たずに
いられなくなって射場に降りたのでした。

そして撃ちだしたらどのステイジも気持ちよ〜く、すんなり〜と
撃ててしまい。コロビなしでラストのアウターまで来てしまいました。

よぉ〜し、落ち着いて頑張るぞぉ〜!
なんて想いながら最初のランを5.17で撃ち、そのタイムを
ノートに記載しようとしたら手がぷるぷるで文字が躍った〜

わわっ! キてるんだ〜!
これが欲しくてやってるんだわ〜い!

そして5.03、5.02、4.95と出して100秒にトドメを刺しました〜\(^O^)/
これなら石井選手も拍手してくれ、ピギタン射手も青くなるかと。

ようやく練習で100秒斬りが出来、これを毎回出せるように精進し
次はISIの射場でタクマ証人の前で出し、それから月例試合で出し、
そして本戦へと向かうわけです。

それにしても、初めのころはワシが100秒斬りを達成できるとは
想えなかったのですが、いや〜、女神さんさえ微笑んでくれたら
なんでもアリなんですね〜ヽ(^0^)ノ

G20338.jpg

先日、ブラックホールで発表されたタクレットですが、
ちょうどそのときにタフプロで黒を作っていました。
これが「ブラック タクレット」です。
ブラウンは大きく見えてしまいますが黒は締まりがあって
いいなぁ〜と想いましたよん。ワシとしては断固として黒を
持つことにしました〜 \(^_^

わたくし・寺嶋眞一の文章にコメントを下さり、
ありがとうございます。
'noga'は、わたくしの handle name です。
わたくしは、静岡県の掛川市在住です。
わたくしの文章の転載は、出典を明示していただくかぎり可能です。
どうぞ、今後と
もよろしくお願いいたします。では、また。
寺嶋真一

市より:
nogaさん、こんな場末のブログ(*^^)にコメントをくださり
妻ともどもに驚いています。
寺嶋さんは膨大な文章を書かれており、
昨夜から少しずつ読ませていただいております。
これからせっせと転載させていただきますのでよろしくお願いいたします。

アメリカに渡った日本人の一世、そしてその人の子供が二世、
そして三世と続き、日本人を両親にもちながらも
彼らはまったくのアメリカ人となってゆき、
それは言語の違いからくる思考のせいではないかと考えていました。

そして、人間は言葉を知らない者ほど思考力も乏しいという気がしています。
日本語という言語の難しさと曖昧さにワシは手を焼いている
という実情もあります。

今の日本人は初対面の相手をさしてどう呼ぶのか逡巡せざるを得ない
という状況にあり、これはどうしたものかと悩んでしまいます。

アメリカは相手と自分とのパワーバランスにかかわらず「You」と呼べばよく
この有り難さに感動します。

ところで掛川は好きです (^o^)
なぜかというと、渡米の費用を稼ぐために静岡の富士タクシーで
運転手をしていたとき、新幹線の駅からカケガワまでの客に当たったんです。
もうその日は、そのイッパツでノルマを達成できゴキゲンになれたからです >^_^<
ワタクシ、このようなケチな者に御座います。

では、また!

| コメント(4) | トラックバック(0)

G20343.jpg

ヒロが紹介してくれたウィル ガンスミスに頼んで
カップガンのコンペンセイターを作ってもらいました。
ウィルさんは仕事を抱えている人気者で3ヶ月くらい待ちましたよん。
初めて自分でディザインしたオート用のコンペなんです♪
二つ作ってもらい SIGにも付けます。
写真はいずれアップしますね。

で、この人の銃の知識はすごく、ガンスミスとしての腕前も一流だと
感じています。1911のスペシャリストなんですね〜
知り合えて良かったな〜と想っています。

さ〜て、ダンスキーのカップガンのバレルを9mmに交換してもらい
新コンペンセイターを搭載したわけですが、今日は雨なのでテスト
できませ〜ん (;O;) どーゆーテストかちゅうと50ヤードでのグルーピング
をチェックするわけで、腹ばいになるとビショビショになっちゃうし
紙ターゲットなので濡れるとテイプも貼りにくいしで楽しくやれないんですよん。
まあムリすればできますけどね〜 だども外気の温度は2°ですからね〜
なので 老骨を大切にさせていただきま〜す(^◇^)

