ひっ跳べ、長男君!!

| コメント(1) | トラックバック(0)

指宿さんの長男君へ、
ゲイムもやらず一生懸命に生きている君が試験で勝てなかったとは
意外です。たぶん試験の内容と君の勉強とのあいだにズレがあって
運がなかったのではないのだろうか、と考えています。
人生での勝負とはそういう場合が多いんですよ。
しょせん、人の実力なんて試験などで計れるものではありません。
これは君を力づけるために気休めを言っているのではなく、
世の中の仕組みがそうなんですね。
つまり、我々は本人の人格や能力よりも「運」というものに左右
される場合が多いということです。
で、良い運を掴みたかったら、それをゲットするために粘り強い
努力が必要となります。

さて、運を掴むということは、
たとえば、君がいつも川に行って魚を探している、すると
あるとき突然に目の前に大きな魚が泳いでくる、
それを咄嗟に掴み穫る、、といったようなことです。

ここで大切なことは、いくら川に行っても魚はいない、
だからと言って家に閉じこもっていたらチャンスはゼロだと
いうこと。つまり行動的である必要がありますね。

それと、いざ魚を見つけた瞬間、そいつに飛びつくという根性、
そして掴む技術と体力が必要なんです。

解りやすく言うと、
報道関係に就きたい君は、その厳しい競争に参加するわけで、
まず決して「へこたれない」という根性を持つこと。
デカい相手とスモウをとるつもりで幾度投げられても
立ち上がり、かかってゆくような強い粘りが要ります。
同時に、報道とは何か、現実にはどういう仕事をするのか、
と、そういったことを識るために学ぶことも大切です。
社会に出られたら即戦力として仕事ができるよう、学生のうちから
ひたすらに勉強することです。

そして、どちらかというと試験に受かってエスカレイター
に乗ってスンナリと昇るよりも、幾度も幾度もシクジッて、
打たれ強い人格を身につけたほうが、それが将来的な武器となって
良いだろうとワシは想っています。

なぁ〜に、公立学校というターゲットをミスッたら、
心にダメイジは残っても、経済的に困窮しても、
とにかく次のターゲットを狙って撃たなければならないわけで、
これしきでへこたれるのではイケナイよ。

ワシが鹿児島市の甲東中学校に通っていたころの夢は
「早く就職して食うにも困っている親に送金したい」ということで、
三年生になったら早々と名古屋の木工所で働くことを決めていました。
本当は無線技士になり、写真を趣味にしたかったのですが、まずは
生きて食うことが最優先だったのです。
しかし、卒業直前に兄に呼ばれて東京に出ることになり
進路は急転換しましたが・・・。
これも運ですね。

長男君は、試験の結果もさながら、親に申し訳ないという気持ちで
かなりツライのではないかと、、でも親はそんな君を包み込むくらいの
愛を充分に備えているので自分の過去は許していいかと、、
それよっか、次なる挑戦のためにしっかりと勉強し始めるのが
なによりの恩返しですよ。

今こそ「泣くよっかひっ跳べ」のときです。
自分の復元力を親に見せたら安心してもらえますよ。
で、こうして親子の絆は強くなるものです。

今日はこれくらいにします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ichironagata.com/blog/mt/mt-tb.cgi/816

コメント(1)

指宿M19さんへ

お初にコメントさせて頂きますm(_ _)m

目標の学校に行けなかったとのことでございますが、ご子息様
のメンタル面のダメージはいかがでございますか?

こちらは気休めですが、ご子息様のお顔を画像で拝見しました際、
感じたことなのですが、自分で考え、自分自身の価値観を
持っている、オートマチックダウンロードコンピュータ脳味噌
人間ではないようにお見受けいたしました。

得てして、要領良く与えられたことをインスタントにこなすタ
イプではなく、体得タイプで、心と思考が納得出来た時、爆発
的に能力を開花するタイプとお見受けいたしました。

大体に於いて、勉強する内容の本質を熟考するには小学、中学
の勉強内容は時間が足りなく、かつ、必要性を感じられず、幅
が広すぎに思います。そしてそれを人生の糧として使用するの
ではなく、単なる知識、記号として脳味噌に留めるのが現代教
育なので、何故?と問うたり、道理や真理を求めてしまう子ど
もにはちと辛い現状かと思います。

手段としての受験の為の勉強が必要な現状ですが、巷を席巻し
ている企業が主導の規格的な勉強法では無く、持っている融通
性、柔軟性を活かした方法のが成果はでるような?気が致しま
す。お会いしてもいないのにテキトーなことを直感で書いてお
りますが、KOー1師範に免じてご容赦下さいm(_ _)m

尚、これは私の超個人的意見ですが、高校、大学は現在、内容
を求めても、ブランド的ステータス以外あまり意味は無いよう
に思います。昔は寄らば大樹の陰という感じでしたのかもしれ
ませんが、受験戦争以降、例えば良い高校、大学に行っても、
これまで我慢してきた(その時期その時期にしか感じられない
感覚もある訳で、それを捨ててそこまで滅私しないと受かれな
い学校そのものにも疑問があります。人生の肥やし、感性なり
をまるっとオミットして入っても、果たして活かす能力の土台
が出来ているのかな?結局、卒業する手段としてしか活用して
いない人のが多いのでは?とか)し、社会に出たら遊べないか
ら遊ぶという刹那的享楽にふけるのがデフォルトの様で、故に
何も残らず、故に真摯に学びたい方は孤立している姿を私はま
がりなりに見ているので、で、ご子息様はご自分の眼差しの先
にあるものが観えているのですし、まして、人生これから過ぎ
る位のお歳ですから、気にすること自体が無意味かと思います。

まる一年、市郎さんのタクティカルライフ1を読み続けており
ますが、事あるたびに読みますが、何度読んでも、実体験され
たことより綴られた内容には、ハッ!とさせれれっぱなしなの
で、下手なハウツー本や、受験テクニック本を手にするより、
こちらをコピーして、何度も読んで、今後の人生に必要なもの
を探る為の目の付け所、自分のスタンスを体得する術を考察さ
れることの方が今後の為にも有益かと思います。
ただで河童笑えて、自身の肥やしに使えるものが転がっている
のはあり難いことだと思っています(笑)

学校等関係なしに自分の進みたい道に進んでいる人を私は沢山、
実際、劣等生の行く学校出た人でも目標の場所に行っている人
も知っていますので、一生懸命「生きて」いれば道は開けるの
ではないでしょうか?と日和見主義の私ですが周りの人たちを
観た感想を書かせて頂きました。

最近、微分積分が身近なものである事を知って驚愕中のむうた

コメントする

このブログ記事について

このページは、Ichiroが2011年1月26日 14:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「タクレットの動画で〜す」です。

次のブログ記事は「指宿M19さんへ by むーた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。