子マグいいね〜!

| コメント(4) | トラックバック(0)

DPP_0011.jpg

たしかこの人はセキュリティー会社の人かと、、多くの人と話したので
名刺と顔が一致しなくなっちゃいました。お客さんたちからディザイン センスが
あると言われるので、このさいソッチに転向しようかと今夜は考えています。
まず辞めたいのはライターなんですよね〜 笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/804

コメント(4)

子マグ、子マグ。

まだ手に入るんですか?
毎日ベルトに通していたら、だんだん薄汚れてきたのでもう一個欲しいなぁと。
先日も思わず「偽子マグ」をぽちっとにゃしようかと思ってしまいましたが、あまりにも胡散臭いところだったのでやめました。

小マグも米国で人気があるんですね。
ってことで、タフプロのHPを見に行ったら普通に販売しているのが確認できました。限定販売だとばかり思ってました
今までいろいろ販売してくれている、山下さんちや田村さんちに申し訳ないのでしばらく小マグの再入荷をお待ちします。
でも日本に再入荷しないようなら直接タフプロのHPから買っちゃいま〜す。

ところで今まで使っていて気になったのは下記の点です。

1.一番外側のフラップの裏のフックのベルクロが全面に縫い付けてあるので、ループが付いていない生地の部分にもひっかかって生地が毛羽立ってきてしまったこと。対策にラジマグのおまけのように、ループのテープを部分的フック側にくっつけてます。フックのベルクロは全面になくてもいいかもしれません。

2.また、小マグの真ん中のズボンのベルトに固定する為のテープに、フックのベルクロが触ってしまってテープが毛羽立ってしまっています。テープの部分にもループのベルクロを付けてもらうか、いっそのことラジマグと同じにしてテープを無くしてもいいのかもしれません。新たに小マグが手には入ったら、今使っている小マグはこのベルトを取るつもりです。

3.ペンを固定するゴムベルトが今の位置だと、腰の左側に小マグを付けるとボールペンの芯が間違って出たときにズボンに落書きしてしまう。ということで小マグは今は右側の腰に取り付けてます。これだと、トイレに座ったときにズボンのベルトを折り返しておかないと、小マグと泣き別れしてしまうので注意が必要です。
ペン挿しは反対側に付けてもらうか、両方に付けてもらえるといいかも。
などと考えてました。

今の私の使い方は、フラップの外側のスペースには何も入れず、フラップの下のカードが見える部分にidやらNanakoカードやSuicaと野口さん。その下の奥まったところに運転免許証と福沢さん。運転免許証がフラップの付け根に引っかかって抜けにくくなっているので、その下の福沢さんと共に安心して入れておけます。
本来ならばMagを入れるところの外側に携帯電話、内側のMagスペースに車のワイヤレスキー。そして一番内側にウローナイフです。ウローナイフは百均で買ったベルクロで全体を包んでます。
これで車で移動しているときの最小限の持ち物を身につけてられるので重宝してます。

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年1月21日 01:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マグレットが好きで〜す!」です。

次のブログ記事は「わー、なんだこりゃ〜!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。