かんぱい

| コメント(6) | トラックバック(0)

G20336.jpg

ようよう戻りました〜!
スケデュールが過密でパソ子を開く時間がなく
失礼しました〜

今回はタクミとチャンポンを食べる機会がありましたん。
「かんぱい」という食堂がタフプロの近くにあり、ここらには
ソニー、パナソニック、サンヨーなどの会社があって日本人が多く、
日本料理のかんぱいはいつも賑わっています。
夜10時過ぎだというのに日本人がぞろぞろと食べにきて
タクミによると皆さんだいたいこんな時刻まで働いているんだ
そうです。そういうタクミも会社から直行でここにきて、これが
夕食なんだそうです。家には寝にもどるだけのようです。

皆さん、ほんとに苦労に耐えながら頑張っているんだな〜と
驚き、でも、これじゃマズイいんではないかと想ってしまいます。

IMG_1563.JPG

ランディーの家にいま〜す。
ステイジバッグとタクレットの動画を撮って編集が終わった
ところです。
タクレットのアップはショットショウの後になりますが
ステイジバッグの日本語ヴァージョンは今ユーチューブに
流しますのでご笑覧くださいな。

8連パウチ

| コメント(0) | トラックバック(0)

G20335.jpg

8連マグパウチとステイジバッグとの組み合わせで使ってみた結果
大いに便利だと解りました。
試合でステイジに出たら工具だのオイルだのを使うなんて
イケナイことです、が、練習中はネジがゆるむとか、オイル切れするとか
なにかと起こるので、わざわざクルマに戻る手間が省けて嬉しいんですね。
右のポッケに立っている真ちゅうの棒はバレル内に止まった
停弾を抜くための棒です。ワシはタマ作りに慣れているせいか使うことは
ありませんが、仲間を助けることはよくあります。
去年の本戦ではゴリ君が練習中に停弾し途方にくれているところを
これで抜いてあげましたよ \(^O^)/

というわけで、この8連パウチもオプションで発売することにしました。
ついでに6連パウチも作ってみますよ。いろいろあるといいですしね〜♪

アウターの攻略

| コメント(3) | トラックバック(0)

G20333.jpg

ババンと撃ってピョンピョ〜ン バンババン
これが面白くてね〜 \(^O^)/

うまくいけば5.2秒 調子がいいと5秒を斬れます。
で、2発目がモンダイなんです。2発目を放ったとたんに
跳ぶのか、ヒット確認後に跳ぶのか?? ここでタイムを稼げるんですよん。
「サイトピクチャーを信じて移動します」とマックはいいます。
これでないと5秒斬りは難しいんです。
でも外したらエライコッチャ〜なんです。
ヒッシに戻るときの絶望感には堪えがたいものがあります (>_<)
これはやった者にしか解らない辛さで注意深い人間性の形成に役立つ・・・
ハズですが、これで成長した野郎なんて見たことありませんね〜 (^。^)

ここんとこを考えて95グレインの軽いブレットを注文しました。
今使っているのは115グレインなんです。95グレインだと火薬を増やしても
反動は同じでタマ足が速くなります。ヒット確認が速くできるんですね。
ただ精度が出るのかどうか、まずそれを実験する必要があります。
95グレインを使う鉄板シューターは増えつつあるようで、
モンタナブレットというタマ屋さんもそうUてました。
来週はこいつをテストできそうです。

G20331.jpg

まずは2発を当てて6フィート(グレイのカーペット)を横移動し
残り3発を撃つわけですが、移動方法として左足から出る、右足から出る、
あるいは両足で横っ飛びといったものがあります。
マックは左足から出て1.8秒くらいで撃て、これは一流のスピードかと、、
でもこの方法は背が高くないとハンディなんですよん。
歩幅がたりない分、ムリするんです (-。-;)

ああ〜・・・と短足市は嘆息するのであった (^◇^)

百貫デブのヤダピは腰が強く、右足からトコトッと素早く移動して
2秒前後でやってのけます。しかし慣性の法則により重い分止まるのに
揺れがのこり外すことがあります。

そこでワシは跳びも練習しています。
上に跳ぶので時間の無駄は出ます、が、着地後に身体を安定させる
のが速くなるんです。
ピョ〜ンと跳んでカーペットの中ほどに着地、さらに跳んで
右のボックスに入ります。跳びながら次のターゲットをじっと
狙うのにはなかなかの楽しさがありますよ。
これは市街地での撃ち合いに役立つという気もしますね〜

