指宿M19さんへ by むーた

| コメント(3) | トラックバック(0)

お初にコメントさせて頂きますm(_ _)m

目標の学校に行けなかったとのことでございますが、ご子息様
のメンタル面のダメージはいかがでございますか?

こちらは気休めですが、ご子息様のお顔を画像で拝見しました際、
感じたことなのですが、自分で考え、自分自身の価値観を
持っている、オートマチックダウンロードコンピュータ脳味噌
人間ではないようにお見受けいたしました。

得てして、要領良く与えられたことをインスタントにこなすタ
イプではなく、体得タイプで、心と思考が納得出来た時、爆発
的に能力を開花するタイプとお見受けいたしました。

大体に於いて、勉強する内容の本質を熟考するには小学、中学
の勉強内容は時間が足りなく、かつ、必要性を感じられず、幅
が広すぎに思います。そしてそれを人生の糧として使用するの
ではなく、単なる知識、記号として脳味噌に留めるのが現代教
育なので、何故?と問うたり、道理や真理を求めてしまう子ど
もにはちと辛い現状かと思います。

手段としての受験の為の勉強が必要な現状ですが、巷を席巻し
ている企業が主導の規格的な勉強法では無く、持っている融通
性、柔軟性を活かした方法のが成果はでるような?気が致しま
す。お会いしてもいないのにテキトーなことを直感で書いてお
りますが、KOー1師範に免じてご容赦下さいm(_ _)m

尚、これは私の超個人的意見ですが、高校、大学は現在、内容
を求めても、ブランド的ステータス以外あまり意味は無いよう
に思います。昔は寄らば大樹の陰という感じでしたのかもしれ
ませんが、受験戦争以降、例えば良い高校、大学に行っても、
これまで我慢してきた(その時期その時期にしか感じられない
感覚もある訳で、それを捨ててそこまで滅私しないと受かれな
い学校そのものにも疑問があります。人生の肥やし、感性なり
をまるっとオミットして入っても、果たして活かす能力の土台
が出来ているのかな?結局、卒業する手段としてしか活用して
いない人のが多いのでは?とか)し、社会に出たら遊べないか
ら遊ぶという刹那的享楽にふけるのがデフォルトの様で、故に
何も残らず、故に真摯に学びたい方は孤立している姿を私はま
がりなりに見ているので、で、ご子息様はご自分の眼差しの先
にあるものが観えているのですし、まして、人生これから過ぎ
る位のお歳ですから、気にすること自体が無意味かと思います。

まる一年、市郎さんのタクティカルライフ1を読み続けており
ますが、事あるたびに読みますが、何度読んでも、実体験され
たことより綴られた内容には、ハッ!とさせれれっぱなしなの
で、下手なハウツー本や、受験テクニック本を手にするより、
こちらをコピーして、何度も読んで、今後の人生に必要なもの
を探る為の目の付け所、自分のスタンスを体得する術を考察さ
れることの方が今後の為にも有益かと思います。
ただで河童笑えて、自身の肥やしに使えるものが転がっている
のはあり難いことだと思っています(笑)

学校等関係なしに自分の進みたい道に進んでいる人を私は沢山、
実際、劣等生の行く学校出た人でも目標の場所に行っている人
も知っていますので、一生懸命「生きて」いれば道は開けるの
ではないでしょうか?と日和見主義の私ですが周りの人たちを
観た感想を書かせて頂きました。

最近、微分積分が身近なものである事を知って驚愕中のむうた

市より:
むーさん、時間をさいて書いてもらえ、感謝です。
「自分はこの道に進みたい!」という目標を子供のうちに持てるって
素晴らしいというか、すでに一歩も二歩も踏み出しているわけで
そういった子は安心して観ていられると想うんですよね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/817

コメント(3)

イチローさん、むーたさん。。
仕事がちょいと早くおわりました。ブログ確認をすると感謝感激のお言葉が。。息子たちが喜びます。。イチローさん、むーたさんありがとうございます。学校の教頭先生から電話があり、長男が試験不合格だったことを職員室に来て説明したそうです。(ワレ、玉砕せり)と言ったらしいです。。次男も兄貴を称えて校内で明るくしているそうです。学校から帰ってきたらブログを子供が観ると思います、きっと喜びます。そして更なる子供の成長が楽しみです。皆様ありがとうございます。
ちなみに、長男次男の机の上に(大空のサムライ、戦場の掟)がありました。彼らの夢は頭の中に広がる知識世界をイチローさんにぶつけるのが夢なのかもしれません。読書感想作文がイチローさんの真似なんですよ。ではまた。

