| コメント(4) | トラックバック(0)

G20343.jpg

ヒロが紹介してくれたウィル ガンスミスに頼んで
カップガンのコンペンセイターを作ってもらいました。
ウィルさんは仕事を抱えている人気者で3ヶ月くらい待ちましたよん。
初めて自分でディザインしたオート用のコンペなんです♪
二つ作ってもらい SIGにも付けます。
写真はいずれアップしますね。

で、この人の銃の知識はすごく、ガンスミスとしての腕前も一流だと
感じています。1911のスペシャリストなんですね〜
知り合えて良かったな〜と想っています。

さ〜て、ダンスキーのカップガンのバレルを9mmに交換してもらい
新コンペンセイターを搭載したわけですが、今日は雨なのでテスト
できませ〜ん (;O;) どーゆーテストかちゅうと50ヤードでのグルーピング
をチェックするわけで、腹ばいになるとビショビショになっちゃうし
紙ターゲットなので濡れるとテイプも貼りにくいしで楽しくやれないんですよん。
まあムリすればできますけどね〜 だども外気の温度は2°ですからね〜
なので 老骨を大切にさせていただきま〜す(^◇^)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/780

コメント(4)

2011年もますますの健筆を期待しています
新しいコンプの前面が傾斜しているように見えます
もし、傾斜しているならば、その効果はどのようなものでしょうか?

こんにちは(お昼休みに書いています)
ウィルさんの仕事場風景からお人柄がわかります
清潔、整理整頓された場所で仕事をする人は信頼できます

8挺のペストル(^^) ・・ちょっとばっかしチラっと見せてください

レンジバックの説明の中で、停弾した弾用の真鍮棒の話がありましたが・・停弾した瞬間、何が起きるのでしょうか??
銃口側に抜けないホットなギャスがエジェクションポートから吹き出すのでしょうか??
気が付かずに?、射撃に興奮していて?・・次弾も発射してしまうことはないのでしょうか
10発ほどが停弾したトンプソン(トムソン)のカット銃身の写真を見たことがあります

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年1月10日 04:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「かんぱい」です。

次のブログ記事は「noga様にnagaより_(._.)_」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。