G20330.jpg

今日は暖かく、途中でハーフズィップを脱ぎました。
んで、すご〜く快調に撃てて97.48だった、、
んですが、このアクセレイターでストップの前のプレイトを
2回もミスったままでストップを撃ってしまい+5秒を食って
しまいましたん。
右から2番目のちっこいのがミスったヤツで真ん中がストップです。
3秒を斬っていくとどしてもヒット確認ができなくてね〜

ああ あ〜 5 to goなんか捨てたのが3.21という嬉しいスコア
だったのになぁ〜 もうこれ以上はできないというような出来だったのにぃ〜

どこかで必ずコケル市なんですよね〜

しかしながら夢の100秒斬りが現実となりうる可能性が
出てきました。
試合ではともかく、まずは練習で出せないことには
ハナシにならないですからね〜

ではランニングに行ってきま〜す。4:oopm

寺嶋さんの文

| コメント(13) | トラックバック(0)

意思 (will) の内容は、未来時制で表される。
だが、日本語には時制はなく、未来時制もない。
日本人には意思がなく、未来 (非現実) の姿を脳裏に描くことが難しい。

意思のあるところに方法がある。(Where there's a will, there's a way).
意思がないので、問題が生じても無為無策でいる。
理性がないが、感性がある。
問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力を持っている。

「民の感情を無視した、、、、」と言いつつ、あたかも自分の反対にはリーズン
(理性・理由・適当) があるかのごとく思い込んでいる。
感情は現実の内容であり、理想は非現実の内容である。
二者は、同次元の内容として語ることはできない。
だが、その区別にも気づいていない。

通常は、現実を自分の都合の良いように解釈して、太平の眠りにふけっている。
「感情を抑えて、理性的になれ」と諭す指導者がこの国にはいない。
始めから終りまで国民は理性・理由を等閑視しているから、問題を解決する能力
は得られない。
かくして、我々は自らの願いに反して危機に陥る民となっている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


市より
凄いです! 瞠目です。
恐れ入りました!
これを投稿して下さったnogaさんとは寺嶋さんご本人なのですか?
教えを請いたいです。

アメリカ人には素晴らしい部分があるのに
日本人は決してそこから学ぼうとせず
愚かな若者はズボンをズリ下げてアメリカ人ぶっている・・・
というリポートをいつか書きたいのです。

G20329.jpg

ランクルのギアをデフロックのモードにしました
サンディエゴへと向かって走り始めました
大雨の日はウチから高速道路に出るまでが勝負なんです(`ヘ´)
とくに最初の15分間は気がぬけません
途中にある「長谷川橋」が難関なのです
どうして長谷川橋なのかといえば
ここで長谷川トモ氏が御遭難遊ばされたからなのです(^o^)
遭難といってもトモは増水にビビッて引き返しただけです
そうなんです たいしたことではありませんでした
でも きっと渡っていたら遭難したと想います(◎-◎;)

で それいらいその橋はナナリンとワシの間では長谷川橋
と呼んでいます
なにせ 巾も長さも3mほどの橋なので名前などないのです
でも名前がないと よく水没するだけに
「あの橋」みたいにアイマイな呼び方になるんで困るんですね

その他にもいたる所で水没した道路にでくわします
いつもの道が第一級河川ようになっているというのは
感動すべき光景です(^◇^;)

カローラだと流されるかな〜と想える水量でしたが
ランクルだと車高があり重量もあるので安心です
しっかり渡ってくれました

こうして高速道路に乗って快適に雨の中を走ります
雨の景色は心が落ち着いて好きなので ゆっくりと
亡くなったヒデオのことを想い出していました

そして4時間後 雪をいただく山が見えてきました
これを越えてLAに行くわけです
するとですよ
あれよあれよと想う間により真っ黒な雲が山を覆い
嵐の予感となりました
午前の予報ではモンダイ無しだったのに・・・(-。-;)

うーん やばいな〜
そう考えた矢先に 車列が停まりました
あっという間に長〜い列
ふと見るとマックだのホテルだのがある休憩所があったので
とっさにそこで降りました
ガソリンが半分以下だったので給油し なんならそのまま
家まで直行できるだけの燃料を確保しようと想ったのです

すでにそこらはクルマだらけです
ようやくスタンドに入ると満席になっており
しかもだれも給油をしていません
ただ立ちつくしています
なんと停電でポンプが動かないのです(>y<;)

やべっ!

