1月2日のできごと

| コメント(0) | トラックバック(0)

G20329.jpg

ランクルのギアをデフロックのモードにしました
サンディエゴへと向かって走り始めました
大雨の日はウチから高速道路に出るまでが勝負なんです(`ヘ´)
とくに最初の15分間は気がぬけません
途中にある「長谷川橋」が難関なのです
どうして長谷川橋なのかといえば
ここで長谷川トモ氏が御遭難遊ばされたからなのです(^o^)
遭難といってもトモは増水にビビッて引き返しただけです
そうなんです たいしたことではありませんでした
でも きっと渡っていたら遭難したと想います(◎-◎;)

で それいらいその橋はナナリンとワシの間では長谷川橋
と呼んでいます
なにせ 巾も長さも3mほどの橋なので名前などないのです
でも名前がないと よく水没するだけに
「あの橋」みたいにアイマイな呼び方になるんで困るんですね

その他にもいたる所で水没した道路にでくわします
いつもの道が第一級河川ようになっているというのは
感動すべき光景です(^◇^;)

カローラだと流されるかな〜と想える水量でしたが
ランクルだと車高があり重量もあるので安心です
しっかり渡ってくれました

こうして高速道路に乗って快適に雨の中を走ります
雨の景色は心が落ち着いて好きなので ゆっくりと
亡くなったヒデオのことを想い出していました

そして4時間後 雪をいただく山が見えてきました
これを越えてLAに行くわけです
するとですよ
あれよあれよと想う間により真っ黒な雲が山を覆い
嵐の予感となりました
午前の予報ではモンダイ無しだったのに・・・(-。-;)

うーん やばいな〜
そう考えた矢先に 車列が停まりました
あっという間に長〜い列
ふと見るとマックだのホテルだのがある休憩所があったので
とっさにそこで降りました
ガソリンが半分以下だったので給油し なんならそのまま
家まで直行できるだけの燃料を確保しようと想ったのです

すでにそこらはクルマだらけです
ようやくスタンドに入ると満席になっており
しかもだれも給油をしていません
ただ立ちつくしています
なんと停電でポンプが動かないのです(>y<;)

やべっ!

大急ぎでクルマをかき分けるようにして
北向かいの路線にでました
南に向かっていたので もどりの車線に移ったのです
南行きの車列はずんずんと長くなっていました
日本の帰省ラッシュもかくやという混雑です

しばらく北にもどりスタンドを発見 そこで給油しました
ランディーとナナリンをコールしてワケを話し調べてもらいました

雪により閉鎖
これが原因でした

ワシはそのまま北に向かい
長谷川橋もなんのその 家まで戻って子供たちを抱きかかえました\(^O^)/

まったく無意味な8時間の冒険ドライヴでした

正月早々ついてないぜ〜!!
いや〜無事だったのはついてたからかもな〜・・・

とにかく加州もすごい天候なんですよぉ〜

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/772

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年1月 3日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明けましておめでとうございます、、か?」です。

次のブログ記事は「寺嶋さんの文」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。