 私も中学受験で失敗した口です。
 それまでは、なんだかんだ言っても結果としての平等を与えられた人生に於いて、合格者は封筒を受け取り不合格の私はそのまま手ぶらで帰るという現実を突きつけられました。
 人目をはばからず、帰りの地下鉄の中で大泣きしたことを覚えて覚えております。
 しかし、それは思うとおりの結果が得られなかったからではなく自分自身の考えが甘かったという後悔の念からでした。
 
 今、思えば自分は「打たれて」強くなれるタイプなのだと思いました。きっと指宿さんのご長男さんもこうであると信じて疑いません。
 なぜならば、指宿さんがこのページの愛読者だからです。
 そんなお父様から反骨心を学ばないわけがないからです。

 記憶力が曖昧で申し訳ないのですが

 「私の誇りは成功したことではなく、数え切れない失敗から立ち上がったことである」
 の言葉を送りたいと思います。


 それから、両親に申し訳ない気持ちでいっぱいの当時、絶望の淵にいた私が父親に言われた言葉で

 「結果だけで評価するほど薄い親子ではない。おまえが努力した姿は見てきたしそれを俺は誇りに思っている。今回失敗はしたがまだ負けてはいないんだよ。」
 
 と言われて、その時に初めて怖いばっかりだった父からの愛情を強く感じました。
 私はそんな父を誇りに思っております。
 
 私も子供に父の教えを繋いでいきたいと思います。

 文章が稚拙で申し訳ないですが、心より応援申し上げます。

 

学生の頃って、受験に失敗するとコタえますよね。未来が閉ざされたかのように不安になります。

私の今の職場は、新卒者の採用は大学院以上の学歴がmustになっているようです、今は。
それでも、その高学歴者たちは実に短い期間でどんどんドロップアウトします。
そして私は大学行ってません。お勉強ができませんでした。。小さい会社で設計業務をしつつ、少しずついろいろ覚えていき、今の職を得ました。10年以上続けられていることが、正直奇跡というか、不思議に思えることもあります。

さて新卒者はみな、なんの実績もないので、高学歴のひとの方が教育しやすいとか考えて採用もされやすいようです。

でも社会で実績を積むことでも、望む仕事に就けると思うんです。
私が新卒で入った会社も小さいとはいえ、周りは大卒ばかりでした。当時は若かったので、負けられない思いもあってがんばれた部分もあったかもです。

ただ、これだけは言えます。
ほとんどが院卒ばかりの職場ですから、出世コースからは見事に外れています。

なにを社会に望むかですね。
①.会社で出世する。
②.自分のやりたい仕事をする。

もし①を望むのでしたら、別な方のご意見を聞かれたほうが良いと思いますが、
②を望むのでしたら、お医者さんみたいな特別の教育が必要な職種でもなければ、学歴は問われないとおもいます。

上司に対し、
自分のやった仕事を「メクラでいいから、黙ってサインして」って、(口にはださなくても)そういう気持ちでやればよいではないですか。

こう書くと、「誰もができることではない」とか思われがちですが、そんなことはないです。
私は30歳前で挫折を感じ、会社をやめて、そして何もする気がおきないくらいに引きこもり、でも実家を離れていたので貯金と失業保険だけで、一年以上仕事もせずに暮らしました。
そして、貯金が4000円になり、家賃も払えなくなったとき、
家具店で配達の仕事に就き、3年くらいやりました。

計5年くらいブランクがあり、
何の学歴もないのに今の職場に10年いて、エラそーにもの言ってる今の自分って、ほんと奇跡だと思います。

幸運でもありました。大切なのは人間性というか、周りの協力がどれだけ得られるかだと思います。
社会では、学校では教えてくれないことの方が役立つことの方が多いと思うのです。

どうか、希望を持ち続けていただきたいと思います。
駄文にて失礼いたしました。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年1月26日 22:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ひっ跳べ、長男君!!」です。

次のブログ記事は「長男さん、ここがふんばりどころ 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。