大急ぎでクルマをかき分けるようにして
北向かいの路線にでました
南に向かっていたので もどりの車線に移ったのです
南行きの車列はずんずんと長くなっていました
日本の帰省ラッシュもかくやという混雑です

しばらく北にもどりスタンドを発見 そこで給油しました
ランディーとナナリンをコールしてワケを話し調べてもらいました

雪により閉鎖
これが原因でした

ワシはそのまま北に向かい
長谷川橋もなんのその 家まで戻って子供たちを抱きかかえました\(^O^)/

まったく無意味な8時間の冒険ドライヴでした

正月早々ついてないぜ〜!!
いや〜無事だったのはついてたからかもな〜・・・

とにかく加州もすごい天候なんですよぉ〜

ナナリンが言いました。
「明けましておめでとうなんてうっかり人にいえないわね・・・」
実は彼女は、ワシの兄のところに電話で新年の挨拶をしようとコール
しました。
「あ、おねぇさん明けましておめでとうございます〜」
「ううん・・・それがねヒデオが死んだのよ・・・大晦日に・・・」

ええっ!!
ナナリンは呆然となり、横で聞いていたワシは
ヒデオが死んだという事と、ヒデオがこの世から消えたということが
一致できず、電話をひったくり
「なんのことぉ〜??!!」と叫びました。

ヒデオとは兄の長男です。50才てまえくらいかな。
ワシの仲良しの甥でした。不器用で真面目な性格でした。
持病もなく健康そのものでした。
疲れた、と言って床に入り、そのまま死んだそうです。

自然死のような安楽死のような突然死だったようです。

一時はコンピュータで広告紙面を作るという仕事で
よかったものの、バブルの影響で仕事は目減りし、
やがてすっかり辞めるにいたり、タクシーをやりながら
生活をしていました。
どこかで起死回生の一手を打つのではないかと期待していました。

今朝起きて最初に考えたこと、それは
「日本に行ってもヒデオはどこにも居ないんだ! いったいどこに居るんだ?・・・」
ということです。

皆さん、死ぬって、いったいどういうことなのですかね?
誰でもが死ぬって、当たり前だけど不思議です。
死んでみるまで判らない世界・・・

それは時間と空間のない世界、、、そんな場所であってほしいです。

では・・・・・・

子供は師匠だ

| コメント(3) | トラックバック(0)

G20328.jpg

さあさあ雨と風を楽しんでらっしゃい!
と母親は子供たちにレインコートを着せて外に出します
子供らはなんの疑問ももたず雨の下で遊びます
手が冷たいよぉ〜とうったえます
家に入る? ときくとイヤイヤします

この姿を観たワシは ソソクサとタマをこめて
ホキマ攻撃を敢行しました
ターゲットが大きく見えて初射撃は成功しました!
終わった今 手がぽかぽかしてます

子供の姿を観ていなかったらワシは
家にこもったままヤッカイ山を呑み始めていたことでしょう

あまかったな・・・
と 自分を戒めています

もはや寒くありません
あと9回撃って元旦のテンジュラムを達成します

花も嵐もぉ〜♪
ふーみこぉ〜え〜てぇ〜♪
おっとまだ呑んでないのに酔ってますかしら?

ところで・・・
ワシは1943年生まれです
アメリカとの大戦争のまっただなかでした
とてもミジメな生い立ちとなりました
貧乏のどん底で育ちました
なので・・・
ワシは反戦主義者なんです

戦争に負けない強い国家を造らないと
またやられるのだと想っています

戦争は起こるもの
しかけられたら負けないだけの軍事力がないとイケナイのだ
と考えています
反戦主義だから核武装したいんですね〜

大金持ちなうえに人口の圧倒的に多い国を躊躇させる
方法は これしかないのだと想っています

皆さんの子供たちの未来が安全であるよう祈っています

昨夜は除夜の108発撃ちもせず
早々と寝てしまいました
24時まで起きているという習慣がないのですよん

7時に起きると母親の教えにしたがって
子供達が正座をして新年の挨拶をしてくれました

昔は 新年まで生きていられるかどうかは
今ほどの確率ではなかったわけですが
やはり1年間を生きてこられたことに感謝したいですね

朝は昨日ついた餅を食べました
オセチも御馳走もありません
でも 子供達は砂糖醤油をにつけノリに巻いた餅に
大喜びです

で 朝からさっそく撃ちたいわけです が
またも大荒れで 風雨が横殴りなんですよん
それに寒くてね〜

雨だけなら快適に撃てるんですが
風が強いと辛くなり
寒すぎると手の平が動きにくくなってダメなんです
しかたがないので タマの作り初めでもしようかと・・・

いや〜 しかし
ジャパンもひどいことになっていますね〜
あちこちで停電とは・・・
日本では停電と言う言葉は死語だと想っていましたよん
陸自も出動とか・・・隊員さんたち ご苦労様です

さてさて
世界中でピースだ平和だとさわぐに反し
世の中はだんだんにキナ臭くなりつつあり
大きな戦争へのカウントダウンが始まったような予感もあります
とりわけ日本のような「無力なカネモチ」は狙われやすく
未来が心配です

頼みとするアメリカも 商人から大金を借りて暮らす侍のような
精神の弱体化があり
今年あたりには想像を絶するような経済パニックが起こるという
心配があります
経済の悪化は戦争につながるわけで
そうなると生物界を支配する弱肉強食の摂理に基づいて強力な暴力が
最も強くなるわけで
それを想うと日本のことがとても心配です

世界には
虎のような国 ライオンの様な国 ハイエナの様な国 狼のような国々が
あるわけで そんな肉食の彼らを養うための草食動物が存在するわけですが
日本は まったくウサギそのものであり これが心配の種なんですね〜

ウサギ年の今年に食われないことを祈りつつ・・・

ああ〜っ! また一段と外が荒れてきました〜!
こっちも停電かな〜?
よっしゃ〜! ドライファイヤをうんとこさの元旦でいこうっ!!

素敵な脇役

| コメント(8) | トラックバック(0)

G20326.jpg

むふふふ♪
ステイジバッグを持っていると
ふとした時にそれが目にとまり

あ〜 いいなぁ〜

と想ってしまいます

自分がディザインしたからそう見えるのではないんです
オラは自分の作品だろうが他人の作品だろうが
イーヴンに見られるんですよ
つまり
イイものはイイ
ダメなモノはダメ
とね・・・

このまるこいバッグ
抱えて歩くと とても楽しいんです
射撃練習がいっそう嬉しくなるんです

ご自分のお年玉にいかがですか?

G20324.jpg

今日はヘーボンな表現だと「撃ち納め」で〜す
全ステイジをステイジバッグを肩にまわりました〜
独りぽっちの射撃ですが めっちゃ楽しいでぇ〜す!

そこで、、ですね
アウターの移動をトコトコからピョンピョンに変えてみたんです

えっ? あれっ?
えーと、、えと干支えと・・・
ひょっとしてウサギ年ですかぁ〜

♪うーさぎうさぎ
なに見て跳ねる
アウタの的見ては〜あ〜ねーる♪

ぜーんぜん知らなかったのですが
いま ふと気がついて・・・

そーか
今年は跳ぶんだぁ〜!

いえねぇ
ピョンピョンと跳んで移動すると着地してからの
初弾が安定することが判ったんですよん

ちゃんと当たれば5.2秒
ムリすれば5秒斬り
これだとLEMのピギタンを焦らせられるんです

どーUわけか
ピギタンと一緒にアウターを撃って競うのが好きなんですよね〜
彼も3回に一度くらい5秒を斬るんでe勝負なんですね〜

ともあれ
大晦日はピョンピョン跳んでいるうちに日が暮れましたよ

G20323.jpg

今は大晦日の夜で〜す
日本は元旦の昼前ですね〜

今朝は昨夜の湯豆腐の残りにナナリンが味噌を入れて
うどんを煮込んでくれまして そこで オイラは

おお みそかぁ〜!\(^O^)/ と叫ぶのでした

やれやれ
こんなんじゃ来年も幼稚が治らないかな〜

そんでもって午前中はセッセと玉作りで〜す

このアーカイブについて

このページには、2011年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年12月です。

次のアーカイブは2011年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。